レビ​記 14:1-57

14  エホバはつづけてモーセにった。  「は,おもびょうひときよいとせんげんされるかんするりっぽうである。そのひとさいところれていく+  さい宿しゅくえいそとて,そのひとる。おもびょうなおっているなら,  さいは,きよめのために,きたきよとり2すぎえだいろ*ぬの,ヒソプをってくるようそのひとめいじる+  そしていっぽうとりを,きれいなみずはいったうえころすようにめいじる。  きているほうとりについては,みずうえころしたとりなかに,すぎえだいろぬのとヒソプといっしょひたす。  それから,おもびょうからのきよめをしているひとにそのを7かいはねけ,そのひとのことをきよいとせんげんし,きているほうとりはらはな+  きよめをしているひとふくあらい,すべてのをそり,みずびなければならない。そのひときよくなる。その宿しゅくえいはいってよいが,7かんぶんてんまくそとむ。  7に,あたまあごまゆすべてそるべきである。すべてのをそってから,ふくあらい,みずびる。そのひときよくなる。 10  8にそのひとは,きずのないわかひつじ2ひききずのない1さいまんめすひつじ1ぴき+こくもつささもの+としてあぶらぜたじょうとうむぎ6.6リットル,あぶら0.3リットルをっていく+ 11  そのひとのことをきよいとせんげんするさいは,きよめをしているそのひとささものを,かいけんてんまくぐちでエホバのまえす。 12  いっぽうわかひつじゆうざいささもの+としてあぶら0.3リットルといっしょささげ,それらをしんようささものとしてエホバのまえうごかす+ 13  そしてそのわかひつじを,つみささものぜんしょうささものをいつもほふるしょ+せいなるしょでほふる。ゆうざいささものつみささものおなじようにさいのものだからである+。それはきわめてせいなるものである+ 14  さいはそのゆうざいささものをいくらかり,きよめをしているひとみぎみみたぶ,みぎおやゆびみぎあしおやゆびける。 15  また,あぶら0.3リットルのいち+ぶんひだりのひらにそそぐ。 16  ひだりのひらにあるあぶらみぎゆびひたし,ゆびあぶらをエホバのまえで7かいはねばす。 17  のひらにのこったあぶらいちを,きよめをしているひとみぎみみたぶ,みぎおやゆびみぎあしおやゆびける。ゆうざいささものけたしょけるのである。 18  のひらののこりのあぶらは,きよめをしているひとあたまける。こうしてさいはそのひとのためにエホバのまえしょくざいおこな+ 19  さいつみささものささ+けがれからのきよめをしているひとのためにしょくざいおこなう。そのぜんしょうささものをほふる。 20  さいさいだんぜんしょうささものこくもつささものささげる+。こうしてさいはそのひとのためにしょくざいおこな+,そのひときよくなる+ 21  もしまずしくてりょくがないのであれば,しょくざいのために,ものっていく。しんようささものにするゆうざいささものとしてわかひつじ1ぴきこくもつささものとしてあぶらぜたじょうとうむぎ2.2リットル,あぶら0.3リットル, 22  ヤマバト2わかいイエバト2りょくおうじてっていくのである。ハトは1つみささもの,もう1ぜんしょうささものとする+ 23  8+きよいとせんげんしてもらうため,ささものかいけんてんまくぐちさいところ,エホバのまえっていく+ 24  さいゆうざいささものわかひつじ+あぶら0.3リットルをり,しんようささものとしてエホバのまえうごかす+ 25  それからゆうざいささものわかひつじをほふる。さいはそのをいくらかり,きよめをしているひとみぎみみたぶ,みぎおやゆびみぎあしおやゆびける+ 26  また,あぶらいちぶんひだりのひらにそそ+ 27  ひだりのひらにあるあぶらみぎゆびでエホバのまえで7かいはねばす。 28  のひらにあるあぶらいくらかを,きよめをしているひとみぎみみたぶ,みぎおやゆびみぎあしおやゆびける。ゆうざいささものけたのとおなしょける。 29  のひらののこりのあぶらは,きよめをしているひとあたまける。そのひとのためにエホバのまえしょくざいおこなうためである。 30  さいは,そのひとりょくおうじてしたヤマバトかわかいイエバトをささげる+ 31  そのひとせたものいっぽうつみささもの,もういっぽうぜんしょうささものとして+こくもつささものいっしょささげる。こうしてさいきよめをしているひとのためにエホバのまえしょくざいおこな+ 32  これは,おもびょうだったひとりょくがないあいきよいとせんげんしてもらうためのりっぽうである」。 33  エホバはモーセとアロンにった。 34  「わたししょゆうとしてあたえる+カナンほうにあなたたちがはい+,そこでわたしいえにカビ*しょうじさせたあい+ 35  いえぬしさいところって,『いえなかにカビのようなものがしょうじました』とうべきである。 36  さいは,はいってカビを調しらべるまえに,いえなかかたけてからにするようめいじる。いえにあるすべてのものけがれているとせんげんされてしまわないためである。そのさいいえるためにはいる。 37  さいせんされたしょ調しらべる。いえかべみどりみやあかみがかったみがあり,からしてかべなかにまでおよんでいれば, 38  いえぐちからて,いえを7かんへいする+ 39  さいは7もどって調しらべる。カビがいえかべひろがっていれば, 40  さいめいれいし,カビがえたいしはずしてまちそとけがれたしょてる。 41  また,いえうちがわぜんたいけずり,のぞいたしっくいをまちそとけがれたしょてる。 42  いしはずしたしょにほかのいしをはめみ,あたらしいしっくいをいえる。 43  いしはずし,いえうちがわけずり,しっくいをなおしたあとに,いえなかにカビがふたたしょうじたなら, 44  さいなかはいって調しらべる。カビがいえなかひろがっているなら,あくせいのカビである+。そのいえけがれている。 45  そのいえこわす。いしざいもくぜんのしっくいもである。それらをまちそとけがれたしょはこ+ 46  いえへいかんちゅう+にそこにはいったひとは,ゆうがたまでけがれたひととなる+ 47  そのいえひとふくあらうべきである。そのいえしょくをしたひとふくあらうべきである。 48  いっぽうさいって,いえにしっくいをなおしたあとにカビがひろがっていないことがかったなら,そのいえのことをきよいとせんげんする。カビはえたからである。 49  そのいえけが*からきよめるため,さいは2とりすぎえだいろぬの,ヒソプを+ 50  いっぽうとりを,きれいなみずはいったうえころす。 51  すぎえだ,ヒソプ,いろぬのきているほうとりって,みずうえころしたとりひたす。そのいえに7かいはねけなければならない+ 52  こうして,とり,きれいなみずきたとりすぎえだ,ヒソプ,いろぬのによって,いえけが*からきよめる。 53  さいきているほうとりまちそとはらはなち,そのいえからけがれをのぞ*。それはきよくなる。 54  じょうが,あらゆるおもびょうとカビにかんするりっぽうである。とうあごひげのびょう+ 55  ふく+いえのカビ+ 56  もの,かさぶた,はんてん+かんするりっぽうであり, 57  どんなあいけがれているか,どんなあいきよいかをはんだんするためのものである+。これがおもびょうとカビにかんするりっぽうである+」。

脚注

または,「赤い」。
用語集の「重い皮膚病」参照。
直訳,「罪」。
直訳,「罪」。
直訳,「のために贖罪を行う」。

注釈

メディア