出エジプト​記 38:1-31

38  全焼の捧げ物の祭壇をアカシア材で作った。縦2.2メートル,横2.2メートルの四角い形で,高さは1.3メートルだった+  四隅に角を作った。角と祭壇の間に接ぎ目はなく,祭壇に銅をかぶせた+  それから,祭壇の全ての器具,すなわちバケツ,シャベル,鉢,肉刺し,炭入れを作った。全ての器具を銅で作った。  祭壇のために銅で格子状の網も作り,祭壇のへりより下,真ん中の辺りに付けた。  輪を4つ鋳造し,棒を通すために銅の網の近くの四隅に付けた。  アカシア材で棒を2本作り,銅をかぶせた。  祭壇を運べるよう,その棒を祭壇の両側の輪に差し込んだ。祭壇は,中が空洞になるよう厚板で箱型に作った。  水盤とその台を銅で作った+。銅は,会見の天幕の入り口で奉仕するために組織されていた女性たちの鏡*を使った。  また,庭を設けた+。庭の南側のために,上等の亜麻のより糸で45メートルの横幕を作った+ 10  柱が20本,受け台が20あり,それらは銅だった。柱に付ける掛け金具と連結金具*は銀だった。 11  北側にも45メートルの横幕があり,20本の柱と20の受け台は銅,柱に付ける掛け金具と連結金具*は銀だった。 12  西側の横幕は22メートルで,柱は10本,受け台は10あった。柱に付ける掛け金具と連結金具*は銀だった。 13  日の出の方向の東側でも,庭の幅は22メートルで, 14  入り口の片側に,6.7メートルの横幕,3本の柱と3つの受け台があり, 15  庭の入り口のもう片側にも,6.7メートルの横幕,3本の柱と3つの受け台があった。 16  庭の周囲の横幕は全て上等の亜麻のより糸でできていた。 17  柱の受け台は銅,柱に付ける掛け金具と連結金具*は銀で,柱頭に銀がかぶせられ,庭の全ての柱のために銀の結合金具があった+ 18  庭の入り口の幕は,青糸,紫の羊毛,緋色の糸,上等の亜麻のより糸で織られ,長さは8.9メートル,高さは庭の横幕と同じ2.2メートルだった+ 19  4本の柱と4つの受け台は銅,掛け金具と連結金具*は銀で,柱頭に銀がかぶせられていた。 20  幕屋の杭と庭の周囲の杭は全て銅だった+ 21  幕屋すなわち証し+の幕屋の資材の目録は以下の通りである。モーセが命令し,祭司アロンの子イタマル+の指示の下で,レビ族+が目録作成を担当した。 22  ユダ族のフルの子であるウリの子ベザレル+は,エホバがモーセに命じた全ての事柄を行った。 23  ダン族のアヒサマクの子オホリアブ+が彼と一緒にいて,工芸や刺しゅうを行い,青糸や紫の羊毛や緋色の糸や上等の亜麻糸で織物作りをした。 24  聖なる場所の全ての仕事に使われた金は振揺の捧げ物の金で+,聖なる標準重り*で1トンだった。 25  民の登録された人たちが持ってきた銀は,聖なる標準重りで3.4トン余りだった。 26  20歳以上の登録された人は60万3550人で+,全員が聖なる標準重りで銀5.7グラムを持ってきた+ 27  聖なる場所の受け台と幕の受け台の鋳造に銀3.4トンが使われた。100の受け台で3.4トン,1つの受け台に34キロだった+ 28  20キロの銀で,柱に付ける掛け金具を作り,柱頭を覆い,互いをつないだ。 29  捧げ物*の銅は2.4トンだった。 30  これを使って,会見の天幕の入り口の受け台,銅の祭壇と銅の網,祭壇の全ての器具を作り, 31  庭の周囲の受け台,庭の入り口の受け台,幕屋の全ての杭,庭の周囲の全ての杭も作った+

脚注

よく磨かれた金属の鏡のこと。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
または,「聖なる場所の標準重り」。
または,「振揺の捧げ物」。

注釈

メディア