列王記​第​一 13:1-34

13  ヤラベアムがせいけむりのぼらせるためさいだん+のそばにっていたときかみつかえるひと+がエホバのめいれいによってユダからベテルにやってた。  そのひとはエホバのめいれいにより,さいだんかっておおごえった。「さいだんよ,さいだんよ! エホバはこうっている。『ヨシヤ+というおとこがダビデまれる。そのひとは,たかしょさいたちをあなたのうえせいとしてささげる。あなたのうえせいけむりのぼらせているさいたちをである。そのひとは,ひとほねをあなたのうえくのだ+』」。  そのかみつかえるひとつぎのようにい,1つのしるし*しめした。「エホバがわれたしるし*があります。なさい。さいだんれ,そのうえにあるはい*ります」。  ヤラベアムおうは,しんかみつかえるひとがベテルのさいだんかっておおごえったことくと,すぐにさいだんからはなしてそのひとけ,「このひとつかまえなさい」とった+。すると,ばしたはたちまちからび*められなくなった+  そしてさいだんれ,そこからはいった。しんかみつかえるひとがエホバにめいじられてったとおりのしるし*しょうじたのである。  おうは,しんかみつかえるひとった。「どうか,あなたのかみエホバにめぐみをもとめ,わたしのためにもとどおりになるよういのってください+」。しんかみつかえるひとがエホバにめぐみをもとめると,おうもともどった。  おうは,しんかみつかえるひとった。「わたしいっしょいえて,なにべていってください。あなたにおくものげたいのです」。  そのひとおうった。「たとえあなたのいえはんぶんくださっても,あなたといっしょにはきません。ここでは,パンもべませんし,みずみません。  エホバから,『パンをべてはならず,みずんでもならない。みちもどってはならない』とめいじられたからです」。 10  こうしてそのひとはほかのみちき,ベテルにときおなみちとおってかえることはしなかった。 11  ベテルにはあるろうげんしゃんでいた。その息子むすこたちはいえかえってくると,しんかみつかえるひとがそのベテルでしたことやおうかたったことすべちちはなした。息子むすこたちがはなえると, 12  ちちは「そのひとはどのみちったか」とたずねた。息子むすこたちは,ユダからしんかみつかえるひとったみちちちおしえた。 13  ちち息子むすこたちにった。「わたしのためにロバをようしてくれ」。息子むすこたちはロバにくらをき,ちちはそれにった。 14  ろうげんしゃは,しんかみつかえるひとあとい,そのひとたいぼくしたすわっているのをつけた。ろうげんしゃはそのひとった。「あなたがユダからられたしんかみつかえるひとですか+」。そのひとは,「はい」とこたえた。 15  ろうげんしゃはそのひとった。「わたしいっしょいえて,パンをべていってください」。 16  そのひとった。「わたしはあなたといっしょかえすことも,おさそいにおうじることもできません。ここでは,あなたといっしょにパンをべることもみずむこともできません。 17  エホバから,『そこではパンをべてはならず,みずんでもならない。みちもどってはならない』とわれたからです」。 18  ろうげんしゃはそのひとった。「わたしもあなたとおなじくげんしゃです。わたしは,『そのひといえれてもどり,パンをべさせ,みずませなさい』というエホバのことてん使からきました」。(ろうげんしゃはそのひとにうそをついていた。) 19  それで,そのひとろうげんしゃいえいっしょき,パンをべ,みずむことにした。 20  かれらがしょくたくいていたとき,エホバがろうげんしゃことつたえた。 21  ろうげんしゃは,ユダからしんかみつかえるひとおおきなこえった。「エホバはこうっています。『あなたはエホバのめいれいそむき,エホバかみからあたえられたおきてをまもらなかったので, 22  あなたのたいたちのはかほうむられることはない+。あなたは,「パンをべてはならず,みずんでもならない」とわれていたところに,いするためにもどったからである』」。 23  しんかみつかえるひといしたあとろうげんしゃはそのひと*のためにロバをようした。 24  そのひといたが,じょうあらわれたライオンにころされた+たいみちほうっておかれたままで,ロバがそばにっていた。ライオンもたいのそばにっていた。 25  ひとびととおかり,みちほうっておかれたままのたいとそばにっているライオンをた。ひとびとろうげんしゃんでいるまちき,たことをはなした。 26  ろうげんしゃきたことについてき,すぐにこうった。「それはしんかみつかえるひとだ。あのひとがエホバのめいれいそむいたので+,エホバはあのひとがライオンにおそわれてころされるようにしたのだ。エホバがあのひとはなしたとおりになった+」。 27  そして息子むすこたちにった。「わたしのためにロバをようしてくれ」。息子むすこたちはロバにくらをいた。 28  ろうげんしゃけていき,みちほうっておかれたままのたいとそばにっているロバとライオンをつけた。ライオンはそのたいべてはおらず,ロバをおそってもいなかった。 29  ろうげんしゃしんかみつかえるひとたいかかげ,ロバにせてぶんまちはこび,なげかなしんでたいほうむった。 30  かれたいぶんはかおさめた。みなそのひとについてき,「なんとかわいそうに。わたしきょうだい!」とった。 31  ろうげんしゃたいほうむったあと息子むすこたちにった。「わたしんだら,しんかみつかえるひとほうむったしょわたしほうむってほしい。あのひとほねとなりわたしほねおさめるのだ+ 32  あのひとがベテルのさいだんとサマリアのまちまちたかしょ+にあるすべてのすうはいいえかってったエホバのことは,かならずそのとおりになる+」。 33  こうしたことがあってからも,ヤラベアムはわるおこないをあらためず,いっぱんたみなかからたかしょさいにんめいした+だれでもぼうするひとさいにんめい*,「このひとたかしょさいにしなさい」とうのだった+ 34  こうしてヤラベアム+いえひとたちは,おかしたつみのゆえに,めつしてじょうからのぞかれることになった+

脚注

または,「奇跡」,「予告」。
または,「奇跡」,「予告」。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
または,「まひし」。
または,「奇跡」,「予告」。
直訳,「連れてきた預言者」。
直訳,「の手を満たし」。

注釈

メディア