出エジプト​記 26:1-37

26  幕屋+を10枚の布で造る。その布は,上等の亜麻のより糸,青糸,紫の羊毛,緋色の糸で作り,ケルブ+の絵を刺しゅうする+  各布の長さは12.5メートル,幅は1.8メートルである。布は全て同じ寸法にする+  5枚の布をつなぎ合わせて一組にし,他の5枚の布もつなぎ合わせて一組にする。  一方の組の5枚目の布の端に青糸の輪を作り,もう一方の組も同じようにして,互いをつなげられるようにする。  一方に50の輪,他方にも50の輪を作り,つなぐために互いを向き合わせる。  金の留め金を50個作り,その留め金で布をつなぐ。このようにして1つの幕屋を造る+  また,幕屋の上に掛けるためにヤギの毛+で布を作る。11枚の布を作る+  各布の長さは13.4メートル,幅は1.8メートルである。11枚の布は全て同じ寸法にする。  5枚の布をつなぎ合わせ,他の6枚の布もつなぎ合わせる。6枚目の布は天幕の前面で折り返すことになる。 10  一方の組の5枚目の布の端に50の輪を作り,もう一方の組の端にも50の輪を作って,つなぎ目とする。 11  銅の留め金を50個作り,その留め金を輪にはめて布をつなぐ。こうしてそれは1つになる。 12  布は余分の長さがあるので,長めに垂れ下がる。幕屋の後面では,布1枚の半分だけ長めに垂れ下がる。 13  幕屋の側面では,布は45センチずつ長めに垂れ下がり,幕屋を覆う。 14  さらに,その天幕のために,赤く染めた雄羊の皮で覆いを作り,その上に掛ける覆いをアザラシの皮で作る+ 15  幕屋のために,真っすぐに立つ木枠+をアカシア材で作る+ 16  各木枠は高さ450センチ,幅67センチにする。 17  各木枠には2つのほぞが並んで付く*。幕屋の全ての木枠をそのように作る。 18  幕屋の南側の面のために木枠を20作る。 19  20の木枠の下に置く銀の受け台を40作る+。各木枠に付いている2つのほぞの下に2つの受け台を置く+ 20  幕屋のもう一方の面,北側の面のためにも,木枠を20作り, 21  銀の受け台も40作る。各木枠の下に2つの受け台である。 22  また,西側,つまり幕屋の後部のために木枠を6つ作る+ 23  そして,幕屋後部の両方の隅の支えとして木枠を2つ作る。 24  この木枠は,離して立てた2枚の板を上部の第1の輪の所でつなぐ。2つの木枠ともそうすべきであり,それらが隅の支えとなる。 25  それで8つの木枠と16の銀の受け台がある。各木枠の下に2つの受け台である。 26  アカシア材で横木を作る。幕屋の一方の側面の木枠のために5本+ 27  もう一方の側面の木枠のために5本,西側つまり後部の木枠のために5本である。 28  木枠の半分の高さの所に,真ん中の横木を端から端まで渡す。 29  木枠に金をかぶせ+,木枠に付ける金の輪を作って横木を通す。横木にも金をかぶせる。 30  この山で示された仕様の通りに幕屋を組み立てなければならない+ 31  青糸,紫の羊毛,緋色の糸,上等の亜麻のより糸で幕+を作り,ケルブの刺しゅうをする。 32  金をかぶせたアカシアの4本の柱にその幕を掛ける。掛け金具は金である。柱は4つの銀の受け台の上に立てる。 33  幕は留め金の下の位置に掛け,幕の内側に証しの箱+を入れる。その幕は,聖所+と至聖所+の間仕切りとなる。 34  至聖所の証しの箱の上にはふたを置かなければならない。 35  幕の外側に食卓を置き,その向かいにランプ台+を置く。ランプ台は幕屋の南側に,食卓は北側に置く。 36  天幕の入り口用の幕を,青糸,紫の羊毛,緋色の糸,上等の亜麻のより糸を織り合わせて作る+ 37  その幕のためにアカシアの柱を5本作り,金をかぶせる。掛け金具は金である。柱のために銅の受け台を5つ鋳造する。

脚注

もしかすると,「は2つの直立材をつないだものである」。

注釈

メディア