出エジプト​記 30:1-38

30  香をたくための祭壇を作る+。それをアカシア材で作る+  縦45センチ,横45センチの四角い形で,高さは90センチである。祭壇とその角の間に接ぎ目はない+  祭壇の上面,全側面,角に純金をかぶせ,縁周りに金の飾りを付ける。  金の輪を2つ作り,2つの向かい合う側面それぞれに,飾りの下に付ける。その輪に棒を通して祭壇を運ぶ。  アカシア材で棒を2本作り,金をかぶせる。  祭壇は,証しの箱に近い幕の前に置く+。証しの箱のふたの上に私は現れる+  アロン+はその祭壇で香り高い香をたく+。毎朝,ランプ+の手入れをする時に香の煙を立ち上らせる。  アロンは夕暮れ時にランプをともす時にも香をたく。これは,エホバの前で代々捧げる日々の香の捧げ物である。  その祭壇で,許可されていない香+や,全焼の捧げ物,穀物の捧げ物を捧げてはならない。飲み物の捧げ物を注いでもならない。 10  アロンは年に1度その角に罪の捧げ物の血の一部を付けて+,贖罪を行わなければならない+。代々,年に1度,祭壇のために贖罪を行う。それはエホバにとって極めて聖なるものである」。 11  エホバはモーセに言った。 12  「人口調査を行ってイスラエルの子たちを数える時+,各人は自分の命のための贖いをエホバに納めなければならない。登録の際に,災厄が降り掛からないためである。 13  登録された人は全員,聖なる標準重り*で銀5.7グラムを納める+。(標準重りは11.4グラムである。)これはエホバへの寄進である+ 14  20歳以上の登録された人は皆,エホバへの寄進をする+ 15  自分の命のための贖罪としてエホバへの寄進をする時,裕福な人も5.7グラムより多く納めるべきではなく,貧しい人もそれより少なく納めるべきではない。 16  あなたはイスラエル人から贖罪のための銀*を受け取り,会見の天幕での奉仕のために納める。それによってイスラエル人がエホバの前で覚えられ,命のための贖罪がなされるのである」。 17  エホバはモーセにさらにこう話した。 18  「洗うために銅の水盤とその台を作りなさい+。それを会見の天幕と祭壇の間に据え,水を入れる+ 19  アロンとその子たちがそこで手と足を洗う+ 20  会見の天幕に入る時や,捧げ物を焼いてエホバへの煙を立ち上らせたり奉仕したりするために祭壇に近づく時,水で洗い,死ぬことがないようにする。 21  彼らは死ぬことがないように手と足を洗わなければならない。アロンとその子孫はこの規定を代々ずっと守っていかなければならない+」。 22  エホバは続けてモーセに言った。 23  「次に,最上の香料を用意しなさい。固まった没薬を6キロ,香りの良いシナモンをその半分の3キロ,香りの良いショウブを3キロ, 24  カシアを6キロ,全て聖なる標準重りで量る+。そしてオリーブ油を3.7リットル。 25  これらで聖なる注ぎ油*を作る。上手に調合すべき*である+。それは聖なる注ぎ油となる。 26  会見の天幕と証しの箱にその油を注ぐ+ 27  食卓とその全ての器具,ランプ台とその器具,香の祭壇, 28  全焼の捧げ物の祭壇とその全ての器具,水盤とその台にも注ぐ。 29  それらを神聖なものとして,極めて聖なるものとしなければならない+。それらに触れる人は皆,聖なる人であるべきである+ 30  アロン+とその子たち+に油を注ぎ,神聖なものとし,祭司として私に仕えさせる+ 31  イスラエル人にこう言いなさい。『この油は代々,私のための聖なる注ぎ油となる+ 32  それは人の体に塗るべきではない。それと似た配合の物を作ってはならない。これは聖なるものであり,ずっとあなたたちにとって聖なるものとなる。 33  それと似た香油を作り,許可されていない人*に用いる人は,民の中から除かれなければならない+』」。 34  エホバはモーセに言った。「次の香料+を同量,用意しなさい。スタクテ樹脂,オヌカ,香り高いガルバヌム,純粋な乳香。 35  それらを合わせて香を作る+。香料を上手に調合し*,塩を加え+,純良で聖なるものとする。 36  その幾らかを砕いて粉末にし,その幾らかを会見の天幕の中にある証しの箱の前,私が現れる所の前に置く。あなたたちはこの香を極めて聖なるものとすべきである。 37  この配合の香を自分用に作ってはならない+。あなたはそれをエホバにとって聖なるものと見る。 38  香りを楽しむためにそれと似た物を作る人は,民の中から除かれなければならない」。

脚注

または,「聖なる場所の標準重り」。
または,「お金」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「調香師が作った物のようであるべき」。
直訳,「よそ者」。アロンの子孫ではない人のこと。
または,「調香師が作った物のようにし」。

注釈

メディア