出エジプト​記 37:1-29

37  ベザレル+はアカシア材で箱+を作った。縦は110センチ,横は67センチ,高さは67センチだった+  箱は内側も外側も純金をかぶせ,縁周りに金の飾りを付けた+  それから,金の輪を4つ鋳造し,箱の4つの脚の上方に付けた。片側に2つ,反対側に2つである。  アカシア材で棒を2本作り,金をかぶせた+  箱を運べるようにその棒を箱の両側の輪に通した+  純金のふたを作った+。縦は110センチ,横は67センチだった+  金のケルブ+を2つ鍛造した。ふたの両端に作った+  一方のケルブを一方の端,もう一方のケルブをもう一方の端に,ふたの両端にケルブを作った。  2つのケルブは翼を上方に,ふたに覆いかぶさるように広げ+,互いに向かい合っていた。顔はふたの方を向いていた+ 10  アカシア材で食卓を作った+。縦は90センチ,横は45センチ,高さは67センチだった+ 11  純金をかぶせ,縁周りに金の飾りを付けた。 12  食卓の側面に幅7センチの板をぐるりと張り,その縁周りに金の飾りを付けた。 13  金の輪を4つ鋳造し,食卓の四隅,4つの脚の付け根に取り付けた。 14  その輪は側面の板の近くに付き,そこに棒を通して食卓を運べた。 15  食卓を運ぶ棒はアカシア材で作り,金をかぶせた。 16  食卓に置く器具を純金で作った。皿と杯,飲み物の捧げ物を注ぐための鉢と水差しである+ 17  純金のランプ台を鍛造した+。その台座,幹,がく,節,花の間に接ぎ目はなかった+ 18  6本の枝が幹から出ていた。左に3本,右に3本だった。 19  左側のそれぞれの枝に,アーモンドの花のようながくが3つ付き,それぞれのがくの下に節と花が来ていた。右側も同じだった。ランプ台の幹から出る6本の枝はそのようになっていた。 20  ランプ台の幹には,アーモンドの花のようながくが4つ付き,それぞれのがくの下に節と花が来ていた。 21  節は,幹から出る2本の枝の下に1つ,次の2本の枝の下に1つ,さらに次の2本の枝の下に1つあった。6本の枝がランプ台の幹から出ていたのである。 22  ランプ台は,節も枝も,その全体に接ぎ目がなく,純金を鍛造したものだった。 23  ランプ7つ+と芯つまみ*と燃えかす入れを純金で作った。 24  ランプ台とその器具全てを34キロの純金で作った。 25  アカシア材で香の祭壇を作った+。縦45センチ,横45センチの四角い形で,高さは90センチだった。祭壇とその角の間に接ぎ目はなかった+ 26  祭壇の上面,全側面,角に純金をかぶせ,縁周りに金の飾りを付けた。 27  金の輪を2つ作り,2つの向かい合う側面それぞれに,飾りの下に付けた。その輪に棒を通して祭壇を運べた。 28  アカシア材で棒を2本作り,金をかぶせた。 29  聖なる注ぎ油*+純良で香り高い香も作った+。上手に調合されたもの*だった。

脚注

または,「火箸」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「調香師が作った物のよう」。

注釈

メディア