列王記​第​一 7:1-51

7  ソロモンは自分の家*を建てた。全て完成するまでに+13年かかった+  彼は「レバノンの森の家+」を建てた。長さ45メートル,幅22メートル,高さ13メートルで,杉材の4列の柱の上にあった。柱の上に杉材の梁+が架かっていた。  家は杉材で張られ,柱の上にある大梁の上に載っていた。それ*は45本あり,1列に15本だった。  枠のある窓が3列付いていた。各窓が反対側の別の窓と向かい合っていて,3段一組で並んでいた。  全ての入り口と戸口の柱に四角い枠が付いていて,3段一組で向かい合っている窓の前面にも付いていた。  また,「柱の広間*」を建てた。長さ22メートル,幅13メートルで,その前には柱と屋根のある玄関があった。  さらに,裁きを行う「王座+の広間*」(「裁き+の広間」)を建てた。床から天井まで杉材が張られた。  ソロモンが住む家*は,別の庭+にあり,「王座の広間」から離れていて,同じような造りだった。また,ソロモンが妻にしたファラオの娘のためにも「王座の広間」と同じような家を建てた+  これらは全て,土台からかさ石まで,外は大きな庭+まで,高価な石でできていた+。石は寸法通りに切られ,内側も外側も石のこぎりで切りそろえられていた。 10  土台として置かれたのは非常に大きい高価な石だった。4.5メートルのものや3.6メートルのものもあった。 11  その上には,寸法通りに切られた高価な石や杉材が使われた。 12  大きな庭は,周りに切り石3段と杉の材木1段が巡らされた。エホバの家の内側の庭+とその家の玄関+と同様だった。 13  ソロモン王は人を遣わして,ティルスからヒラム+を連れてこさせた。 14  ヒラムはナフタリ族のやもめの子であり,父はティルス人で銅細工人+だった。ヒラムは銅*のあらゆる細工に関する優れた技術と知識+と経験があった。彼はソロモン王のもとにやって来て,任された仕事を全て行った。 15  彼は2本の銅の柱を鋳造した+。それぞれの柱は,高さ8メートルで,周りを測り綱で測ると5.3メートルだった+ 16  柱のてっぺんに付ける柱頭2つも銅で鋳造した。一方の柱頭の高さは2.2メートル,もう一方の柱頭の高さも2.2メートルだった。 17  柱のてっぺんにある柱頭には,鎖を編んだ網細工が付いた+。一方の柱頭に7つ,もう一方の柱頭に7つだった。 18  また,柱のてっぺんにある柱頭を飾るため,1つの網細工の周りにザクロを2列作った。どちらの柱頭にも同じようにした。 19  玄関のそばの柱のてっぺんにある柱頭には,高さ1.8メートルのユリの花の模様もあった。 20  柱頭のその部分は,2本の柱の上,網細工に包まれた膨らみのすぐ上にあった。それぞれの柱頭の周りには200個のザクロが列を成していた+ 21  神殿*の玄関+の柱を立てた。右側*の柱を立ててヤキン*と名付け,それから左側*の柱を立ててボアズ*と名付けた+ 22  柱のてっぺんにはユリの花の模様があった。こうして柱の製作は完了した。 23  鋳物の「海*+」を造った。円形で,縁から縁までが4.5メートルで,高さは2.2メートルだった。周囲は測り綱で測ると13.5メートルだった+ 24  縁の下の方にはウリ形+の飾りが周囲全体にあった。「海」の周囲に45センチにつき10ずつあった。ウリ形の飾りは2列で,「海」と一緒に鋳造されたので接ぎ目がなかった。 25  「海」は12頭の雄牛+の上にあり,3頭は北を,3頭は西を,3頭は南を,3頭は東を向いていた。「海」はこれらの雄牛の上に置かれ,雄牛の後部は全て中心に向いていた。 26  「海」の厚さは7センチだった。縁は,杯の縁やユリの花のような造りだった。「海」には4万4000リットルの水が入った。 27  銅の台車*+10台作った。それぞれの台車は長さ1.8メートル,幅1.8メートル,高さ1.3メートルだった。 28  台車の作りは次の通りだった。側板があり,それらは格子の間にはめられていた。 29  格子の間の側板にはライオン+と雄牛とケルブ+があり,格子にも同じ模様があった。ライオンと雄牛の上と下には,浮き出るように帯状の装飾が施されていた。 30  それぞれの台車には,銅の4つの車輪と銅の車軸が付いていた。四隅には,それらの車輪を付ける支柱があった。水盤の下には脚があり,それらは側面に帯状の装飾があるように鋳造されていた。 31  水盤の口は冠*の中にはめられ,水盤の底から冠の下端までは45センチだった。冠の口は丸く,脚と合わせて台座となり,その高さは67センチになった。冠には彫り物があり,その側板は四角で,丸くなかった。 32  4つの車輪は側板より下にあり,車輪の固定具が台車に付けられた。各車輪の高さは67センチだった。 33  車輪の作りは兵車の車輪のようだった。車輪の固定具もリムもスポークもハブも全て鋳物だった。 34  それぞれの台車には四隅に4本の支柱があった。支柱は台車の一部として鋳造された* 35  台車の一番上にある丸い輪は,高さ22センチだった。その枠と側板は台車の一部として鋳造され*,台車の一番上に位置した。 36  枠の表面と側板には,大きさに応じて,ケルブとライオンとヤシの木を彫り,周りに帯状の装飾を施した+ 37  こうして台車を10台作った+。どれも同じように鋳造し+,寸法も形も同じだった。 38  銅の水盤を10個作った+。それぞれの水盤の容量は880リットルだった。各水盤は1.8メートル*だった。10台の台車それぞれに水盤が1個あった。 39  台車5台を家の右側に,5台を家の左側に置いた。「海」は家の右側,南東に置いた+ 40  ヒラム+は水盤とシャベル+と鉢+も作った。 こうしてヒラムはエホバの家に関してソロモン王から頼まれた仕事を全て完了した。彼が作った物は以下の通りである+ 41  2本の柱+と,2本の柱のてっぺんにある鉢形の柱頭。柱のてっぺんにある2つの鉢形の柱頭を飾る2つの網細工+ 42  2つの網細工のための400個のザクロ+,すなわち2本の柱の上にある2つの鉢形の柱頭を飾る,それぞれの網細工のための2列のザクロ。 43  10台の台車+と,台車に載せる10個の水盤+ 44  「海+」と,「海」の下の12頭の雄牛。 45  缶とシャベルと鉢,全ての器具。ヒラムがソロモン王のため,エホバの家のために作ったこれらの物は銅でできていて,磨き上げられていた。 46  王は,ヨルダン地域,スコトとツァレタンの間で,粘土の鋳型でこれらを鋳造させた。 47  ソロモンは,器具があまりにも大量だったため,全て重さを量らなかった。銅の重さは確かめられなかった+ 48  ソロモンはエホバの家のための全ての器具を作った。金の祭壇+,供えのパンを載せる金の食卓+ 49  奥の部屋の前の左右に5つずつ置く純金のランプ台+を作り,花+,ランプ,芯つまみ*を金で作った+ 50  水盤,明かり消し+,鉢,杯+,炭入れ+を純金で,奥の部屋+つまり至聖所の扉の軸受けと,神殿の家の扉+の軸受けを金で作った。 51  こうしてソロモン王は,エホバの家のために必要な仕事全てを完了した。ソロモンは,父ダビデが聖なるものとした物+を運び入れた。銀,金,器物類をエホバの家の宝物庫に納めた+

脚注

または,「宮殿」。
大梁のことかもしれない。
または,「玄関」。
または,「玄関」。
または,「宮殿」。
または,「青銅」。この章で,以下同様。
聖所を指している。
または,「南側」。
意味,「[エホバが]しっかり据えてくださいますように」。
または,「北側」。
意味はもしかすると,「強さによって」。
または,「水ため」。
または,「水を運ぶ銅の車」。
または,「輪」。
または,「支柱と台車の間に接ぎ目はなかった」。
または,「側板と台車の間に接ぎ目はなく」。
または,「直径1.8メートル」。
または,「火箸」。

注釈

メディア