伝道​の​書 6:1-12

6  私はこの地上で,人の間でよく起きる別の悲劇*を見た。  ある人は真の神から財産や所有物や栄誉を与えられ,望むものを何でも手にする。しかし真の神は本人にそれを楽しませない。よその者がそれを楽しむことはあっても。これはむなしいことであり,耐え難い苦痛である。  たとえある人が100人の子を持ち,長生きして老齢に達したとしても,墓に入る前に*,良いものを満喫していなかったなら,私は,彼よりは死産の子の方がましだと言わざるを得ない+  死産の子はむなしく生まれ,闇のうちに去っていき,名前も闇に覆われる。  太陽を見ることも,何かを知ることもない。それでも,前述の者よりはましだ+  1000年,さらに1000年生きたとしても,楽しみを経験しなかったなら,何の意味があるというのだろう。皆,同じ場所に行くのではないか+  人が一生懸命働くのは腹を満たすためだが+,欲求は決して満たされない。  賢い人には愚かな人に勝るどんな利点があるだろう+。貧しい人が生き抜く方法を知っているからといって,何の得があるだろう。  目の前の物を楽しむ方が,自分の欲求を追い掛けるよりもよい。これもまたむなしく,風を追うようなものだ。 10  存在するようになったものは,すでに名が付けられていた。人がどういうものかは知られている。人は自分よりも強力な者と争う*ことはできない。 11  言葉*が多くなれば,むなしいことも多くなる。それによって,人にどんな良いことがあるというのか。 12  人は,短くてむなしい生涯を送り,それは影のように過ぎる+。そうした人生で何を行うのが最善か,誰が知っているだろう。誰も自分の死後,太陽の下で起きることを知らせてもらうことはできない。

脚注

または,「災難」。
または,「墓さえも自分のものにしておらず」。
または,「に自分の言い分を述べる」。
もしかすると,「物事」。

注釈

メディア