伝道​の​書 2:1-26

2  わたしこころなかった。「さあ,たのしみとやらをけいけんしてみよう。どんなにたのしいものなのか」。しかし,それもむなしいことだった。   わたしわらいについて「くるっている!」,たのしみについて「なんやくつのか」とった。  たもちながらもぶどうしゅぞんぶんみ,それがたのしいかどうかをためしてみた+。また,おろかなこともして,ひとじょうでのみじかしょうがいなにおこなうのがさいぜんかをろうとした。  わたしおおきなごとかった+ぶんのためにいえ+,ブドウえんつくった+  ぶんのためにていえんこうえんつくり,そのなかにあらゆるしゅるいじゅえた。  ぶんのためにいけつくった。そうしてしげだち*みずくのだった。  わたしだんじょ使つかいを+わたしいえまれた使つかいもいた。また,これまでにエルサレムをおさめただれよりもおおくの,うしひつじといったちく+  わたしぎんきんぶんのためにたくわ+おうたちやしゅうしょゆうするたからをためた+ぶんのためにしゅだんじょと,ひとおおいによろこばせるそんざいつまりじょせい,それもおおぜいじょせい*あつめた。  こうしてわたしだいものとなり,これまでにエルサレムにいただれよりもすぐれたものとなった+。そしてはずっとわたしのものだった。 10  わたしぶんねがいをなんでもたそうとした+。どんなたのしみもこころおもむくままにもとめた。いっしょうけんめいはたらき,こころにはよろこびがまれた。このよろこびこそわたしいっしょうけんめいはたらいてほうしゅう+ 11  わたしは,ぶんおこなったすべてのこと,ろうしてげたことをかえってみた+。すると,すべてはむなしく,かぜうようなもので+,このじょうほんとうのあるものはなにもなかった+ 12  わたしきょうおろかなおこないにちゅうけた+。(おうあとあらわれるひとなにができるだろう。すでにおこなわれたことしかできない。) 13  そしてわたしは,おろかなおこないよりもすぐれているのをった+やみよりもひかりすぐれているのとおなじように。 14  かしこひとものごとをはっきり*+おろかなひとやみなかある+。それでもみなむかえるけつまつは1つであることに,わたしいた+ 15  そしてこころなかった。「おろかなひときることがわたしにもきるなら+わたしはいったいなんのためにじょうかしこくなったのだろう」。それでこころなかった。「これもまたむなしい」。 16  かしこひとおろかなひとも,ひとおくにいつまでものこることはない+つきがたつとだれもがわすられる。かしこひとはどのようにしてぬのか。おろかなひとおなじようにである+ 17  わたしきることをにくむようになった+。このじょうおこなわれてきたすべてがなんおもえたからだ。すべてはむなしく+かぜうようなものだ+ 18  わたしは,このじょういっしょうけんめいはたらいてすべてをにくむようになった+。それをわたしあとあらわれるひとのためにのこすことになるからだ+ 19  しかも,そのひとかしこひとおろかなひとだれにもからない+。いずれにしてもそのひとは,わたしがこのじょうりょくくしてすべてをにする。これもまたむなしい。 20  それでわたしはこのじょういっしょうけんめいはたらいたことをかえり,こころぜつぼうおぼえた。 21  ひとしきのう使していっしょうけんめいはたらいても,ぶんほうしゅう*を,はたらいていなかったひとわたさなければならなくなる+。これもまたむなしく,おおきなげき*である。 22  ひとは,このじょういっしょうけんめいはたらき,こころざしってそうしたとして,いったいどんないものをるのだろうか+ 23  きているあいだずっと,そのひとつとめはいたみといらちを+よるになってもこころやすまらない+。これもむなしい。 24  べ,み,いっしょうけんめいはたらじゅうじつかんひとにとってこれじょうしあわせはない+わたしはこれもまた,しんかみからのものだといた+ 25  わたしよりものべ,ものはいない+ 26  かみはごぶんよろこばせるひとしきよろこびをあたえる+いっぽうつみびとには,ざいさんたくわえるつとめをあたえ,そのざいさんしんかみよろこばせるひとのものとなる+。これもまたむなしく,かぜうようなものだ。

脚注

または,「森林」。
または,「つまり貴婦人,貴婦人たち」。
直訳,「目が頭の中にある」。
または,「災難」。
または,「全て」。

注釈

メディア