使徒​の​活動 9:1-43

9  サウロは,なおも主イエスの弟子たちを脅し,殺そうと意気込んで+,大祭司の所に行き,  ダマスカスにある会堂への手紙を求めた。この道*+従う人を見つけたら,男性も女性も縛ってエルサレムに連れてくるためだった。  サウロが旅をしてダマスカスに近づいた時,突然,天からの光が彼の周りを照らし+  サウロは地面に倒れ,「サウロ,サウロ,なぜ私を迫害しているのですか」と言う声を聞いた。  サウロが,「主よ,あなたはどなたですか」と言うと,答えがあった。「イエスです+。あなたは私を迫害しています+  起きて町に入りなさい。そうすれば,何をすべきか告げられます」。  一緒に旅をしていた人たちは,声の響きは聞こえたが誰も見えず,何も言えずに立っていた+  サウロは地面から起き上がった。目は開いているのに何も見えなかった。それで手を引いてもらってダマスカスに入った。  そして3日間,何も見えず+,食べることも飲むこともしなかった。 10  ダマスカスにはアナニア+という弟子がいた。幻の中で主が,「アナニア!」と呼ぶと,アナニアは言った。「主よ,何でしょうか」。 11  主は言った。「さあ,『真っすぐ』という通りに行き,サウロという人を捜しなさい。タルソス出身で+,ユダの家にいます。今サウロは祈っています。 12  サウロは幻の中で,アナニアという人が入ってきて,目が見えるように手を置いてくれるのを見ました+」。 13  アナニアは答えた。「主よ,私は多くの人からこの男について聞いています。エルサレムにいる聖なる人たちにいろいろと危害を加えたとのことです。 14  ここでは,あなたの名を呼ぶ人*を皆捕らえようとして,祭司長たちから権限を受けています+」。 15  しかし主は言った。「行きなさい。この人は私が選んだ器であり+,異国の人々に+,また王たちやイスラエルの民に私の名を知らせるからです+ 16  私は彼に,私の名のためにどれほど多くの苦しみを受けなければならないかをはっきり示します+」。 17  そこでアナニアは行ってその家に入り,サウロに手を置いてこう言った。「サウロ,兄弟,道中であなたに現れた主イエスが私を遣わしました。あなたが視力を取り戻し,聖なる力に満たされるためです+」。 18  するとすぐに,目からうろこのような物が落ち,サウロは視力を取り戻した。そして,立ち上がってバプテスマを受け, 19  食事をして元気になった。 サウロは何日かダマスカスの弟子たちと一緒にいて+ 20  すぐに会堂でイエスについて,この方こそ神の子だと伝え始めた。 21  しかし,サウロの言葉を聞く人は皆非常に驚き,こう言うのだった。「これは,エルサレムでイエスの名を呼ぶ人*たちに手荒なことをした人ではないか+。ここに来たのも,そうした人たちを捕らえて祭司長たちのもとに連れて*いくためではないのか+」。 22  しかしサウロはますます力を得,この方がキリストであることを論証して+,ダマスカスに住むユダヤ人たちを戸惑わせた。 23  かなりの日数がたってから,ユダヤ人たちはサウロを殺そうとたくらんだ+ 24  しかし,そのたくらみはサウロに知られた。ユダヤ人はサウロを殺そうとして,町の門を昼も夜もじっと見張っていた。 25  そこで,サウロの弟子たちは彼を連れていき,夜の間に籠に乗せて城壁の窓から下ろした+ 26  サウロはエルサレムに到着すると+,弟子たちに加わろうと努力したが,皆は,彼が弟子であることを信じず,恐れていた。 27  そこでバルナバ+が助けに来て使徒たちの所に連れていき,サウロが旅の途中で主を見て語り掛けられたことや+,ダマスカスでイエスの名によって大胆に語った様子を詳しく話した+ 28  サウロは使徒たちのもとにとどまって,エルサレムを自由に動き回り,主の名によって大胆に語った。 29  そして,ギリシャ語を話すユダヤ人たちと話したり議論したりしていたが,この人たちがサウロの殺害を図った+ 30  これに気付いた兄弟たちはサウロをカエサレアに連れていき,タルソスに送り出した+ 31  こうして会衆は,ユダヤ,ガリラヤ,サマリアの全域にわたって+平和な時期に入り,強化されていった。そして,エホバ*を畏れて聖なる力+による慰めを受けながら歩み,人数が増加していった。 32  さて,ペテロは至る所を巡り,ルダに住む聖なる人たちの所にも来た+ 33  その場所でアイネアという男性を見つけた。アイネアは体がまひしていて,8年間寝たきりだった。 34  ペテロは言った。「アイネア,イエス・キリストがあなたを癒やします+。起きて寝床を整えなさい+」。するとアイネアはすぐに起き上がった。 35  ルダとシャロン平野に住む人々は皆アイネアを見て,主を信じるようになった。 36  ヨッパにタビタという弟子がいた。この名前はギリシャ語に訳すとドルカス*である。タビタはたくさんの善行と憐れみの施しをする女性だった。 37  しかしその頃病気になって死んでしまったため,弟子たちは遺体を洗い,階上の部屋に横たえた。 38  弟子たちはペテロがルダにいると聞き,その町はヨッパに近かったので,2人の人を遣わして,「どうかすぐに来てください」と頼んだ。 39  ペテロは立って一緒に行き,到着すると,階上の部屋に案内された。やもめたちが皆出てきて,ドルカスが作った外衣*などのたくさんの服を泣きながら見せた。 40  ペテロは皆を外に出し+,ひざまずいて祈ってから,遺体の方に向いて,「タビタ,起きなさい!」と言った。タビタは目を開け,ペテロを見ると,体を起こした+ 41  ペテロは手を貸して立たせ,聖なる人たちとやもめたちを呼んで,タビタが生きているのを見せた+ 42  このことはヨッパ中に知られ,多くの人が主を信じるようになった+ 43  ペテロはかなりの日数ヨッパにとどまり,皮なめし職人シモンの所にいた+

脚注

用語集参照。
または,「の弟子」。
または,「の弟子」。
直訳,「縛って祭司長たちのもとに引いて」。
付録A5参照。
ギリシャ語名ドルカスもアラム語名タビタも「ガゼル」という意味。
または,「長い服」。

注釈

メディア

階上の部屋
階上の部屋

イスラエルには階上の部屋がある家もあった。その部屋には,屋内のはしごや木の階段あるいは屋外の石の階段かはしごで行けた。ここに描かれているような大きな階上の部屋でイエスは最後の過ぎ越しを弟子たちと祝い,主の晩餐という記念の式典を制定した。(ルカ 22:12,19,20)西暦33年のペンテコステの日,約120人の弟子たちが恐らくエルサレム内のある階上の部屋にいた時に,神の聖なる力がその弟子たちに注がれた。(使徒 1:15; 2:1-4