使徒​の​活動 27:1-44

27  さて,私たちが船でイタリアに向かうことが決まると+,パウロとほかの囚人たちは,アウグスツスの部隊の士官であるユリウスへと引き渡された。  私たちは,アドラミティオンからの船に乗って出発した。アジア州沿岸の港に寄っていく船である。テサロニケのマケドニア人アリスタルコ+も私たちと一緒に行った。  次の日には,シドンに上陸した。ユリウスはパウロを親切に扱い,友人たちの所に行って世話を受けることを許可した。  次いで,私たちはそこから船に乗ったが,向かい風だったので,キプロス島を風よけにしながら進んだ。  それから,キリキアとパンフリアに沿って航海し,ルキアのミラに入港した。  士官はそこで,イタリアへ向かうアレクサンドリアからの船を見つけ,私たちをそれに乗せた。  船は何日もの間ゆっくりと進み,やっとのことでクニドスに着いた。その後,風のせいで進路を阻まれたので,サルモネの沖を通ってクレタ島を風よけにしながら進んだ。  そして,やっとのことで沿岸を進み,良い港と呼ばれる場所に着いた。ラセアの町の近くである。  かなりの時が過ぎ,すでに贖罪の日+の断食も終わっていたので,航海は危険だった。それでパウロは意見を述べて, 10  こう言った。「皆さん,私には分かります。この旅をするなら,危険な目に遭い,多くが失われます。積み荷や船だけでなく,私たちの命も危険にさらされるのです」。 11  しかし士官は,パウロの言葉ではなく,船長や船主の言葉に従った。 12  その港は冬を過ごすのに不向きだったので,大多数の人の意見は,船を出して,北東と南東に入り口があるクレタ島の港フォイニクスに何とかして行き,そこで冬を過ごせるかどうかやってみる,というものだった。 13  南風が穏やかに吹いてくると,人々は思い通りにいくと考えていかりを揚げ,クレタ島の海岸に沿って進み始めた。 14  ところが,間もなく,ユーラクロンと呼ばれる暴風が激しく吹き下ろしてきた。 15  船はひどくあおられて船首を風に向けておけなくなり,私たちはそのまま流されるに任せた。 16  やがてカウダという小さな島を風よけにして進んだが,それでも船尾の小舟が流されないようにするのがやっとだった。 17  人々は小舟を船上に上げた後,船体を縛って補強し始めた。そして,スルテス湾で座礁することを恐れ,帆を縮めて*ただ流されていくのだった。 18  船が嵐にひどくもまれていたので,次の日には,積み荷を捨てて船を軽くし始め+ 19  3日目には,船の用具を投げ捨ててしまった。 20  何日もの間,太陽も星も現れず,激しい嵐が吹き荒れていたので,助かる見込みはなくなろうとしていた。 21  皆はずっと何も食べずにいた。パウロは皆の真ん中に立って,こう言った。「皆さん,私の意見に従ってクレタ島から船出しないでいれば,こうして危険な目に遭って損失を被ることはなかったでしょう+ 22  でも今,勇気を出してください。誰も命を失いません。失われるのは船だけです。 23  私が崇拝し神聖な奉仕をしている神から天使+が遣わされ,昨夜,私のそばに立って, 24  こう言いました。『パウロ,恐れることはありません。あなたはカエサルの前に立たなければなりません+。神はあなたのために,船に乗っている人を皆,救ってくださいます』。 25  それで皆さん,勇気を出してください。神がその通りにしてくださる,と私は信じています。 26  とはいえ,私たちはどこかの島に流れ着くことでしょう+」。 27  14日目の夜になり,アドリアの海でもまれていると,真夜中に,船乗りたちは,どこかの陸地に近づいているのではないかと感じるようになった。 28  深さを測ってみると,36メートルだった。少し進んでからもう一度測ってみると,27メートルだった。 29  船乗りたちは,岩場に座礁するのを恐れて,船尾から4つのいかりを投じ,夜明けが来ることを願った。 30  ところが,船乗りたちは船から逃げ出そうとした。それで,船首からいかりを下ろすかに見せ掛けて小舟を海に下ろしていると, 31  パウロが士官と兵士たちに言った。「あの人たちが船にいなければ,皆さんは助かりません+」。 32  そこで兵士たちは綱を断ち切って小舟を下に落とした。 33  明け方近く,パウロは皆に何か食べるよう勧めて,こう言った。「ずっと待ち続けて今日で14日になりますが,皆さんはその間何も食べていません。 34  何か食べてください。助かるためです。皆さんは誰も,髪の毛1本さえ失うことはありません」。 35  パウロはこう言ってから,パンを取り,皆の前で神に感謝し,そのパンを割って食べ始めた。 36  それで皆は勇気づけられ,食べだした。 37  船には,全部で276人いた。 38  皆は食べて満足すると,小麦を海に投げ込んで船を軽くした+ 39  夜が明けると,船乗りたちは,そこがどこの陸かは分からなかったが+,浜辺のある入り江を見て,できればその浜辺に船を乗り上げようと思った。 40  それで,いかりを断ち切って海に落とし,同時にかじの綱をほどいた。そして,風を受けるために前方の帆を揚げ,浜辺を目指して進んだ。 41  ところが,沖の浅瀬に行き当たり,乗り上げてしまった。船首ははまって動かなくなり,船尾は波でばらばらに壊れ始めた+ 42  そこで兵士たちは,囚人たちが誰も泳いで逃げたりしないよう殺すことに決めた。 43  しかし士官はパウロを助けようと思い,兵士たちをとどめた。泳げる者には,海に飛び込んで先に陸に向かうようにと命じ, 44  残りの者には,厚い板や船の何かにつかまって後に続くようにと命じた。こうして,全員が無事に陸にたどり着いた+

脚注

または,「索具を下ろして」。

注釈

私たち: 「使徒の活動」は,使徒 16:9まで第三者の視点で出来事が記されている。つまり,筆者のルカはほかの人の言動だけを伝えている。しかし,ここ使徒 16:10で書き方が変化し,ルカは自分を話に含めている。それ以降,ルカはパウロの一行に同行したと思われる部分で,「私たち」という言い方を使っている。(使徒 1:1の注釈と「使徒の活動の紹介」を参照。)ルカは西暦50年ごろパウロに初めて同行してトロアスからフィリピに行ったが,パウロがフィリピを去った時,ルカは一緒に行かなかった。(使徒 16:10-17,40使徒 20:5; 27:1の注釈を参照。

私たち: ルカが「私たち」という言い方を使っているので,フィリピでパウロと合流したことが分かる。2人はしばらく前にフィリピで別れていた。(使徒 16:10-17,40)今回一緒にフィリピからエルサレムまで旅をし,後にパウロはそこで捕らえられた。(使徒 20:5–21:18,33)「使徒の活動」でルカが自分を話に含めているのは,これが2回目。使徒 16:10; 27:1の注釈を参照。

私たち: 使徒 16:1020:5の注釈で述べられているように,「使徒の活動」には,筆者のルカが「私たち」という言い方を使って出来事を記している部分がある。たくさんの旅をしたパウロにルカが時々同行したということ。ここから使徒 28:16までの部分でそうした言い方が使われていて,ルカがパウロと共にローマまで旅をしたことが分かる。

士官: または,「百人隊長」。百人隊長はローマ軍で約100人の兵士を率いた。

親切に: または,「人間味のある親切(愛情)をもって」。ギリシャ語フィラントローポースと関連する語フィラントローピアは,人間に愛情のこもった気遣いや関心を示すことを意味する。船は1日かけて北に110キロ航行し,シリア沿岸のシドンに停泊した。士官のユリウスはパウロを通常の犯罪者のようには扱わなかったようだ。有罪とは決まっていないローマ市民だったからかもしれない。(使徒 22:27,28; 26:31,32

船: 穀物船。(使徒 27:37,38)当時,エジプトはローマの主な穀倉地帯だった。エジプトの穀物船が小アジア南西部の海岸近くの主要な町ミラに寄港した。士官のユリウスはそうした船を見つけ,兵士と囚人を乗船させた。この船は旅の最初に乗った船よりもずっと大きかったに違いない。(使徒 27:1-3)大事な荷である小麦を積み,乗組員,兵士,囚人,そして恐らく,ローマに向かう他の乗客など,276人が乗った。ミラはアレクサンドリアの真北に位置していたので,エジプトのその都市からの船が通常寄る場所だったのかもしれない。あるいは,そのアレクサンドリアの船は向かい風(使徒 27:4,7)のために仕方なく航路を変更し,ミラでいかりを下ろしたのかもしれない。付録B13参照。

贖罪の日の断食: または,「秋の断食」。直訳,「断食」。「断食」に当たるギリシャ語は,モーセの律法で命じられている唯一の断食を指している。それは年ごとの贖罪の日に関連した断食で,ヨム・キプール(ヘブライ語,ヨーム ハッキップリーム,「覆いの日」)とも呼ばれている。(レビ 16:29-31; 23:26-32。民 29:7用語集参照。)贖罪の日に関して使われる「自分を苦しめる」という表現は,断食などの制限を自分に課すことだと一般に理解されている。(レビ 16:29,脚注)使徒 27:9で「断食」という語が使われていることは,贖罪の日に自分に制限を課す主な方法として断食が行われていたことを裏付けている。贖罪の日の断食は,9月下旬か10月上旬に行われた。

命: ここで使われているギリシャ語プシュケーは,人または人の命を指す。用語集の「プシュケー」と付録A2参照。

ユーラクロン: ギリシャ語,エウラキュローン。ラテン語,エウロアクウィロ。地中海の船乗りたちにグレガーレとして知られていた北東の風のこと。地中海で最も激しい風。大きな帆のある船にとっては極めて危険で,そのような嵐の時に船が簡単に転覆してしまう可能性もあった。

小舟: ギリシャ語スカフェーは,船の後ろにつながれていたか大きな船に載せられていた小舟を指す。それは,岸から少し離れた所でいかりを下ろして上陸するため,荷を降ろすため,船を引っ張って向きを変えるために使えた。緊急時には,救命ボートとしても使えた。嵐の時は,小舟が水浸しになったり壊れたりしないよう,引き上げて船に固定した。

スルテス湾: ギリシャ語シュルティスは「引きずる」を意味する語根に由来。スルテスは,北アフリカ沿岸(現代のリビア沿岸)の大きくくぼんだ所にある2つの湾の名前。西側の湾(チュニスとトリポリの間)は,小スルテス(今のガベス湾)と呼ばれた。そのすぐ東にあったのが大スルテス,現代のシドラ湾。この2つの湾は,潮によって絶えず位置が変わる砂州があり,危険だったため,古代の船乗りたちに恐れられていた。その浅瀬に入り込んでしまった船に関して,西暦1世紀のギリシャの地理学者ストラボンは,「無事に逃れる船はめったにない」と述べた。(「地誌」,17,III,20)ヨセフス(「ユダヤ戦記」,2.16.4 [2.381])は,人々はスルテスという名前を聞いただけで恐怖を感じたと述べている。付録B13参照。

激しい嵐: 直訳,「小さくはない嵐」。このギリシャ語表現はひどい嵐を指す。パウロの時代,船乗りは太陽を頼りに航海したので,曇っていると航海がとても難しかった。

誰も命を失いません: または,「皆さんの中に,命を失う人は一人もいません」。「一つの命も失われません」。ここで使われているギリシャ語プシュケーは,人または人の命を指す。用語集の「プシュケー」と付録A2参照。

神聖な奉仕を……行って: ギリシャ語動詞ラトレウオーは基本的に,仕えることを意味する。聖書中の用法ではたいてい,神に奉仕することや神への崇拝に関して奉仕することを指し(マタ 4:10。ルカ 2:37; 4:8。使徒 7:7。ロマ 1:9。フィリ 3:3。テモ二 1:3。ヘブ 9:14; 12:28。啓 7:15; 22:3),聖なる所や神殿での奉仕も含む。(ヘブ 8:5; 9:9; 10:2; 13:10)それで,文脈によっては「崇拝する」とも訳せる。例は少ないが,偽りの崇拝,創造された物への奉仕や崇拝に関しても使われている。(使徒 7:42。ロマ 1:25)ギリシャ語聖書のヘブライ語訳の幾つか(付録C4のJ14-17)では,「エホバに仕えて(を崇拝して)」となっている。

神聖な奉仕をしている: または,「仕えている」。使徒 26:7の注釈を参照。

アドリアの海: パウロの時代,この語は現在のアドリア海よりも広い海域を指した。ギリシャの地理学者ストラボンによれば,この名前は,今日ベネチア湾と呼ばれている湾に面し,ポー川の河口に位置した町アトリアに由来する。(「地誌」,5,I,8)現在のイタリアのアドリア市は,海岸から少し離れた所にある。アドリアという名前は古代の町に近い海域を指すようになり,その範囲が徐々に広がって,現在のアドリア海,イオニア海,そして地中海のシチリア(やマルタ)の東とクレタの西の水域を含むようになったようだ。付録B13参照。

36メートル: 直訳,「20オルギュイア」。水深を測る単位。1オルギュイアは一般に4キュビト(約1.8メートル)と見なされていて,大体,人が両腕を広げた時の指先から指先までの長さに相当する。ギリシャ語オルギュイアは,「伸ばす」,「達する」という意味の語から来ている。付録B14参照。

27メートル: 直訳,「15オルギュイア」。この節の36メートルに関する注釈と付録B14を参照。

276: 乗船していた人の数について別の数字を挙げている写本も幾つかあるが,276という数字は他の写本による強力な裏付けがあり,たいていの学者に受け入れられている。当時の船はそれだけ多くの人を乗せることができた。ヨセフスは約600人が乗った船がローマに行く途中で難破したことを述べている。

人: ギリシャ語プシュケーは,ここで生きている人を指す。用語集の「プシュケー」と付録A2参照。

メディア

使徒の活動 パウロのローマへの旅とそこでの最初の拘禁(使徒 27:1–28:31)
使徒の活動 パウロのローマへの旅とそこでの最初の拘禁(使徒 27:1–28:31)

出来事が起きた順に挙げられている。

1. パウロはカエサレアの牢屋で2年間過ごした後,まだ囚人で,ローマに向けて船で出発する。(使徒 27:1,2

2. パウロの一行はシドンに着く。パウロはそこの兄弟たちに会うことを許可される。(使徒 27:3

3. パウロが乗った船は,キプロス島を風よけにしながら進み,キリキアとパンフリアに沿って航海し,ルキア地方のミラに着く。(使徒 27:4,5

4. パウロはミラで,アレクサンドリアからの穀物船に乗る。船はやっとのことでクニドスに着き,サルモネの沖を通ってクレタ島を風よけにしながら進む。(使徒 27:6,7

5. パウロの一行はやっとのことでクレタ島の沿岸を進んでいき,良い港に着く。(使徒 27:8

6. 船が良い港に着いてからかなりの時が過ぎる。クレタ島のもう1つの港であるフォイニクスに向けて良い港を出発するという決定が下される。(使徒 27:9-13

7. 船出して間もなく,ユーラクロンという北東の暴風に襲われる。船は流される。(使徒 27:14,15

8. 船はカウダという島を風よけにして進む。船乗りたちはスルテス湾の砂州で座礁することを恐れる。(使徒 27:16,17

9. 天使がパウロの前に現れ,パウロがカエサルの前に立つことを伝える。パウロは船に乗っている人たちに,皆生き延びることを語って安心させる。(使徒 27:22-25

10. マルタ沖で難船する。(使徒 27:39-44; 28:1

11. マルタの人たちが非常に親切にしてくれる。パウロはポプリオの父親を癒やす。(使徒 28:2,7,8

12. パウロは,マルタで冬を越していたアレクサンドリアからの船に乗って,シラクサへ,そしてレギウムへ行く。(使徒 28:11-13前半

13. パウロはポテオリに着く。そこの兄弟たちに温かく迎えられる。(使徒 28:13後半,14

14. ローマの兄弟たちが「アピウスの市場」と三軒宿でパウロを出迎える。(使徒 28:15

15. パウロはローマに着く。兵士の監視の下に家で暮らすことを許可される。(使徒 28:16

16. パウロはローマのユダヤ人に語る。それから2年間,会いに来る人皆に大胆に伝道する。(使徒 28:17,18,21-31

1世紀の商船
1世紀の商船

西暦1世紀,さまざまな種類の数多くの商船が地中海を行き来した。パウロが囚人としてカエサレアからミラまで乗ったアドラミティオンからの船など,沿岸船もあった。(使徒 27:2-5)しかし,パウロがミラで乗った商船(この挿絵のようなイメージ)は,小麦を積み,乗員乗客総勢276人を乗せた大型船だった。(使徒 27:37,38)この船は主帆と前帆があったと思われ,船尾にある2本の大きなかじで向きを変えたのだろう。こうした船にはよく,男神や女神を表す船首像が付いていた。

1. 商船

2. ガリラヤの漁船

木と金属でできたいかり
木と金属でできたいかり

1. ストック(横棒)

2. シャンク(幹)

3. フリューク(爪)

4. アーム(腕)

5. カラー(補強材)

パウロのローマへの船旅に関する記述に,いかりのことが何度か出てくる。(使徒 27:13,29,30,40)古代において,いかりは当初,石の重りのような簡単な造りのものだったようだ。しかし,パウロが旅をした時代には,もっと改良されたいかりが使われていた。ローマ時代には,この挿絵のように引っ掛かる部分の付いたいかりが一般的だった。このタイプのいかりは普通,金属と木でできていた。たいてい鉛でできたストックの重みで,いかりは沈んでいき,アームの一方が海底に食い込んだ。大きな船には,いかりが幾つかあることが多かった。(使徒 27:29,30)アフリカ沿岸のキレネの近くで発見されたいかりは,重さが約545キロもあり,「この希望は,私たちの命のためのいかり」というパウロの言葉に重みを加えている。(ヘブ 6:19

水深を測るための重り
水深を測るための重り

こうした重り(1)は航海用の器具の中で特に古いもので,形や大きさはさまざまだった。重りにロープが結ばれ,船のへりから投げられた。重りが海底に当たった時のロープの長さで水深を測った(2)。重りの底に柔らかい獣脂が付いているものがあり,海底の小石や砂が付着した。重りが海上に引き上げられると,船乗りたちは付着したものを調べた。重りの素材はいろいろあったが,鉛でできたものが普通だった。ちなみに,使徒 27:28で使われている「深さを測る」に当たるギリシャ語動詞は,字義的には「測鉛を投げる」という意味。

1. 重り

2. ロープ