出エジプト​記 32:1-35

32  ところで民は,モーセが山からなかなか下りてこないことに気付き+,アロンの周りに集まって,こう言った。「さあ,私たちの前を行く神を作ってください+。私たちをエジプトから連れ出したあのモーセがどうなったか,分からないからです」。  そこでアロンは言った。「妻や息子や娘の耳から金の耳輪+を外して,私の所に持ってきなさい」。  民は皆,着けていた金の耳輪を外して,アロンの所に持ってき始めた。  アロンは金を受け取り,彫り道具で形を整えて子牛の像*を作った+。民は,「イスラエルよ,これが私たちをエジプトから連れ出した私たちの神だ」と言いだした+  アロンはこれを見て,その前に祭壇を作った。そして,「明日,エホバの祭りがある」と叫んだ。  次の日,民は早く起き,全焼の捧げ物と共食の犠牲を捧げ始めた。その後,座って食べたり飲んだりし,立ち上がって楽しんだ+  エホバはモーセに言った。「さあ,下りていきなさい。あなたがエジプトから連れ出したあなたの民は堕落してしまったからだ+  彼らは私が命じた道から早くもそれた+。自分たちのために子牛の像を作り,それにひれ伏して犠牲を捧げては,『イスラエルよ,これがあなたをエジプトから連れ出したあなたの神だ』と言っている」。  エホバは続けてモーセに言った。「私はこの民が強情であることが分かった+ 10  それで今,私を止めるな。私は怒りに燃えて彼らを根絶やしにし,代わりにあなたから偉大な国民が生まれるようにしよう+」。 11  モーセはエホバ神に懇願して+こう言った。「エホバ,あなたは大きな力と力強い手であなたの民をエジプトから連れ出されたのに,なぜその民に対して怒りを燃やされるのでしょうか+ 12  どうしてエジプト人が,『あの神は悪意があって彼らを連れ出した。山で殺して地上から根絶やしにしたかったのだ』などと言ってよいでしょうか+。燃える怒りを静め,考え直して*ください。あなたの民に災難をもたらさないでください。 13  あなたに仕えたアブラハム,イサク,イスラエルを思い出してください。あなたはご自分に懸けて彼らに誓われ,『私はあなたたちの子孫を天の星のように多くし+,私が指定したこの土地全体をあなたたちの子孫に与え,彼らがずっと所有するようにする』と言われたのです+」。 14  それでエホバは考え直し*,先に言った災難を民にもたらさなかった+ 15  モーセは向きを変え,証しの石板2枚+を持って山を下りた+。石板は両面に,表にも裏にも,文字が書かれていた。 16  石板は神が作ったものであり,文字は神が書いたもので,石板に刻まれていた+ 17  ヨシュアは民の叫び声を聞き,モーセに言った。「宿営で戦いの声がします」。 18  モーセは言った。 「勝利*について歌う声ではない。敗北について嘆く声でもない。別の歌声が聞こえる」。 19  モーセは宿営に近づき,子牛+と踊りとを見ると,怒りに燃え,山の麓で,手にしていた石板を投げて砕いた+ 20  モーセは彼らが作った子牛を取って火で焼き,粉々に砕いた+。そして水面にまき散らし,それをイスラエル人に飲ませた+ 21  モーセはアロンに言った。「この民に大きな罪をもたらすとは,彼らがあなたに何をしたのですか」。 22  アロンは答えた。「どうか怒らないでください。あなたもよく知っている通り,この民はすぐ悪いことをします+ 23  彼らは私に言いました。『私たちの前を行く神を作ってください。私たちをエジプトから連れ出したあのモーセがどうなったか,分からないからです+』。 24  そこで私は言いました。『金を身に着けている人は,それを外して私に渡しなさい』。そして私がそれを火に投げ入れると,あの子牛が出てきたのです」。 25  モーセは,民が好き勝手に振る舞っているのを見た。アロンが民を好き勝手に振る舞わせ,民は敵対する者たちの前で恥をさらしていた。 26  モーセは宿営の門の所に立って,言った。「エホバの側にいるのは誰ですか。私の所に来なさい+!」 するとレビ族が皆モーセのもとに集まった。 27  モーセは彼らに言った。「イスラエルの神エホバはこう言いました。『各自,剣を帯びて,門から門まで宿営の至る所を回り,自分の兄弟,隣人,友人を殺しなさい+』」。 28  レビ族はモーセが言った通りにし,その日約3000人の男性が殺された。 29  モーセは言った。「今日,エホバへの奉仕のために自分を取り分けなさい。皆さんは自分の子や兄弟に向かっていきました+。神は今日,皆さんに祝福を与えてくださいます+」。 30  その翌日,モーセは民に言った。「皆さんは非常に大きな罪を犯しました。私は,皆さんの罪を償えるかどうかを確かめに+今からエホバのもとに上っていきます」。 31  モーセはエホバのもとに戻って,こう言った。「この民は本当に大きな罪を犯しました。自分たちのために金の神を作ったのです+ 32  ですが今,もしそのお気持ちがありましたら,彼らの罪をお許しください+。そうでなければ,どうか私の名前をあなたの書から消し去ってください+」。 33  しかしエホバはモーセに言った。「私に罪を犯した人の名前を私の書から消し去る。 34  行って,私が話した所に民を連れていきなさい。私の天使があなたの前を行く+。私は裁く時に,罪を犯した人たちを罰する」。 35  エホバは,子牛を作ったことで民に災厄をもたらした。アロンがそれを作ったのである。

脚注

または,「鋳造された像」。
または,「悔やんで」。
または,「悔やみ」。
または,「力強い行い」。

注釈

メディア