列王記​第​一 4:1-34

4  ソロモンおうはイスラエルぜんたいおさめた+  おうつかえるこうかんたちである。ザドク+アザリヤはさい  シシャのたちであるエリホレフとアヒヤはしょかん+。アヒルドのエホシャファト+ろくかん  エホヤダのベナヤ+ぐんたいちょう。ザドクとアビヤタル+さい  ナタン+アザリヤはだいかんたちをまとめ,ナタンのザブドはさいでありおうゆうじん*だった+  アヒシャルはいえひとたちをまとめ,アブダのアドニラム+きょうせいろうどうちょうようされたひとたち+をまとめた。  ソロモンはイスラエルぜんたいに12にんだいかんき,おうとそのいえひとたちにしょくりょうきょうきゅうさせた。かくだいかんには,ねんに1カげつぶんしょくりょうきょうきゅうするせきがあった+  だいかんとおりである。エフライムのさんにフルの  マカツ,シャアルビム+,ベト・シェメシュ,エロン・ベト・ハナンにデケルの 10  アルボトにヘセドの。(かれにはソコとヘフェルのぜんいきまかされた。) 11  ドルのこうぜんいきにアビナダブの。(ソロモンのむすめタファトがかれつまとなった。) 12  タアナク,メギド+,エズレルのしたのツァレタンのそばにあるベト・シェアン+ぜんいき,ベト・シェアンからアベル・メホラそしてヨクメアム+ほうまでのいったいに,アヒルドのバアナ。 13  ラモト・ギレアデ+にゲベルの。(かれにはギレアデ+にある,マナセのヤイル+てんまくむらまかされた。また,バシャン+にあるアルゴブ+ほうの,じょうへきどうのかんぬきをそなえた60のおおきなまちまかせられた。) 14  マハナイム+にイドのアヒナダブ。 15  ナフタリにアヒマアツ。(かれはソロモンのべつむすめバセマトをつまとした。) 16  アシェルとベアロトにフシャイのバアナ。 17  イッサカルにパルアハのエホシャファト。 18  ベニヤミン+にエラのシムイ+ 19  ギレアデ+ほう,つまりアモリじんおうシホン+とバシャンのおうオグ+に,ウリのゲベル。また,ぜんのこれらのだいかんすべてをまとめるだいかん1人ひとりいた。 20  ユダとイスラエルのひとたちはうみすなのようにおお+べてみ,しあわせなおくっていた+ 21  ソロモンは,かわ*から+フィリスティアじんそしてエジプトのこっきょうまでのおうこくすべてをおさめた。ソロモンのしょうがいちゅうずっと,それらのおうこくみつものおさめ,ソロモンにつかえた+ 22  ソロモンのきゅう殿でんの1にちぶんしょくりょうは,じょうとうむぎ6600リットル,むぎ1まん3200リットル, 23  えたうし10とうほうぼくしたうし20とうひつじ100ぴきで,そのほかに鹿じか,ガゼル,おすノロジカと,えたカッコウがあった。 24  ソロモンは,かわ+のこちらがわ*の,ティフサハからガザ+までのすべてのものをとういた。かわのこちらがわおうたちみなとうにあり,ぜんいきへいだった+ 25  ソロモンのだいちゅうずっと,ユダとイスラエルのひとたちはだれもが,ダンからベエル・シェバまで,ぶんのブドウのやイチジクのしたやすらかにらした。 26  ソロモンは,へいしゃよううま4000*とうと1まん2000とううま*っていた+ 27  だいかんたちは,ソロモンおうおうしょくたくべるひとたちのためにしょくりょうきょうきゅうした。かくだいかんぶんとうばんつきせきたし,なにそくがないようにした+ 28  また,かくぶんたんとうしたがって,うまぐんのためのおおむぎとわらをどこであれひつようしょっていった。 29  かみはソロモンにじょうゆたかなしきべつりょくと,うみすなはまのようなひろこころ*あたえた+ 30  ソロモンのは,とうほうひとたちすべてのよりも,またエジプトのすべての+よりもすぐれていた。 31  かれはほかのどんなひとよりもかしこかった。エズラハじんエタン+,マホルのたちであるヘマン+やカルコル+やダルダよりもかしこかった。ソロモンのめいせいしゅうすべてのくにひろまった+ 32  ソロモンは3000のかくげん+つく*うた+は1005にのぼった。 33  レバノンのすぎから,じょうへきえるヒソプ+いたるまで,しょくぶつについてかたるのだった。どうぶつ+とり*+めんうごくもの*+さかなについてもかたるのだった。 34  ソロモンのきに,あらゆるくにひとたちがやってた。かれについていたおうたちがかいじゅうから+

脚注

または,「信頼できる友人」。
ユーフラテス川のこと。
ユーフラテス川の西のこと。
一部の写本と代二 9:25による。他の写本は4万としている。
または,「1万2000人の騎手」。
または,「理解力のある心」。
または,「語り」。
または,「飛ぶ生き物」。
爬虫類や虫を含むかもしれない。

注釈

メディア