列王記​第​一 20:1-43

20  シリア+のベン・ハダド+おうぜんぐんあつめた。32にんおうたちとうまへいしゃあつめた。ベン・ハダドはていってサマリア+ほう+こうげきした。  それからかれは,サマリアにいるイスラエルのアハブ+おうのもとに使しゃたちをつかわし,こうつたえさせた。「ベン・ハダドはこうっています。  『あなたのぎんきん,あなたのうつくしいつまたちや息子むすこたちは,わたしのものだ』」。  これにたいし,イスラエルのおうはこうこたえた。「おうよ,おこととおり,わたしわたしっているものもすべてあなたのものです+」。  その使しゃたちがふたたった。「ベン・ハダドはこうっています。『わたしは,「あなたは,ぎんきんつまたちと息子むすこたちをわたしあたえることになる」とあなたにつたえた。  だが,明日あすいまごろ,わたしはあなたのところらいたちをつかわす。かれらはあなたのいえとあなたのらいたちのいえくわしく調しらべ,あなたのちょうなものをぜんうばる』」。  それでイスラエルのおうは,くにちょうろうたちみなんでった。「いてほしい。あのおとこわざわいをもたらそうとしている。かれわたしつまたちや息子むすこたち,ぎんきんようきゅうしてきた。わたしことわらなかった」。  ちょうろうたちやたみみなった。「したがわないでください。しょうだくしないでください」。  それでおうはベン・ハダドの使しゃたちにった。「『あなたがさいしょにおもとめになったことはいたしますが,こんかいのことはしょうできません』とおうってください」。使しゃたちはかえって,おうにこのへんつたえた。 10  ベン・ハダドはこうつたえてきた。「サマリアには,わたししたがたみでつかめるほどのわずかなつちさえのこらないだろう。もしのこるようなことがあれば,かみがみわたしきびしくばっしますように!」 11  イスラエルのおうこたえた。「かれにこうつたえなさい。『けるものは,はずしょうしゃのようにほこってはならない+』」。 12  ベン・ハダドはおうたちとともてんまく*んでいたが,このへんいてただちに,「こうげきじゅんをせよ!」とらいたちにった。それで,かれらはめるじゅんをした。 13  あるげんしゃがイスラエルのアハブ+おうところき,こうった。「エホバはこうっています。『このおおぜいぐんしゅうたか。わたし今日きょうこのぐんしゅうをあなたのわたし,あなたはわたしがエホバであることを+』」。 14  アハブが「だれによってそうなるのでしょうか」とたずねると,げんしゃった。「エホバはこうっています。『しゅう*こうかんじゅうしゃたちによってである』」。アハブが「だれせんとうかいするのでしょうか」とたずねると,げんしゃは「あなたです!」とった。 15  アハブはしゅうこうかんじゅうしゃたちのかず調しらべた。それは232にんだった。そのあと,イスラエルのひとたちぜんかず調しらべると,7000にんだった。 16  ぐんぜいひるごろていった。ベン・ハダドはそのころせいていた32にんおうたちとてんまく*んでっていた。 17  しゅうこうかんじゅうしゃたちがまずていくと,ベン・ハダドはすぐにていさつしゃたちをおくった。ていさつしゃたちはベン・ハダドにこうほうこくした。「サマリアからひとびとてきています」。 18  ベン・ハダドはった。「へいのためにてきたなら,りにせよ。たたかいのためにてきたあいも,りにせよ」。 19  しかし,しゅうこうかんじゅうしゃたちと,つづぐんぜいからていき, 20  てきたちをった。それでシリアじん+,イスラエルはっていった。シリアのベン・ハダドおううまってしゅたちとともげた。 21  いっぽう,イスラエルのおうていってうまへいしゃつぎつぎち,シリアじんたいはいさせた。 22  そのれいげんしゃ+がイスラエルのおうところった。「さあ,ぼうきょうし,なにをすべきかかんがえなさい+らいねんはじ*,シリアのおうがあなたをめにるからです+」。 23  シリアのおうらいたちがった。「かれらのかみやまかみです。だからかれらにあっとうされたのです。もしへいたたかえば,われわれはかれらをあっとうできます。 24  また,こうしてください。おうたち+ぜんいんをそのからろし,わりにそうとくたちをくのです。 25  そして,うしなったへいうまへいしゃひとしいかずへいうまへいしゃあつめてください。かれらとへいたたかいましょう。そうすればかれらをかならあっとうできます」。それでおうはこのじょげんしたがい,そのとおりにした。 26  としはじ*,ベン・ハダドはシリアじんしょうしゅうし,イスラエルとたたかうためにアフェク+にやってた。 27  イスラエルのがわたみしょうしゅうされ,ぶっきょうきゅうけて,シリアじんかおうとていった。イスラエルのたみはシリアじんまえじんえいったが,それはヤギの2つのちいさなれのようで,いっぽうのシリアじんあたいちめんひろがっていた+ 28  しんかみつかえるひとがイスラエルのおうところて,こうった。「エホバはこうっています。『シリアじんが,「エホバはやまかみで,へいげんかみではない」とっているので,わたしはこのおおぜいぐんしゅうみなあなたのわた+。あなたたちはかならわたしがエホバであることを+』」。 29  りょうぐんじんえいったまま7かんかいった。そして7せんとうはじまった。イスラエルのたみは1にちのうちにシリアじんへい10まんにんった。 30  ほかのへいたちはアフェクのまちなかげた+。しかし,のこっていたへいの2まん7000にんうえまちじょうへきくずちた。ベン・ハダドもまちげ,おくかくれた。 31  ベン・ハダドにらいたちがった。「イスラエルのおうたちはあわれみぶか*おうだといています。どうか,こしあらぬのき,くびなわけて,イスラエルのおうのもとにかせてください。おうはきっとあなたのいのちたすけてくれるでしょう+」。 32  そこでらいたちはあらぬのこしき,なわくびけて,イスラエルのおうのもとにった。「ベン・ハダドは,『どうかいのちたすけてほしい』ともうしております」。アハブはった。「かれはまだきているのか。かれわたしきょうだいだ」。 33  それでらいたちは,これはへんだとおもい,すぐにそのことどおりにめて,「ベン・ハダドはあなたのきょうだいです」とった。するとアハブは,「かれれてきなさい」とった。それでベン・ハダドはアハブのもとにやってた。アハブはかれへいしゃせた。 34  ベン・ハダドはアハブにった。「わたしちちがあなたのちちうえからうばったまちまちをおかえしします。わたしちちがサマリアでしたように,ダマスカスにいちもうけて*いただいてかまいません」。 アハブはこたえた。「このきょうてい*もとづき,あなたをらせます」。 こうしてアハブはきょうていむすんでからベン・ハダドをらせた。 35  エホバのめいれいにより,げんしゃたち*+のあるひとなかに,「わたしなぐってください」とった。しかしそのひとなぐるのをこばんだ。 36  それでそのひとかれった。「あなたはエホバのうことをれなかったので,わたしのもとからるとすぐにライオンにころされます」。そのひとかれのもとをったあと,ライオンにい,ころされた。 37  そのげんしゃべつひとつけてった。「わたしなぐってください」。そのひとげんしゃなぐってきずつけた。 38  それからげんしゃけ,ほうたいをしてへんそうしてみちばたおうった。 39  おうとおかったときげんしゃおうおおごえった。「わたしたたかいのただなかていくと,あるひと1人ひとりおとこわたしところれてきて,こういました。『このおとこっていなさい。もしこのおとこがしたら,このおとこいのちわりにあなたのいのちられる+。あるいは,あなたは34キロのぎんはらうことになる』。 40  そのわたしがあちこちでいそがしくしているうちに,きゅうにそのおとこがいなくなってしまいました」。イスラエルのおうかれった。「そのばつけてとうぜんだ。あなたもかっているはずだ」。 41  そこでかれはすぐさまからほうたいった。イスラエルのおうかれげんしゃ1人ひとり+であることにいた。 42  げんしゃおうった。「エホバはこうっています。『あなたはわたしかしておいてはならないとったひとがしたので+かれいのちわりにあなたのいのちられ+かれたみわりにあなたのたみられる+』」。 43  イスラエルのおうげんになってふさぎみ,サマリア+かえっていった。

脚注

または,「仮小屋」。
または,「管轄地域」。
または,「仮小屋」。
春のこと。
春のこと。
または,「揺るぎない愛を示す」。
または,「契約」。
または,「にある街路を指定して」。
「預言者の子たち」とは,預言者の教育団体か預言者の会のことと思われる。

注釈

メディア