列王記​第​一 13:1-34

13  ヤラベアムが犠牲の煙を立ち上らせるため祭壇+のそばに立っていた時,神に仕える人+がエホバの命令によってユダからベテルにやって来た。  その人はエホバの命令により,祭壇に向かって大声で言った。「祭壇よ,祭壇よ! エホバはこう言っている。『ヨシヤ+という男の子がダビデ家に生まれる。その人は,高い場所の祭司たちをあなたの上で犠牲として捧げる。あなたの上で犠牲の煙を立ち上らせている祭司たちをである。その人は,人の骨をあなたの上で焼くのだ+』」。  その日,神に仕える人は次のように言い,1つのしるし*を示した。「エホバが言われたしるし*があります。見なさい。祭壇が割れ,その上にある灰*が飛び散ります」。  ヤラベアム王は,真の神に仕える人がベテルの祭壇に向かって大声で言った言葉を聞くと,すぐに手を祭壇から離してその人に向け,「この人を捕まえなさい」と言った+。すると,伸ばした手はたちまち干からび*,引っ込められなくなった+  そして祭壇が割れ,そこから灰が飛び散った。真の神に仕える人がエホバに命じられて言った通りのしるし*が生じたのである。  王は,真の神に仕える人に言った。「どうか,あなたの神エホバに恵みを求め,私のために手が元通りになるよう祈ってください+」。真の神に仕える人がエホバに恵みを求めると,王の手は元に戻った。  王は,真の神に仕える人に言った。「私と一緒に家に来て,何か食べていってください。あなたに贈り物を差し上げたいのです」。  その人は王に言った。「たとえあなたの家の半分を下さっても,あなたと一緒には行きません。ここでは,パンも食べませんし,水も飲みません。  エホバから,『パンを食べてはならず,水を飲んでもならない。来た道を戻ってはならない』と命じられたからです」。 10  こうしてその人はほかの道を行き,ベテルに来た時と同じ道を通って帰ることはしなかった。 11  ベテルにはある老預言者が住んでいた。その息子たちは家に帰ってくると,真の神に仕える人がその日ベテルでしたことや王に語った言葉を全て父に話した。息子たちが話し終えると, 12  父は「その人はどの道を行ったか」と尋ねた。息子たちは,ユダから来た真の神に仕える人が行った道を父に教えた。 13  父は息子たちに言った。「私のためにロバを用意してくれ」。息子たちはロバにくらを置き,父はそれに乗った。 14  老預言者は,真の神に仕える人の後を追い,その人が大木の下に座っているのを見つけた。老預言者はその人に言った。「あなたがユダから来られた真の神に仕える人ですか+」。その人は,「はい」と答えた。 15  老預言者はその人に言った。「私と一緒に家に来て,パンを食べていってください」。 16  その人は言った。「私はあなたと一緒に引き返すことも,お誘いに応じることもできません。ここでは,あなたと一緒にパンを食べることも水を飲むこともできません。 17  エホバから,『そこではパンを食べてはならず,水を飲んでもならない。来た道を戻ってはならない』と言われたからです」。 18  老預言者はその人に言った。「私もあなたと同じく預言者です。私は,『その人を家に連れて戻り,パンを食べさせ,水を飲ませなさい』というエホバの言葉を天使から聞きました」。(老預言者はその人にうそをついていた。) 19  それで,その人は老預言者の家に一緒に行き,パンを食べ,水を飲むことにした。 20  彼らが食卓に着いていた時,エホバが老預言者に言葉を伝えた。 21  老預言者は,ユダから来た真の神に仕える人に大きな声で言った。「エホバはこう言っています。『あなたはエホバの命令に背き,エホバ神から与えられたおきてを守らなかったので, 22  あなたの遺体が父祖たちの墓に葬られることはない+。あなたは,「パンを食べてはならず,水を飲んでもならない」と言われていた所に,飲み食いするために戻ったからである』」。 23  真の神に仕える人が飲み食いした後,老預言者はその人*のためにロバを用意した。 24  その人は帰途に就いたが,路上に現れたライオンに殺された+。死体は道に放っておかれたままで,ロバがそばに立っていた。ライオンも死体のそばに立っていた。 25  人々が通り掛かり,道に放っておかれたままの死体とそばに立っているライオンを見た。人々は老預言者の住んでいる町に行き,見たことを話した。 26  老預言者は起きたことについて聞き,すぐにこう言った。「それは真の神に仕える人だ。あの人がエホバの命令に背いたので+,エホバはあの人がライオンに襲われて殺されるようにしたのだ。エホバがあの人に話した通りになった+」。 27  そして息子たちに言った。「私のためにロバを用意してくれ」。息子たちはロバにくらを置いた。 28  老預言者は出掛けていき,道に放っておかれたままの死体とそばに立っているロバとライオンを見つけた。ライオンはその死体を食べてはおらず,ロバを襲ってもいなかった。 29  老預言者は真の神に仕える人の遺体を抱え上げ,ロバに載せて自分の町に運び,嘆き悲しんで遺体を葬った。 30  彼は遺体を自分の墓に納めた。皆その人について泣き,「何とかわいそうに。私の兄弟!」と言った。 31  老預言者は遺体を葬った後,息子たちに言った。「私が死んだら,真の神に仕える人を葬った場所に私を葬ってほしい。あの人の骨の隣に私の骨を納めるのだ+ 32  あの人がベテルの祭壇とサマリアの町々の高い場所+にある全ての崇拝の家に向かって言ったエホバの言葉は,必ずその通りになる+」。 33  こうしたことがあってからも,ヤラベアムは悪い行いを改めず,一般の民の中から高い場所の祭司を任命した+。誰でも希望する人を祭司に任命し*,「この人を高い場所の祭司にしなさい」と言うのだった+ 34  こうしてヤラベアム+の家の人たちは,犯した罪のゆえに,破滅して地上から除かれることになった+

脚注

または,「奇跡」,「予告」。
または,「奇跡」,「予告」。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
または,「まひし」。
または,「奇跡」,「予告」。
直訳,「連れてきた預言者」。
直訳,「の手を満たし」。

注釈

メディア