レビ​記 27:1-34

27  エホバはつづけてモーセにった。  「イスラエルじんにこうげなさい。『あるひとすというとくべつせいやくをして+,そのひとひょうがくをエホバにささげるあい  20さいじょう60さいまんだんせいひょうがくは,せいなるひょうじゅんおも*ぎん570グラムである。  じょせいであれば,ひょうがくは340グラムである。  5さいじょう20さいまんあいだんせいひょうがくは230グラム,じょせいは110グラムである。  せい1カげつじょう5さいまんあいだんせいひょうがくぎん57グラム,じょせいぎん34グラムである。  60さいじょうあいひょうがくだんせいが170グラム,じょせいは110グラムである。  しかし,まずしくてひょうがくはらえないのであれば+されるひとさいまえち,さいがそのひとあたいめる。さいは,せいやくしたひとはらえるはんひょうする+  せいやくしてすのが,エホバにささげるのにふさわしいどうぶつであれば,エホバにあたえられるものすべせいなるものとなる。 10  それをえてはならない。わるいものをいものと,またいものをわるいものとこうかんしてはならない。もしべつどうぶつこうかんするようなことがあれば,もとどうぶつこうかんしたどうぶつせいなるものとなる。 11  エホバへのささものとしてはせないけがれたどうぶつ+あい,そのひとはそのどうぶつさいまえれてくる。 12  さいは,それがいかわるいかにしたがってそのあたいめる。さいひょうしたがく使つかわれる。 13  もしそれをもどしたければ,ひょうがくにその5ぶんの1をくわえておさめなければならない+ 14  ぶんいえしんせいなものとし,エホバにとってせいなるものとしてささげるあいさいは,それがいものかわるいものかにしたがってそのあたいめる。さいめたあたいがそのかくとなる+ 15  いえしんせいなものとしたひとがそれをもどしたければ,ひょうがくにその5ぶんの1をくわえておさめる。こうしていえはそのひとのものとなる。 16  しょゆうするはたけいちをエホバにせいとしてささげるあいひょうがくはたけにまくのにひつようたねりょうまる。おおむぎたね220リットルにたいしてぎん570グラムである。 17  はたけをヨベルのとしからしんせいなものとするのであれば+ひょうがくがそのまま使つかわれる。 18  ヨベルのあとはたけしんせいなものとするのであれば,さいは,つぎのヨベルのとしまでのねんすうおうじてそのあたいけいさんする。ひょうがくよりひくがくになる+ 19  もしはたけしんせいなものとしたひとがそれをもどそうとするのであれば,ひょうがくにその5ぶんの1をくわえておさめなければならない。そうすればはたけはそのひとのものである。 20  もしそのひとはたけもどさずにひとったなら,もうもどすことはできない。 21  そのはたけがヨベルのときばなされるさい,それはエホバにとってせいなるもの,かんぜんささげられたはたけとなる。さいしょゆうとなる+ 22  しゅうしょゆうではなく,ったはたけをエホバにせいとしてささげるあい+ 23  さいけいさんするヨベルのとしまでのひょうがくをそのおさめる+。それはエホバにとってせいなるものである。 24  そのはたけはヨベルのとしに,はたけすなわちほんらいしょゆうしゃかえされる+ 25  ひょうがくすべせいなるひょうじゅんおもりにもとづき,ひょうじゅんおもりは11.4グラムである。 26  どうぶつはつは,だれしんせいなものとしてはならない。それはエホバのためのはつとしてまれたからである+うしであれひつじであれ,それはさいしょからエホバのものである+ 27  それがけがれたどうぶつで,もどあいひょうがくにその5ぶんの1をくわえておさめるべきである+もどされなければ,ひょうがくしたがってられる。 28  また,かんぜんささげられたもの,ひとぶんのもののなかからじょうけん*エホバにささげたものは,にんげんでもどうぶつでもしょゆうするはたけでも,ったりもどしたりしてはならない。かんぜんささげられたものはすべてエホバにとってきわめてせいなるものである+ 29  ほろびるようさだめられた*ひともどしてはならない+。そのひとかならけいにされるべきである+ 30  の10ぶんの1+は,はたけさくもつであれであれ,すべてエホバのものである。それはエホバにとってせいなるものである。 31  10ぶんの1のいくらかをもどしたければ,そのあたいくわえてその5ぶんの1をおさめるべきである。 32  うしひつじの10ぶんの1,すなわちぼくしゃのつえのしたとおどうぶつは10ぴきごとに,すべてエホバにとってせいなるものとなる。 33  それがいものかわるいものかを調しらべてはならず,それをこうかんしてもならない。もしこうかんしようとするなら,もとどうぶつこうかんしたどうぶつも,せいなるものとなる+。それをもどしてはならない』」。 34  じょうが,エホバがシナイさんでイスラエルじんのためにモーセにあたえたおきてである+

脚注

または,「聖なる場所の標準重り」。
または,「滅びのために」。
または,「完全に捧げられた」。

注釈

メディア