ルツ​記 3:1-18

3  さて,しゅうとめのナオミはルツに言った。「ねえ,あなたが安心して暮らせるよう結婚相手を見つけて*あげたいわ+。幸せになってほしいの。  ボアズは私たちの親戚で+,そこの若い女性たちとあなたは一緒にいたでしょう? 今夜ボアズは脱穀場で作業*しているわ。  だから,あなたは体を洗って香油を塗り,きちんとした身なりで*脱穀場に行きなさい。ボアズが食べたり飲んだりし終えるまで気付かれてはいけません。  ボアズが横になる時,その場所をしっかり見ておくのよ。それから,行って,ボアズの足元の服をまくって横になりなさい。どうしたらいいかを教えてくれるわ」。  ルツは答えた。「お母さんの言う通りにします」。  それでルツは脱穀場に行き,全てしゅうとめに言われた通りにした。  一方ボアズは,食べたり飲んだりして楽しんでいた。そして,穀物の山のそばへ行って横になった。その後,ルツはそっと近寄り,ボアズの足元の服をまくって横になった。  真夜中にボアズは身震いした。体を起こすと,足元に横たわっている女性が見えた。  「誰ですか」と尋ねると,ルツは答えた。「ルツでございます。どうか私を保護して*ください。あなたは買い戻す権利をお持ちですから+」。 10  ボアズは言った。「あなたにエホバの祝福がありますように。あなたは揺るぎない愛を,今回,初めの時以上に示しました+。貧富を問わず,若い男性を夫にしようとはしませんでした。 11  心配は要りません。あなたの言う通りにしましょう+。あなたが立派な女性であることを,町中の人が知っています。 12  ただ,私には買い戻す権利があるのですが+,私より近い親族で権利を持つ人がいます+ 13  今夜はここにいなさい。朝になって,その人があなたを買い戻すなら,それでよいでしょう。そうしてもらいましょう+。しかし,買い戻そうとしないなら,この私があなたを買い戻すことを,生きている神エホバに懸けて誓います。朝までここで横になっていなさい」。 14  それでルツは,朝までボアズの足元で横になり,明るくなって人に気付かれる前に起きた。その時ボアズは言った。「脱穀場に女性が来たことが知られてはいけない」。 15  さらに,「着ているマントをここに広げなさい」と言った。ルツが広げると,ボアズはそこに大麦を6杯分*入れて持たせた。その後,ボアズは町に戻った。 16  ルツはしゅうとめの所に帰ると,「どうだった*?」と聞かれ,ボアズがしてくれたことを全て話した。 17  ルツは言った。「この6杯分の大麦を下さり,『何も持たずにしゅうとめの所に戻ってはいけません』とおっしゃいました」。 18  ナオミは言った。「このことがどうなるか分かるまで,ここにいなさい。ボアズは,今日中に話がまとまるよう手を尽くしてくれるわ」。

脚注

直訳,「休み場を探して」。
脱穀したものを放り上げ,もみ殻を風で吹き分ける作業。
または,「外衣を着て」。
または,「あなたの衣の裾で覆って」。
44リットルに相当するかもしれない。
直訳,「あなたは誰」。

注釈

メディア