ルツ​記 3:1-18

3  さて,しゅうとめのナオミはルツにった。「ねえ,あなたがあんしんしてらせるようけっこんあいつけて*あげたいわ+しあわせになってほしいの。  ボアズはわたしたちのしんせき+,そこのわかじょせいたちとあなたはいっしょにいたでしょう? こんボアズはだっこくぎょう*しているわ。  だから,あなたはからだあらってこうり,きちんとしたなりで*だっこくきなさい。ボアズがべたりんだりしえるまでかれてはいけません。  ボアズがよこになるとき,そのしょをしっかりておくのよ。それから,って,ボアズのあしもとふくをまくってよこになりなさい。どうしたらいいかをおしえてくれるわ」。  ルツはこたえた。「おかあさんのとおりにします」。  それでルツはだっこくき,すべてしゅうとめにわれたとおりにした。  いっぽうボアズは,べたりんだりしてたのしんでいた。そして,こくもつやまのそばへってよこになった。その,ルツはそっとちかり,ボアズのあしもとふくをまくってよこになった。  なかにボアズはぶるいした。からだこすと,あしもとよこたわっているじょせいえた。  「だれですか」とたずねると,ルツはこたえた。「ルツでございます。どうかわたしして*ください。あなたはもどけんをおちですから+」。 10  ボアズはった。「あなたにエホバのしゅくふくがありますように。あなたはるぎないあいを,こんかいはじめのときじょうしめしました+ひんわず,わかだんせいおっとにしようとはしませんでした。 11  しんぱいりません。あなたのとおりにしましょう+。あなたがりっじょせいであることを,まちじゅうひとっています。 12  ただ,わたしにはもどけんがあるのですが+わたしよりちかしんぞくけんひとがいます+ 13  こんはここにいなさい。あさになって,そのひとがあなたをもどすなら,それでよいでしょう。そうしてもらいましょう+。しかし,もどそうとしないなら,このわたしがあなたをもどすことを,きているかみエホバにけてちかいます。あさまでここでよこになっていなさい」。 14  それでルツは,あさまでボアズのあしもとよこになり,あかるくなってひとかれるまえきた。そのときボアズはった。「だっこくじょせいたことがられてはいけない」。 15  さらに,「ているマントをここにひろげなさい」とった。ルツがひろげると,ボアズはそこにおおむぎを6ぱいぶん*れてたせた。その,ボアズはまちもどった。 16  ルツはしゅうとめのところかえると,「どうだった*?」とかれ,ボアズがしてくれたことをすべはなした。 17  ルツはった。「この6ぱいぶんおおむぎくださり,『なにたずにしゅうとめのところもどってはいけません』とおっしゃいました」。 18  ナオミはった。「このことがどうなるかかるまで,ここにいなさい。ボアズは,今日きょうじゅうはなしがまとまるようくしてくれるわ」。

脚注

直訳,「休み場を探して」。
脱穀したものを放り上げ,もみ殻を風で吹き分ける作業。
または,「外衣を着て」。
または,「あなたの衣の裾で覆って」。
44リットルに相当するかもしれない。
直訳,「あなたは誰」。

注釈

メディア