レビ​記 10:1-20

10  さて,アロンのであるナダブとアビフ+は,それぞれぶんこうれをってすみれ,こう+せた。そしてきょされていないをエホバのまえささはじめた+。それはめいじられていたことにはんしていた。  するとエホバのもとから2人ふたりをのみ+2人ふたりはエホバのまえんだ+  モーセはアロンにった。「エホバはこういました。『わたしは,わたしちかものたちのあいだしんせいなものとされる+わたしは,たみすべてのまえでたたえられる』」。アロンはだまっていた。  モーセは,アロンの叔父おじウジエル+のミシャエルとエルザパンをんで,った。「こちらにて,うちものたちをせいなるしょまえから宿しゅくえいそとはこしてください」。  かれらはて,モーセにわれたとおり,ながふくたままの2人ふたり宿しゅくえいそとはこした。  モーセは,アロンとそののこりの息子むすこであるエレアザルとイタマルにった。「みだれたかみのままでいてはいけません。ふくいてもいけません+。あなたたちがぬことのないため,またかみたみぜんいんたいしていきどおることのないためです。イスラエルのたみみな,エホバがによってのぞった2人ふたりについてかなしむでしょう。  あなたたちはかいけんてんまくぐちからはなれてはいけません。ぬことのないためです。あなたたちにはエホバのそそあぶら*けられているからです+」。かれらはモーセにわれたとおりにした。  エホバはアロンにった。  「あなたもあなたのたちも,かいけんてんまくはいときはぶどうしゅなどのさけんではいけない+ぬことのないためである。これはだいだいずっとまもるべきほうれいである。 10  そうするのは,せいなるものとぞくのもの,けがれたものときよいものをべつするため+ 11  モーセをとおしてエホバがはなしたていすべてをイスラエルじんおしえるためである+」。 12  モーセは,アロンとのこった息子むすこであるエレアザルとイタマルにった。「エホバへのによるささものなかから,こくもつささもののこりをり,こうパンにしてさいだんちかくでべてください+。それはきわめてせいなるものだからです+ 13  それをせいなるしょべなければなりません+。それは,エホバへのによるささものなかからあたえられるあなたのぶん,あなたのたちのぶんだからです。わたしはそうめいじられました。 14  また,あなたも息子むすこむすめ+しんようささものむねしんせいぶんあし+きよしょべます。それらは,イスラエルじんきょうしょくせいなかからあたえられるあなたのぶん,あなたのたちのぶんだからです。 15  しんようささものとしてエホバのまえうごかすため,しんせいぶんあししんようささものむねが,によるささものぼうぶんともされます。あしむねは,あなたとあなたのたちのためにずっとあたえられるぶんです+。エホバがめいじたとおりです」。 16  モーセがつみささもののヤギ+さがまわると,それはかれてしまっていた。それでモーセは,アロンののこった息子むすこであるエレアザルとイタマルにたいしていきどおり,こうった。 17  「どうしてつみささものせいなるしょべなかったのですか+。あれはきわめてせいなるものであり,あなたたちがたみあやまちのせきにんい,たみのためにエホバのまえしょくざいおこなうようにと,あなたたちにあたえられたものです。 18  いいですか。だれささものせいなるしょなかっていきませんでした+。あなたたちは,ささものせいなるしょべるべきだったのです。わたしはそうめいじられました」。 19  アロンがモーセにこたえた。「かんがえてみてください。今日きょうかれらはつみささものぜんしょうささものをエホバのまえささげました+。けれども,わたしにこのようなことがきました。今日きょうわたしつみささものべていたら,エホバはよろこんでくださったのでしょうか」。 20  これをいて,モーセはじょうきょうかいした。

脚注

用語集の「油を注ぐ」参照。

注釈

メディア