使徒​の​活動 22:1-30

22  「皆さん,兄弟たちも年長の方々も,私の弁明をぜひ聞いてください+」。  人々はパウロがヘブライ語で話すのを聞いて,ますます静かになった。パウロは言った。  「私はユダヤ人で+,キリキアのタルソスで生まれましたが+,この都でガマリエル+から直接教えられ,先祖の律法について厳格な教えを受けており+,今の皆さんと同じように神に対して熱心です+  この道の者を迫害し,男性も女性も縛って牢屋に送り,死に至らせました+  この点は,大祭司と長老会の全員が証言できます。私はこの人たちからダマスカスの兄弟たちへの手紙も手に入れ,出掛けていきました。そこにいる者たちを縛ってエルサレムに連れてきて,処罰するためです。  ところが,旅をしてダマスカスに近づいた時のこと,真昼ごろに,突然天から強烈な光が私の周り一帯を照らし+  私は地面に倒れ,『サウロ,サウロ,なぜ私を迫害しているのですか』と言う声を聞きました。  『主よ,あなたはどなたですか』と答えると,『ナザレ人のイエスです。あなたは私を迫害しています』と言われました。  一緒にいた人たちは,光は確かに見ましたが,私に話している方の声は聞き取れませんでした+ 10  私が,『主よ,私はどうしたらよい*のでしょうか』と言うと,主はこう言いました。『起きて,ダマスカスに入りなさい。そうすれば,あなたが行うことになっている事柄が全て告げられます+』。 11  しかし私はその光の輝きのために何も見えなかったので,一緒にいた人たちに手を引いてもらってダマスカスに着きました。 12  そこに,アナニア+という男性がいました。神を畏れて律法を守る人で,そこに住む全てのユダヤ人から良い評判を得ていました。 13  アナニアは私の所に来て,そばに立ち,『サウロ,兄弟,視力を取り戻しなさい!』と言いました。まさにその時,私は彼が見えるようになりました+ 14  アナニアはこう言いました。『私たちの父祖の神はあなたを選びました。あなたが神の意志を知り,正しい方イエスを見+,その声を聞くようにです。 15  あなたはイエスの証人となり,見聞きした事柄を全ての人に伝えるからです+ 16  さあ,何をためらっているのですか。立って,バプテスマを受け,イエスの名を呼んで+あなたの罪を洗い去りなさい+』。 17  ところが,エルサレムに帰って+神殿で祈っていると,恍惚状態になり, 18  イエスが私に,『急いで,早くエルサレムから出なさい。彼らは私に関するあなたの証言を受け入れないからです+』と言うのを見ました。 19  私は言いました。『主よ,私が会堂に次々と行き,あなたを信じている人たちを投獄したり打ちたたいたりしたことはよく知られています+ 20  しかも,あなたの証人ステファノが殺害された時,私はその場にいて,それに賛成し,彼を殺す者たちの外衣の番をしていました+』。 21  しかしイエスは,『行きなさい。私はあなたを遠く異国の人々の所に遣わすからです+』と言いました」。 22  人々はここまでずっと聞いていたが,声を上げて言った。「こんな男は地上から消してしまえ。生きている値打ちなどない!」 23  そして叫んだり,外衣を投げたり,土を放り上げたりするので+ 24  軍司令官はパウロを兵営の中に連れていくように命じ,むち打って取り調べるようにと言った。パウロに向かって人々がなぜこのように叫ぶのかを正確に知ろうとしてだった。 25  しかし,パウロはむち打ちのために手を縛られた時,そこに立っている士官にこう言った。「有罪の宣告*を受けていないローマ市民をむち打ってもいいのですか+」。 26  これを聞いた士官は,軍司令官の所に行って報告し,「どうされますか。この人はローマ市民です」と言った。 27  そこで軍司令官はパウロの所に来て,言った。「一つ聞くが,あなたはローマ市民なのか」。パウロは,「そうです」と言った。 28  それに対して軍司令官は言った。「私はこの市民権を大金を払って得たのだ」。パウロは言った。「私は生まれながらのローマ市民です+」。 29  そのため,パウロを拷問に掛けて取り調べようとしていた人たちは,すぐに離れた。軍司令官はパウロがローマ市民だと知って,彼を鎖で縛ったことで怖くなった+ 30  次の日,軍司令官は,パウロがユダヤ人たちから訴えられているのはいったいなぜなのか,確かなことを知りたかったので,彼を解放し,祭司長たちとサンヘドリン全体に集合を命じた。そしてパウロを連れていって,彼らの前に立たせた+

脚注

または,「どうしなければならない」。
または,「裁判」。

注釈

ヘブライ語: ギリシャ語聖書で,聖書筆者は「ヘブライ語」という語を,ユダヤ人が話した言語(ヨハ 19:13,17,20。使徒 21:40; 22:2。啓 9:11; 16:16)や,復活して栄光を受けたイエスがタルソスのサウロに話し掛けた言語を指して使った。(使徒 26:14,15使徒 6:1では,「ヘブライ語を話すユダヤ人」と「ギリシャ語を話すユダヤ人」は区別されている。それらの箇所の「ヘブライ語」という語は「アラム語」と訳すべきだと考える学者もいるが,その語が実際にヘブライ語を指して使われていると考えるべき十分の理由がある。医者ルカが,パウロはエルサレムの人々に「ヘブライ語で」話したと述べた時,パウロは,ヘブライ語で書かれたモーセの律法を学ぶことが生活の中心になっていた人たちに話し掛けていた。死海文書を構成する大量の断片や写本のうち,聖書関係のものも聖書とは無関係のものも,ほとんどがヘブライ語で書かれていて,ヘブライ語が日常的に使われていたことを示している。アラム語の断片も数は少ないが見つかっていて,両方の言語が使われていたことも分かる。それで,聖書筆者が「ヘブライ語」という語を使っている時,実際にはアラム語やシリア語を指していたとは考えにくい。(使徒 21:40; 22:2。使徒 26:14と比較。)ヘブライ語聖書では,以前から「アラム語」と「ユダヤ人の言語」が区別されていて(王二 18:26),1世紀のユダヤ人の歴史家ヨセフスは聖書のその記述を考慮し,「アラム語」と「ヘブライ語」を別個の言語と述べている。(「ユダヤ古代誌」,X,8 [i,2])アラム語とヘブライ語にはよく似た言葉があり,アラム語からヘブライ語に取り入れられた言葉もあっただろう。とはいえ,ギリシャ語聖書の筆者たちがアラム語のことをヘブライ語と言う理由は一つもないと思われる。

ヘブライ語で: ヨハ 5:2の注釈を参照。

ガマリエル: 「使徒の活動」で,ここと使徒 22:3の2回出てくる律法教師。聖書以外の文献で長老ガマリエルとして知られる人物のことと思われる。ガマリエルは長老ヒレルの孫,もしかすると息子で,ヒレルはパリサイ派の中でも穏健な学派を作り上げた人物とされている。ガマリエルは民の中でとても重んじられていて,「ラバン」という尊称で呼ばれた最初の人物と言われている。それでガマリエルは,タルソスのサウロを含めパリサイ派の子たちを大勢訓練するなど,当時のユダヤ人社会に大きな影響を与えた。(使徒 22:3; 23:6; 26:4,5。ガラ 1:13,14)多くの場合,律法と伝承に対するガマリエルの解釈の仕方は比較的見方の広いものだったと思われる。例えば,身勝手な夫から妻を,身勝手な子供からやもめを守る法律を制定したと言われている。また,ユダヤ人ではない貧しい人に貧しいユダヤ人と同じ落ち穂拾いの権利が与えられるべきだと主張したと言われている。ガマリエルのこの寛容な態度は,ペテロとほかの使徒たちに対する扱い方に表れている。(使徒 5:35-39)しかし,ラビの記録によると,ガマリエルは聖書よりもラビの伝承を重視した。それで全体として,ガマリエルの教えは代々のほとんどのラビや当時の宗教指導者たちの教えと似たものだった。(マタ 15:3-9。テモ二 3:16,17)用語集の「パリサイ派」,「サンヘドリン」参照。

ガマリエル: 「使徒の活動」で,ここと使徒 5:34の2回出てくる律法教師。使徒 5:34の注釈を参照。

サンヘドリン広間: または,「サンヘドリン」。サンヘドリンはエルサレムにあったユダヤ人の高等法廷。「サンヘドリン広間」または「サンヘドリン」と訳されるギリシャ語(シュネドリオン)は字義的には,「共に座る」という意味。会合や集会を指す一般的な言葉だったが,イスラエルでは宗教上の司法機関つまり法廷も指した。このギリシャ語は法廷を構成する人々もしくは法廷のある建物や場所を指せる。マタ 5:22の注釈用語集を参照。サンヘドリン広間があったと考えられる場所について,付録B12も参照。

長老会: または,「長老たち(団)」。ここで使われているプレスビュテリオンというギリシャ語はプレスビュテロス(直訳,「年長者」)という語と関連があり,その語は聖書で主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。年上の人を表すこともあるが(ルカ 15:25使徒 2:17がその例),年配者に限られてはいない。ここの「長老会」という表現はエルサレムにあったユダヤ人の高等法廷つまりサンヘドリンを指すようだ。サンヘドリンは祭司長と律法学者と長老たちで構成されていた。これら3つのグループはよく一緒に出てくる。(マタ 16:21; 27:41。マル 8:31; 11:27; 14:43,53; 15:1。ルカ 9:22; 20:1ルカ 22:66の注釈を参照。

ナザレ人: イエスを指す呼び名で,後には弟子たちもそのように呼ばれた。(使徒 24:5)イエスという名前のユダヤ人は大勢いたので,それぞれを識別する言葉を付けて呼ぶことがよくあった。人々を出身地と結び付けるのは聖書時代の習慣だった。(サ二 3:2,3; 17:27; 23:25-39。ナホ 1:1。使徒 13:1; 21:29)イエスは若い時代の大半をガリラヤのナザレの町で過ごしたので,イエスに関してこの語を使うのは自然なことだった。イエスは,さまざまな機会にいろいろな人から「ナザレ人」と呼ばれている。(マル 1:23,24; 10:46,47; 14:66-69; 16:5,6。ルカ 24:13-19。ヨハ 18:1-7)イエス自身もその呼び名を受け入れ,使った。(ヨハ 18:5-8。使徒 22:6-8)ピラトが苦しみの杭に掲げた板には,ヘブライ語,ラテン語,ギリシャ語で「ナザレ人イエス,ユダヤ人の王」と書かれていた。(ヨハ 19:19,20)西暦33年のペンテコステ以降,使徒や他の人たちはしばしばイエスのことをナザレ人またはナザレの人と言った。(使徒 2:22; 3:6; 4:10; 6:14; 10:38; 26:9マタ 2:23の注釈を参照。

ナザレ人: マル 10:47の注釈を参照。

声の響きは聞こえた: 使徒 22:6-11ではパウロ自身が,ダマスカスへ向かう道で経験したことを述べている。その記述とここの記述を合わせると,何が起きたのかよく分かる。どちらの記述でも同じギリシャ語が使われているが,文法的な違いがある。ギリシャ語フォーネーは,「音」とも「声」とも訳せる。ここではその語は属格という形になっていて,言葉そのものというよりはその音を聞いたという意味なので,「声の響き」と訳されている。(使徒 22:9では,同じギリシャ語が対格という形で,言葉そのものを聞くという意味で,「声」と訳されている。)パウロと一緒にいた人たちは,声の響きを聞いたが,話された言葉を聞いて理解することはできなかったようだ。それで,その人たちはパウロが聞いたようにはその声を聞かなかった。(使徒 26:14使徒 22:9の注釈を参照。

声は聞き取れませんでした: または,「声は理解できませんでした」。使徒 9:3-9でもルカは,パウロがダマスカスへ向かう道で経験したことを述べている。2つの記述を合わせると,何が起きたのかよく分かる。使徒 9:7の注釈で説明されているように,パウロと一緒にいた人たちは「声の響き」を聞いたが,話された言葉を理解することはできなかったようだ。それで,その人たちはパウロが聞いたようにはその声を聞かなかった。使徒 22:7でも,「聞く」に当たるギリシャ語が同じように使われていて,パウロは言葉を聞いて理解したという意味で「声を聞きました」と言っている。一方,パウロと一緒に旅をしていた人たちは,もしかすると声がこもっていたりゆがめられていたりしたため,パウロに伝えられたメッセージを理解できなかった。このような意味で,「声は聞き取れ」なかったようだ。マル 4:33,コ一 14:2と比較。そこでは,「聞く」に当たる同じギリシャ語が「理解する」とも訳せる。

視力を取り戻しなさい!: 直訳,「見上げなさい!」 ここのギリシャ語は基本的に「視線を上に向ける」という意味だが(マタ 14:19。ルカ 19:5),初めて目が見えるようになること(ヨハ 9:11,15,18)や視力を取り戻すこと(マル 10:52。ルカ 18:42。使徒 9:12)も指せる。

イエスの名を呼んであなたの罪を洗い去りなさい: 人は,バプテスマの水によってではなくイエスの名を呼ぶことによって罪を洗い去る。イエスの名を呼ぶことには,イエスに信仰を持ち,その信仰をクリスチャンとしての行動によって実証することが含まれる。(使徒 10:43。ヤコ 2:14,18

恍惚状態: ギリシャ語エクスタシス(「外へ」という意味のエクと「立っている」という意味のスタシスから来ている)は,驚き,驚愕,神からの幻によって人が通常の心理状態から放り出されていることを指す。このギリシャ語は,「大喜びした」(マル 5:42),「驚嘆して」(ルカ 5:26),「胸がいっぱいだった」(マル 16:8)と訳されている。「使徒の活動」で,この語は神の働き掛けと結び付けられている。人が深く集中している時や眠ったような状態の時に,聖なる力がその人の脳裏に神の目的に関する幻や情景を焼き付けることがあったようだ。恍惚状態にある人は周りの物事が気にならず,幻を受け入れやすかっただろう。使徒 22:17の注釈を参照。

恍惚状態になり: ここで「恍惚状態」と訳されているギリシャ語エクスタシスについては,使徒 10:10の注釈を参照。ギリシャ語聖書のヘブライ語訳の幾つか(付録C4のJ14,17,22)では,「エホバの手が私の上にあり」となっている。別の訳(J18)では,「エホバの聖なる力が私を包み」となっている。

私の証人: イエスの初期の弟子たちは,忠実なユダヤ人で,すでにエホバの証人であり,エホバが唯一の真の神であることを証言していた。(イザ 43:10-12; 44:8)しかし今,弟子たちはエホバイエス両方の証人になった。イエスが果たす重要な役割について知らせることになった。イエスは,エホバの目的における新たな特色であるメシアの王国によってエホバの名前を神聖なものとする。ヨハネの福音書を除けば,「使徒の活動」では,ギリシャ語の「証人」(マルテュス),「証言する」(マルテュレオー),「徹底的に教える」(ディアマルテュロマイ)と,関連する言葉が聖書中のほかのどの書よりも多く使われている。(ヨハ 1:7の注釈を参照。)神の王国とイエスの重要な役割を含む神の目的に関する証人となり,徹底的に教えることが,「使徒の活動」全体を貫くテーマとなっている。(使徒 2:32,40; 3:15; 4:33; 5:32; 8:25; 10:39; 13:31; 18:5; 20:21,24; 22:20; 23:11; 26:16; 28:23)1世紀の一部のクリスチャンは,イエスの生涯,死,復活について直接見た事柄に基づき,それが確かな事実だと証言した。(使徒 1:21,22; 10:40,41)後にイエスに信仰を持った人々は,イエスの生涯,死,復活の重要性について広めることによって,証言した。(使徒 22:15ヨハ 18:37の注釈を参照。

あなたの証人: 「証人」に当たるギリシャ語マルテュスは,ある行為や出来事を目にした人を指す。1世紀の一部のクリスチャンは,直接見た事柄に基づき,イエスの生涯,死,復活について,それが確かな事実だと証言できた。(使徒 1:21,22; 10:40,41)後にイエスに信仰を持った人々は,イエスの生涯,死,復活の重要性について広めることによって,証言できた。(使徒 22:15)イエスと話していたパウロは,その意味でこの語を使い,ステファノを「あなたの証人」と呼んだ。ステファノはサンヘドリンでイエスについて強力な証言をした。またステファノは,詩 110:1で預言されていた通りイエスが天に戻って神の右にいるのを特別な幻の中で見たと証言した最初の人だった。(使徒 7:55,56)キリストについて証言する人はしばしば,反対や逮捕や殴打,さらにはステファノやヤコブなどのように死に直面した。それで,ギリシャ語マルテュスは後に,「自分の命を犠牲にして証言する人,殉教者」,つまり信仰を放棄するよりも死を受け入れる人を指すようになった。この意味で,ステファノはクリスチャンの最初の殉教者で,キリストについて証言したために殺害された人だった。使徒 1:8の注釈を参照。

軍司令官: ギリシャ語キリアルコス(千人隊長)は,字義的には「1000の支配者」つまり1000人の兵士の支配者という意味。ローマの上級将校を指す。ローマの軍団ごとに6人の上級将校がいた。軍団が6つの部隊に分けられたのではなく,各上級将校が軍団全体を6分の1の期間指揮した。そのような軍司令官には大きな職権があり,百人隊長を指名して割り当てる権限もあった。このギリシャ語は,高位の士官一般を指すこともあった。ローマの軍司令官がイエスを捕らえた兵士たちに同行していた。

軍司令官: ギリシャ語キリアルコス(千人隊長)は,字義的には「1000の支配者」つまり1000人の兵士の支配者という意味。ローマの上級将校を指す。(ヨハ 18:12の注釈を参照。)西暦56年ごろ,クラウディウス・ルシアスがエルサレムの守備隊の軍司令官だった。(使徒 23:22,26使徒 21–24章に記録されているように,この人は街路の暴徒と騒然としたサンヘドリンからパウロを救い出し,パウロがカエサレアへひそかに移送された時に総督フェリクスに説明の手紙を書いた。

ローマ市民である私たち: パウロはローマ市民であり,シラスもそうだったと思われる。ローマ法によれば,市民には常に正当な裁判を受ける権利があり,市民を有罪の宣告もせずに人前で処罰するようなことをしてはならなかった。ローマの市民権を持っている人には,帝国全土で通用する権利と特権が与えられていた。ローマ市民は,属州の町の法律ではなく,ローマ法に従った。訴えられた時は,地元の法律による裁判に応じることもできたが,ローマ法による裁判を受ける権利を依然として持っていた。死刑に相当する罪の場合は,皇帝に上訴する権利があった。使徒パウロはローマ帝国中を広範囲に伝道した。パウロがローマ市民としての権利を活用した例が3つ記録されている。1つ目はここフィリピでのことで,パウロはフィリピの行政官たちに打ちたたかれて権利を侵害されたことを指摘した。他の2つの例については,使徒 22:25; 25:11の注釈を参照。

カエサルに上訴します!: 聖書中の記録で,パウロがローマ市民としての権利を活用した3つ目の例。(他の2つの例については,使徒 16:37; 22:25の注釈を参照。)カエサルに対するこのような上訴は,判決が言い渡された後でもそれより前の裁判中のどの時点でも行えた。フェストがこの件を自分で判断するのを望んでいないことは明らかであり,エルサレムの裁判ではまず公正を期待できなかった。それでパウロは,帝国の最高法廷での裁判をこのように正式に願い出た。現行犯で捕まった泥棒,海賊,扇動者などの場合,上訴が却下されることもあったようだ。フェストが上訴を認める前に「評議員会」と協議したのは恐らくそのためだろう。(使徒 25:12)その後,フェストは「尊厳者」ネロにパウロの件を送る際により明確な情報を提出できるよう,訪問中のヘロデ・アグリッパ2世と共に話を聞いた。(使徒 25:12-27; 26:32; 28:19)上訴によって,パウロはローマに行くことにもなり,以前に述べていた通りになった。(使徒 19:21)イエスがパウロに語った預言と天使が後に伝えた言葉は,この件に神の導きがあったことを示している。(使徒 23:11; 27:23,24

士官: または,「百人隊長」。百人隊長はローマ軍で約100人の兵士を率いた。

ローマ市民: パウロがローマ市民としての権利を活用した3つの記録のうちの2つ目。ローマ当局は通常,ユダヤ人の問題にほとんど干渉しなかった。ローマ人がパウロの件に関わったのは,パウロが神殿を訪れた時に暴動が生じたためだけでなく,パウロがローマ市民だからでもあった。市民権を持つ人には特権が与えられ,それは帝国全土で認められ,尊重された。例えば,有罪の宣告を受けていないローマ市民を縛ったり打ちたたいたりするのは違法だった。そのように扱ってもよいのは奴隷だけだと考えられていた。他の2つの例については,使徒 16:37; 25:11の注釈を参照。

この市民権を大金を払って得た: この記述から分かるように,お金を払ってローマの市民権を手に入れられる場合もあった。パウロはクラウディウス・ルシアスに,自分は生まれながら市民権を持っていると述べた。パウロの先祖の男性が市民権を得ていたということだろう。ローマの市民権を得る方法はほかにもあった。個人さらには町や地域全体の自由人が,皇帝から一種の市民権を授けられることがあった。奴隷がローマ市民から自由を買い取ったりローマ市民によって解放されたりした後に,市民権を得ることもあった。ローマの補助軍を退役した軍人も市民権を与えられた。そして,市民権を相続する人もいた。西暦1世紀,ユダヤに住むローマ市民は多くなかったと思われる。3世紀になって,全ての属州民にローマ市民権が与えられた。

メディア

サウロとダマスカス
サウロとダマスカス

西暦1世紀,ダマスカスの町はこの見取り図のようだったと思われる。交易の中心地として重要で,近くのバラダ川(王二 5:12のアバナ川)から水が引かれ,町の周りの地域はオアシスのようだった。ダマスカスにはたくさんの会堂があった。サウロがこの町に来たのは,「この道に従う人を見つけ」て捕まえるためだった。「この道に従う人」とは,イエスの弟子たちのこと。(使徒 9:2; 19:9,23; 22:4; 24:22)しかし,ダマスカスへの道で,栄光を受けたイエスがサウロに現れた。その後,サウロは,ダマスカスの「真っすぐ」という通りにあるユダという人の家にしばらく滞在した。(使徒 9:11)イエスは幻の中で,弟子のアナニアに,ユダの家に行ってサウロの視力を回復させるようにと命じた。そしてサウロはバプテスマを受けた。サウロはユダヤ人のクリスチャンを捕まえるのでなくその仲間になった。ダマスカスの会堂で良い知らせの伝道者としての活動を始めた。サウロはアラビアに行ってからダマスカスに帰り,恐らく西暦36年ごろにエルサレムに戻った。(使徒 9:1-6,19-22。ガラ 1:16,17

A. ダマスカス

1. エルサレムへの道

2. 「真っすぐ」という通り

3. アゴラ

4. ユピテルの神殿

5. 劇場

6. 音楽堂(?)

B. エルサレム

ローマ市民権
ローマ市民権

この写真は,西暦79年に発行された2枚組の青銅の文書の1枚。この文書によって,退役間近の水兵とその妻と息子にローマ市民権が与えられた。2枚の文書はくくられて封印された。生まれた時にローマ市民になった人もいたが,後からローマ市民権を手に入れた人もいた。(使徒 22:28の注釈を参照。)いずれにしても,市民権を裏付ける文書は非常に重要なものだった。市民としての恩恵を受けるために市民権を証明しなければならない場合があったから。しかしパウロは,はるかに価値のある「天での」市民権について述べた。(フィリ 3:20,脚注)

サンヘドリン
サンヘドリン

71人の成員が大サンヘドリンと呼ばれるユダヤ人の高等法廷を構成していた。それはエルサレムにあった。(用語集の「サンヘドリン」参照。)ミシュナによれば,座席は半円形に並び,3段になっていた。2人の書記がいて判決を記録した。ここに示されている建物の様子は一部,エルサレムで発見された1世紀の会議場とも考えられている遺跡に基づいている。付録B12,「エルサレムとその周辺」の地図を参照。

1. 大祭司

2. サンヘドリンの成員

3. 被告人

4. 事務官