使徒​の​活動 25:1-27

25  フェスト+はユダヤ州に入って治め始めて3日後に,カエサレアからエルサレムに上った。  すると,祭司長とユダヤ人の主立った人たちがパウロを訴えた+。そしてフェストに願い出て,  好意の印としてパウロをエルサレムに呼んでくれるようにと求めた。道の途中でパウロを待ち伏せて殺すつもりだったのである+  しかしフェストは,パウロはカエサレアに拘束しておくべきだし,自分は間もなくそこへ戻ると答えた。  「だから,その男に悪い点が本当にあるなら,あなた方のうちの有力な人たちが私と一緒に来て,彼を訴えなさい」とフェストは言った+  こうして,フェストはそこで8日から10日ほどの間過ごしただけで,カエサレアに下り,次の日には裁きの座に座って,パウロを連れてくるように命令した。  パウロが入ってくると,エルサレムから来たユダヤ人たちは周りに立って重大な罪状をたくさん挙げたが,証明はできなかった+  一方,パウロはこう弁明した。「私は,ユダヤ人の律法に対しても,神殿に対しても,カエサルに対しても,何の罪も犯しておりません+」。  フェストはユダヤ人に良く思われようとして+,パウロにこう答えた。「エルサレムに上って,そこでこの件に関して私の前で裁きを受けることを望むか」。 10  しかしパウロは言った。「私はカエサルの裁きの座の前に立っており,ここで裁かれるのが当然です。ユダヤ人に悪いことは何もしていません。あなたも十分ご存じの通りです。 11  もし私が本当に悪人で,死刑に値することをしたのであれば+,慈悲を求めたりはしません。しかし,私に対するこれらの人たちの訴えに何の根拠もないのであれば,好意の印として私を彼らに引き渡す権利は誰にもありません。カエサルに上訴します+!」 12  そこでフェストは評議員会と話し合ってから,「あなたはカエサルに上訴した。カエサルのもとに行くように」と答えた。 13  何日か過ぎてから,アグリッパ王とベルニケがフェストへの表敬訪問のためカエサレアに到着した。 14  2人がそこで何日も過ごしていたので,フェストはパウロのことをアグリッパ王に持ち出して,こう言った。 「フェリクスが残していった囚人の男がいまして+ 15  私がエルサレムにいた際,祭司長やユダヤ人の長老たちが彼について訴えを提出し+,有罪の判決を下すよう求めました。 16  しかし私は,告訴人たちの前で弁明する機会が与えられていない人を,好意の印として引き渡すのはローマ人のやり方ではない,と答えておきました+ 17  ユダヤ人たちがここに到着した時,私は迅速に行動し,次の日には裁きの座に座って,その男を連れてくるように命令しました。 18  告訴人たちは立ち上がりましたが,私が予想していたような悪事は告発しませんでした+ 19  自分たちの宗教*とイエスという男に関して争っているだけでした+。イエスは死んだのに,パウロは,生きていると主張し続けているのです+ 20  私はこの論争の扱いに困り,パウロに,エルサレムに行ってそこでこの件に関して裁きを受けたいかどうか尋ねてみました+ 21  しかしパウロが,尊厳者による判決を受けるために自分を拘束しておいてほしいと申し出たので+,私は,カエサルのもとに送るまで彼を拘束しておくように命令しました」。 22  アグリッパはフェストに言った。「私もその男が話すことを聞いてみたいものです+」。フェストは,「明日,お聞きになれます」と言った。 23  それで,次の日,アグリッパとベルニケは派手に着飾ってやって来て,軍司令官たちや町の著名な人たちと共に広間に入った。フェストが命令を出すと,パウロが連れてこられた。 24  フェストは言った。「アグリッパ王,ならびにご同席の皆さま,ご覧になっているこの男については,エルサレムでもここでもユダヤ人が皆,これ以上生かしてはおけないと叫んで私に頼み込んできました+ 25  しかし私は,彼が死刑に値することは何もしていないことを見て取りました+。それで,彼が尊厳者に上訴した時,彼を送ることに決めました。 26  ところが私には,彼について主に書き送ろうにも,これといったことが何もありません。そのため,皆さまの前,特にアグリッパ王,あなたの前にお連れしました。この取り調べの後,何か書き送ることができるようにです。 27  囚人を送りながら罪状を示さないのは,道理に合わないことに思えます」。

脚注

または,「神への崇拝」。

注釈

ユダヤ州: ローマの属州ユダヤのことで,総督はカエサレアに住んでいた。入って治め始めてと訳されているギリシャ語の表現は,フェストが属州の総督に就任したことを指すと理解されている。

カエサル: または,「皇帝」。イエスの地上での宣教期間中のローマ皇帝はティベリウスだったが,この語は在位中の皇帝だけを指すのではない。「カエサル」は,ローマの政府や国家,正当に任命されたその代表者を指すこともあった。その人たちをパウロは「上位の権威」と呼び,ペテロは「王」や「総督」と呼んでいる。(ロマ 13:1-7。ペ一 2:13-17。テト 3:1用語集参照。

カエサル: または,「皇帝」。この時のローマ皇帝はクラウディウスで,西暦41年から54年まで治めた。(使徒 11:28; 18:2マタ 22:17の注釈用語集を参照。

カエサル: または,「皇帝」。この時のローマ皇帝はネロ。ネロは西暦54年から68年まで治めて,およそ31歳で自殺した。使徒 25–28章に出ているカエサルは全てネロのこと。マタ 22:17,使徒 17:7の注釈用語集を参照。

ローマ市民である私たち: パウロはローマ市民であり,シラスもそうだったと思われる。ローマ法によれば,市民には常に正当な裁判を受ける権利があり,市民を有罪の宣告もせずに人前で処罰するようなことをしてはならなかった。ローマの市民権を持っている人には,帝国全土で通用する権利と特権が与えられていた。ローマ市民は,属州の町の法律ではなく,ローマ法に従った。訴えられた時は,地元の法律による裁判に応じることもできたが,ローマ法による裁判を受ける権利を依然として持っていた。死刑に相当する罪の場合は,皇帝に上訴する権利があった。使徒パウロはローマ帝国中を広範囲に伝道した。パウロがローマ市民としての権利を活用した例が3つ記録されている。1つ目はここフィリピでのことで,パウロはフィリピの行政官たちに打ちたたかれて権利を侵害されたことを指摘した。他の2つの例については,使徒 22:25; 25:11の注釈を参照。

ローマ市民: パウロがローマ市民としての権利を活用した3つの記録のうちの2つ目。ローマ当局は通常,ユダヤ人の問題にほとんど干渉しなかった。ローマ人がパウロの件に関わったのは,パウロが神殿を訪れた時に暴動が生じたためだけでなく,パウロがローマ市民だからでもあった。市民権を持つ人には特権が与えられ,それは帝国全土で認められ,尊重された。例えば,有罪の宣告を受けていないローマ市民を縛ったり打ちたたいたりするのは違法だった。そのように扱ってもよいのは奴隷だけだと考えられていた。他の2つの例については,使徒 16:37; 25:11の注釈を参照。

カエサルに上訴します!: 聖書中の記録で,パウロがローマ市民としての権利を活用した3つ目の例。(他の2つの例については,使徒 16:37; 22:25の注釈を参照。)カエサルに対するこのような上訴は,判決が言い渡された後でもそれより前の裁判中のどの時点でも行えた。フェストがこの件を自分で判断するのを望んでいないことは明らかであり,エルサレムの裁判ではまず公正を期待できなかった。それでパウロは,帝国の最高法廷での裁判をこのように正式に願い出た。現行犯で捕まった泥棒,海賊,扇動者などの場合,上訴が却下されることもあったようだ。フェストが上訴を認める前に「評議員会」と協議したのは恐らくそのためだろう。(使徒 25:12)その後,フェストは「尊厳者」ネロにパウロの件を送る際により明確な情報を提出できるよう,訪問中のヘロデ・アグリッパ2世と共に話を聞いた。(使徒 25:12-27; 26:32; 28:19)上訴によって,パウロはローマに行くことにもなり,以前に述べていた通りになった。(使徒 19:21)イエスがパウロに語った預言と天使が後に伝えた言葉は,この件に神の導きがあったことを示している。(使徒 23:11; 27:23,24

アグリッパ: ヘロデ・アグリッパ2世のこと。ヘロデ大王のひ孫で,ヘロデ・アグリッパ1世とその妻キュプロスの息子。(使徒 12:1)用語集の「ヘロデ」参照。

ベルニケ: ヘロデ・アグリッパ2世の妹。アグリッパがベルニケと近親相姦をしていたといううわさが広まっていた。後にベルニケは,ティツスがローマ皇帝になる前にその愛人になった。

長老: 直訳,「年長者」。聖書で,ギリシャ語プレスビュテロスは主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。年上の人を表すこともあるが(ルカ 15:25,使徒 2:17がその例),年配者に限られてはいない。ここでは,祭司長や律法学者とよく一緒に出てくる,ユダヤ国民の指導者を指す。サンヘドリンはこれら3つのグループの男性で構成されていた。(マタ 21:23; 26:3,47,57; 27:1,41; 28:12用語集参照。

長老: ここでは,祭司長や律法学者とよく一緒に出てくる,ユダヤ国民の指導者を指す。マタ 16:21の注釈を参照。

カエサル: または,「皇帝」。ギリシャ語カイサルに対応するラテン語はカエサル。(用語集参照。)アウグスツスは「尊厳者」という意味のラテン語。初代ローマ皇帝ガイウス・オクタウィウスはローマ元老院からその称号を初めて与えられた人で,それは紀元前27年のことだった。彼はカエサル・アウグスツスとして知られるようになった。彼が命令を出した結果として,イエスがベツレヘムで生まれ,聖書預言が実現した。(ダニ 11:20。ミカ 5:2

尊厳者: ローマ皇帝の称号。ギリシャ語セバストスは,「尊ぶべき」,「尊ばれた」,「威厳のある」という意味で,ラテン語の称号アウグストゥスを訳したもの。「皇帝陛下」,「陛下」といった表現を使っている翻訳もある。ここでは,この称号を最初に受けたオクタウィアヌス(オクタウィウス)から4代目に当たるカエサル・ネロ(西暦54-68年)を指す。ルカ 2:1の注釈を参照。

メディア

カエサル・ネロ
カエサル・ネロ

この金貨は西暦56-57年ごろに鋳造されたもので,西暦54年から68年までローマ帝国を治めたネロの横顔が載っている。パウロはこのネロというカエサルに上訴した。パウロはそれ以前,エルサレムで不当に捕らえられて西暦56年ごろから58年ごろまでカエサレアで拘束されていた。パウロは西暦59年ごろからローマでの最初の拘禁を経験し,西暦61年ごろに無罪を宣告されて釈放されたようだ。西暦64年,ローマの町の4分の1が火事で壊滅し,それをネロのせいにする人たちがいた。ネロは疑いをそらすためにクリスチャンを非難し,政府による激しい迫害の波が生じた。その頃(西暦65年ごろ),パウロはローマで2度目に拘禁され,その後,処刑されたと思われる。