レビ​記 5:1-19

5  あることのしょうにんであったりそれをたりったりしているひとが,しょうげんもとめる*いたのに+,そのことについてほうこくしないなら,つみおかしているのであり,そのひとあやまちのせきにんう。  また,けがれたせいどうぶつがいけがれたちくがいけがれたちいさなものがいなど,けがれたものにれたひと+,そのことをかくしていないとしても,けがれていてゆうざいである。  あるいは,にんげんからしょうじるけが+けがれをもたらすなんらかのもの)にかずにれて,そのことをあとったとしても,そのひとゆうざいである。  また,いことであれわるいことであれ,なにかをおこなうとせいきゅうちかい,あとで,せいきゅうちかったことをかくしたなら,そのひとゆうざいである*+  じょうことがらの1つについてゆうざいであるなら,どんなつみおかしたかをこくはくしなければならない+  そしておかしたつみのために,エホバへのゆうざいささものっていく+めすひつじめすヤギをつみささものとするのである。さいはそのひとつみのためにしょくざいおこなう。  しかしひつじゆうがなければ,そのつみのために,ヤマバト2わかいイエバト2+ゆうざいささものとしてエホバのもとにっていかなければならない。1つみささもののため,1ぜんしょうささもののためである+  それらをさいところっていく。さいはまずつみささものほうささげる。のどぶんくが,あたまはなしてはならない。  つみささものいくらかをさいだんそくめんにはねける。のこりのさいだんそそ+。これはつみささものである。 10  つぎぜんしょうささものほうめられたじゅんどおりにあつか+。こうしてさいはそのひとおかしたつみのためにしょくざいおこない,そのひとゆるされる+ 11  もしヤマバト2わかいイエバト2ゆうがなければ,つみのために,じょうとうむぎ2.2リットル+つみささものとしてっていかなければならない。それにあぶらくわえたりにゅうこういたりすべきではない。これはつみささものだからである。 12  それをさいところっていく。さいは,おぼえてもらうためのぶん*としてそれをひとにぎって,さいだんで,によるエホバへのささものともいてけむりにする。これはつみささものである。 13  さいは,ぜんじゅつのどのつみであれ,そのひとおかしたつみのためにしょくざいおこない,そのひとゆるされる+ささもののこりは,こくもつささものあいおなじく+さいのものとなる+』」。 14  エホバはつづけてモーセにった。 15  「エホバのせいなるものにかんしてせずにつみおかし,ちゅうじつなことをしたあい+,そのひとゆうざいささものとして,きずのないひつじをエホバのもとにれていく+ぎんでそのさだめられ,ぎんせいなるひょうじゅんおも*はかられる+ 16  そして,せいなるしょかんしておかしたつみつぐないをする。そのの5ぶんの1をくわえてさいわた+さいは,ゆうざいささものひつじによってそのひとのためにしょくざいおこな+,そのひとゆるされる+ 17  エホバにきんじられていることのいずれかをおこなってつみおかしたあい,それにいていないとしても,そのひとゆうざいであり,あやまちのせきにん+ 18  さんていされたもとに,きずのないひつじゆうざいささものとしてさいところれていくべきである+さいは,そのひとかずにおかしたちがいのためにしょくざいおこない,そのひとゆるされる。 19  これはゆうざいささものである。そのひとはエホバにたいしてつみおかしてゆうざいになったのである」。

脚注

または,「災いを求める声(誓いの声)」。恐らく,悪事が起きた時になされる知らせのことで,悪を行った人や,そのことについて証言しない人に対して,災いを求めることが含まれる。
誓いを守らなかった場合のことと思われる。
または,「代表する部分」。
または,「聖なる場所の標準重り」。

注釈

メディア