列王記​第​一 10:1-29

10  さて,シェバの女王は,エホバの名をたたえるソロモンの名声について聞いた+。それで彼女はソロモンを難問*で試そうとしてやって来た+  彼女は大勢の従者を伴い+,ラクダにバルサム油+や非常に多くの金と宝石を載せて,エルサレムに到着した。そしてソロモンの所に来て,知りたいと思っていたことを全部尋ねた。  ソロモンは全ての質問に答えた。王にとって難しくて分からないことは一つもなく,全てを説明した。  シェバの女王は,ソロモンのあらゆる知恵+や建てた家+を目にして,  また,食卓の食べ物+,家来たちが座っている様子,給仕人たちの食卓での応対や服装,王に仕える献酌人たち,王がエホバの家でいつも捧げる全焼の犠牲を見て,息をのんだ。  彼女は王に言った。「私が自分の国であなたの功績*と知恵について聞いたことは,本当でした。  私は来て,この目で見るまでは,信じていませんでした。私は半分も知らされていませんでした。あなたの知恵と繁栄は,私が聞いていたことをはるかに超えています。  あなたの民は幸せです。いつもあなたの前に立って,あなたの知恵を聞いている家来たちも幸せです+  あなたの神エホバが賛美されますように+。神はあなたのことを喜ばれ,イスラエルの王座につかせました。エホバはイスラエルへの永遠の愛ゆえに,あなたに公正で正しいことを行わせようと,あなたを王に任命したのです」。 10  それから彼女は,4トンの金と多量のバルサム油+と宝石を王に贈った+。シェバの女王がソロモン王に贈ったほどの量のバルサム油が届けられることは,二度となかった。 11  オフィルの金+を載せたヒラムの船団が,オフィルから大量のアルグムの木材+と宝石も運んできた+ 12  王はそのアルグムの木材でエホバの家と王の家*に取り付ける物を作り,また歌い手たちのためにたて琴と弦楽器を作った+。それほどのアルグムの木材は,いまだかつて届けられたことがなく,誰も見たこともない。 13  ソロモン王は,シェバの女王に気前よく贈り物をしたほか,女王の求めに応じて望み通りに何でも贈った。その後,彼女は出発し,家来たちと共に自分の国に帰っていった+ 14  1年間にソロモンの所に入ってきた金の重さは,23トン近くになった+ 15  ほかに,商人や貿易商,アラブの全ての王,国内の総督たちからの収益があった。 16  ソロモン王は,金の合金で大盾を200個作り+(各大盾を約7キロの金で覆った+), 17  金の合金で小盾を300個作った(各小盾を1.7キロの金で覆った)。そして,それらを「レバノンの森の家+」に置いた。 18  さらに,王は大きな象牙の王座を作り+,それに精錬された金をかぶせた+ 19  その王座までには6つの段があり,王座の後ろに丸い覆いがあった。座面の両側には肘掛けがあり,肘掛けのそばに2頭のライオン+が立っていた。 20  6つの段には,各段の両端に1頭ずつ,合計12頭のライオンが立っていた。このようなものが作られた王国はほかになかった。 21  ソロモン王が飲むのに使う器は全て金であり,「レバノンの森の家+」の器具も全て純金だった。銀のものは何もなかった。ソロモンの時代,銀は価値がないと見なされていた+ 22  王は,海上のヒラムの船団のそばに,タルシシュ+の船団を持っていて,そのタルシシュの船団が3年に1度,金,銀,象牙+,猿,クジャクを載せてきた。 23  ソロモン王は,地上のどの王よりも豊かな富+と知恵を持っていた+ 24  世界中の人たちがソロモンに会う機会を求めた。神がソロモンの心に授けた知恵を聞くためだった+ 25  人々が毎年,銀の品,金の品,衣服,武具,バルサム油,馬,ラバなどの贈り物を持ってきた。 26  ソロモンは兵車と馬*を増やしていった。1400両の兵車と1万2000頭の馬*を持ち+,兵車の町とエルサレムの王のそばに配置した+ 27  ソロモン王のおかげで,エルサレムで銀は石のように多くなり,杉材はシェフェラにあるエジプトイチジクの木のように多くなった+ 28  ソロモンの馬はエジプトから輸入されたもので,王の商人団が代価を払い,群れ単位で入手した*+ 29  エジプトから輸入した兵車は1両が銀600枚で,馬は1頭が150枚だった。それらは彼らによってヘト人+の全ての王やシリアの王たちにも輸出されていた。

脚注

または,「謎掛け」。
または,「言葉」。
または,「宮殿」。
または,「騎手」。
または,「1万2000人の騎手」。
もしかすると,「ソロモンの馬はエジプトとクエから輸入されたものだった。王の商人たちが代価を払ってクエから買った」。クエとはキリキアのことかもしれない。

注釈

メディア