列王記​第​一 17:1-24

17  ギレアデ+地方のティシュベの人エリヤ*+がアハブにこう言った。「私が仕えている,イスラエルの生きている神エホバに懸けて言います。私が何も言わない限り,ここ何年かは露が降りず,雨も降りません+!」  エホバはエリヤに言った。  「ここをたって東に向かい,ヨルダン川の東にあるケリトの谷*に身を隠しなさい。  そこの川の水を飲むとよい。私はワタリガラスに命じて,あなたの所に食べ物を運ばせる+」。  エリヤはすぐ出発し,エホバに言われた通りにした。出掛けていき,ヨルダン川の東にあるケリトの谷*で寝泊まりするようになった。  そこにワタリガラスが朝と夕方にパンと肉を運んできた。水は川から飲んだ+  しかし何日かたつと,その川は枯れた+。全土で雨が降らなかったからである。  それでエホバはエリヤに言った。  「さあ,シドンの町ザレパテに行き,そこに滞在しなさい。私はそこで1人のやもめに命じて,あなたに食べ物を与えさせる+」。 10  そこでエリヤは出発し,ザレパテに行った。町の入り口に来ると,1人のやもめが薪を拾っていた。エリヤは女性に声を掛け,言った。「どうか水を少し持ってきて,飲ませてください+」。 11  彼女が水を取りに行こうとした時,エリヤは彼女に呼び掛けた。「どうかパンも少し持ってきてください」。 12  彼女は言った。「あなたの生きている神エホバに懸けて言います。私の所にパンはありません。大きなつぼに麦粉一握りと,小さなつぼに油が少しあるだけです+。私は薪を幾つか拾い,この後,戻って自分と息子のために何かを作ります。私たちはそれを食べたら,あとは死ぬだけです」。 13  エリヤは彼女に言った。「恐れてはいけません。帰ってあなたが言った通りにしてください。ただし,まず今あるもので私のために小さな丸いパンを作り,持ってきてください。それから,あなたは自分と息子のために何かを作れます。 14  イスラエルの神エホバがこう言っているからです。『エホバが大地に雨を降らせる日まで,麦粉の大きなつぼも油の小さなつぼも空にはならない+』」。 15  彼女は帰ってエリヤに言われた通りにした。彼女もエリヤも彼女の家の人も皆,何日も食べた+ 16  麦粉の大きなつぼも油の小さなつぼも空にはならなかった。エホバがエリヤを通して語った言葉の通りになった。 17  こうしたことの後,そのやもめの息子が病気になった。病気は非常に悪くなり,その子は息を引き取った+ 18  彼女はエリヤに言った。「真の神に仕える人,あなたは私に何か反感でもあるのですか。あなたは私の罪を私に思い起こさせ,息子を死なせるために来たのですか+」。 19  エリヤは彼女に,「あなたの息子を私に渡してください」と言った。そして彼女から息子を受け取り,泊まっていた屋上の部屋にその子を抱えて上がり,自分のベッドの上に寝かせた+ 20  エリヤはエホバにこう呼び掛けた。「私の神エホバ+,あなたは,私が身を寄せているこのやもめも災難に遭わせ,息子を死なせるのですか」。 21  それから彼はその子にかぶさるように3度身をかがめ,エホバに呼び掛けた。「私の神エホバ,どうかこの子に命を戻してください」。 22  エホバはエリヤの願いを聞き入れ+,その子に命が戻り,その子は生き返った+ 23  エリヤはその子を連れて屋上の部屋から家の中に下り,その子を母親に渡して,こう言った。「見てください。あなたの息子は生きています+」。 24  彼女はエリヤに言った。「私は今,本当に分かりました。あなたは確かに神に仕える人+で,あなたが語るエホバの言葉は真実です」。

脚注

意味,「私の神はエホバ」。
または,「ワジ」。
または,「ワジ」。

注釈

メディア