レビ​記 6:1-30

6  エホバはつづけてモーセにった。  「つみおかしてエホバにちゅうじつなことをして+あずかったものたくされたもののことでりんじんをだましたり+りんじんからうばったり,だましったり,  しつぶつつけたのにらないふりをしたりし,しかもなんつみおかしていないとうそのちかいをしたあい+のようにすべきである。  つみおかしてゆうざいであるなら,ぬすんだものおどったもの,だましったものあずかったものつけたしつぶつかえさなければならない。  うそのちかいをしたものかえさなければならない。もとどおりにかえすだけでなく+,そのの5ぶんの1をくわえる。ゆうざいであることがはっきりしたしょゆうしゃわたす。  そしてエホバへのゆうざいささものとして,さんていされたもとに,きずのないひつじさいところれていく。これはゆうざいささものである+  さいはそのひとのためにエホバのまえしょくざいおこない,そのひとゆうざいとなったどのこうについてもゆるされる+」。  エホバはつづけてモーセにった。  「アロンとそのたちにこうめいじなさい。『ぜんしょうささものかんするりっぽうである+ぜんしょうささものさいだんあさまでどおかれ,さいだんではがずっとやされる。 10  さいしょくふく+はだおおのもも*をはく+さいだんくしたぜんしょうささものはい*+さいだんわきく。 11  それからべつふく+はい宿しゅくえいそときよしょはこ+ 12  さいだんではがずっとやされる。やしてはならない。さいまいあさにまきをくべて+ぜんしょうささものならべ,きょうしょくせいぼういてけむりにする+ 13  さいだんではつねやされる。やしてはならない。 14  こくもつささものかんするりっぽうである+。アロンのたちがさいだんまえでエホバのまえす。 15  そのうちの1人ひとりは,こくもつささものじょうとうむぎあぶらを,そのうえかれたにゅうこうぜんともひとにぎって,エホバにおぼえてもらうためのぶん*としてさいだんいてけむりにする。それはここよいかおりとなる+ 16  のこりのぶんはアロンとそのたちがべる+こうパンにし,せいなるしょかいけんてんまくにわべる+ 17  それは,パンだね*れていてはならない+わたしはそれを,わたしへのによるささものなかからかれらのぶんとしてあたえた+。それは,つみささものゆうざいささものおなじくきわめてせいなるものである+ 18  アロンのであるだんせいだけがそれをべる+。それは,だいだいずっと,エホバへのによるささものなかからあたえられるぶんである+。それ*れるものすべせいなるものとしてあつかわれる』」。 19  エホバはさらにモーセにった。 20  「は,アロンがあぶらそそがれる*+,アロンとそのたちがエホバにささものである。つうじょうこくもつささものとしてじょうとうむぎ+2.2リットル+を,はんぶんあさに,はんぶんゆうがたささげる。 21  それは,あぶらくわえ,ざらつくられる+。それにあぶらをよくぜてっていき,いたこくもつささものとしてこまかくけてす。それはエホバにとってここよいかおりとなる。 22  アロンのたちのうちアロンのあとえらばれた*さい+がそれをつくる。それはエホバへのささものとしてくされてけむりにされる。このていまもつづけなければならない。 23  さいのためのこくもつささものみなくされるべきである。べてはならない」。 24  エホバはさらにモーセにった。 25  「アロンとそのたちにこうげなさい。『つみささものかんするりっぽうである+つみささものは,エホバのまえぜんしょうささものがほふられるしょ+でほふられる。それはきわめてせいなるものである。 26  つみのためにそれをささげるさいがそれをべる+せいなるしょかいけんてんまくにわべる+ 27  そのにくれるものすべせいなるものとしてあつかわれる。だれかがそのふくにはねけたあいかったふくせいなるしょあらう。 28  るのに使つかったつちうつわくだく。どううつわたのであれば,こすってみずあらわなければならない。 29  さいであるだんせいだけがささものにくべる+。それはきわめてせいなるものである+ 30  しかし,せいなるしょしょくざいおこなうために,いくらかをかいけんてんまくなかっていったあい,そのつみささものべてはならない+やすべきである。

脚注

または,「下着」。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
または,「エホバへの,代表する部分」。
または,「酵母」。
または,「捧げ物」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「油を注がれた」。

注釈

メディア