使徒​の​活動 6:1-15

6  弟子が増えていたその頃,ギリシャ語を話すユダヤ人から,ヘブライ語を話すユダヤ人に対する苦情が出始めた。ギリシャ語を話すやもめたちが毎日の配給を受けていなかったからである+  そこで12人は,大勢いた弟子を呼び集めて,こう言った。「食卓に食物を配るために私たちが神の言葉を教えることができないのはよくありません+  それで兄弟たち,あなたたちの中から,聖なる力と知恵に満ちた+評判の良い男性+を7人選び出してください。私たちがこの必要な仕事のためにその人たちを任命します+  私たちは,祈ることと神の言葉を教えることに専念します+」。  皆はそのことを喜び,信仰が強く聖なる力に満ちた人ステファノ+,フィリポ+,プロコロ,ニカノル,テモン,パルメナ,またアンティオキアの改宗者ニコラオを選び出した。  そして使徒たちの所に連れていった。使徒たちは祈ってから7人に手を置いた+  その結果,神の言葉は広まっていき+,弟子の数はエルサレムで大幅に増加していった+。そして非常に大勢の祭司たちが信じるようになった+  さて,神から恵みと力を豊かに受けたステファノは,とても不思議なことと奇跡*を民の間で行っていた。  ところが,いわゆる「自由民の会堂」の人たちが,キレネやアレクサンドリアの人たち,またキリキアやアジアからの人たちと一緒に進み出て,ステファノと議論した。 10  しかし,知恵と聖なる力に満ちて語るステファノには対抗できなかった+ 11  そこでその人たちはひそかに人々を促し,「私たちは,彼がモーセと神を冒瀆する言葉を吐くのを聞いた」と言わせた+ 12  そして民と長老と律法学者たちをあおり立てた。この人たちはステファノに不意に襲い掛かって力ずくで捕らえ,サンヘドリンに引いていった。 13  そして偽の証人たちを立てて,こう言わせた。「この男はこの聖なる場所と律法に逆らうことを語るのをやめません+ 14  例えば,彼は,あのナザレ人イエスはこの場所を壊し+,モーセから伝えられた習慣を変える,と言っていました」。 15  サンヘドリンで座っている人が皆ステファノを見つめると,その顔は天使の顔のように見えた。

脚注

直訳,「しるし」。

注釈

ギリシャ語を話すユダヤ人: 直訳,「ヘレニスト」。ヘブライ語ではなくギリシャ語で会話するユダヤ人のことだったと思われる。それらのユダヤ人はローマ帝国の各地からエルサレムに来ていたのだろう。使徒 6:1では,その語はクリスチャンを指しているが,ここの使徒 9:29では文脈から,それらギリシャ語を話すユダヤ人はキリストの弟子ではなかったことが分かる。エルサレムのオフェルの丘で見つかったテオドトス碑文は,ギリシャ語を話すユダヤ人が大勢エルサレムに来たことの証拠となっている。使徒 6:1の注釈を参照。

ヘブライ語: ギリシャ語聖書で,聖書筆者は「ヘブライ語」という語を,ユダヤ人が話した言語(ヨハ 19:13,17,20。使徒 21:40; 22:2。啓 9:11; 16:16)や,復活して栄光を受けたイエスがタルソスのサウロに話し掛けた言語を指して使った。(使徒 26:14,15使徒 6:1では,「ヘブライ語を話すユダヤ人」と「ギリシャ語を話すユダヤ人」は区別されている。それらの箇所の「ヘブライ語」という語は「アラム語」と訳すべきだと考える学者もいるが,その語が実際にヘブライ語を指して使われていると考えるべき十分の理由がある。医者ルカが,パウロはエルサレムの人々に「ヘブライ語で」話したと述べた時,パウロは,ヘブライ語で書かれたモーセの律法を学ぶことが生活の中心になっていた人たちに話し掛けていた。死海文書を構成する大量の断片や写本のうち,聖書関係のものも聖書とは無関係のものも,ほとんどがヘブライ語で書かれていて,ヘブライ語が日常的に使われていたことを示している。アラム語の断片も数は少ないが見つかっていて,両方の言語が使われていたことも分かる。それで,聖書筆者が「ヘブライ語」という語を使っている時,実際にはアラム語やシリア語を指していたとは考えにくい。(使徒 21:40; 22:2。使徒 26:14と比較。)ヘブライ語聖書では,以前から「アラム語」と「ユダヤ人の言語」が区別されていて(王二 18:26),1世紀のユダヤ人の歴史家ヨセフスは聖書のその記述を考慮し,「アラム語」と「ヘブライ語」を別個の言語と述べている。(「ユダヤ古代誌」,X,8 [i,2])アラム語とヘブライ語にはよく似た言葉があり,アラム語からヘブライ語に取り入れられた言葉もあっただろう。とはいえ,ギリシャ語聖書の筆者たちがアラム語のことをヘブライ語と言う理由は一つもないと思われる。

に食物を配る: または,「で奉仕する」,「で給仕する」。ここのギリシャ語ディアコネオーは,生活に困っていて援助を受けるべき会衆内の仲間の信者を助けることに関係した奉仕の一面のことを述べている。使徒 6:1の注釈を参照。そこでは,関連する名詞ディアコニアが「配給」と訳されている。ルカ 8:3の注釈を参照。

に仕えていた: または,「を援助していた」,「に必要物を提供していた」。ギリシャ語ディアコネオーは,食料の調達,調理,給仕など,他の人を身体的に世話することも指す。同様の意味で使われている例として,ルカ 10:40(「用事を[する]」),ルカ 12:37(「給仕[する]」),ルカ 17:8(「給仕[する]」),使徒 6:2(「食物を配る」)などがあるが,個人に対する同じような他の奉仕全ても指せる。ここでは,2節と3節に出ている女性たちがイエスと弟子たちをサポートし,神からの割り当てを果たせるよう助けたことを述べている。そうすることにより,女性たちは神をたたえた。神は憐れみ深く気前の良いこの女性たちに関して聖書に記録を残して後代の人々が読めるようにし,高く評価していることを示した。(格 19:17。ヘブ 6:10)同じギリシャ語が,マタ 27:55,マル 15:41でも女性たちに関して使われている。ルカ 22:26の注釈を参照。そこには,関連する名詞ディアコノスの説明がある。

ギリシャ語を話すユダヤ人: 直訳,「ヘレニストたち」。このギリシャ語ヘッレーニステースは,ギリシャやヘレニズム時代のユダヤ人の文書には見当たらないが,文脈からすると,「ギリシャ語を話すユダヤ人」と訳せる。多くの辞典でそうなっている。当時,ギリシャ語を話す人たちを含め,エルサレムにいるキリストの弟子たちは全員,ユダヤ人の子孫かユダヤ教への改宗者だった。(使徒 10:28,35,44-48)「ギリシャ語を話すユダヤ人」と訳されるこの語は,「ヘブライ語を話すユダヤ人」と訳される語(直訳,「ヘブライ人たち」,ギリシャ語ヘブライオスの複数形)と対比して使われている。それで,「ヘレニストたち」とは,ギリシャ語で会話をし,もしかするとデカポリスを含む,ローマ帝国の各地からエルサレムに来ていたユダヤ人のことだった。対照的に,ヘブライ語を話すユダヤ人のほとんどは,恐らくユダヤとガリラヤの人だった。ユダヤ人のクリスチャンのこの2つのグループは,文化的背景がいくらか違っていたようだ。使徒 9:29の注釈を参照。

ヘブライ語を話すユダヤ人: 直訳,「ヘブライ人たち」。ギリシャ語ヘブライオス(単数形)は,一般にイスラエル人,ヘブライ人を指す。(コ二 11:22。フィリ 3:5)この文脈では,ヘブライ語を話すユダヤ人のクリスチャンを指していて,ギリシャ語を話すユダヤ人のクリスチャンと対比されている。この節のギリシャ語を話すユダヤ人に関する注釈とヨハ 5:2の注釈を参照。

毎日の配給: または,「毎日の奉仕」。よく「奉仕」と訳されるギリシャ語ディアコニアはここで,生活に困っている会衆内の兄弟姉妹を助けることに関係した奉仕の一面を指して使われている。使徒 6:2の注釈を参照。そこでは,関連する動詞ディアコネオーが「食物を配る」と訳されている。ルカ 8:3の注釈を参照。

毎日の配給: または,「毎日の奉仕」。よく「奉仕」と訳されるギリシャ語ディアコニアはここで,生活に困っている会衆内の兄弟姉妹を助けることに関係した奉仕の一面を指して使われている。使徒 6:2の注釈を参照。そこでは,関連する動詞ディアコネオーが「食物を配る」と訳されている。ルカ 8:3の注釈を参照。

に仕えていた: または,「を援助していた」,「に必要物を提供していた」。ギリシャ語ディアコネオーは,食料の調達,調理,給仕など,他の人を身体的に世話することも指す。同様の意味で使われている例として,ルカ 10:40(「用事を[する]」),ルカ 12:37(「給仕[する]」),ルカ 17:8(「給仕[する]」),使徒 6:2(「食物を配る」)などがあるが,個人に対する同じような他の奉仕全ても指せる。ここでは,2節と3節に出ている女性たちがイエスと弟子たちをサポートし,神からの割り当てを果たせるよう助けたことを述べている。そうすることにより,女性たちは神をたたえた。神は憐れみ深く気前の良いこの女性たちに関して聖書に記録を残して後代の人々が読めるようにし,高く評価していることを示した。(格 19:17。ヘブ 6:10)同じギリシャ語が,マタ 27:55,マル 15:41でも女性たちに関して使われている。ルカ 22:26の注釈を参照。そこには,関連する名詞ディアコノスの説明がある。

に食物を配る: または,「で奉仕する」,「で給仕する」。ここのギリシャ語ディアコネオーは,生活に困っていて援助を受けるべき会衆内の仲間の信者を助けることに関係した奉仕の一面のことを述べている。使徒 6:1の注釈を参照。そこでは,関連する名詞ディアコニアが「配給」と訳されている。ルカ 8:3の注釈を参照。

よく: 直訳,「喜ばしく」。「神の言葉を教えること」をおろそかにするのは,神にとっても使徒たちにとっても喜ばしいことではなかった。(使徒 6:4

評判の良い男性: または,「立派と言われている男性」,「良い評価をされている男性」。ここでギリシャ語動詞マルテュレオー(「証言する」)の受動態が使われている。資格のある人が必要だったのは恐らく,食べ物を分配するだけでなく,お金を扱ったり物品を購入したり注意深い記録を取ったりすることが関係していたから。その人たちは聖なる力と知恵に満ちた人と言われていて,生活の中で神の聖なる力と神からの知恵に導かれていることを示していた。この時の状況は慎重に扱うべきだった。会衆内で見過ごされている人がいて,いざこざが生じていた。良い判断力や思慮深さ,理解力を持つ経験のある人たちが必要だった。そのうちの1人はステファノで,サンヘドリンでした弁明から,ステファノが十分に資格のある人だったことが分かる。(使徒 7:2-53

神の言葉を教えること: または,「神の言葉の奉仕」。「奉仕」を意味する同じギリシャ語(ディアコニア)が使徒 6:16:4で使われている。それで,困っている人たちに食物を公平に分配することと神の言葉から信仰を養う食物を供給することの2種類の奉仕が関係していることがよく分かる。使徒たちの主な奉仕は,祈って研究し,調査し,教え,牧羊することによって,信仰を養う食物を会衆に提供することであって,使徒たちはそれより実際の食物の分配に多くの時間をかけるのはふさわしくないと考えた。使徒たちは,会衆の貧しくて困窮しているやもめたちを世話することはクリスチャンの奉仕として行うべきことだと分かっていた。後に,ヤコブはエホバの聖なる力に導かれて,神に受け入れられる崇拝を行いたいと思う人は「困っている孤児ややもめを世話」しなければならないと書いた。(ヤコ 1:27)とはいえ,使徒たちは,やもめを含め全ての弟子たちの信仰を強めることを優先すべきだということも理解していた。

神の導きによって……呼ばれた: ほとんどの聖書翻訳では単に「呼ばれた」となっている。しかし,ここで使われているのは,普通「呼ばれる」と訳されるギリシャ語ではない。(マタ 1:16; 2:23。マル 11:17。ルカ 1:32,60。使徒 1:19)この節に出ている語はクレーマティゾーで,ギリシャ語聖書に9回出ている。そのほとんどの箇所で,神から来ているものについて使われていることは明らか。(マタ 2:12,22。ルカ 2:26。使徒 10:22; 11:26。ロマ 7:3。ヘブ 8:5; 11:7; 12:25)例えば,この語は使徒 10:22で,「聖なる天使から」という表現と一緒に使われている。マタ 2:12,22では,神の導きによる夢と結び付けて使われている。関連する名詞クレーマティスモスがロマ 11:4に出ていて,ほとんどの辞典と聖書翻訳では,「神の宣言」,「神のお告げ」,「神の返答」,「神の答え」といった訳が使われている。サウロとバルナバがエホバの導きを受けてクリスチャンという名称を使った可能性がある。アンティオキアで,異国の人々がからかったり軽蔑したりしてクリスチャンというあだ名を使ったと考える人もいるが,ギリシャ語クレーマティゾーの使い方からすると,明らかに「クリスチャン」という名称には神が関わっていた。ユダヤ人がイエスの弟子たちを「クリスチャン」(ギリシャ語の場合),「メシア信奉者」(ヘブライ語の場合)と名付けたとは考えにくい。ユダヤ人はメシアつまりキリストとしてのイエスを退けていたので,イエスの弟子を「クリスチャン」という名称で呼んで,イエスを選ばれた者つまりキリストと間接的に認めるようなことはしなかっただろう。

クリスチャン: ギリシャ語クリスティアノスは,「キリストの後に従う人」という意味があり,ギリシャ語聖書に3回だけ出ている。(使徒 11:26; 26:28。ペ一 4:16)これは,キリストつまり油を注がれた者(選ばれた者)を意味するクリストスに由来している。クリスチャンは「キリスト」つまりエホバに選ばれた者であるイエスの手本と教えの両方に従う。(ルカ 2:26; 4:18)「クリスチャン」という名称が「神の導きによって」与えられたのは,早ければ,この聖句に記されている出来事が起きた西暦44年だった可能性がある。この名称は広く受け入れられたようで,西暦58年ごろにパウロが王ヘロデ・アグリッパ2世の前に出た時,アグリッパはクリスチャンのことを知っていた。(使徒 26:28)歴史家タキツスによれば,西暦64年ごろには,「クリスチャン」という語はローマの一般の人たちの間で使われていた。さらに,西暦62年から64年の間に,ペテロはローマ帝国中に散っているクリスチャンに宛てて第一の手紙を書いた。その時までに,「クリスチャン」は,誰を指すかはっきり分かる広く知られた名称になっていたようだ。(ペ一 1:1,2; 4:16)神から与えられたこの名称によって,イエスの弟子たちはもはやユダヤ教の一派と誤解されることはなくなっただろう。

ピシデアのアンティオキア: ローマの属州ガラテアの町。フリギア地方とピシデア地方の境界に位置していたので,どちらの地方の一部と見なされるかは,時代によって違ったかもしれない。この町の遺跡は現代のトルコのヤルバチの近くにある。ピシデアのアンティオキアはここと使徒 14:19,21に出ている。地中海沿岸に程近いペルガの町からピシデアのアンティオキアに行くのは大変な旅だった。アンティオキアは海抜約1100メートルの所にあり(付録B13参照),油断できないこの山道には盗賊が出没した。「ピシデアのアンティオキア」をシリアのアンティオキアと混同すべきではない。(使徒 6:5; 11:19; 13:1; 14:26; 15:22; 18:22)「使徒の活動」に出てくるアンティオキアはほとんどの場合,ピシデアのアンティオキアではなく,シリアのアンティオキアを指す。

ステファノ,フィリポ,プロコロ,ニカノル,テモン,パルメナ,……ニコラオ: この7つは全部ギリシャ語の名前なので,使徒たちはエルサレム会衆で資格のある全ての男性の中から,ギリシャ語を話すユダヤ人か改宗者を選んだのだと思われる。ニコラオアンティオキアの改宗者と唯一呼ばれているので,7人の中でニコラオだけがユダヤ人でなかったのかもしれない。ほかの6人のギリシャ語名は生来のユダヤ人の中でもよくある名前だった。いずれにしても,統治体として働いていた使徒たちは,ギリシャ語を話すユダヤ人たちの感情を考慮して,特にそうした人たちを選んだのだろう。(使徒 6:1-6

アンティオキア: 聖書でここに初めて出てくるこの都市は,エルサレムの北約500キロに位置する。アンティオキアは紀元前64年にローマの属州シリアの州都になった。西暦1世紀には,ローマ帝国でローマとアレクサンドリアに次ぐ3番目に大きな都市だった。シリアのアンティオキアは,美しい都市で,政治,商業,文化の点で大きな影響力があることで高く評価されていたが,道徳的に退廃していることでも知られていた。アンティオキアにはユダヤ人がかなりいたので,そこのギリシャ語を話す人が大勢改宗者になったと伝えられている。ニコラオはそのような改宗者で,後にキリストを信じるようになった。バルナバと使徒パウロはアンティオキアに1年とどまって人々を教えた。パウロはその都市を拠点にして宣教旅行に出掛けた。キリストの弟子たちが「神の導きによってクリスチャンと呼ばれた」のは,アンティオキアが最初だった。(使徒 11:26の注釈を参照。)このアンティオキアを使徒 13:14に出てくるピシデアのアンティオキアと混同してはならない。使徒 13:14の注釈付録B13を参照。

7人に手を置いた: ヘブライ語聖書には人や動物に手を置くということが書かれていて,それにはいろいろな意味があった。(創 48:14。レビ 16:21; 24:14)人間に関して,その動作はたいてい,人が特別に認められたり特別な目的のために選ばれたりしたことを示すものだった。(民 8:10)例えば,モーセは自分の後継者として認めていることを示すためヨシュアに手を置いた。その結果,ヨシュアは「神の力による知恵に満ち」,イスラエルを正しく導くことができた。(申 34:9)ここの使徒 6:6の記述では,使徒たちが7人に手を置いて,責任ある立場に任命した。使徒たちはその件についてまず祈ってからそのようにし,神の導きを求めていることを示した。後には,会衆の長老団がテモテに手を置いて,特別な奉仕の立場に任命した。(テモ一 4:14)テモテも他の人に手を置いて任命する権限を与えられたが,慎重に資格を考慮してから行った。(テモ一 5:22

不思議なこと: または,「前兆」。ギリシャ語聖書で,ギリシャ語テラスはいつもセーメイオン(「しるし」)と一緒に使われていて,どちらも複数形が使われている。(マタ 24:24。ヨハ 4:48。使徒 7:36; 14:3; 15:12。コ二 12:12)基本的にテラスは,畏れの気持ちを抱かせたり,驚嘆させたりするものを指す。この語が将来起きることの前兆となるものを指すことが明らかな場合,注釈に「前兆」という別の訳を挙げている。

不思議なこと: または,「前兆」。使徒 2:19の注釈を参照。

自由民の会堂: ここの「自由民」とはローマの支配下で奴隷状態から自由にされた人のこと。この会堂に属していた人たちは,ローマ人に捕らえられて後に解放されたユダヤ人と言われている。また,ユダヤ教への改宗者で自由にされた奴隷という見方もある。

長老: 直訳,「年長者」。聖書で,ギリシャ語プレスビュテロスは主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。年上の人を表すこともあるが(ルカ 15:25,使徒 2:17がその例),年配者に限られてはいない。ここでは,祭司長や律法学者とよく一緒に出てくる,ユダヤ国民の指導者を指す。サンヘドリンはこれら3つのグループの男性で構成されていた。(マタ 21:23; 26:3,47,57; 27:1,41; 28:12用語集参照。

長老: マタ 16:21の注釈を参照。

ナザレ人: イエスを指す呼び名で,後には弟子たちもそのように呼ばれた。(使徒 24:5)イエスという名前のユダヤ人は大勢いたので,それぞれを識別する言葉を付けて呼ぶことがよくあった。人々を出身地と結び付けるのは聖書時代の習慣だった。(サ二 3:2,3; 17:27; 23:25-39。ナホ 1:1。使徒 13:1; 21:29)イエスは若い時代の大半をガリラヤのナザレの町で過ごしたので,イエスに関してこの語を使うのは自然なことだった。イエスは,さまざまな機会にいろいろな人から「ナザレ人」と呼ばれている。(マル 1:23,24; 10:46,47; 14:66-69; 16:5,6。ルカ 24:13-19。ヨハ 18:1-7)イエス自身もその呼び名を受け入れ,使った。(ヨハ 18:5-8。使徒 22:6-8)ピラトが苦しみの杭に掲げた板には,ヘブライ語,ラテン語,ギリシャ語で「ナザレ人イエス,ユダヤ人の王」と書かれていた。(ヨハ 19:19,20)西暦33年のペンテコステ以降,使徒や他の人たちはしばしばイエスのことをナザレ人またはナザレの人と言った。(使徒 2:22; 3:6; 4:10; 6:14; 10:38; 26:9マタ 2:23の注釈を参照。

ナザレ人: マル 10:47の注釈を参照。

天使: または,「使者」。ギリシャ語アンゲロスとそれに対応するヘブライ語マルアークは,聖書に400回近く出ている。どちらの語にも「使者」という基本的な意味がある。天から来た使者の場合,「天使」と訳されるが,人間を指すことがはっきりしている場合,「使者」と訳される。人間の使者か天使かは普通文脈から明らかだが,どちらの意味もあり得る場合,たいてい脚注にもう一方の訳が出ている。(創 16:7; 32:3。ヨブ 4:18,脚注; 33:23,脚注。伝 5:6,脚注。イザ 63:9,脚注。マタ 1:20。ヤコ 2:25。啓 22:8用語集参照。

天使の顔のよう: 「天使」と訳されるヘブライ語とギリシャ語はどちらも,「使者」という意味がある。(ヨハ 1:51の注釈を参照。)天使たちは神からのメッセージを携えているので,恐れることなく穏やかでいられ,神の後ろ盾を確信できる。ステファノの表情も神の使者の表情だった。それは罪がないことをよく示していた。ステファノは穏やかな様子で,「栄光の神」エホバの後ろ盾を確信していることが表情に表れていた。(使徒 7:2

メディア

ギリシャ語を話すユダヤ人に向けたテオドトス碑文
ギリシャ語を話すユダヤ人に向けたテオドトス碑文

縦42センチ,横72センチの石灰岩の板に刻まれたこの写真の文章は,テオドトス碑文として知られている。20世紀初め,エルサレムのオフェルの丘で発見された。「律法の朗読のため,またおきてを教えるための会堂……を建て」た祭司テオドトスについてギリシャ語で書かれている。この碑文は西暦70年のエルサレムの滅びより前のものとされている。西暦1世紀,ギリシャ語を話すユダヤ人がエルサレムにいたことを裏付けている。(使徒 6:1)この会堂を「いわゆる『自由民の会堂』」と考える人もいる。(使徒 6:9)この碑文によれば,テオドトスとその父親と祖父はアルキシュナゴーゴス(「会堂の役員」)と呼ばれていた。この称号はギリシャ語聖書で何度も使われている。(マル 5:35。ルカ 8:49。使徒 13:15; 18:8,17)この碑文は,テオドトスが外国から来る人のための宿舎を建てたことも述べている。その宿は,エルサレムを訪れるユダヤ人,特に毎年の祭りの時期に来る人たちが使っただろう。(使徒 2:5

シリアのアンティオキア
シリアのアンティオキア

この写真は,現代のトルコのアンタキヤの町。ローマの属州シリアの州都だったアンティオキアという古代の町があった場所。西暦1世紀,シリアのアンティオキアはローマ世界でローマとアレクサンドリアに次ぐ3番目に大きな都市だったと言われている。人口は25万人以上だったという推定もある。ステファノがエルサレムで暴徒によって殺され,迫害が起きた後,イエスの弟子たちの中にはアンティオキアに来た人たちもいた。その人たちは,ギリシャ語を話す人々に良い知らせを伝え,大きな成果を得た。(使徒 11:19-21)その後,使徒パウロがアンティオキアを本拠地として宣教旅行を行った。「弟子たちが神の導きによってクリスチャンと呼ばれたのは,アンティオキアが最初だった」。(使徒 11:26)シリアのアンティオキアをピシデアのアンティオキア(トルコ中部)という別の町と混同してはならない。その町は使徒 13:14; 14:19,21テモ二 3:11に出ている。