列王記​第​一 8:1-66

8  ソロモンはイスラエルのちょうろうたち,すべてのぞくちょう,イスラエルのぞくちょうたちをしょうしゅうした+かれらはエホバのけいやくはこ+を「ダビデのまち」つまりシオン+からはこぶため,エルサレムのソロモンおうのもとにやってた。  イスラエルのすべてのひとたちは,エタニム*つきつまりだい7のつきまつ*+とき,ソロモンおうまえしゅうごうした。  イスラエルのすべてのちょうろうとうちゃくすると,さいたちははこかついだ+  かれらは,エホバのはこかいけんてんまく*+てんまくなかにあったすべてのせいなるはこんだ。さいとレビぞくはこんだ。  ソロモンおうと,おうのもとにしょうしゅうされたイスラエルのたみぜんたいが,はこまえにいた。かぞれないほどおおくのひつじうしせいとしてささげられた+  さいたちはエホバのけいやくはこしょていしょいた+いえおくつまりせいじょのケルブのつばさしたである+  はこがあるしょうえにケルブのつばさひろがっていたので,はことそのぼうはケルブにおおわれていた+  ぼう+ながかったため,せんたんおくまえせいじょからえた。しかしそとからはえなかった。それらはいまもそこにある。  はこなかには2まいせきばん+がいなにもなかった。そのせきばんは,エジプトからてきたイスラエルのたみ+とエホバがけいやくむすんだとき+,ホレブでモーセがそこにおさめたものである+ 10  さいたちがせいなるしょからてくると,エホバのいえくもちた+ 11  さいたちはくもさえぎられ,ほうすることができなくなった。エホバのえいこうがエホバのいえちたのである+ 12  そのとき,ソロモンはった。「エホバは,くらやみなかむ,とおっしゃいました+ 13  わたしはあなたのために,そうごんいえを,あなたがいつまでもめるしょてました+」。 14  おうなおって,イスラエルのかいしゅう*ぜんたいのためにしゅくふくねがもとはじめた。そのあいだ,イスラエルのかいしゅうぜんたいっていた+ 15  おうった。「ごぶんくちわたしちちダビデにやくそくし,ごぶんでそれをたされたイスラエルのかみエホバがさんされますように。かみはこういました。 16  『わたしたみイスラエルをエジプトからしたからいままで,わたしは,わたしとうとばれるいえ+てるためにイスラエルのいずれかのぞくりょうからまちえらぶことはしなかった。しかしわたしいまわたしたみイスラエルをおさめさせるためにダビデをえらんだ』。 17  わたしちちダビデは,イスラエルのかみエホバののためにいえてることをこころからねがっていました+ 18  しかしエホバはちちダビデにこういました。『あなたはわたしのためにいえてたいとこころからねがった。こころからそうねがったのはとてもいことだ。 19  とはいえ,あなたがそのいえてることはない。あなたにまれる*わたしのためにいえてる+』。 20  エホバはやくそくたされました。エホバのやくそくどおり,わたしちちダビデのあといでイスラエルのおうにつきました。そしてイスラエルのかみエホバののためにいえてました+ 21  また,けいやくしるしたせきばん+おさめたはこのために,そこにしょもうけました。そのけいやくは,エホバがわたしたちのをエジプトからしたときに,たちとむすばれたものです」。 22  ソロモンはイスラエルのかいしゅうぜんたいまえでエホバのさいだんまえち,てんかってりょうひろげて+ 23  こうった。「イスラエルのかみエホバ,てんにもにも,あなたのようなかみはいません+。あなたは,こころくしてあなたにつかえる*ひとたちにたいして+けいやくまもり,るぎないあいをおしめしになるかたです+ 24  あなたは,あなたにつかえたちちダビデへのやくそくまもられました。ごぶんくちやくそくし,今日きょうぶんでそれをたされました+ 25  それでいま,イスラエルのかみエホバ,あなたがちちダビデに,『あなたのたちがあなたとおなじようにわたしみちあゆつづけるなら,わたしまえでイスラエルのおうにはかならずあなたのけいひとがつく+』とってわしたやくそくをおまもりください。 26  イスラエルのかみ,どうか,あなたがなさったちちダビデへのやくそくがそのとおりになりますように。 27  かみたしてじょうにおみになるのでしょうか+てんも,てんてんも,あなたにはせまく,じゅうぶんではありません+わたしてたこのいえなど,なおさらです+ 28  わたしかみエホバ,わたしいのりと,めぐみをもとめるねがいにみみかたむけてください。たすけをもとめるわたしさけびと,わたし今日きょうあなたのまえささげているいのりをおきください。 29  『わたしはそこにある+』とあなたがわれたこのいえを,あなたがひるよるまもり,このしょかってささげるわたしいのりをいてくださいますように+ 30  めぐみをもとめるわたしねがいと,あなたのたみイスラエルがこのしょかっていのねがいをおきください。あなたがてんまいからいてくださいますように+。どうか,いておゆるしくださいますように+ 31  なかたいしてつみおかしたとされるひとが,ちかいをてさせられて*,そのちかいにしばられたじょうたいでこのいえさいだんまえとき+ 32  あなたがてんからおきになってさばきをおこない,わるひとにはゆうざいせんこくしてそうおうばつあたえ,ただしいひとにはざいせんこくして,そのただしさにおうじたむくいをおあたえになりますように+ 33  あなたのたみイスラエルが,あなたにたいしてつみおかつづけたために,てきやぶられたあい+たみがあなたのもとにもどり,あなたのをたたえ+,このいえであなたにいのってめぐみをもとめるなら+ 34  あなたがてんからおきになってイスラエルのたみつみゆるし,たちにおあたえになったたみもどしてくださいますように+ 35  たみがあなたにたいしてつみおかつづけたために+てんざされてあめらなくなり+,あなたにいやしめ*られたゆえにたみがこのしょかっていのり,あなたのをたたえ,つみからはなれるなら+ 36  あなたがてんからおきになり,あなたにつかえるひとたちのつみを,イスラエルのたみつみゆるしてくださいますように。あゆむべきみちたみおし+たみにおあたえになったあなたのあめらせてくださいますように+ 37  このくにきん+えきびょうれやびょうがい+,バッタのたいぐんはっせいしたり,このくにのいずれかのまちてきほうされたり,ほかのなんらかのさいやくびょうしょうじたりしたあい+ 38  だれかがあるいはイスラエルのたみみなこころいたみをおぼ+,このいえかってりょうひろげていのるなら,どのいのりもめぐみをもとめるどのねがいも+ 39  あなたが,まいであるてん+からおきになり,ゆる+こうどうこし,それぞれのあゆみにおうじたむくいをおあたえになりますように+。あなたは一人ひとり一人ひとりこころをごぞんじだからです。あなただけがすべてのひとこころっておられます+ 40  たみが,たちにあなたがおあたえになったきるあいだずっと,あなたをおそれますように。 41  また,あなたの*のゆえにとおくにからやってる,イスラエルのたみではないがいこくじん+ 42  (あなたのだい+ちからづよばしたうでについてひと)がこのいえかっていのるなら, 43  あなたが,まいであるてん+からおきになり,そのがいこくじんねがうことをすべおこなってくださいますように。そのようにして,じょうすべてのたみがあなたのって,イスラエルのたみおなじようにあなたをおそ+わたしてたこのいえがあなたのばれていることをりますように。 44  あなたのたみがあなたにつかわされて,てきたたかうためにどこかにあい+,そのたみがあなたがえらんだほう+,あなたののためにわたしてたいえかって+エホバにいのるなら+ 45  そのいのりとめぐみをもとめるねがいをてんからおきになり,たみのためにこうどうして*ください。 46  かれらがあなたにたいしてつみおかしたあいつみおかさないひと一人ひとりもいません+),あなたがいきどおってかれらをてきわたし,かれらがらえられて,とおくであれちかくであれ,てきられ+ 47  ったそのほんしんかえって+あなたのもとにもど+,『わたしたちはつみおかし,ちがったことをしました。わるいことをしました+』とってめぐみをもとめるなら+ 48  また,ったそのてきで,かれらがこころくしぶんすべてをくしてあなたのもとにもど+たちにあなたがおあたえになったとあなたがえらんだほうき,あなたののためにわたしてたいえかってあなたにいのるなら+ 49  あなたが,まいであるてん+から,かれらのいのりとめぐみをもとめるねがいをおきになり,かれらのためにこうどう* 50  あなたにたいしてつみおかしたかれらと,かれらがあなたにたいしておかしたすべてのはんゆるしてくださいますように。かれらがてきたちのまえなさけをけられるようにあなたがはたらけ,てきたちがかれらになさけをけますように+ 51  かれらは,あなたがエジプトから+ようこうなかからしたあなたのたみ+,あなたのざいさんだからです+ 52  めぐみをもとめるわたしねがいにあなたがけてくださいますように+。イスラエルのたみがあなたにいのときはいつも*めぐみをもとめるそのねがいにみみかたむけてくださいますように+ 53  しゅけんしゃであるしゅエホバ,あなたはたちをエジプトからしたときほうしゃモーセをとおしてせんげんしたとおり,かれらをじょうすべてのたみなかからけ,ごぶんざいさんとされたからです+」。 54  こうしてソロモンは,エホバのさいだんまえでひざまずいてりょうてんかってひろげながら,このいのすべてとめぐみをもとめるねがいのことをエホバにささげ,そのあとがった+ 55  それからおうっておおごえでイスラエルのかいしゅうぜんたいのためにしゅくふくねがい,こうった。 56  「やくそくどおりごぶんたみイスラエルにやすをおあたえになったエホバがさんされますように+かみほうしゃモーセをとおしてなさったやくそくは,ひとことといえたされなかったものはありません+ 57  わたしたちのかみエホバが,かつてたちとともにいてくださったように,わたしたちともともにいてくださいますように+わたしたちをはなしたりてたりなさいませんように+ 58  かみわたしたちのこころせてくださり+わたしたちがどんなときでもかみみちあゆんで,たちにかみあたえたおきてとていほうまもれますように。 59  わたしがエホバにめぐみをもとめてべたこれらのことを,わたしたちのかみエホバがひるよるおぼえていてくださいますように。そのひつようとするところにおうじて,わたしとイスラエルのたみのためにこうどうして*いただくためです。 60  そのようにして,じょうすべてのたみがエホバこそしんかみであることをりますように+。ほかにかみはいないのです+ 61  それでみなさん,こころすべてをエホバかみけてください+今日きょうのように,かみていしたがってあゆみ,かみのおきてをまもるのです」。 62  おうと,ともにいたイスラエルはみな,エホバのまえおおくのせいささげた+ 63  ソロモンはきょうしょくせいをエホバにささげた+うし2まん2000とうひつじ12まんびきささげた。こうしておうとイスラエルじんみなはエホバのいえほうけんした+ 64  そのおうはエホバのいえまえにあるにわちゅうおうしんせいなものとした。ぜんしょうせいこくもつささものきょうしょくせいぼうぶんを,そのしょささげなければならなかったからである。エホバのまえにあるどうさいだん+は,ぜんしょうせいこくもつささものきょうしょくせいぼう+ぶんせるにはちいぎたのである。 65  おなとき,ソロモンはエホバかみまえで,イスラエルぜんたいともに7とさらに7,つまり14かんまつりをおこなった+とおくはレボ・ハマト*やエジプトのたに*+からもたくさんのぐんしゅう*あつまった。 66  よくじつ*おうたみらせた。たみおうのためにしゅくふくねがもとめ,かみつかえたダビデとイスラエルのたみにエホバがしたすべてのいこと+よろこび,うれしいちでいえかえっていった。

脚注

付録B15参照。
仮小屋の祭りのこと。
用語集参照。
用語集参照。
直訳,「あなたの腰から出る」。
直訳,「の前で歩む」。
または,「その仲間から罰を科されて」。偽証や違反があった場合に罰が科されることを承知の上で,誓いを立てさせられたということ。
または,「苦しめ」。
または,「名声」。
または,「裁いて」。
または,「裁き」。
または,「何を願い求めても」。
または,「裁いて」。
または,「ハマトの入り口」。
または,「ワジ」。
または,「大きな会衆」。
直訳,「8日目」。後半の7日が終わった次の日のこと。

注釈

メディア