レビ​記 12:1-8

12  エホバはつづけてモーセにった。  「イスラエルじんにこうげなさい。『じょせいにんしんしておとこんだあい,7かんけがれたひととなる。げっけいちゅうけがれのかんどうようである+  8には,そのほうかつれい*ほどこ+  さらに33にちかんじょせいぶんきよめる。りゅうしゅつしたからである。せいなるものにいっさいれてはならない。きよめのかんわるまでせいなるしょはいってはならない。  おんなんだあいじょせいは14かんげっけいときおなじようにけがれたひととなる。さらに66にちかんぶんきよめる。りゅうしゅつしたからである。  息子むすこむすめについてのきよめのかんわったなら,じょせいぜんしょうささものとして1さいまんわかひつじ+,またつみささものとしてわかいイエバトかヤマバトを,かいけんてんまくぐちさいところっていく。  さいはそれをエホバのまえして,じょせいのためにしょくざいおこない,りゅうしゅつがあったじょせいきよくなる。これがおとこあるいはおんなんだじょせいかんするりっぽうである。  もしひつじゆうがなければ,ヤマバト2わかいイエバト2っていかなければならない+。1ぜんしょうささもののため,1つみささもののためである。さいじょせいのためにしょくざいおこない,じょせいきよくなる』」。

脚注

用語集参照。

注釈

メディア