レビ​記 21:1-24

21  エホバはつづけてモーセにった。「さいたち,すなわちアロンのたちにはなしなさい。『たみ*なかんだひとのためにぶんけがしてはならない+  ただし,にくしんのため,すなわちははちち息子むすこむすめきょうだいのためには,そうしてもよい。  また,ぢかまいこんしょじょであるなら,そのまいのためにも,そうしてよい。  たみ1人ひとりけっこんしているじょせいのためにぶんけがし,しんせいでないものとなってはならない。  さいあたまをそったり+あごひげのはしをそったりすべきではない。からだきずけるべきでもない+  かみにとってせいなるひとであるべきで+かみけがしてはならない+。エホバへのによるささものかみのパン*ささげるからである。せいなるひとでなければならない+  しょう+はずかしめられたじょせいおっとからこんされたじょせい+けっこんしてはならない。さいかみにとってせいなるひとだからである。  たみさいしんせいなものとしなければならない+かみのパンをささげるひとだからである。さいせいなるひとなされるべきである。あなたたちをしんせいなものとしているわたしエホバは,せいなるものだからである+  もしさいむすめばいしゅんをしてぶんけがすなら,ぶんちちけがしている。そのむすめかれるべきである+ 10  きょうだいたちのうちだいさいとして,そそあぶら*あたまそそがれ+にんめいされて*さいふくひと+みだれたかみのままでいたりふくいたりしてはならない+ 11  だいさいは,んだひと*にはだれにもちかづくべきではない+ちちははのためにもぶんけがしてはならない。 12  せいなるところからてはならず,かみせいなるところけがしてはならない+だいさいには,けんじられたことのしるしかみそそあぶらけられているからである+わたしはエホバである。 13  だいさいしょじょつまにしなければならない+ 14  やもめ,こんされたじょせいはずかしめられたじょせいしょうけっこんしてはならない。たみなかからしょじょつまにすべきである。 15  たみなかぶんそんけがさないようにすべきである+わたしはエホバであり,かれしんせいなものとしている』」。 16  エホバはつづけてモーセにった。 17  「アロンにこうげなさい。『だいだい,あなたのそんからだしょうがいがあるひとだれも,かみのパンをささげるためにちかづいてはならない。 18  からだしょうがいがあるひとがいるなら,そのひとちかづいてはならない。すなわち,えないひとあしゆうひとはなけたひとあしいっぽうながぎるひと 19  あしほねくだけているひと 20  ぼねがひどくがっているひときょくたんひくひと*しょうがいがあるひと湿しっしんはくせんがあるひとこうがんそこなわれているひと+ 21  さいアロンのそんからだしょうがいがあるひとだれも,エホバへのによるささものささげるためにちかづいてはならない。そのひとしょうがいがあるので,かみのパンをささげるためにちかづいてはならない。 22  そのひとは,かみのパン,すなわちせいなるもの+きわめてせいなるものをべてもよい+ 23  しかし,まく+ちかくにてもさいだん+ちかづいてもならない。からだしょうがいがあるからである。わたしせいなるところ+けがしてはならない。わたしはエホバであり,ひとびとしんせいなものとしている+』」。 24  モーセはアロンとそのたちとイスラエルじんぜんいんはなした。

脚注

または,「一族」。
または,「食物」。犠牲のこと。
直訳,「手を満たされて」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
ヘブライ語,ネフェシュ。用語集参照。ここでは,ネフェシュという語に,「死んだ」を意味する語が付いている。
もしかすると,「痩せ細った人」。

注釈

メディア