列王記​第​一 2:1-46

2  ダビデは,ちかづくと,息子むすこソロモンにこうした。  「わたしはもうながくない。だから,ゆう+おとこらしくありなさい+  あなたは,あなたのかみエホバにたいするつとめをまもらなければならない。かみみちあゆみ,モーセのりっぽうかれているかみほうれいとおきてとほうおし*したがいなさい+。そうすれば,なにをするにしてもどこにくにしても,あなたはせいこうする*  エホバはわたしかんするつぎやくそくたされる。『あなたのたちがこころくし,ぶんすべてをくして,ちゅうじつわたしみちあゆつづけるなら+,イスラエルのおうにはかならずあなたのけいひとがつく+』。  あなたは,ツェルヤのヨアブがわたしにしたこともよくっている。イスラエルの2人ふたりぐんたいちょう,ネルのアブネル+とエテルのアマサ+たいしてしたことだ。ヨアブは,たたかいのときでないのに2人ふたりころしてながした+ぶんこしのベルトとあしのサンダルにたたかいのけたのだ。  あなたはかしここうどうしなさい。かれ*やすらかにはか*はいらせてはいけない+  だが,ギレアデのひとバルジライ+そんにはるぎないあいしめし,かれらがあなたとおなしょくたくいてべられるようにしなさい。わたしがあなたのあにアブサロムからげたとき+かれらはささえてくれたからだ+  また,ベニヤミンぞくでゲラのである,バフリムのひとシムイがあなたのもとにいる。かれわたしがマハナイムにこうとしていた+わたしをひどいことでののしったが+わたしむかえにヨルダンがわときわたしかれに,『あなたをつるぎころすことはしない』とエホバにけてちかった+  あなたはかしこく,かれなにをすべきかかっている。かれしょばつされないままにしておいてはいけない+かれ*めてはか*はいらせなければならない+」。 10  その,ダビデはんで*,「ダビデのまち」にほうむられた+ 11  ダビデがイスラエルをおさめたかんは40ねんだった。ヘブロン+で7ねんおさめ,エルサレムで33ねんおさめた+ 12  ソロモンはちちダビデのおうにつき,だいおうけんかくりつされた+ 13  やがてハギトのアドニヤがソロモンのははバテ・シバのところた。バテ・シバは,「おだやかなことでたのですか」とたずねた。するとアドニヤは,「おだやかなことです」とこたえた。 14  そしてった。「おはなししたいことがあるのです」。バテ・シバは,「はなしてごらんなさい」とった。 15  アドニヤはった。「よくごぞんじのとおり,おうけんわたしのものになろうとしていました。わたしおうになるようイスラエルぜんたいたいして*いました+。ところがおうけんわたしではなくわたしおとうとのものとなりました。エホバがかれあたえたのです+ 16  いま,あなたにおねがいしたいことが1つだけあります。ことわらないでください」。バテ・シバは,「はなしてごらんなさい」とった。 17  アドニヤはった。「どうかソロモンおうに,シュネムのひとアビシャグ+つまとしてわたしあたえるようたのんでください。おうはあなたのねがいをことわることはないでしょうから」。 18  バテ・シバはった。「いいでしょう。あなたのために,わたしからおうはなします」。 19  バテ・シバはアドニヤのためにはなそうとソロモンおうところった。おうはすぐにってかのじょむかえ,ひれした。それからおうすわり,ははおやのためにせきもうけさせた。かのじょぶんみぎすわれるようにしたのである。 20  バテ・シバはった。「ちいさなおねがいが1つあります。ことわらないでください」。おうった。「ははうえってください。ことわりませんから」。 21  かのじょった。「あなたのあにアドニヤに,シュネムのひとアビシャグをつまとしてあたえてください」。 22  ソロモンおうははおやこたえた。「アドニヤのためにどうしてシュネムのひとアビシャグをねがもとめるのですか。かれわたしあになのですから+,いっそかれのためにおうけんねがもとめたらよいではありませんか+さいアビヤタルとツェルヤ+ヨアブ+かれしています」。 23  ソロモンおうはエホバにけてこうちかった。「もし,アドニヤがこうしたようきゅうをしたのにいのちうしなわないでいるなら,かみわたしきびしくばっしますように。 24  かみやくそくどおわたしちちダビデのおうにつかせてわたしおうけんかくりつ+わたしのためにおうちょう*をつくってくださいました+きているかみエホバにけています。今日きょう,アドニヤはころされます+」。 25  ソロモンおうただちにエホヤダのベナヤ+つかわした。ベナヤはていってアドニヤを*,アドニヤはんだ。 26  おうさいアビヤタル+った。「アナトテ+にあるぶんきなさい! あなたはあたいしますが,今日きょうあなたをころすことはしません。あなたはわたしちちダビデのまえしゅけんしゃであるしゅエホバのはこかつぎましたし+,さまざまななんわたしちちともにしたからです+」。 27  こうしてソロモンはアビヤタルをエホバのさいしょくからはずし,エホバがシロ+でエリのけいたいしてかたったことがらじつげんした+ 28  こうしたことがヨアブのみみはいった。(ヨアブはアブサロムをしなかったものの+,アドニヤのことはしていた+。)ヨアブはエホバのてんまく+げ,さいだんつのをつかんだ。 29  するとソロモンおうにこうほうこくがあった。「ヨアブはエホバのてんまくげました。さいだんのそばにいます」。それでソロモンはエホヤダのベナヤをつかわして,「かれちにきなさい!」とった。 30  ベナヤはエホバのてんまくき,ヨアブにった。「おうは,『てきなさい!』とっています」。ヨアブは,「いや,わたしはここでぬ」とった。そこでベナヤはもどっておうに,「ヨアブはこうい,こうこたえました」とほうこくした。 31  おうはベナヤにった。「かれったとおりになるよう,かれち,ほうむりなさい。ヨアブがせいとうゆうもなくながしたせきにんわたしちちいちぞくこうむることがないようにするのです+ 32  エホバはかれながしたおうじてかれむく*ます。かれは,わたしちちダビデがらないうちに,ぶんよりもただしくて2人ふたりひとつるぎころしました。イスラエルのぐんたいちょう+,ネルのアブネル+と,ユダのぐんたいちょう+,エテルのアマサ+ころしたのです。 33  ヨアブとそのそんかれらのせきにんをいつまでもわなければなりません*+。ダビデとそのそんいちぞくおうには,エホバからのへいえいえんにありますように」。 34  それでエホヤダのベナヤはヨアブをちにき,ころした。ヨアブはこうにあるぶんいえちかくにほうむられた。 35  おうはヨアブのわりにエホヤダのベナヤ+ぐんたいちょうにんめいし,さいザドク+をアビヤタルのわりににんめいした。 36  おうはシムイ+せて,こうった。「エルサレムにいえてて,そこにみなさい。からどこにもていってはいけません。 37  ていってキデロンのたに+わたるならあなたはかならぬ,ということをおぼえておきなさい。そのせきにんはあなたしん*にあります」。 38  シムイはおうった。「しょうしました。おうはなされたとおりにいたします」。それでシムイはしばらくエルサレムにいた。 39  3ねんがたつころ,シムイのれい2人ふたりがガトのおうマアカのアキシュ+ところとうぼうした。シムイは,「あなたのれいがガトにいます」とらされて, 40  ただちにロバをようし,れいたちをさがしにガトのアキシュのところった。シムイがれいたちをガトかられてもどると, 41  ソロモンにこうほうこくがあった。「シムイがエルサレムからてガトにき,もどってきました」。 42  それでおうはシムイをせ,こうった。「わたしはあなたに,『からてどこかにくならあなたはかならぬ,ということをおぼえておきなさい』とい,エホバにけてちかわせ,けいこくしませんでしたか。そしてあなたは,『しょうしました。したがいます』といませんでしたか+ 43  それなのに,どうしてエホバへのちかいとわたしがあなたにしたおきてをまもらなかったのですか」。 44  そしておうはシムイにった。「あなたは,わたしちちダビデにくわえたがいすべてをこころなかかっているはずです+。エホバは,そのがいがあなたのかるようにします+ 45  しかしわたし,ソロモンおうしゅくふくされ+,ダビデのおうはエホバのまええいえんらぎません」。 46  そしておうはエホヤダのベナヤをつかわした。ベナヤはシムイをちにき,シムイはんだ+ こうしてソロモンのおうこくとうたしかなものとなった+

脚注

または,「思い出させるもの」。
または,「賢く行動できる」。
直訳,「彼の白髪」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
直訳,「彼の白髪」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
直訳,「父祖たちと共に横たわり」。
直訳,「顔を私に向けて」。
直訳,「家」。
または,「に襲い掛かり」。
直訳,「彼の血を彼の頭上に返し」。
直訳,「子孫の頭上に彼らの血が永遠に返ります」。
直訳,「あなたの血はあなたの頭上」。

注釈

メディア