使徒​の​活動 25:1-27

25  フェスト+はユダヤ州に入って治め始めて3日後に,カエサレアからエルサレムに上った。  すると,祭司長とユダヤ人の主立った人たちがパウロを訴えた+。そしてフェストに願い出て,  好意の印としてパウロをエルサレムに呼んでくれるようにと求めた。道の途中でパウロを待ち伏せて殺すつもりだったのである+  しかしフェストは,パウロはカエサレアに拘束しておくべきだし,自分は間もなくそこへ戻ると答えた。  「だから,その男に悪い点が本当にあるなら,あなた方のうちの有力な人たちが私と一緒に来て,彼を訴えなさい」とフェストは言った+  こうして,フェストはそこで8日から10日ほどの間過ごしただけで,カエサレアに下り,次の日には裁きの座に座って,パウロを連れてくるように命令した。  パウロが入ってくると,エルサレムから来たユダヤ人たちは周りに立って重大な罪状をたくさん挙げたが,証明はできなかった+  一方,パウロはこう弁明した。「私は,ユダヤ人の律法に対しても,神殿に対しても,カエサルに対しても,何の罪も犯しておりません+」。  フェストはユダヤ人に良く思われようとして+,パウロにこう答えた。「エルサレムに上って,そこでこの件に関して私の前で裁きを受けることを望むか」。 10  しかしパウロは言った。「私はカエサルの裁きの座の前に立っており,ここで裁かれるのが当然です。ユダヤ人に悪いことは何もしていません。あなたも十分ご存じの通りです。 11  もし私が本当に悪人で,死刑に値することをしたのであれば+,慈悲を求めたりはしません。しかし,私に対するこれらの人たちの訴えに何の根拠もないのであれば,好意の印として私を彼らに引き渡す権利は誰にもありません。カエサルに上訴します+!」 12  そこでフェストは評議員会と話し合ってから,「あなたはカエサルに上訴した。カエサルのもとに行くように」と答えた。 13  何日か過ぎてから,アグリッパ王とベルニケがフェストへの表敬訪問のためカエサレアに到着した。 14  2人がそこで何日も過ごしていたので,フェストはパウロのことをアグリッパ王に持ち出して,こう言った。 「フェリクスが残していった囚人の男がいまして, 15  私がエルサレムにいた際,祭司長やユダヤ人の長老たちが彼について訴えを提出し+,有罪の判決を下すよう求めました。 16  しかし私は,告訴人たちの前で弁明する機会が与えられていない人を,好意の印として引き渡すのはローマ人のやり方ではない,と答えておきました+ 17  ユダヤ人たちがここに到着した時,私は迅速に行動し,次の日には裁きの座に座って,その男を連れてくるように命令しました。 18  告訴人たちは立ち上がりましたが,私が予想していたような悪事は告発しませんでした+ 19  自分たちの宗教*とイエスという男に関して争っているだけでした+。イエスは死んだのに,パウロは,生きていると主張し続けているのです+ 20  私はこの論争の扱いに困り,パウロに,エルサレムに行ってそこでこの件に関して裁きを受けたいかどうか尋ねてみました+ 21  しかしパウロが,尊厳者*による判決を受けるために自分を拘束しておいてほしいと申し出たので+,私は,カエサルのもとに送るまで彼を拘束しておくように命令しました」。 22  アグリッパはフェストに言った。「私もその男が話すことを聞いてみたいものです+」。フェストは,「明日,お聞きになれます」と言った。 23  それで,次の日,アグリッパとベルニケは派手に着飾ってやって来て,軍司令官たちや町の著名な人たちと共に広間に入った。フェストが命令を出すと,パウロが連れてこられた。 24  フェストは言った。「アグリッパ王,ならびにご同席の皆さま,ご覧になっているこの男については,エルサレムでもここでもユダヤ人が皆,これ以上生かしてはおけないと叫んで私に頼み込んできました+ 25  しかし私は,彼が死刑に値することは何もしていないことを見て取りました+。それで,彼が尊厳者に上訴した時,彼を送ることに決めました。 26  ところが私には,彼について主に書き送ろうにも,これといったことが何もありません。そのため,皆さまの前,特にアグリッパ王,あなたの前にお連れしました。この取り調べの後,何か書き送ることができるようにです。 27  囚人を送りながら罪状を示さないのは,道理に合わないことに思えます」。

脚注

または,「神への崇拝」。
ローマ皇帝の称号。

注釈

メディア