出エジプト​記 29:1-46

29  彼らを神聖なものとし,祭司として私に仕えさせるために,以下のようにしなさい。若い雄牛を1頭,傷のない雄羊を2匹用意する+  無酵母パン,油を混ぜ込んだ無酵母の輪型パン,油を塗った無酵母の薄焼きパンも用意する+。これらは上等の小麦粉で作る。  それらを籠に入れて,雄牛と雄羊2匹と一緒に捧げる+  アロンとその子たちを会見の天幕の入り口に立たせ+,彼らの体を水で洗う+  一式の衣服を取り+,長い服,エフォドの袖なしの上着,エフォド,胸掛けをアロンに着せ,エフォドの布帯*を腰にしっかり締める+  頭にターバンを巻き,献じられたことの聖なる印*をターバンに付ける+  注ぎ油*を取り+,それをアロンの頭に注いで祭司とする*+  アロンの子たちを前に連れてきて,長い服を着せる+  アロンとその子たちに飾り帯を締め,頭覆いをかぶらせる*。祭司職は彼らのものとなる。これはずっと守るべき法令である+。このようにして,アロンとその子たちを祭司として任命する*+ 10  雄牛を会見の天幕の前に連れてきて,アロンとその子たちが雄牛の頭に手を置く+ 11  エホバの前,会見の天幕の入り口で,雄牛をほふる+ 12  雄牛の血を指で取り,祭壇の角+に付ける。残りの血は全て祭壇の基部に注ぐ+ 13  腸を覆う全ての脂肪+,肝臓の付属物,2つの腎臓とそれに付いた脂肪を取り,祭壇で焼いて煙にする+ 14  ただし,雄牛の肉と皮とふんは宿営の外で火で燃やす。これは罪の捧げ物である。 15  雄羊の片方を連れてきて,アロンとその子たちが雄羊の頭に手を置く+ 16  雄羊をほふり,その血を取って,祭壇の全側面に振り掛ける+ 17  雄羊を各部分に切り分け,腸とすねを洗い+,各部分を頭と一緒に並べる。 18  雄羊全体を祭壇で焼いて煙にしなければならない。これはエホバへの全焼の捧げ物であり,心地よい*香りとなる+。これはエホバへの火による捧げ物である。 19  次に,もう一方の雄羊を連れてきて,アロンとその子たちが雄羊の頭に手を置く+ 20  雄羊をほふり,その血をいくらか取って,アロンとその子たちの右の耳たぶ,右手の親指,右足の親指に付け,血を祭壇の全側面に振り掛ける。 21  祭壇にある血と注ぎ油+をいくらか取り,アロンとその服,アロンの子たちとその服にはね掛ける。こうしてアロンとその服,アロンの子たちとその服は聖なるものとなる+ 22  その雄羊から,脂肪,すなわち脂肪の多い尾,腸を覆う脂肪,肝臓の付属物,2つの腎臓とそれに付いた脂肪+,および右の後ろ脚を取る。これは任命の雄羊+だからである。 23  丸いパン,油を入れた輪型パン,薄焼きパンを,エホバの前にある無酵母パンの籠から取る。 24  その全てをアロンとその子たちの手に載せ,振揺の捧げ物としてエホバの前で揺り動かす。 25  それを彼らの手から取り,祭壇で全焼の捧げ物と共に焼く。それはエホバの前で心地よい香りとなる。これはエホバへの火による捧げ物である。 26  アロンのために捧げられる任命の雄羊の胸を取り+,振揺の捧げ物としてエホバの前で揺り動かす。それはあなたの分となる。 27  任命の雄羊+,すなわちアロンとその子たちのために捧げられた物のうち,振揺の捧げ物の胸と神聖な分の脚を神聖なものとする。揺り動かされた物と寄進された物である。 28  これは,イスラエル人がずっと守るべき規定によって,アロンとその子たちのものとなる。それは神聖な分なのである。それはイスラエル人が納めるべき神聖な分となる+。共食の犠牲のうち,エホバのための神聖な分である+ 29  アロンの後の子たち+は,油を注がれて祭司に任命される時に,アロンのものである聖なる服+を使う。 30  アロンの子たちのうちアロンの跡を継ぎ,会見の天幕に入って聖なる場所で奉仕する祭司は,7日間それを着る+ 31  任命の雄羊を取り,その肉を聖なる場所で煮る+ 32  アロンとその子たちは,雄羊の肉と籠に入ったパンを会見の天幕の入り口で食べる+ 33  それは,彼らを祭司に任命して*神聖なものとするために贖罪に用いられた物であり,彼らはそれを食べる。しかし,許可されていない人*は食べてはならない。それは聖なるものだからである+ 34  もし任命の犠牲の肉やパンの幾らかが朝まで残ったなら,火で燃やさなければならない+。それを食べてはならない。聖なるものだからである。 35  この通りに,全て私が命じた通りに,アロンとその子たちに行う。7日かけて彼らを祭司に任命する*+ 36  罪の捧げ物の雄牛を贖罪のために毎日捧げる。贖罪を行って祭壇を罪から清め,油を注いで祭壇を神聖なものとする+ 37  7日かけて祭壇のために贖罪を行う。それを神聖なものとし,極めて聖なる祭壇となるようにしなければならない+。祭壇に触れる人は皆,聖なる人であるべきである。 38  以下の物を祭壇で捧げる。1歳の雄羊2匹を毎日欠かさず捧げる+ 39  1匹は朝に,もう1匹は夕暮れ時*に捧げる+ 40  オリーブをつぶして採った油0.9リットルを混ぜた上等の麦粉2.2リットルと,飲み物の捧げ物であるぶどう酒0.9リットルを,1匹目の雄羊に添える。 41  2匹目の雄羊を夕暮れ時*に,朝と同じように穀物の捧げ物と飲み物の捧げ物を添えて捧げる。それは心地よい香り,エホバへの火による捧げ物である。 42  これは日々の全焼の捧げ物で,エホバの前,会見の天幕の入り口で代々捧げられる。私はそこで民に現れてあなたに話す+ 43  私はそこでイスラエル人に現れ,そこは私の栄光+によって神聖なものとされる。 44  私は会見の天幕と祭壇を神聖なものとする。また,アロンとその子たちが祭司として私に仕えるために,彼らを神聖なものとする+ 45  私はイスラエルの民の中に住み,彼らの神となる+ 46  民は,私が彼らの神エホバであり,彼らの中に住むために彼らをエジプトから連れ出したことを必ず知る+。私は彼らの神エホバである。

脚注

または,「腰帯」。
または,「聖なる冠」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「油を注ぐ」。
または,「巻く」。
直訳,「の手を満たす」。
または,「安らぎの」。
直訳,「の手を満たして」。
直訳,「よそ者」。アロンの子孫ではない人のこと。
直訳,「の手を満たす」。
直訳,「2つの夕方の間」。
直訳,「2つの夕方の間」。

注釈

メディア