列王記​第​一 10:1-29

10  さて,シェバのじょおうは,エホバのをたたえるソロモンのめいせいについていた+。それでかのじょはソロモンをなんもん*ためそうとしてやって+  かのじょおおぜいじゅうしゃともな+,ラクダにバルサム+じょうおおくのきんほうせきせて,エルサレムにとうちゃくした。そしてソロモンのところて,りたいとおもっていたことをぜんたずねた。  ソロモンはすべてのしつもんこたえた。おうにとってむずかしくてからないことはひとつもなく,すべてをせつめいした。  シェバのじょおうは,ソロモンのあらゆる+てたいえ+にして,  また,しょくたくもの+らいたちがすわっているようきゅうにんたちのしょくたくでのおうたいふくそうおうつかえるけんしゃくにんたち,おうがエホバのいえでいつもささげるぜんしょうせいて,いきをのんだ。  かのじょおうった。「わたしぶんくにであなたのこうせき*についていたことは,ほんとうでした。  わたして,このるまでは,しんじていませんでした。わたしはんぶんらされていませんでした。あなたのはんえいは,わたしいていたことをはるかにえています。  あなたのたみしあわせです。いつもあなたのまえって,あなたのいているらいたちもしあわせです+  あなたのかみエホバがさんされますように+かみはあなたのことをよろこばれ,イスラエルのおうにつかせました。エホバはイスラエルへのえいえんあいゆえに,あなたにこうせいただしいことをおこなわせようと,あなたをおうにんめいしたのです」。 10  それからかのじょは,4トンのきんりょうのバルサム+ほうせきおうおくった+。シェバのじょおうがソロモンおうおくったほどのりょうのバルサムとどけられることは,となかった。 11  オフィルのきん+せたヒラムのせんだんが,オフィルからたいりょうのアルグムのもくざい+ほうせきはこんできた+ 12  おうはそのアルグムのもくざいでエホバのいえおういえ*けるものつくり,またうたたちのためにたてごとげんがっつくった+。それほどのアルグムのもくざいは,いまだかつてとどけられたことがなく,だれたこともない。 13  ソロモンおうは,シェバのじょおうまえよくおくものをしたほか,じょおうもとめにおうじてのぞどおりになんでもおくった。そのかのじょしゅっぱつし,らいたちとともぶんくにかえっていった+ 14  1ねんかんにソロモンのところはいってきたきんおもさは,23トンちかくになった+ 15  ほかに,しょうにん貿ぼうえきしょう,アラブのすべてのおうこくないそうとくたちからのしゅうえきがあった。 16  ソロモンおうは,きんごうきんおおだてを200つく+かくおおだてやく7キロのきんおおった+), 17  きんごうきんだてを300つくった(かくだてを1.7キロのきんおおった)。そして,それらを「レバノンのもりいえ+」にいた。 18  さらに,おうおおきなぞうおうつく+,それにせいれんされたきんをかぶせた+ 19  そのおうまでには6つのだんがあり,おううしろにまるおおいがあった。めんりょうがわにはひじけがあり,ひじけのそばに2とうのライオン+っていた。 20  6つのだんには,かくだんりょうはしに1とうずつ,ごうけい12とうのライオンがっていた。このようなものがつくられたおうこくはほかになかった。 21  ソロモンおうむのに使つかうつわすべきんであり,「レバノンのもりいえ+」のすべじゅんきんだった。ぎんのものはなにもなかった。ソロモンのだいぎんがないとなされていた+ 22  おうは,かいじょうのヒラムのせんだんのそばに,タルシシュ+せんだんっていて,そのタルシシュのせんだんが3ねんに1きんぎんぞう+さる,クジャクをせてきた。 23  ソロモンおうは,じょうのどのおうよりもゆたかなとみ+っていた+ 24  かいじゅうひとたちがソロモンにかいもとめた。かみがソロモンのこころさずけたくためだった+ 25  ひとびとまいとしぎんしなきんしなふく,バルサムうま,ラバなどのおくものってきた。 26  ソロモンはへいしゃうま*やしていった。1400りょうへいしゃと1まん2000とううま*+へいしゃまちとエルサレムのおうのそばにはいした+ 27  ソロモンおうのおかげで,エルサレムでぎんいしのようにおおくなり,すぎざいはシェフェラにあるエジプトイチジクののようにおおくなった+ 28  ソロモンのうまはエジプトからにゅうされたもので,おうしょうにんだんだいはらい,たんにゅうしゅした*+ 29  エジプトからにゅうしたへいしゃは1りょうぎん600まいで,うまは1とうが150まいだった。それらはかれらによってヘトじん+すべてのおうやシリアのおうたちにもしゅつされていた。

脚注

または,「謎掛け」。
または,「言葉」。
または,「宮殿」。
または,「騎手」。
または,「1万2000人の騎手」。
もしかすると,「ソロモンの馬はエジプトとクエから輸入されたものだった。王の商人たちが代価を払ってクエから買った」。クエとはキリキアのことかもしれない。

注釈

メディア