出エジプト​記 9:1-35

9  エホバはモーセに言った。「ファラオの所に行き,こう言いなさい。『ヘブライ人の神エホバはこう言った。「私の民を去らせて私に仕えさせなさい+  もし去らせることを拒み,彼らをとどめておくなら,  エホバの手+が野原にいるあなたの家畜に及ぶ。馬,ロバ,ラクダ,牛,羊が恐ろしい病気になる+  エホバはイスラエルの家畜とエジプトの家畜を必ず区別し,イスラエル人のものは全く死なない+」』」。  さらに,エホバは時を定め,こう言った。「明日,エホバはこの土地でそれを行う」。  エホバはまさに翌日,それを行った。エジプトのあらゆる家畜が死に始めたが+,イスラエルの家畜は1匹も死ななかった。  ファラオが調べてみると,イスラエルの家畜はただの1匹も死んでいなかった。それでもファラオは依然として心が固く,民を去らせなかった+  エホバはモーセとアロンに言った。「窯のすすを両手いっぱいに取りなさい。モーセはファラオの前でそれを空中にまかなければならない。  それはエジプト全土で粉となって舞い,エジプト全土の人間と動物に付いて,うみの出る腫れ物となる」。 10  それで2人は窯のすすを取ってファラオの前に立った。モーセがそれを空中にまくと,うみの出る腫れ物が人間と動物に生じた。 11  魔術師たちは腫れ物のせいでモーセの前に立てなかった。腫れ物は魔術師と全てのエジプト人にできていたのである+ 12  しかし,エホバはファラオが強情になるままにし,ファラオは2人が言うことを聞かなかった。エホバがモーセに告げた通りだった+ 13  エホバはモーセに言った。「朝早く起きてファラオの前に立ち,こう言いなさい。『ヘブライ人の神エホバはこう言った。「私の民を去らせて私に仕えさせなさい。 14  私は,全ての打撃をあなたの心と,家来と民に加えようとしている。私のような者は地上のどこにもいないことをあなたが知るためである+ 15  私は手を突き出してあなたと民を恐ろしい病気で打ち,あなたを地上から消し去る*こともできた。 16  だが,次の理由であなたを存在させておいた。あなたに私の力を示すため,私の名が地上全体に広まるようにするためである+ 17  あなたは私の民を去らせず,彼らに対してまだ傲慢に振る舞うのか。 18  私は明日の今ごろ,エジプトでかつてなかったほどの非常に激しいひょうを降らせる。 19  それで,あなたの家畜と野原のもの全てを安全な所に入れるようにと伝えなさい。野原に残って家に入っていない人間や動物は皆,ひょうに打たれて死ぬ」』」。 20  ファラオの家来でエホバの言葉を真剣に受け止めた人は,自分の召し使いや家畜をすぐ家に入れた。 21  しかしエホバの言葉に心を留めなかった人は,召し使いや家畜を野原に残しておいた。 22  エホバはモーセに言った。「天に向かって手を伸ばしなさい。そうすれば,エジプト全土に,エジプトの人間と動物と野原の全ての草にひょうが降る+」。 23  それでモーセは天に向かってつえを差し出した。するとエホバは雷とひょうと火*を地上に送った。エホバはエジプトにひょうを降らせ続けた。 24  ひょうが降る中で,火がきらめいていた。ひょうは非常に激しく,建国以来エジプトで生じたことがないほどのものだった+ 25  エジプト全土で,人間も動物も野原の全てのものがひょうに打たれた。全ての草が倒され,野原の全ての木が砕かれた+ 26  イスラエル人がいたゴシェン地方だけはひょうが降らなかった+ 27  ファラオはモーセとアロンを呼び出し,こう言った。「今回私は罪を犯した。エホバは正しく,私と民は間違っている。 28  神からの雷とひょうがやむようにエホバにお願いせよ。そうしたら私は喜んでおまえたちを去らせよう。もうとどまらなくてよい」。 29  モーセは言った。「町を出たらすぐ,エホバの前で両手を広げます。雷はやみ,ひょうもこれ以上続きません。あなたは,地球がエホバのものであることをお知りになるでしょう+ 30  しかし,あなたと家来たちがその時になってもエホバ神を畏れないことを私はすでに知っています」。 31  亜麻と大麦は台無しになった。大麦は穂を出していて,亜麻はつぼみを付けていたのである。 32  一方,小麦とスペルト小麦は大丈夫だった。実る時期が遅いからだった。 33  モーセはファラオの所から町の外へ出て,エホバの前で両手を広げた。すると雷とひょうはやみ,雨も地上に降り注がなくなった+ 34  ファラオは雨とひょうと雷がやんだのを見ると,また罪を犯し,心を固くした+。彼も家来たちもだった。 35  ファラオは依然強情で,イスラエル人を去らせなかった。エホバがモーセを通して述べた通りだった+

脚注

または,「拭い去る」。
激しい稲妻のことかもしれない。

注釈

メディア