使徒​の​活動 18:1-28

18  この後,パウロはアテネを去ってコリントに来た。  そして,ポントス生まれのユダヤ人であるアクラ+と妻のプリスキラに会った。2人は,クラウディウスがユダヤ人全員にローマ退去を命じたために,最近イタリアから来たのだった。パウロは2人のもとに行き,  職業が同じだったのでその家に滞在し,一緒に働いた+。天幕作りが職業だった。  パウロは安息日ごとに+会堂で話をし+,ユダヤ人とギリシャ人を説得した。  シラス+とテモテ+がマケドニアから来ると,パウロは神の言葉を伝えることに専念し,イエスがキリストであることを証明するためにユダヤ人たちに語った+  しかし,ユダヤ人が反対して暴言を吐き続けたので,パウロは自分の服に付いた土を振り払って+,言った。「あなた方がどうなるとしても,それはあなた方自身の責任です+。私は潔白です+。これからは異国の人々の所に行きます+」。  こうして,パウロは会堂から移動し,神の崇拝者であるテテオ・ユストという男性の家に入った。その家は会堂に隣接していた。  また,会堂の役員クリスポ+が家の人全員と一緒に主の信者となった。そして,良い知らせを聞いたコリントの多くの人が,信じてバプテスマを受けるようになった。  その上,ある夜,主イエスが幻の中でパウロに言った。「恐れないで,語り続けなさい。黙っていてはなりません。 10  私はあなたと共におり+,誰もあなたを襲って危害を加えたりはしません。この町には私の民が大勢います」。 11  こうしてパウロはそこに1年6カ月滞在し,神の言葉を教えた。 12  ガリオがアカイアの執政官代理だった時に,ユダヤ人は一団となってパウロを襲い,裁きの座の前に引いていって, 13  「この男は,法に逆らって神を崇拝するよう人々を説得している」と言った+ 14  しかし,パウロが話そうとした時,ガリオが言った。「ユダヤ人たち,もし何らかの不正や重大な犯罪であれば,あなた方の言うことをじっくり聞くのもよいだろう。 15  だが,言葉や名称やあなた方の律法を巡る論争なのだから+,自分たちで何とかしなさい。そうしたことは裁きたくない」。 16  そして彼らを裁きの座から追い払った。 17  皆は会堂の役員ソステネ+を捕らえ,裁きの座の前で打ちたたいた。しかしガリオはこうしたことに一切関わろうとしなかった。 18  パウロはさらにかなりの日数滞在した後,兄弟たちに別れを告げて船でシリアに向かった。プリスキラとアクラも同行した。パウロは誓約をしていたので,ケンクレア+で髪の毛を短く刈った。 19  一行がエフェソスに着くと,パウロはほかの人たちをそこに残し,会堂に入ってユダヤ人たちと論じた+ 20  パウロは,もっと長くいてほしいと何度も頼まれたが,それには応じず, 21  別れを告げ,「エホバが望まれるなら,また戻ってきます」と言った。そしてエフェソスで船に乗り, 22  カエサレア+に行った。それから,上っていって会衆にあいさつし,アンティオキアに行った+ 23  パウロはそこでしばらく過ごしてから出発し,ガラテアとフリギア地方+の各所を回って全ての弟子たちを力づけた+ 24  さて,アレクサンドリア生まれのアポロ+というユダヤ人がエフェソスに着いた。雄弁で,聖書によく通じていた。 25  この男性はエホバの道を教えられており,聖なる力によって熱意に燃え,イエスに関する事柄を正確に話したり教えたりしていたが,ヨハネのバプテスマしか知らなかった+ 26  アポロは会堂で大胆に話し始めた。プリスキラとアクラ+は彼が話すのを聞き,連れていって,神の道をより正確に説明した。 27  また,アポロがアカイアに渡っていくことを望んだので,兄弟たちは弟子たちに手紙を書いて,親切に迎えるように勧めた。アポロはそこに着くと,神の惜しみない親切によって信者となっていた人たちを大いに助けた。 28  熱意を持って公然と,ユダヤ人の誤りを徹底的に証明し,イエスがキリストであることを聖書から示したのである+

脚注

注釈

アカイア: ギリシャ語聖書に出てくるローマの属州。ギリシャ南部に位置し,州都はコリントだった。紀元前27年,カエサル・アウグスツスはギリシャの2つの属州,アカイアとマケドニアを再編成し,アカイアという名前はペロポネソス半島全体とギリシャの大陸部分の一部を指すようになった。アカイア州はローマ元老院の管轄下に置かれ,執政官代理が州都コリントから治めた。(コ二 1:1)ギリシャ語聖書中に出ているアカイア州の町として,ほかにアテネとケンクレアがある。(使徒 18:1,18。ロマ 16:1)アカイアとその北に隣接する属州マケドニアはよく一緒に出てくる。(使徒 19:21。ロマ 15:26。テサ一 1:7,8付録B13参照。

コリント: 古代ギリシャでとりわけ古く著名な町で,現代の町の南西約5キロに位置していた。コリントが重要で非常に裕福な町であったのはおもに,ギリシャの中央部と南部のペロポネソス半島とをつなぐ地峡(幅が狭くなっている陸地)という戦略上の要所にあったから。コリントは,ギリシャの南北の物流を支配しただけでなく,地中海の東西の海上交通をも支配した。海路でギリシャを大きく回るよりも,地峡を横切って海路と陸路で行く方が安全だったから。ローマ人はギリシャのうちマケドニア以外の地域をアカイアと呼んだ。アカイアはカエサル・アウグスツスの治世中にローマ元老院管轄属州となり,コリントが州都とされた。(使徒 18:12の注釈を参照。)コリントには大勢のユダヤ人が住み,会堂を設けていて,ギリシャ人の信奉者も集まっていた。(使徒 18:4)ユダヤ人が古代コリントにいたことは,1世紀の著述家フィロンと古代のギリシャ語碑文によって証明されている。「ヘブライ人の会堂」という意味の「[シュナ]ゴーゲー ヘブラ[イオーン]」という碑文が,レカイオン港の方の門の近くで見つかった大理石製のまぐさ石に記されていた。そのまぐさ石はパウロの時代のものという意見もあるが,もっと後代のものという意見がほとんど。付録B13参照。

アクラ: このクリスチャンの忠実な夫と忠実な妻プリスキラ(プリスカとも呼ばれる)は,パウロと「共に働く仲間」と述べられている。(ロマ 16:3)この夫婦はギリシャ語聖書の中で合計6回言及されていて(使徒 18:18,26。コ一 16:19。テモ二 4:19),2人は毎回一緒に出てくる。プリスキラという名前はプリスカの指小辞形短い方の名前はパウロの書いたものに見られ,長い方はルカの書いたものに見られる。ローマ名でこのような変化形は珍しくなかった。アクラとプリスキラは,西暦49年か50年初めに出されたユダヤ人に対する皇帝クラウディウスの布告によってローマから追放されたため,コリントに住むようになった。パウロは,そこに西暦50年の秋に到着した時,この夫婦と同じ天幕作りを職業にしていたので一緒に働いた。アクラとプリスキラは,パウロがそこに新しい会衆を設立するのを援助しただろう。アクラは,小アジア北部の黒海沿岸の地域であるポントス生まれだった。付録B13参照。

天幕作り: ここで,パウロ,アクラ,プリスキラの職業を表現するのに,スケーノポイオスというギリシャ語が使われている。この語が厳密にどんな種類の職業を表しているか(天幕作り,タペストリー織り,縄作りなど)に関しては,さまざまな意見が出されてきた。しかし,恐らく「天幕作り」という意味だと考える学者も少なくない。パウロは,天幕の材料となるキリキウムというヤギの毛の布で有名な地域,キリキアのタルソス出身だった。(使徒 21:39)西暦1世紀のユダヤ人の間では,たとえ高等教育を受けるとしても,若者が手に職を付けるのが立派なことと見なされた。それでパウロはまだ若いころに天幕作りの技術を習得した可能性がある。それは楽な仕事ではなかった。キリキウムは普通硬くてごわごわで,裁断や縫製がしにくかったと言われている。

話をし: または,「論じ」。ギリシャ語動詞ディアレゴマイは,「話し合う」,「会話する」と定義されている。それは講義を行うことや,意見のやり取りをするなど人々と対話することを指せる。このギリシャ語は,使徒 17:2,17; 18:19; 19:8,9; 20:7,9でも使われている。

神の言葉を伝えることに専念し: この表現は,パウロがこの時点から自分の全ての時間を宣教に当てるようになったことを示している。

2人は,その人たちに対して足の土を振り払い: パウロとバルナバはここで,マタ 10:14,マル 6:11,ルカ 9:5に記されているイエスの指示通りにした。信心深いユダヤ人は異国人の土地を通ってくると,ユダヤ人の地域に入る前に,サンダルの土を汚れと見なして振り払っていた。しかしイエスは弟子たちにこの指示を与えた時,別の意味で述べていたようだ。この動作によって,弟子たちは神の裁きの結果に関して責任がないことを示した。パウロはコリントでも同様に自分の服に付いた土を振り払い,こう説明している。「あなた方がどうなるとしても,それはあなた方自身の責任です。私は潔白です」。使徒 18:6の注釈を参照。

足の土を振り払いなさい: 信心深いユダヤ人は異国人の土地を通ってくると,ユダヤ人の地域に入る前に,サンダルの土を汚れと見なして振り払っていた。しかしイエスは弟子たちにこの指示を与えた時,別の意味で述べていたと考えられる。この動作によって,弟子たちは神の裁きの結果に関して責任がないことを示した。同様の表現が,マタ 10:14マル 6:11で使われている。マルコとルカは,後はその人たちの責任であることを示すためにという表現を付け加えている。パウロとバルナバはピシデアのアンティオキアでこの指示通りにした。(使徒 13:51)パウロはコリントでも同様に自分の服に付いた土を振り払い,こう説明している。「あなた方がどうなるとしても,それはあなた方自身の責任です。私は潔白です」。(使徒 18:6

彼の血については……が責任を負ってもよい: 直訳,「彼の血は……の上に」。「彼の死の責任を負う」という主張だった。

誰かが救われないとしても私は潔白である: 直訳,「私は全ての血から清い」。パウロは王国の良い知らせを伝える機会を逃さなかったので,神の前で流血の罪を負っていなかった。命を救うそのメッセージを伝えるのを差し控えなかった。(使徒 18:6。エゼ 33:6-8と比較。)パウロは神の処罰の日に誰かが命を失うことを望まなかったので,エフェソスの弟子たちに「神の意志を全て」伝えた。(使徒 20:27)また,故意であってもなくても人を殺すことによって,クリスチャンは神の前で流血の罪を負うことがある。それには「大いなるバビロン」(啓 17:6; 18:2,4)や,無実な人の血を流してきたその他の組織(啓 16:5,6。イザ 26:20,21と比較。)など,流血の罪がある組織の活動を積極的にあるいは暗黙のうちに支持することも含まれる。さらに,どんな形でも血を食べたり飲んだりするなら罪を負うことになる。(使徒 15:20

パウロは自分の服に付いた土を振り払って: パウロのこの動作は,キリストに関する命を救うメッセージを受け入れようとしないコリントのユダヤ人に対して自分には責任がないことを示していた。パウロはすべきことをしていたので,その人たちの命に関してもう責任はなかった。(この節のあなた方がどうなるとしても,それはあなた方自身の責任ですに関する注釈を参照。)このような動作は聖書中に前例があった。ネヘミヤはエルサレムに戻っていたユダヤ人に話した時,服のひだを広げて振り,約束を守らない人は神に振り捨てられることを示した。(ネヘ 5:13)パウロは,ピシデアのアンティオキアで似た動作をし,反対する人たちに対して「足の土を振り払」った。使徒 13:51,ルカ 9:5の注釈を参照。

あなた方がどうなるとしても,それはあなた方自身の責任です: 直訳,「あなた方の血はあなた方自身の頭上に」。パウロはこの表現を使って,メシアであるイエスに関するメッセージを受け入れようとしないユダヤ人に生じる結果について,自分には責任がないことを示していた。ヘブライ語聖書に同様の表現があり,死に値する行動を取る人は自分の死について責任を負うことになるという考えを伝えている。(ヨシ 2:19。サ二 1:16。王一 2:37。エゼ 33:2-4マタ 27:25の注釈を参照。)パウロは,私は潔白です,つまり「私に罪はない[責任はない]」とも述べた。使徒 20:26の注釈を参照。

神を崇拝する: ここで「神を崇拝する」と訳されているギリシャ語セボマイは,「崇拝する」,「あがめる」,「崇敬する」という意味。「神を畏れる」,「敬虔な」とも訳せる。(使徒 13:50の注釈を参照。)シリア語ペシタ訳では「神を畏れる」と訳されている。ギリシャ語聖書のヘブライ語訳の1つ(付録C4のJ18)は,ここで神の名前を使っていて,「エホバを畏れる」と訳せる表現になっている。

エホバは彼女の心を大きく開いて: ルデアは神を崇拝する人と言われていて,ユダヤ教への改宗者だったようだ。(使徒 13:43)ルデアとほかの女性たちは,安息日にフィリピの外の川のそばにある祈りの場所で集まっていた。(使徒 16:13)フィリピにはユダヤ人が少なく,会堂がなかったのかもしれない。ルデアは故郷の町テアテラでエホバの崇拝について知ったのかもしれない。そこにはユダヤ人が大勢いて,ユダヤ人の集会場があった。ルデアが崇拝する神エホバは,ルデアが注意深く聞いているのに気付いた。付録C3の序文と使徒 16:14を参照。

会堂から移動し: パウロは会堂からテテオ・ユストの家に移動し,伝道を続けた。パウロはコリント滞在中,引き続きアクラとプリスキラの家に住んだが,伝道活動はユストの家を拠点にして行うようになったようだ。(使徒 18:3

テテオ・ユスト: コリントに住む信者で,神の崇拝者と言われていて,ユダヤ教への改宗者だったようだ。使徒 13:43; 16:14の注釈を参照。

執政官代理: ローマ元老院の管轄下にある属州の統治者の称号。ローマの属州の中にはユダヤのような皇帝直轄の属州があり,皇帝が統治者を任命した。キプロスは,紀元前22年に元老院管轄の属州になったので,執政官代理が治めた。キプロスで発見された硬貨には,片面にローマ皇帝クラウディウスの横顔と称号(ラテン語)が,もう片面に「キプロス島民の執政官代理コミニウス・プロクルスの下に」(ギリシャ語)という文字が刻まれている。用語集参照。

アカイア: ギリシャ語聖書に出てくるローマの属州。ギリシャ南部に位置し,州都はコリントだった。紀元前27年,カエサル・アウグスツスはギリシャの2つの属州,アカイアとマケドニアを再編成し,アカイアという名前はペロポネソス半島全体とギリシャの大陸部分の一部を指すようになった。アカイア州はローマ元老院の管轄下に置かれ,執政官代理が州都コリントから治めた。(コ二 1:1)ギリシャ語聖書中に出ているアカイア州の町として,ほかにアテネとケンクレアがある。(使徒 18:1,18。ロマ 16:1)アカイアとその北に隣接する属州マケドニアはよく一緒に出てくる。(使徒 19:21。ロマ 15:26。テサ一 1:7,8付録B13参照。

執政官代理: ローマ元老院管轄属州の総督。ここで,ガリオがアカイア州の執政官代理と言われている。ルカがこの場合に「執政官代理」という語を使ったのは正しい。アカイアは紀元前27年から西暦15年まで,そして西暦44年から再度,元老院の属州だったから。(使徒 13:7の注釈を参照。)デルフォイで見つかった碑文には執政官代理ガリオのことが出ていて,ルカの記述の正確さを裏付けるとともに,ガリオの任期の年代を算定するのに役立つ。

ケンクレア: コリントの港の1つケンクレアは,狭い地峡のサロニカ湾側にあり,コリントの東約11キロの所に位置していた。地峡の反対側にあったレカイオンがコリントからギリシャの西方のイタリアなどへ向かう港として役立ったのに対し,ケンクレアはギリシャの東方の各地へ向かうための港だった。今日,この地域には,現在のケフリエス(ケクリアイス)という村の近くに建物や防波堤の廃虚が残っている。ロマ 16:1によると,ケンクレアにはクリスチャン会衆があった。付録B13参照。

エホバの望まれること: 「望まれること」に当たるギリシャ語(テレーマ)は,ギリシャ語聖書で多くの場合,神の望むことや神の意志と関連付けられている。(マタ 7:21; 12:50。マル 3:35。ロマ 12:2。コ一 1:1。ヘブ 10:36。ペ一 2:15; 4:2。ヨ一 2:17セプトゥアギンタ訳でギリシャ語テレーマは,神の望むことや神の喜ぶことに当たるヘブライ語表現を訳すのによく使われていて,元のヘブライ語本文で神の名前が出ている箇所に見られることがある。(詩 40:8,9 [39:9,10,LXX]; 103:21 [102:21,LXX]; 143:9-11 [142:9-11,LXX]。イザ 44:24,28。エレ 9:24 [9:23,LXX]。マラ 1:10)イエスはマタ 26:42で同様の考えを言い表し,「あなたの望まれることが行われますように」と天の父に祈った。付録C3の序文と使徒 21:14を参照。

エホバが望まれるなら: 何かを行う時や計画する時に,神が望んでいることを考慮に入れる必要があることを強調した表現。使徒パウロはこの原則を常に念頭に置いていた。(コ一 4:19; 16:7。ヘブ 6:3)弟子ヤコブも読者に,「もしエホバが望まれるなら,私たちは生きていて,あれやこれができるだろう」と言うよう勧めた。(ヤコ 4:15)このような表現は,形式的なものであってはならない。「エホバが望まれるなら」と誠実に言う人は,エホバの望んでいるように行動するよう努力しなければならない。この表現は必ずしも声に出す必要はなく,心の中で言うことも多い。使徒 21:14の注釈,付録C3の序文と使徒 18:21を参照。

上っていって: ギリシャ語本文には,エルサレムとはっきり書かれていないが,パウロはその町に向かっていたと思われる。エルサレムは海抜約750メートルで,聖書には,崇拝者が「エルサレムに上る」という表現が多い。ギリシャ語動詞アナバイノー(「上る」)は,エルサレムが目的地としてはっきり述べられている場合に何度も使われている。(マタ 20:17。マル 10:32。ルカ 18:31; 19:28。ヨハ 2:13; 5:1; 11:55。使徒 11:2; 21:12; 24:11; 25:1,9。ガラ 2:1)さらに,この節の「アンティオキアに行った」という部分で「下る」という意味の動詞(カタバイノー)が使われていて,この動詞はエルサレムから離れていくことを指して使われることがある。(マル 3:22。ルカ 10:30,31。使徒 24:1,22

アポロ: ユダヤ人のクリスチャンで,ローマの属州エジプトの州都アレクサンドリア市で育ったようだ。アレクサンドリアは高等教育の中心地で,大きな図書館でよく知られていた。ローマ帝国内でローマに次ぐ2番目に大きな都市で,ユダヤ人が大勢住んでいた。ユダヤ人にとってもギリシャ人にとっても,文化と学問の極めて重要な中心地だった。セプトゥアギンタ訳として知られるヘブライ語聖書のギリシャ語訳がそこで生み出された。それで,アポロが聖書[ヘブライ語聖書]によく通じていた[直訳,「において強力だった」]のも不思議ではない。

この道: クリスチャンの生き方と初期のクリスチャン会衆を指して,「使徒の活動」で使われている呼び方。ヨハ 14:6で「私は道」であると述べたイエスの言葉から来ているのかもしれない。イエスの弟子になった人たちは,「この道」に従う人と言われた。それは弟子たちがイエスの手本に倣った生き方をしていたということ。(使徒 19:9)イエスの生き方は,唯一の真の神エホバへの崇拝を中心としていた。クリスチャンにとって,この生き方にはイエス・キリストへの信仰も欠かせなかった。西暦44年以降のどこかの時点で,イエスの弟子たちはシリアのアンティオキアで「神の導きによってクリスチャンと呼ばれた」。(使徒 11:26)しかし,そう呼ばれるようになった後でも,ルカは会衆のことを「この道」と言っている。(使徒 19:23; 22:4; 24:22使徒 18:25; 19:23の注釈を参照。

エホバ: ここでの引用はイザ 40:3から。元のヘブライ語本文に,ヘブライ語の4つの子音字(YHWHと翻字される)で表される神の名前が出ている。(付録C参照。)マタイは,この預言をバプテストのヨハネがイエスのために道を整えたことに当てはめた。ヨハネの福音書では,バプテストのヨハネがこの預言を自分自身に当てはめている。(ヨハ 1:23

エホバ: ここでの引用はイザ 40:3から。元のヘブライ語本文に,ヘブライ語の4つの子音字(YHWHと翻字される)で表される神の名前が出ている。(付録C参照。)マルコは,この預言を「バプテスマを施す人ヨハネ」(マル 1:4)がイエスのために道を整えたことに当てはめた。マタ 3:3,ヨハ 1:23の注釈を参照。

エホバ: ここで引用されているイザ 40:3では,元のヘブライ語本文に,ヘブライ語の4つの子音字(YHWHと翻字される)で表される神の名前が出ている。(付録C参照。)ルカはこの預言をバプテストのヨハネに当てはめている。ヨハネは,天の父の代理として父の名によって来るイエスの前を行くという意味で,エホバの道を整えることになっていた。(ヨハ 5:43; 8:29)使徒ヨハネの福音書では,バプテストのヨハネがこの預言を自分自身に当てはめている。(ヨハ 1:23

エホバ: ここで引用されているイザ 40:3では,元のヘブライ語本文に,ヘブライ語の4つの子音字(YHWHと翻字される)で表される神の名前が出ている。(付録A5と付録C参照。)福音書筆者のマタイ,マルコ,ルカはこの預言をバプテストのヨハネに当てはめていて,ヨハネの福音書のこの部分では,バプテストのヨハネがこの預言を自分自身に当てはめている。ヨハネは,天の父の代理として父の名によって来るイエスの前を行くという意味で,エホバの道を真っすぐにすることになっていた。(ヨハ 5:43; 8:29

この道: 使徒 9:2の注釈で示されているように,「この道」という表現は,初期クリスチャン会衆に関して使われた。真のキリスト教は外面的なものでも単なる形式的な崇拝でもない。それは神への崇拝が生活全体に影響を及ぼし,聖なる力に導かれた生き方。(ヨハ 4:23,24)シリア語ペシタ訳では「神の道」,ラテン語ウルガタ訳のクレメンス校訂版では「主の道」となっていて,ギリシャ語聖書のヘブライ語訳の幾つか(付録C4のJ17,18)では,ここで神の名前が使われていて,「エホバの道」となっている。

聖なる力がイエスを駆り立てて: または,「神が送り出す力がイエスを動かして」。ここのギリシャ語プネウマは神の聖なる力を指す。それは推進力として働き,神の意志に沿って物事を行うよう人を動かし,駆り立てることができる。(ルカ 4:1)用語集の「プネウマ」参照。

エホバの道: 次の節で「神の道」というよく似た表現が使われている。クリスチャンの生き方は,唯一の真の神エホバへの崇拝と神の子イエス・キリストへの信仰を中心としている。「使徒の活動」は,この生き方を単に「この道」とも呼んでいる。(使徒 19:9,23; 22:4; 24:22使徒 9:2の注釈を参照。)「エホバの道」という表現は福音書に4回出ていて,それはイザ 40:3からの引用。(マタ 3:3,マル 1:3,ルカ 3:4,ヨハ 1:23の注釈を参照。)イザ 40:3の元のヘブライ語本文ではテトラグラマトンが使われている。「エホバの道」という表現は裁 2:22,エレ 5:4,5にも出ている。使徒 19:23の注釈,付録C3の序文と使徒 18:25を参照。

教えられ: ギリシャ語動詞カテーケオーは,字義的には「下に響かせる」という意味で,口頭で教えるという考えを含むこともある。神の言葉の真理を,学ぶ人の頭と心に繰り返し響かせると,その人はほかの人を教えることができるようになる。ガラ 6:6と比較。そこでは同じギリシャ語が2回使われている。

聖なる力によって熱意に燃え: 「熱意に燃え」と訳されているギリシャ語は字義的には「沸騰する」という意味で,ここでは比喩的に使われ,熱意や熱心さがあふれていることや発揮されていることを伝えている。ここでギリシャ語プネウマが「聖なる力」と訳されている。聖なる力は推進力として働き,エホバの意志に沿って物事を行うよう人を動かし,力づけることができる。(マル 1:12の注釈を参照。)とはいえ,ギリシャ語プネウマは,心から生じて人を駆り立て,ある特定の仕方で語らせたり行動させたりする力を指すこともある。それで,この節では両方合わせて,アポロが神の聖なる力に導かれて正しいことに対する熱意と熱心さを示していることを表現しているのかもしれない。しかし,ここの文脈でこの表現は強い意欲と熱意を指す慣用句にすぎないと考える人もいる。そうであれば,イエスの名によるバプテスマを知らなかったアポロにこの表現が使われていることの1つの説明になるだろう。いずれにしても,正しいことに対する熱意を示し,より正確な教えを喜んで受け入れるには,アポロの動機が神の聖なる力に導かれる必要があった。用語集の「プネウマ」参照。

ヨハネのバプテスマ: このバプテスマは,人が律法に対する罪を悔い改めたことを人々に示すものだった。ユダヤ人はエホバがモーセに与えた律法に従うことに同意していた。(出 24:7,8)西暦33年のペンテコステより後にヨハネのバプテスマを受けても有効ではなかった。律法契約が有効ではなくなっていたから。(ロマ 10:4。ガラ 3:13。エフ 2:13-15。コロ 2:13,14)それ以降,エホバが認めるバプテスマは,イエスが弟子たちに行うよう指示したものだけだった。(マタ 28:19,20)ここのアポロに関する出来事は西暦52年ごろに起きた。

神の: ギリシャ語では定冠詞。ギリシャ語本文ではここに「神の」に当たる語はないが,多くの学者はそう解釈することに同意している。「使徒の活動」で「惜しみない親切」という表現は,ほとんどの場合,「神」と結び付けられている。(使徒 11:23; 13:43; 14:26; 20:24,32

メディア

オスティアの町の会堂
オスティアの町の会堂

写真に写っているのは,ローマの港町オスティアの会堂の遺跡。改装や改築がなされたが,もともと西暦1世紀の後半に会堂として建てられたと考えられている。会堂があったことから,ローマの近辺にユダヤ人が長い間住んでいたことが分かる。皇帝クラウディウスは西暦49年か50年ごろローマの町からユダヤ人を追放したが,その地域にユダヤ人の共同体が残っていた可能性がある。(使徒 18:1,2)西暦54年にクラウディウスが死んだ後,多くのユダヤ人がローマの町に戻った。パウロが西暦56年ごろにローマのクリスチャンに手紙を書いた時,会衆にはユダヤ人も異国人もいた。それで,パウロは両方の人たちに関係する事柄に注意を向け,どうすれば一致して暮らせるかを教えた。(ロマ 1:15,16

1. ローマ

2. オスティア

皇帝クラウディウス
皇帝クラウディウス

「使徒の活動」にローマ皇帝クラウディウスの名前は2回出ている。(使徒 11:28; 18:2)クラウディウスは,おいのカリグラ(西暦37年から41年まで治めたが,聖書には出ていない)の後を継いで第4代ローマ皇帝になり,西暦41年から54年まで治めた。西暦49年か50年ごろ,ユダヤ人全員にローマ退去を命じた。その結果,プリスキラとアクラはコリントに移動し,そこで使徒パウロに会った。クラウディウスは西暦54年に4人目の妻によって毒殺されたと言われている。皇帝ネロが後を継いだ。

ガリオ碑文
ガリオ碑文

ギリシャのデルフォイで見つかったこの碑文は,西暦1世紀の半ばごろのものとされていて,執政官代理ガリオに言及している。(名前がハイライトされている。)使徒 18:12には,コリントのユダヤ人たちが使徒パウロを裁いてもらうために引いていった時,「ガリオがアカイアの執政官代理だった」と正しく記されている。

コリントにあった裁きの座
コリントにあった裁きの座

この写真はコリントの「裁きの座」(ベーマ)の遺跡。裁きの座は大きくて高い演壇だった。コリントの裁きの座は,町のアゴラつまり広場の中心部にあった。行政官は演壇から判決を言い渡した。裁きの座は,白と青の大理石で造られ,装飾がいっぱい施されていた。行政官に会う人たちが待つ部屋が演壇のそばにあり,モザイク模様の床にベンチが置かれていた。この絵は,西暦1世紀のコリントの裁きの座を想像して描いたもの。ユダヤ人たちがパウロを執政官代理ガリオの前に連れてきたのはこの場所だったと考えられている。

古代ケンクレアの港
古代ケンクレアの港

この写真は古代ケンクレアの港の遺跡。パウロは第2回宣教旅行の時,ここで船に乗ってエフェソスに行ったようだ。(使徒 18:18)狭い地峡のサロニカ湾側にあったケンクレアは,コリントの東約11キロの所に位置していた。コリントとは一続きのとりでや防壁でつながれていた。西暦1世紀,地峡の反対側にあったレカイオンがコリントからギリシャの西方のイタリアなどへ向かう港として役立ったのに対し,ケンクレアはギリシャの東方の各地へ向かうための港だった。

カエサレア
カエサレア

1. ローマの劇場

2. 宮殿

3. ヒッポドローム

4. 異教の神殿

5. 港

カエサレアの遺跡に関するこの動画には,主な建物のイメージが3Dで再現されている部分がある。カエサレアの町と港は紀元前1世紀の終わりごろにヘロデ大王によって建設された。ヘロデはその町の名前をカエサル・アウグスツスにちなんで付けた。エルサレムの北西87キロの地中海沿岸に位置するカエサレアは,海運上の重要な場所だった。その町には,ローマの劇場(1),海に突き出た宮殿(2),推定3万人の観客を収容できた競馬場であるヒッポドローム(3),異教の神殿(4)があった。人工の港(5)は工学上の偉業だった。カエサレアには送水路によって真水が供給され,下水道が整備されていた。使徒パウロと他のクリスチャンはカエサレアを発着する船を使って旅をした。(使徒 9:30; 18:21,22; 21:7,8,16)パウロは約2年間そこで拘禁された。(使徒 24:27)福音伝道者フィリポは伝道旅行の終わりにカエサレアに行き,そこに住むようになったのかもしれない。(使徒 8:40; 21:8)割礼を受けていない異国人の中でクリスチャンになった最初の人コルネリオがその町に住んでいた。(使徒 10:1,24,34,35,45-48)ルカが福音書を書いたのは恐らくカエサレアだった。

使徒の活動 パウロの第3回宣教旅行(使徒 18:23–21:17)西暦52-56年ごろ
使徒の活動 パウロの第3回宣教旅行(使徒 18:23–21:17)西暦52-56年ごろ

出来事が起きた順に挙げられている。

1. パウロはシリアのアンティオキアから出発してガラテアとフリギアに向かい,各地の会衆で弟子たちを力づける。(使徒 18:23

2. パウロは内陸部を通ってエフェソスに行く。そこで何人かの人が再びバプテスマを受けて,聖なる力を受ける。(使徒 19:1,5-7

3. パウロはエフェソスの会堂で伝道するが,あるユダヤ人たちは信じようとしない。パウロはツラノの学校の講堂に移動して毎日話をする。(使徒 19:8,9

4. エフェソスでのパウロの宣教は成果を上げる。(使徒 19:18-20

5. エフェソスの劇場で暴動が起きる。(使徒 19:29-34

6. パウロはエフェソスからマケドニアに,そしてギリシャに行く。(使徒 20:1,2

7. パウロはギリシャで3カ月過ごした後,マケドニアを通って帰る。(使徒 20:3

8. パウロはフィリピからトロアスに行く。そこでユテコを復活させる。(使徒 20:5-11

9. パウロは陸路で,パウロの仲間たちは船でアソスに行き,そこで合流する。(使徒 20:13,14

10. パウロの一行は船でミレトスに着き,パウロはエフェソスの長老たちと会って多くの言葉で訓戒する。(使徒 20:14-35

11. パウロは,もうパウロの顔を見ることはないと知って胸を痛めた長老たちと一緒に祈る。長老たちは船までパウロに付き添う。(使徒 20:36-38

12. パウロはミレトスから船でコスに,そしてロードスとパタラに行き,そこでシリアに向かう船に乗る。キプロス島の南西の端を通過し,ティルスに上陸する。(使徒 21:1-3

13. ティルスの弟子たちは聖なる力によって知らせを受け,エルサレムに足を踏み入れないようにとパウロに繰り返し告げる。(使徒 21:4,5

14. パウロはカエサレアに着く。預言者アガボは,パウロがエルサレムで苦難に遭うと告げる。(使徒 21:8-11

15. パウロは危険を承知でエルサレムに入る。(使徒 21:12-15,17