出エジプト​記 16:1-36

16  イスラエル人の民全体はエリムを出発し,やがてエリムとシナイの間にあるシンの荒野に来た+。エジプトを出た翌月,第2の月の15日のことである。  イスラエル人の民全体はその荒野でモーセとアロンに対して不満を口にするようになった+  しきりにこう言った。「エジプトで肉の鍋のそばに座り,パンを腹いっぱい食べていた頃に,エホバの手に掛かって死んでいればよかった+。あなたたちは私たちをこんな荒野に連れ出して,会衆全体を飢え死にさせようとしている+」。  エホバはモーセに言った。「私は今あなたたちのために天からパンを降らせる+。民は各自,外に出て毎日自分の分を集めるべきである+。こうして私は民を試し,私の律法に従って歩むかどうかを見る+  6日目+には,民はほかの日に拾う量の2倍を集め,食事を準備する+」。  モーセとアロンはイスラエル人全員に言った。「夕方,エジプトから連れ出してくださったのがエホバであることが必ず分かります+  朝,エホバの栄光を見ることになります。皆さんは私たちに対して不満を口にしていますが,私たちが何者だというのでしょうか。エホバは,その不満をご自分に対するものとして聞きました」。  モーセはさらに言った。「エホバが夕方に肉を,朝にパンを与えて満足するまで食べさせてくださる時,皆さんは,口にしている不満をエホバが聞いたということが分かります。私たちが何者だというのでしょうか。皆さんの不満は,私たちではなくエホバに対するものなのです+」。  モーセはアロンに言った。「イスラエル人の民全体にこう言ってください。『エホバの前に近づきなさい。神は皆さんの不満を聞きました+』」。 10  アロンがイスラエル人の民全体に話すと,彼らはすぐに荒野の方を向いた。すると,エホバの栄光が雲の中に現れた+ 11  エホバはモーセにさらにこう話した。 12  「私はイスラエル人の不満を聞いた+。彼らにこう告げなさい。『あなたたちは夕暮れ時に肉を食べ,朝にパンで満腹になる+。私があなたたちの神エホバであることを必ず知る+』」。 13  こうして夕方にはウズラがやって来て宿営を覆い+,朝には宿営の辺り一面に露が降りた。 14  露が蒸発すると,荒野の地面には薄くて細かいものが広がっていた+。霜のように細かかった。 15  イスラエル人はそれを見て,「これは何だろう」と言い合った。それが何か分からなかったのである。モーセは言った。「これはエホバが食物として与えてくださったパンです+ 16  エホバはこう命じました。『各自,食べられる量を集めなさい。それぞれ自分の天幕にいる人数に応じて1人当たり2.2リットル+を取る』」。 17  イスラエル人はその通りにし始め,それを集めた。ある人は多く集め,ある人は少し集めた。 18  何リットルあるかを量ってみると,多く集めた人にも余分はなく,少し集めた人にも不足はなかった+。各自,食べられる量を集めた。 19  モーセは言った。「誰もそれを朝まで残しておいてはなりません+」。 20  しかし,ある人たちはモーセの言うことを聞かず,幾らかを朝まで残しておいた。すると虫が湧いて臭くなった。それでモーセは憤った。 21  民は毎朝,各自食べられる量を拾った。日差しが強くなると,それは溶けた。 22  6日目には,パンを2倍,つまり1人当たり4.4リットル拾った+。それで民の長たち全員がモーセの所に来てそのことを報告した。 23  モーセは言った。「これはエホバが言ったことです。明日は,完全な休み*,エホバの聖なる安息日です+。焼く物は焼き,煮る物は煮なさい+。残った物は全部取っておき,朝まで保存しておきなさい」。 24  それで民はモーセに命じられた通り朝まで取っておいた。それは臭くならず,うじも湧かなかった。 25  モーセは言った。「それを今日食べなさい。今日はエホバの安息日だからです。今日は地面には見つかりません。 26  6日間は拾えますが,7日目,安息日+には,何もありません」。 27  それでも,7日目に拾おうとして出ていく人たちがいた。しかし,少しも見つからなかった。 28  このためエホバはモーセに言った。「あなたたちはいつまで私のおきてと律法を守ろうとしないのか+ 29  覚えておきなさい。エホバが安息日を与えたのである+。だから6日目に2日分のパンを与えている。7日目には,皆,自分の所にとどまらなければならず,どこにも出掛けてはならない」。 30  それで民は7日目に安息日を守った*+ 31  イスラエルの民はそのパンをマナ*と名付けた。それはコリアンダーの種に似て白く,蜜入りの平焼きパンのような味だった+ 32  モーセは言った。「エホバはこう命じました。『それを2.2リットル取り,代々保管しなさい+。私がエジプトからあなたたちを連れ出した時に荒野で食べさせたパンを後代の人々が見るためである』」。 33  モーセはアロンに言った。「つぼを取ってマナを2.2リットル入れ,エホバの前に置いて代々保管してください+」。 34  エホバがモーセに命じた通り,アロンはそれを証しの箱の前に置いて+,保管できるようにした。 35  イスラエル人は,人が住んでいる地方に来るまで+40年間マナを食べた+。カナン地方との境界+に来るまでマナを食べた。 36  なお,2.2リットルは乾量基準容器の10分の1である。

脚注

または,「安息の祝い」。
または,「休んだ」。
恐らく,「これは何だろう」という意味のヘブライ語の表現に由来。

注釈

メディア