列王記​第​一 1:1-53

1  ダビデおうとしって+こうれいになり,るいでいくらおおってもあたたまらなかった。  それでらいたちがダビデにった。「おうのために1人ひとりおとさがさせましょう。おうのおをし,おうつかえるじょせいです。そのじょせいおうのそばにれば,おうはきっとあたたまるでしょう」。  かれらはイスラエルのりょうじゅううつくしいむすめさがし,シュネムのひと+アビシャグ+つけ,おうのもとにれてきた。  そのむすめはとてもうつくしかった。かのじょおうをしてつかえたが,おうかのじょせいかんけいたなかった。  そのいっぽうで,ハギトのアドニヤ+しんやし,「わたしおうになるのだ!」とっていた。かれぶんのためにへいしゃつくらせ,しゅたちと50にんえい*はいした+  けれどもちちダビデは,「どうしてこんなことをしたのか」とってしか*ことはなかった。アドニヤはじょうにりりしく,アブサロムのあとまれただった。  アドニヤはツェルヤのヨアブとさいアビヤタル+はなしけ,2人ふたりはアドニヤをたすけ,するようになった+  しかし,さいザドク+,エホヤダのベナヤ+げんしゃナタン+,シムイ+,レイ,ダビデのゆうたち+は,アドニヤをしなかった。  やがてアドニヤは,エン・ロゲルにちかいゾヘレトのいしのそばで,ひつじうしえたちくせいとしてささげた+おうであるぶんきょうだいたちと,おうらいであるユダのひとたちをみなまねいた。 10  しかし,げんしゃナタン,ベナヤ,ゆうたち,おとうとのソロモンはまねかなかった。 11  ナタン+はソロモンのはは+バテ・シバ+った。「ハギトのアドニヤ+おうになったことをきませんでしたか。わたしたちのおうダビデはそのことをりません。 12  それで,どうかじょげんさせてください。あなたのいのちとあなたのソロモンのいのちまもるのです+ 13  ダビデおうところって,こうってください。『ごしゅじんさま,おうよ,あなたはわたしに,「あなたのソロモンがわたしあといでおうになり,わたしおうにつく」とちかわれませんでしたか+。それなのに,どうしてアドニヤがおうになったのですか』。 14  あなたがおうはなしているあいだに,わたしあとからはいっていき,あなたとおなじことをおうはなします」。 15  それでバテ・シバはおうしつはいった。おうじょうとしり,シュネムのひとアビシャグ+おうつかえていた。 16  バテ・シバがをかがめてひれすと,おうは「どうしたのか」とった。 17  かのじょこたえた。「ごしゅじんさま,あなたはわたしに,『あなたのソロモンがわたしあといでおうになり,わたしおうにつく』と,あなたのかみエホバにけてちかわれました+ 18  ところが,アドニヤがおうになりました。それなのに,ごしゅじんさまはそのことをごぞんじありません+ 19  アドニヤはおおくのうしえたちくひつじせいとしてささげ,おうたちとさいアビヤタルとぐんたいちょうヨアブをまねきましたが+,あなたのソロモンはまねきませんでした+ 20  ごしゅじんさま,おうよ,いまイスラエルぜんたいは,だれおうあといでおうにつくのかをあなたがせんげんするのをっております。 21  このままでは,おうくなられたあとわたし息子むすこソロモンもはんぎゃくしゃなされてしまいます」。 22  バテ・シバがおうはなしているあいだに,げんしゃナタンがはいってきた+ 23  「げんしゃナタンがました」とおうげられ,ナタンはおうまえってひれした。 24  ナタンはった。「ごしゅじんさま,おうよ,あなたは,『アドニヤがわたしあといでおうになり,わたしおうにつく』とわれたのでしょうか+ 25  ともうしますのは,アドニヤは今日きょうおおくのうしえたちくひつじせいとしてささげに+おうたちとぐんたいちょうたちとさいアビヤタルをまねきました+かれらはそこでアドニヤとともべたりんだりして,『アドニヤおうさかえますように!』とっています。 26  アドニヤは,わたしさいザドクやエホヤダのベナヤ+,そしてあなたのソロモンはまねきませんでした。 27  これはおうきょなさったことなのでしょうか。おうは,だれあといでおうにつくかをわたしにおらせになってはいません」。 28  ダビデおうは,「バテ・シバをびなさい」とった。それでかのじょはいってきて,おうまえった。 29  おうはこうちかった。「あらゆるなんからわたしたすして*くださった+きているかみエホバにけてちかう。 30  わたしぜんあなたに,『あなたのソロモンがわたしあといでおうになり,わたしわりにおうにつく』と,イスラエルのかみエホバにけてちかった。今日きょうわたしはそのとおりにしよう」。 31  バテ・シバはをかがめてひれし,った。「ダビデおうがいつまでもつづけますように!」 32  ダビデおうはすぐに,「さいザドクとげんしゃナタンとエホヤダ+ベナヤ+びなさい」とった。それでかれらがおうまえた。 33  おうかれらにった。「わたしらいたちをともない,わたしソロモンをわたしのラバ*せて+ギホン+までくだりなさい。 34  さいザドクとげんしゃナタンは,そこでかれあぶらそそいで*+イスラエルのおうとしなさい。それからつのぶえらし,『ソロモンおうさかえますように!』とうのです+ 35  そのかれいてもどってきなさい。かれはいってきてわたしおうすわり,わたしわりにおうとなります。わたしかれをイスラエルとユダのどうしゃにんめいします」。 36  エホヤダのベナヤはすぐにおうった。「アーメン! おうかみエホバがそれをおみとめになりますように。 37  エホバがおうともにおられたように,ソロモンとともにおられますように+。ソロモンのおうをダビデのおうよりいっそうだいなものにしてくださいますように+」。 38  さいザドク,げんしゃナタン,エホヤダのベナヤ+,ケレトじんとペレトじん+は,ソロモンをダビデおうのラバに+,ギホン+れてくだった。 39  さいザドクはてんまく+なかからあぶらはいったつの*+,ソロモンにあぶらそそいだ+。それからつのぶえらされ,たみみな,「ソロモンおうさかえますように!」とさけびだした。 40  そのたみみなソロモンにいてのぼっていった。ふえき,じょうよろこびながらそうしたので,そのおとめんれた*+ 41  アドニヤとまねかれたひとたちみなは,しょくえたときにそのおといた+つのぶえおといたヨアブはこうった。「のこのさわぎはなんだ」。 42  ヨアブがまだはなしているうちに,さいアビヤタルのヨナタン+がやってた。そこでアドニヤはった。「はいりなさい。あなたは*ひとだ。らせをってきたのだろう」。 43  ヨナタンはアドニヤにこたえた。「ちがいます! ダビデおうがソロモンをおうにしました。 44  おうは,ソロモンとともさいザドク,げんしゃナタン,エホヤダのベナヤ,ケレトじんとペレトじんおくしました。かれらはソロモンをおうのラバにせました+ 45  それからさいザドクとげんしゃナタンがギホンでソロモンにあぶらそそいでおうとしました。そのみながそこからよろこびながらのぼっていったので,おおさわぎしているのです。みなさんがいたのはそのおとです。 46  しかも,ソロモンはもうおうにつきました。 47  そのうえおうらいたちがはいってきてダビデおうに,『あなたのかみがソロモンのをあなたのよりいっそうかがやかしいものにされますように。ソロモンのおうをあなたのおうよりいっそうだいなものにされますように!』といわいのことべました。するとおうはベッドのうえあたまげ, 48  『イスラエルのかみエホバがさんされますように! かみ今日きょうわたしおうにつくひとあたえてくださり,わたしにそれをさせてくださいました』といました」。 49  それでアドニヤにまねかれたひとたちはみなおびえ,それぞれがってかえっていった。 50  アドニヤもソロモンのことでおそれ,がってさいだんところき,さいだんつのをつかんだ+ 51  ソロモンのもとにつぎほうこくがあった。「アドニヤはソロモンおうおそれています。さいだんつのをつかんで,『わたしつるぎころさない,とソロモンおうがまずわたしちかってくれますように』とっています」。 52  それにたいしてソロモンはった。「もしかれいをするなら,かれかみ1ぽんでさえめんちることはありません。しかし,もしわるいことをするなら+かれななければなりません」。 53  ソロモンおうひとつかわして,アドニヤをさいだんからろさせた。アドニヤははいってきて,ソロモンおうまえでひれした。ソロモンはかれに,「いえかえりなさい」とった。

脚注

直訳,「前を走る人」。
または,「傷つける」。
直訳,「買い戻して」。
または,「雌ラバ」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
用語集参照。
直訳,「裂けた」。
または,「立派な」。

注釈

メディア