列王記​第​一 2:1-46

2  ダビデは,死期が近づくと,息子ソロモンにこう指示した。  「私はもう長くない。だから,勇気を持ち+,男らしくありなさい+  あなたは,あなたの神エホバに対する務めを守らなければならない。神の道を歩み,モーセの律法に書かれている神の法令とおきてと法規と教え*に従いなさい+。そうすれば,何をするにしてもどこに行くにしても,あなたは成功する*  エホバは私に関する次の約束を果たされる。『あなたの子たちが心を尽くし,自分の全てを尽くして,忠実に私の道を歩み続けるなら+,イスラエルの王座には必ずあなたの家系の人がつく+』。  あなたは,ツェルヤの子ヨアブが私にしたこともよく知っている。イスラエルの2人の軍隊の長,ネルの子アブネル+とエテルの子アマサ+に対してしたことだ。ヨアブは,戦いの時でないのに2人を殺して血を流した+。自分の腰のベルトと足のサンダルに戦いの血を付けたのだ。  あなたは賢く行動しなさい。彼*を安らかに墓*に入らせてはいけない+  だが,ギレアデの人バルジライ+の子孫には揺るぎない愛を示し,彼らがあなたと同じ食卓に着いて食べられるようにしなさい。私があなたの兄アブサロムから逃げた時+,彼らは支えてくれたからだ+  また,ベニヤミン族でゲラの子である,バフリムの人シムイがあなたのもとにいる。彼は私がマハナイムに行こうとしていた日+,私をひどい言葉でののしったが+,私を迎えにヨルダン川に来た時,私は彼に,『あなたを剣で殺すことはしない』とエホバに懸けて誓った+  あなたは賢く,彼に何をすべきか分かっている。彼を処罰されないままにしておいてはいけない+。彼*を血に染めて墓*に入らせなければならない+」。 10  その後,ダビデは死んで*,「ダビデの町」に葬られた+ 11  ダビデがイスラエルを治めた期間は40年だった。ヘブロン+で7年治め,エルサレムで33年治めた+ 12  ソロモンは父ダビデの王座につき,次第に王権は確立された+ 13  やがてハギトの子アドニヤがソロモンの母バテ・シバの所に来た。バテ・シバは,「穏やかなことで来たのですか」と尋ねた。するとアドニヤは,「穏やかなことです」と答えた。 14  そして言った。「お話ししたいことがあるのです」。バテ・シバは,「話してごらんなさい」と言った。 15  アドニヤは言った。「よくご存じの通り,王権は私のものになろうとしていました。私が王になるようイスラエル全体が期待して*いました+。ところが王権は私ではなく私の弟のものとなりました。エホバが彼に与えたのです+ 16  今,あなたにお願いしたいことが1つだけあります。断らないでください」。バテ・シバは,「話してごらんなさい」と言った。 17  アドニヤは言った。「どうかソロモン王に,シュネムの人アビシャグ+を妻として私に与えるよう頼んでください。王はあなたの願いを断ることはないでしょうから」。 18  バテ・シバは言った。「いいでしょう。あなたのために,私から王に話します」。 19  バテ・シバはアドニヤのために話そうとソロモン王の所に行った。王はすぐに立って彼女を迎え,ひれ伏した。それから王座に座り,母親のために席を設けさせた。彼女が自分の右に座れるようにしたのである。 20  バテ・シバは言った。「小さなお願いが1つあります。断らないでください」。王は言った。「母上,言ってください。断りませんから」。 21  彼女は言った。「あなたの兄アドニヤに,シュネムの人アビシャグを妻として与えてください」。 22  ソロモン王は母親に答えた。「アドニヤのためにどうしてシュネムの人アビシャグを願い求めるのですか。彼は私の兄なのですから+,いっそ彼のために王権を願い求めたらよいではありませんか+。祭司アビヤタルとツェルヤ+の子ヨアブ+は彼を支持しています」。 23  ソロモン王はエホバに懸けてこう誓った。「もし,アドニヤがこうした要求をしたのに命を失わないでいるなら,神が私を厳しく罰しますように。 24  神は約束通り私を父ダビデの王座につかせて私の王権を確立し+,私のために王朝*をつくってくださいました+。生きている神エホバに懸けて言います。今日,アドニヤは殺されます+」。 25  ソロモン王は直ちにエホヤダの子ベナヤ+を遣わした。ベナヤは出ていってアドニヤを討ち*,アドニヤは死んだ。 26  王は祭司アビヤタル+に言った。「アナトテ+にある自分の土地に行きなさい! あなたは死に値しますが,今日あなたを殺すことはしません。あなたは私の父ダビデの前で主権者である主エホバの箱を担ぎましたし+,さまざまな苦難を私の父と共にしたからです+」。 27  こうしてソロモンはアビヤタルをエホバの祭司職から外し,エホバがシロ+でエリの家系に対して語った事柄が実現した+ 28  こうしたことがヨアブの耳に入った。(ヨアブはアブサロムを支持しなかったものの+,アドニヤのことは支持していた+。)ヨアブはエホバの天幕+に逃げ,祭壇の角をつかんだ。 29  するとソロモン王にこう報告があった。「ヨアブはエホバの天幕に逃げました。祭壇のそばにいます」。それでソロモンはエホヤダの子ベナヤを遣わして,「彼を討ちに行きなさい!」と言った。 30  ベナヤはエホバの天幕に行き,ヨアブに言った。「王は,『出てきなさい!』と言っています」。ヨアブは,「いや,私はここで死ぬ」と言った。そこでベナヤは戻って王に,「ヨアブはこう言い,こう答えました」と報告した。 31  王はベナヤに言った。「彼が言った通りになるよう,彼を討ち,葬りなさい。ヨアブが正当な理由もなく流した血の責任を私と父の一族が被ることがないようにするのです+ 32  エホバは彼が流した血に応じて彼に報い*ます。彼は,私の父ダビデが知らないうちに,自分よりも正しくて良い2人の人を剣で打ち殺しました。イスラエルの軍隊の長+,ネルの子アブネル+と,ユダの軍隊の長+,エテルの子アマサ+を殺したのです。 33  ヨアブとその子孫は彼らの死の責任をいつまでも負わなければなりません*+。ダビデとその子孫と一族と王座には,エホバからの平和が永遠にありますように」。 34  それでエホヤダの子ベナヤはヨアブを討ちに行き,殺した。ヨアブは荒野にある自分の家の近くに葬られた。 35  王はヨアブの代わりにエホヤダの子ベナヤ+を軍隊の長に任命し,祭司ザドク+をアビヤタルの代わりに任命した。 36  王はシムイ+を呼び寄せて,こう言った。「エルサレムに家を建てて,そこに住みなさい。都市からどこにも出ていってはいけません。 37  出ていってキデロンの谷+を渡るならあなたは必ず死ぬ,ということを覚えておきなさい。その死の責任はあなた自身*にあります」。 38  シムイは王に言った。「承知しました。王が話された通りにいたします」。それでシムイはしばらくエルサレムにいた。 39  3年がたつ頃,シムイの奴隷2人がガトの王マアカの子アキシュ+の所に逃亡した。シムイは,「あなたの奴隷がガトにいます」と知らされて, 40  直ちにロバを用意し,奴隷たちを捜しにガトのアキシュの所に行った。シムイが奴隷たちをガトから連れて戻ると, 41  ソロモンにこう報告があった。「シムイがエルサレムから出てガトに行き,戻ってきました」。 42  それで王はシムイを呼び寄せ,こう言った。「私はあなたに,『都市から出てどこかに行くならあなたは必ず死ぬ,ということを覚えておきなさい』と言い,エホバに懸けて誓わせ,警告しませんでしたか。そしてあなたは,『承知しました。従います』と言いませんでしたか+ 43  それなのに,どうしてエホバへの誓いと私があなたに課したおきてを守らなかったのですか」。 44  そして王はシムイに言った。「あなたは,私の父ダビデに加えた危害全てを心の中で分かっているはずです+。エホバは,その危害があなたの身に降り掛かるようにします+ 45  しかし私,ソロモン王は祝福され+,ダビデの王座はエホバの前で永遠に揺らぎません」。 46  そして王はエホヤダの子ベナヤを遣わした。ベナヤはシムイを討ちに行き,シムイは死んだ+ こうしてソロモンの王国の統治は確かなものとなった+

脚注

または,「思い出させるもの」。
または,「賢く行動できる」。
直訳,「彼の白髪」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
直訳,「彼の白髪」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
直訳,「父祖たちと共に横たわり」。
直訳,「顔を私に向けて」。
直訳,「家」。
または,「に襲い掛かり」。
直訳,「彼の血を彼の頭上に返し」。
直訳,「子孫の頭上に彼らの血が永遠に返ります」。
直訳,「あなたの血はあなたの頭上」。

注釈

メディア