出エジプト​記 27:1-21

27  アカシア材で祭壇を作る+。縦2.2メートル,横2.2メートルの四角い祭壇で,高さは1.3メートルである+  四隅に角+を作る。角も祭壇の一部で,祭壇には銅をかぶせる+  灰*を片付けるためのバケツ,シャベル,鉢,肉刺し,炭入れを作る。全ての器具を銅で作る+  祭壇のために銅で格子状の網を作る。網には,四隅に銅の輪4つを付ける。  網は祭壇のへりより下,祭壇の中ほどに取り付ける。  祭壇のためにアカシア材で棒を2本作り,銅をかぶせる。  棒は,祭壇を運ぶ時に,両側にある輪に差し込む+  祭壇は,中が空洞になるよう厚板で箱型に作る。私がこの山であなたに示した通りに作る+  幕屋の周りに庭を設ける+。庭の南側に,上等の亜麻のより糸でできた横幕を張る。長さは45メートルで+ 10  柱が20本,銅の受け台が20ある。柱に付ける掛け金具と連結金具*は銀である。 11  北側の横幕も,長さは45メートルで,柱が20本,銅の受け台が20あり,柱に銀の掛け金具と連結金具*を付ける。 12  西側の横幕は22メートルで,これが庭の幅であり,柱は10本,受け台は10ある。 13  日の出の方向である東側でも,庭の幅は22メートルで, 14  入り口の片側に,6.7メートルの横幕,3本の柱と3つの受け台があり+ 15  もう片側にも,6.7メートルの横幕,3本の柱と3つの受け台がある。 16  庭の入り口には,長さ8.9メートルの幕を張る。青糸,紫の羊毛,緋色の糸,上等の亜麻のより糸を織り合わせて作る+。柱は4本,受け台は4つである+ 17  庭の周囲の全ての柱に銀の結合金具と掛け金具が付き,銅の受け台がある+ 18  庭は奥行き45メートル+,幅22メートルであり,横幕は高さ2.2メートルで,上等の亜麻のより糸で作られ,受け台は銅である。 19  幕屋の奉仕に使う全ての器具と付属品,天幕の杭と庭の全ての杭は,銅である+ 20  イスラエル人に命じて,明かりのために,オリーブをつぶして採った純粋な油を持ってこさせる。ランプをずっとともしておくためである+ 21  会見の天幕*の中,証しの箱に近い幕の外側で+,アロンとその子たちが夕方から朝までエホバの前でランプをずっとつけておく+。イスラエル人はこの法令を代々ずっと守るべきである+

脚注

犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
または,「輪」,「帯」。つなぎ合わせるためのもの。
用語集参照。

注釈

メディア