使徒​の​活動 11:1-30

11  ユダヤにいる使徒と兄弟たちは,異国の人々も神の言葉を受け入れたことを聞いた。  ペテロがエルサレムに上ってくると,割礼を支持する人々+はペテロを批判し始め*  「あなたは割礼を受けていない人の家に入って一緒に食事をした」と言った。  そこでペテロは詳しく説明し始めた。  「ヨッパの町にいて祈っていると,恍惚状態になり,幻を見ました。何か*が下ってきて,私の所まで来ました。1枚の大きな亜麻布が四隅をつるされて天から下ろされるかのようでした+  その中をのぞき込むと,四つ足の動物,野獣,爬虫類*,鳥が見えました。  また,『立ちなさい,ペテロ。これらをほふって食べなさい!』と言う声が聞こえました。  しかし私は,『それはできません,主よ。汚れたものや清くないものはこれまで口に入れたことがありません』と言いました。  天から2度目の声がしました。『神が清めたものを,汚れていると言ってはなりません』。 10  こうしたことが3度起き,全てのものは天に引き上げられました。 11  また,ちょうどその時,3人の人が,私たちがいた家の前に立っていました。カエサレアから私の所に遣わされた人たちです+ 12  神は聖なる力によって私に,何も疑わないで一緒に行くようにと告げました。この6人の兄弟たちも一緒に行き,私たちはその人の家に入りました。 13  その人は,天使が家の中に現れた時のことを話してくれました。天使はこう言いました。『ヨッパに人を遣わして,ペテロと呼ばれるシモンという人を呼びなさい+ 14  どうすればあなたと家の人たち全てが救われるかを話してくれます』。 15  私が話し始めると,その人たちは聖なる力を受けました。初めに私たちが受けたようにです+ 16  そこで私は,主イエスの言葉を思い出しました。主は,『ヨハネは水でバプテスマを施したが+,あなたたちは聖なる力でバプテスマを施される+』と言っていました。 17  それで,神が,主イエス・キリストを信じた私たちに与えたのと同じ無償の贈り物をその人たちに与えた以上,どうしてこの私が神を妨げる*ことなどできたでしょうか+」。 18  兄弟たちはこれらのことを聞くと,反対をやめ*,神をたたえてこう言った。「それでは,神は異国の人々が悔い改めて命を得ることも望んでいるのだ+」。 19  ステファノのことで起きた迫害のために散らされた人たちは+,フェニキア+,キプロス,アンティオキアにまで行ったが,ユダヤ人にしか伝道しなかった+ 20  しかし,キプロスやキレネからの人たちの何人かは,アンティオキアに来て,ギリシャ語を話す人々にも語り始め,主イエスの良い知らせを広めた。 21  さらに,エホバが彼らと共にいて,大勢の人が信じるようになって主に従った+ 22  その話がエルサレムの会衆に伝わり,バルナバ+がアンティオキアにまで遣わされた。 23  バルナバは到着して,神からの惜しみない親切を見て,喜んだ。そして皆を,心からの決意を抱いて主に従い続けるよう励まし始めた+ 24  バルナバは善い人で,信仰が強くて聖なる力に満ちていた。こうして,かなり多くの人が主を信じるようになった+ 25  それで,バルナバはサウロを捜し出そうとしてタルソスに行った+ 26  そして,見つけてから,アンティオキアに連れてきた。2人は丸1年,会衆と一緒に集まって,かなり大勢の人を教えた。弟子たちが神の導きによってクリスチャン+と呼ばれたのは,アンティオキアが最初だった。 27  その頃,預言者たち+がエルサレムからアンティオキアに下ってきた。 28  その1人のアガボ+という人が立ち上がり,全土に大飢饉が生じようとしていることを聖なる力によって予告した+。これはクラウディウス+の時に実際に起きた。 29  それで弟子たちは,それぞれが提供可能なものを提供し+,ユダヤに住む兄弟たちを救援することに決めた+ 30  そしてこれを実行し,バルナバとサウロが長老たちに届けた+

脚注

または,「と言い争いを始め」,「に異議を唱え」。
直訳,「器のようなもの」。
または,「地面を動く生き物」。
または,「の前に立ちふさがる」。
直訳,「黙り」。

注釈

アンティオキア: 聖書でここに初めて出てくるこの都市は,エルサレムの北約500キロに位置する。アンティオキアは紀元前64年にローマの属州シリアの州都になった。西暦1世紀には,ローマ帝国でローマとアレクサンドリアに次ぐ3番目に大きな都市だった。シリアのアンティオキアは,美しい都市で,政治,商業,文化の点で大きな影響力があることで高く評価されていたが,道徳的に退廃していることでも知られていた。アンティオキアにはユダヤ人がかなりいたので,そこのギリシャ語を話す人が大勢改宗者になったと伝えられている。ニコラオはそのような改宗者で,後にキリストを信じるようになった。バルナバと使徒パウロはアンティオキアに1年とどまって人々を教えた。パウロはその都市を拠点にして宣教旅行に出掛けた。キリストの弟子たちが「神の導きによってクリスチャンと呼ばれた」のは,アンティオキアが最初だった。(使徒 11:26の注釈を参照。)このアンティオキアを使徒 13:14に出てくるピシデアのアンティオキアと混同してはならない。使徒 13:14の注釈付録B13を参照。

ピシデアのアンティオキア: ローマの属州ガラテアの町。フリギア地方とピシデア地方の境界に位置していたので,どちらの地方の一部と見なされるかは,時代によって違ったかもしれない。この町の遺跡は現代のトルコのヤルバチの近くにある。ピシデアのアンティオキアはここと使徒 14:19,21に出ている。地中海沿岸に程近いペルガの町からピシデアのアンティオキアに行くのは大変な旅だった。アンティオキアは海抜約1100メートルの所にあり(付録B13参照),油断できないこの山道には盗賊が出没した。「ピシデアのアンティオキア」をシリアのアンティオキアと混同すべきではない。(使徒 6:5; 11:19; 13:1; 14:26; 15:22; 18:22)「使徒の活動」に出てくるアンティオキアはほとんどの場合,ピシデアのアンティオキアではなく,シリアのアンティオキアを指す。

ギリシャ語を話すユダヤ人: 直訳,「ヘレニストたち」。このギリシャ語ヘッレーニステースは,ギリシャやヘレニズム時代のユダヤ人の文書には見当たらないが,文脈からすると,「ギリシャ語を話すユダヤ人」と訳せる。多くの辞典でそうなっている。当時,ギリシャ語を話す人たちを含め,エルサレムにいるキリストの弟子たちは全員,ユダヤ人の子孫かユダヤ教への改宗者だった。(使徒 10:28,35,44-48)「ギリシャ語を話すユダヤ人」と訳されるこの語は,「ヘブライ語を話すユダヤ人」と訳される語(直訳,「ヘブライ人たち」,ギリシャ語ヘブライオスの複数形)と対比して使われている。それで,「ヘレニストたち」とは,ギリシャ語で会話をし,もしかするとデカポリスを含む,ローマ帝国の各地からエルサレムに来ていたユダヤ人のことだった。対照的に,ヘブライ語を話すユダヤ人のほとんどは,恐らくユダヤとガリラヤの人だった。ユダヤ人のクリスチャンのこの2つのグループは,文化的背景がいくらか違っていたようだ。使徒 9:29の注釈を参照。

アンティオキア: シリアのこの都市は,地中海沿岸の海港セレウキアからオロンテス川を32キロほどさかのぼった所にあった。西暦1世紀には,シリアのアンティオキアはローマ帝国の都市の中で,ローマとアレクサンドリアに次いで3番目の大きさと豊かさを誇る都市だった。そこには古くから大きなユダヤ人共同体があり,当時,ユダヤ人と異国人の間にそれほど敵意は見られなかった。シリアのアンティオキアには何か新しいことが起こりやすい雰囲気があったようで,弟子たちは,ユダヤ人だけでなく割礼を受けていない異国の人々にも伝道した。(この節のギリシャ語を話す人々に関する注釈を参照。)このアンティオキアを小アジアにあるピシデアのアンティオキアと混同してはならない。使徒 6:5; 13:14の注釈付録B13を参照。

ギリシャ語を話す人々: 直訳,「ヘレニストたち」。ここで使われているギリシャ語(ヘッレーニステース)の意味は文脈によって判断しなければならない。使徒 6:1では,「ギリシャ語を話すユダヤ人」を意味すると思われる。(使徒 6:1の注釈を参照。)そのため,シリアのアンティオキアで弟子たちが伝道した相手は,ギリシャ語を話す割礼を受けたユダヤ人か改宗者だったに違いないと考える学者もいる。しかし,ここで描かれているのはアンティオキアにおける新たな進展のようだ。使徒 11:19に記されているように,アンティオキアで神の言葉を伝える対象は,以前はユダヤ人に限られていたが,今やそのメッセージはそこに住んでいるユダヤ人ではない人の間に広まっていったようだ。バルナバは,ギリシャ語で会話する新しい弟子たちを励ますためにアンティオキアに遣わされたと思われる。(使徒 11:22,23)ここでヘッレーニステースではなくヘッレーナス(「ギリシャ人」という意味,使徒 16:3を参照)という語を使っている古代写本もある。それで,幾つもの翻訳が「ギリシャ人」や「異国人」という語を使っている。これだと,アンティオキアで話し掛けられた人の中にユダヤ教の信奉者がいなかったことになる。とはいえ,ギリシャ語に通じたユダヤ人と異国人の両方のことが言われている可能性もあるので,この翻訳では「ギリシャ語を話す人々」という言葉が使われている。これらギリシャ語を話す人々はさまざまな国から来ていたかもしれないが,ギリシャ語を使い,恐らくギリシャの習慣を取り入れていた。

エホバ: この聖書翻訳のルカの福音書で,神の名前が出てくる最初の箇所。現存するギリシャ語写本はここでキュリオス(主)という語を使っているが,もともと神の名前が使われていて後代に主という称号に置き換えられたと考える十分の理由がある。(付録C1,C3の序文とルカ 1:6を参照。)ルカの記述の最初の2章には,ヘブライ語聖書の中で神の名前が出てくる表現や章句への直接的また間接的な言及がたくさんある。例えば,おきてと法的な要求という語句や同様の法律用語の組み合わせは,ヘブライ語聖書中で神の名前が使われていたりエホバが話していたりする文脈で見られる。(創 26:2,5。民 36:13。申 4:40; 27:10。エゼ 36:23,27

エホバ: または,「エホバの手」。「手」という語はしばしば「力」を指して比喩的に使われる。人体で,手は腕から伝わる力を使っていろいろな動作を行う部分なので,「手」という語は,「力がある」というだけでなく,「力を行使する」という考えも伝えているかもしれない。「手」に当たるヘブライ語とテトラグラマトンを組み合わせた「エホバの手」という表現がヘブライ語聖書に何度も出てくる。(出 9:3。民 11:23。裁 2:15。ルツ 1:13。サ一 5:6,9; 7:13; 12:15。王一 18:46。エズ 7:6。ヨブ 12:9。イザ 19:16; 40:2。エゼ 1:3)「エホバの手」と訳されるギリシャ語表現は使徒 11:21; 13:11にも出ている。ルカ 1:6,9,使徒 11:21の注釈,付録C3の序文とルカ 1:66を参照。

エホバ: または,「エホバの手」。「手」に当たるヘブライ語とテトラグラマトンを組み合わせた「エホバの手」という表現がヘブライ語聖書に何度も出てくる。(例えば,出 9:3,民 11:23,裁 2:15,ルツ 1:13,サ一 5:6,9; 7:13; 12:15,王一 18:46,エズ 7:6,ヨブ 12:9,イザ 19:16; 40:2,エゼ 1:3。)聖書で,「手」という語はしばしば「力」を指して比喩的に使われる。人体で,手は腕から伝わる力を使っていろいろな動作を行う部分なので,「手」という語は,「力がある」というだけでなく,「力を行使する」という考えも伝えているかもしれない。「エホバの手」と訳されるギリシャ語表現はルカ 1:66使徒 13:11にも出ている。ルカ 1:6,66の注釈,付録C3の序文と使徒 11:21を参照。

神の導きによって……呼ばれた: ほとんどの聖書翻訳では単に「呼ばれた」となっている。しかし,ここで使われているのは,普通「呼ばれる」と訳されるギリシャ語ではない。(マタ 1:16; 2:23。マル 11:17。ルカ 1:32,60。使徒 1:19)この節に出ている語はクレーマティゾーで,ギリシャ語聖書に9回出ている。そのほとんどの箇所で,神から来ているものについて使われていることは明らか。(マタ 2:12,22。ルカ 2:26。使徒 10:22; 11:26。ロマ 7:3。ヘブ 8:5; 11:7; 12:25)例えば,この語は使徒 10:22で,「聖なる天使から」という表現と一緒に使われている。マタ 2:12,22では,神の導きによる夢と結び付けて使われている。関連する名詞クレーマティスモスがロマ 11:4に出ていて,ほとんどの辞典と聖書翻訳では,「神の宣言」,「神のお告げ」,「神の返答」,「神の答え」といった訳が使われている。サウロとバルナバがエホバの導きを受けてクリスチャンという名称を使った可能性がある。アンティオキアで,異国の人々がからかったり軽蔑したりしてクリスチャンというあだ名を使ったと考える人もいるが,ギリシャ語クレーマティゾーの使い方からすると,明らかに「クリスチャン」という名称には神が関わっていた。ユダヤ人がイエスの弟子たちを「クリスチャン」(ギリシャ語の場合),「メシア信奉者」(ヘブライ語の場合)と名付けたとは考えにくい。ユダヤ人はメシアつまりキリストとしてのイエスを退けていたので,イエスの弟子を「クリスチャン」という名称で呼んで,イエスを選ばれた者つまりキリストと間接的に認めるようなことはしなかっただろう。

クリスチャン: ギリシャ語クリスティアノスは,「キリストの後に従う人」という意味があり,ギリシャ語聖書に3回だけ出ている。(使徒 11:26; 26:28。ペ一 4:16)これは,キリストつまり油を注がれた者(選ばれた者)を意味するクリストスに由来している。クリスチャンは「キリスト」つまりエホバに選ばれた者であるイエスの手本と教えの両方に従う。(ルカ 2:26; 4:18)「クリスチャン」という名称が「神の導きによって」与えられたのは,早ければ,この聖句に記されている出来事が起きた西暦44年だった可能性がある。この名称は広く受け入れられたようで,西暦58年ごろにパウロが王ヘロデ・アグリッパ2世の前に出た時,アグリッパはクリスチャンのことを知っていた。(使徒 26:28)歴史家タキツスによれば,西暦64年ごろには,「クリスチャン」という語はローマの一般の人たちの間で使われていた。さらに,西暦62年から64年の間に,ペテロはローマ帝国中に散っているクリスチャンに宛てて第一の手紙を書いた。その時までに,「クリスチャン」は,誰を指すかはっきり分かる広く知られた名称になっていたようだ。(ペ一 1:1,2; 4:16)神から与えられたこの名称によって,イエスの弟子たちはもはやユダヤ教の一派と誤解されることはなくなっただろう。

大飢饉: 西暦46年ごろに起きたこの災害はヨセフスによって裏付けられている。ヨセフスも,ローマ皇帝クラウディウスの治世中に起きた「大飢饉」について述べている。飢饉は,お金や食糧の蓄えのない貧しい人たちにとって特に厳しいものだった。それでアンティオキアのクリスチャンは,ユダヤにいる貧しい兄弟たちに救援の寄付を送ることにした。

クラウディウスの時に: ローマ皇帝クラウディウスは西暦41年から54年まで統治した。治め始めた時にはユダヤ人に対して友好的だった。治世の終わりには関係が悪化していて,ユダヤ人全員をローマから追放した。(使徒 18:2)4人目の妻がクラウディウスにキノコを与えて毒殺したと言われている。ネロが後を継いだ。

を救援する: または,「への救援奉仕をする」。これは,クリスチャンが世界の別の地域に住む仲間のクリスチャンの救援のために,必要なものを送った最初の記録。よく「奉仕」と訳されるギリシャ語ディアコニアは,使徒 12:25で「救援の仕事」,コ二 8:4で「救援奉仕」という意味でも使われている。ギリシャ語聖書でのギリシャ語ディアコニアの使い方からすると,クリスチャンの奉仕には2つの面がある。1つの面は,「和解のための奉仕[ディアコニアの変化形]」,つまり伝道し教えること。(コ二 5:18-20。テモ一 2:3-6)もう1つの面は,ここで述べられているように,仲間の信者のための奉仕のこと。パウロは,「さまざまな種類の奉仕[ディアコニアの複数形]がありますが,主は1つです」と述べた。(コ一 12:4-6,11)そして,こうしたさまざまな形のクリスチャンの奉仕は全て「神聖な奉仕」であることを示した。(ロマ 12:1,6-8

長老: 直訳,「年長者」。聖書で,ギリシャ語プレスビュテロスは主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。年上の人を表すこともあるが(ルカ 15:25,使徒 2:17がその例),年配者に限られてはいない。ここでは,祭司長や律法学者とよく一緒に出てくる,ユダヤ国民の指導者を指す。サンヘドリンはこれら3つのグループの男性で構成されていた。(マタ 21:23; 26:3,47,57; 27:1,41; 28:12用語集参照。

長老: 直訳,「年長者」。聖書で,ギリシャ語プレスビュテロスは,実際に年長の人を表すこともあるが,主に,国や共同体で権威や責任のある立場に就いている人を指す。(マタ 16:21の注釈を参照。)古代イスラエルでは,長老が地域社会レベルでも(申 25:7-9。ヨシ 20:4。ルツ 4:1-12),国家レベルでも(裁 21:16。サ一 4:3; 8:4。王一 20:7),指導したり管理したりする責任を担った。ここはクリスチャン会衆に関連してこの語が使われている最初の箇所。イスラエル国民の場合と同じように,クリスチャン会衆の長老たちにも会衆を指導する責任があった。この文脈で,長老たちが救援の寄付を受け取り,ユダヤの諸会衆への分配を監督した。

メディア

ヨッパ
ヨッパ

この動画にはヨッパの港町が映っている。ヨッパは地中海沿岸にあり,カルメル山とガザの中間に位置した。現代のヤフォ(アラビア語でヤッファ)は1950年にテルアビブと合併した。現在,テルアビブ・ヤフォに古代の遺跡がある。ヨッパは高さ35メートルほどの岩地の丘の上にあった。海岸から100メートルほど離れた低い岩礁によって港が形作られている。ティルス人は,ソロモンの神殿の建設に使うレバノンの森林の材木をいかだにして浮かべ,ヨッパに届けた。(代二 2:16)後に,預言者ヨナは自分の任務から逃げようとして,ヨッパに行ってタルシシュ行きの船に乗った。(ヨナ 1:3)西暦1世紀,ヨッパにクリスチャン会衆があり,ペテロはその会衆のドルカス(タビタ)を復活させた。(使徒 9:36-42)ペテロは,ヨッパの皮なめし職人シモンの家に滞在していた時に,幻を受け,異国人コルネリオに伝道する備えができた。(使徒 9:43; 10:6,9-17

シリアのアンティオキア
シリアのアンティオキア

この写真は,現代のトルコのアンタキヤの町。ローマの属州シリアの州都だったアンティオキアという古代の町があった場所。西暦1世紀,シリアのアンティオキアはローマ世界でローマとアレクサンドリアに次ぐ3番目に大きな都市だったと言われている。人口は25万人以上だったという推定もある。ステファノがエルサレムで暴徒によって殺され,迫害が起きた後,イエスの弟子たちの中にはアンティオキアに来た人たちもいた。その人たちは,ギリシャ語を話す人々に良い知らせを伝え,大きな成果を得た。(使徒 11:19-21)その後,使徒パウロがアンティオキアを本拠地として宣教旅行を行った。「弟子たちが神の導きによってクリスチャンと呼ばれたのは,アンティオキアが最初だった」。(使徒 11:26)シリアのアンティオキアをピシデアのアンティオキア(トルコ中部)という別の町と混同してはならない。その町は使徒 13:14; 14:19,21テモ二 3:11に出ている。

シリアのアンティオキア クリスチャンの活動の初期の拠点
シリアのアンティオキア クリスチャンの活動の初期の拠点

アンティオキアはローマの属州シリアの州都で,西暦1世紀,ローマ帝国でローマとアレクサンドリアに並ぶ三大都市の1つだった。アンティオキアは,オロンテス川(1)の東岸に建てられ,もともと島(2)も含んでいた。川をしばらく下った所にセレウキアの港があった。アンティオキアには,競馬と戦車競技が行われた当時最大級のヒッポドローム(3)があった。アンティオキアは,ヘロデ大王が大理石で舗装した列柱通り(4)で有名だった。後に,ティベリウス・カエサルが柱廊を増築し,通りをモザイク画と像で飾った。この多文化都市には大きなユダヤ人共同体(5)があった。その中の大勢の人がクリスチャンになった。イエスの弟子たちがクリスチャンと呼ばれたのはアンティオキアが最初だった。(使徒 11:26)やがて多くの異国人が信者になった。西暦49年ごろ,割礼の問題が持ち上がり,パウロとバルナバを含む代表者たちがエルサレムの統治体のもとに遣わされ,指示を受けた。(使徒 15:1,2,30)使徒パウロが行った宣教旅行の本拠地は3回ともアンティオキアだった。(使徒 13:1-3; 15:35,40,41; 18:22,23)この地図に示されている城壁は,何世紀もの間に造られた城壁を組み合わせたもの。

皇帝クラウディウス
皇帝クラウディウス

「使徒の活動」にローマ皇帝クラウディウスの名前は2回出ている。(使徒 11:28; 18:2)クラウディウスは,おいのカリグラ(西暦37年から41年まで治めたが,聖書には出ていない)の後を継いで第4代ローマ皇帝になり,西暦41年から54年まで治めた。西暦49年か50年ごろ,ユダヤ人全員にローマ退去を命じた。その結果,プリスキラとアクラはコリントに移動し,そこで使徒パウロに会った。クラウディウスは西暦54年に4人目の妻によって毒殺されたと言われている。皇帝ネロが後を継いだ。