出エジプト​記 28:1-43

28  イスラエルじんなかからあなたのあにアロンとそのたちをびなさい。かれらはさいとしてわたしつかえる+。アロン+と,アロンの+であるナダブ,アビフ+,エレアザル,イタマル+である。  あなたのあにアロンのために,げんうつくしさをせいなるふくつく+  のうすべてのひとわたしさずけたひとたち+はなし,アロンをしんせいなものとするためのふくつくらせなさい。かれさいとしてわたしつかえるためである。  ふく*つくる。むね+,エフォド+そでなしのうわ+こうようながふく,ターバン+かざおび+である。しょくにんたちはこのようなせいなるふくを,あなたのあにアロンとそのたちがさいとしてわたしつかえるためにつくる。  きんあおいとむらさきようもういろいとじょうとういと使つかう。  エフォドは,きんあおいとむらさきようもういろいとじょうとうのよりいと使つかったしゅうぬのつく+  エフォドには,2つのじょうたんでつながれる2ほんかたひもがある。  エフォドがずれないようにむすぬのおび*+く。それはおなざいで,つまりきんあおいとむらさきようもういろいとじょうとうのよりいとつくる。  しまめのう+2つをって,それにイスラエルのたちのまえ+ 10  6つのまえを1つのいしに,のこりの6つのまえをもう1つのいしに,しゅっせいじゅんる。 11  いししょくにんが,いんしょうるときのように,2つのいしにイスラエルのたちのまえ+。それぞれきんだいにはめむ。 12  2つのいしはイスラエルのたちをおもこさせるいしで,エフォドのかたひもにける+。アロンは2ほんかたひもにかれらのまえびてエホバのまえなければならない。かれらのことがおもこされるためである。 13  きんだいつくる。 14  なわのようによりわせたじゅんきんくさりを2ほんつく+だいける+ 15  しゅうしょくにんはんだんむね+つくらせる。それは,きんあおいとむらさきようもういろいとじょうとうのよりいとで,エフォドとおなじようにつく+ 16  ふたりで,かくにする。たては22センチ,よこも22センチである。 17  いしだいにはめんで,むねけにける。いしは4れつで,1れつはルビー,トパーズ,エメラルド, 18  2れつは,トルコいし,サファイア,へきぎょく 19  3れつは,レシェムいし*,めのう,むらさきずいしょう 20  4れつは,かんらんせき,しまめのう,ひすいである。これらをきんだいにはめむ。 21  いしはイスラエルの12にんまえたいおうする。それぞれのいしに,いんしょうるときのように,12ぞくの1つをあらわまえる。 22  むねけのために,よりわせたくさりつくる。それはなわのようなじゅんきんくさりである+ 23  むねけのためにきんを2つつくり,むねけの2つのすみける。 24  2ほんきんなわむねけのすみにある2つのとおす。 25  2ほんなわの2つのはしを2つのだいとおし,それらをエフォドのぜんめんかたひものところける。 26  きんを2つつくり,むねけの2つのすみ,エフォドにせっするめんしたはしける+ 27  きんをさらに2つつくり,エフォドのおもてがわ,2ほんかたひものした,エフォドのぬのおび*うえ,つなぎちかくにける+ 28  むねけのとエフォドのあおひもでつないで,むねけをぬのおび*よりうえていし,エフォドからずれないようにする。 29  アロンは,せいじょはいときしんぞうところてたはんだんむねけにイスラエルのたちのまえびてエホバのまえなければならない。かれらのことがいつもおもこされるためである。 30  ウリムとトンミム*+はんだんむねけのなかれる。それらは,アロンがエホバのまえときしんぞうところになければならない。アロンはいつも,イスラエルじんのためにもちいるはんだんどうしんぞうところってエホバのまえるのである。 31  エフォドのしたそでなしのうわあおいとだけでつく+ 32  あたまとおあななかける。あなしゅうには,られたふちりがある。よろいのくびまわりのようにし,けないようにするのである。 33  あおいとむらさきようもういろいとでザクロのかざりをつくって,うわすそまわりにける。あいだきんすずける。 34  きんすずとザクロのかざりをこうに,うわすそまわりにける。 35  アロンは,ほうするためにそれをなければならない。せいなるところはいってエホバのまえときてくるときに,すずおとこえるようにする。ぬことのないためである+ 36  かがやじゅんきんいたつくり,いんしょうるときのように,それに,『しんせいさはエホバのもの』とらなければならない+ 37  それをあおひもでターバン+ていする。ターバンのぜんめんるようにする。 38  それはアロンのひたいうえる。アロンは,だれかがせいなるものにかんしてあやまちをおかしたあいせきにん+。イスラエルじんせいなるそなものとしてささげるものかんするあやまちである。たみがエホバにみとめてもらえるように,アロンのひたいうえつねにそのいたがなければならない。 39  じょうとういとこうようながふくり,じょうとういとでターバンをつくり,かざおび+ 40  アロンのたちのためにも,ながふくかざおびげんうつくしさを+あたまおおいをつく+ 41  あなたのあにアロンと,ともにいるそのたちにふくせ,あぶらそそ*+かれらをにんめい*+しんせいなものとする。こうしてかれらはさいとしてわたしつかえる。 42  かれらのまたえないようにのもも*つく+。それはこしからももまでをおおう。 43  アロンとそのたちは,かいけんてんまくはいったりさいだんちかづいたりしてせいなるしょほうするときに,それをけていなければならない。つみってぬことのないためである。かれとそのそんはこのほうれいをずっとまもるべきである。

脚注

付録B5参照。
または,「腰帯」。
どんな宝石か分かっていない。もしかすると,琥珀,ヒヤシンス,オパール,トルマリン。
または,「腰帯」。
または,「腰帯」。
用語集参照。
用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「の手を満たし」。
または,「下着」。

注釈

メディア