ルカ​に​よる​福音​書 6:1-49

6  さて,あんそくに,イエスはこくもつばたけなかとおっており,たちはこくもつをむしり+,それをでこすってべていた+  すると,パリサイのあるひとたちが,「なぜあなたたちはあんそくにしてはいけないことをしているのか」とった+  しかしイエスはこたえた。「ダビデが,ぶんなかくうふくになったときなにをしたか+んだことがないのですか。  ダビデはかみいえなかはいり,そなもののパンをってべ,なかにもあたえました。それは,だれべてはならず,さいだけがべてよいものでした+」。  そしてイエスはった。「ひとあんそくしゅです+」。  べつあんそくのこと+,イエスはかいどうはいっておしはじめた。そこに,みぎがまひした*だんせいがいた+  りっぽうがくしゃとパリサイひとたちは,イエスがあんそくなおすのかどうか,じっとていた。イエスをうったえるゆうつけようとしてだった+  しかしイエスは,そのかんがえをっていたので+かたがまひした*だんせいった。「がって,ちゅうおうちなさい」。だんせいこして,そこにった。  イエスはった。「あなたがたたずねますが,あんそくにしてよいのは,たすけることですか,くるしめることですか。いのちすくうことですか,ほろぼすことですか+」。 10  そしてみなまわしてから,そのだんせいった。「ばしなさい」。だんせいがそうすると,なおった。 11  ところが,りっぽうがくしゃとパリサイひとたちはいかくるい,イエスをどうまつしようかとはないをはじめた。 12  こうしたあるのこと,イエスはいのりをするためやまていき+どおかみいのった+ 13  けると,たちをぶんところび,そのなかから12にんえらび,使んだ+ 14  イエスがペテロともんだシモン,そのきょうだいアンデレ,ヤコブ,ヨハネ,フィリポ+,バルトロマイ, 15  マタイ,トマス+,アルパヨのヤコブ,ねっしんひとばれるシモン, 16  ヤコブのユダ,そしてユダ・イスカリオテであり,このひとのちはんぎゃくしゃとなった。 17  イエスはそのひとたちとともりてきて,たいらなところった。そこには,おおぜいたちや,ユダヤぜんとエルサレム,およびティルスとシドンの沿えんがんほうからじょうおおぜいひとびとがいた。イエスのはなしくため,またびょうやしてもらうためにたのである+ 18  じゃあくてん使くるしめられているひとたちもなおされた。 19  ぐんしゅうみなイエスにさわろうとしていた+。イエスからちから+すべてのひとやしていたからである。 20  イエスはげてたちのほうて,こうはじめた。 まずしいあなたたちはこうふくです+かみおうこくはあなたたちのものだからです+ 21  いまえているあなたたちはこうふくです。たされるからです+ いまかなしむあなたたちはこうふくです。わらうようになるからです+ 22  いつでもひとびとがあなたたちをにくむとき+,またひとのためにひとびとがあなたたちを+なん*めいせる*とき,あなたたちはこうふくです+ 23  そのにはよろこび,おどがりなさい。てんでのむくいはおおきいからです。かれらのげんしゃたちにおなじことをしていました+ 24  しかし,ゆうふくなあなたたちにはわざわいがあります+なぐさめをすべているからです+ 25  いまたされているあなたたちにはわざわいがあります。えるようになるからです。 いまわらっているあなたたちにはわざわいがあります。なげいてくようになるからです+ 26  すべてのひとがあなたたちのことをうとき+,あなたたちにはわざわいがあります。かれらのにせげんしゃたちにそのようにしたのです。 27  しかし,いているあなたたちにいます。てきあいし,あなたたちをにくひとぜんおこなつづけなさい+ 28  あなたたちへのわざわいをねがひとのためにしゅくふくもとめ,じょくするひとのためにいのつづけなさい+ 29  あなたのほおひとには,もういっぽうほおしなさい。がいうばひとには,ないらせなさい+ 30  もとめるひとにはだれにでもあた+,あなたのものうばひとからかえしてもらおうとしてはなりません。 31  また,ひとからしてほしいとおもとおりに,ひとにもし*なさい+ 32  あいしてくれるひとあいしたからといって,しょうさんけるでしょうか。つみびとたちも,あいしてくれるひとあいします+ 33  よくしてくれるひとぜんおこなったからといって,しょうさんけるでしょうか。つみびとたちもおなじことをします。 34  また,へんさいしてくれそうなひとすからといって,しょうさんけるでしょうか+つみびとたちも,ぜんがくかえってくることをたいしてつみびとたちにします。 35  かえって,てきあいつづけ,ぜんおこなつづけ,かえしてもらうことをたいせずにすことをつづけなさい+。そうすれば,むくいはおおきく,あなたたちはこうしゃとなります。かみかんしゃしないあくにんにもしんせつなのです+ 36  てんちちあわれみぶかいようにあわれみぶかくありなさい+ 37  また,さばくのをやめなさい。そうすればけっしてさばかれません+だんざいするのをやめなさい。そうすればけっしてだんざいされません。いつもゆる*なさい。そうすればゆるされ*ます+ 38  いつもあたえなさい+。そうすれば,ひとびとあたえてくれます+。あなたたちのふくしみなくそそみ,れ,すってれ,あふれるほどにしてくれます。ひとはかってあたえるのとおなじはかりで,ひとからもはかってあたえてもらえます」。 39  イエスはさらにたとえをはなした。「えないひとえないひとあんないできるでしょうか。2人ふたりともあな*ちてしまいませんか+ 40  せい*せんせいよりうえではありませんが,じゅうぶんおしえられたひとみな,そのせんせいのようになります。 41  なぜなか*なかにあるわらをながら,ぶんなかにあるざいもくかないのですか+ 42  ぶんしんなかざいもくえていないのに,どうしてなかに,『あなたのなかにあるわらをのぞかせてください』とえるのですか。ぜんしゃよ! まずぶんからざいもくのぞきなさい。そうすれば,なかなかにあるわらをのぞほうほうがはっきりかります+ 43  りっくさったむすぶことはなく,くさったりっむすぶこともありません+ 44  どんなかはそのによってかります+たとえば,いばらからイチジクをあつめることはなく,いばらのしげみからブドウをることもありません。 45  ひとは,こころたくわえているいもののなかからいものをし,じゃあくひとは,たくわえているじゃあくなもののなかからじゃあくなものをします。こころちあふれているものがくちからるのです+ 46  では,なぜ,わたしを『しゅよ! しゅよ!』とびながら,わたしうことをおこなわないのですか+ 47  わたしのもとにて,わたしことき,それをじっこうするひとみな,どんなひとといえるでしょうか+ 48  そのひといえてるときに,めんふかげていわうえだいえたひとのようです。そのけっこうずいしょうじてかわみずせても,いえはびくともしませんでした。しっかりてられていたからです+ 49  いっぽういてもおこなわないひと+めんだいなしでいえてたひとのようです。かわみずせると,いえはすぐにくずれ,ぜんかいしました」。

脚注

または,「なえた」。
または,「なえた」。
または,「侮辱し」。
または,「あなたたちの名を悪いものとして退ける」。
または,「し続け」。
または,「放免し」。
または,「放免され」。
または,「溝」。
または,「弟子」。
直訳,「兄弟」。

注釈

穀物畑を通った: 畑を区切る小道を通ったのかもしれない。

安息日: 用語集参照。

穀物畑の中を通って: マタ 12:1の注釈を参照。

してはいけないこと: エホバはイスラエル人に,安息日にどんな仕事もしてはならないと命じていた。(出 20:8-10)ユダヤ人の宗教指導者は,何が仕事かを厳密に規定する権利があると主張した。彼らに言わせれば,イエスの弟子は穀物の収穫(むしる)と脱穀(こする)という罪を犯した。(ルカ 6:1,2)しかし,そのような規定はエホバの命令を踏み越えるものだった。

してはいけないこと: マタ 12:2の注釈を参照。

神の家: ここでは幕屋を指す。イエスが述べた出来事(サ一 21:1-6)は,幕屋がノブにあった時に起きた。この町はベニヤミンの領地内でエルサレムの近くにあったと思われる。付録B7(拡大図)参照。

供え物のパン: または,「供えのパン」。元のヘブライ語の表現は字義的には,「顔のパン」という意味。そのパンはいつも捧げ物として,比喩的な意味でエホバの前にあった。(出 25:30)用語集の「供えのパン」と付録B5参照。

神の家: マル 2:26の注釈を参照。

供え物のパン: マタ 12:4の注釈を参照。

安息日の主: イエスは自分を指してこの表現を使い(マル 2:28。ルカ 6:5),天の父から命じられた仕事を行うために安息日を思い通りに使えることを示した。(ヨハ 5:19; 10:37,38と比較。)イエスは安息日に,病人を癒やすなど際立った奇跡の幾つかを行った。(ルカ 13:10-13。ヨハ 5:5-9; 9:1-14)これは,安息の休みのようになるイエスの王国統治の期間にどのような救いがもたらされるかを予表していたと思われる。(ヘブ 10:1

安息日の主: マタ 12:8の注釈を参照。

右手がまひした: イエスが安息日にこの男性を癒やしたことを3人の福音書筆者が記している。とはいえ,まひしていたのが男性の右手だったことを述べているのはルカだけ。(マタ 12:10。マル 3:1)ルカはマタイとマルコが書いていない医学的により正確な情報を伝えている。似た例として,マタ 26:51マル 14:47ルカ 22:50,51と比較。「ルカの紹介」参照。

その考えを知っていた: ルカは,律法学者とパリサイ派の人たちが考えていることをイエスが知っていたと記しているが,マタイとマルコはその点を省いている。並行記述のマタ 12:10-13,マル 3:1-3と比較。

命: ギリシャ語,プシュケー。用語集の「プシュケー」参照。

12使徒: または,「遣わされた12人」。ギリシャ語アポストロスは,「遣わす」という意味の動詞アポステッローに由来。(マタ 10:5。ルカ 11:49; 14:32)その基本的な意味をはっきり示しているのはヨハ 13:16のイエスの言葉で,そこでは「遣わされた人」と訳されている。

使徒: マタ 10:2の注釈を参照。

熱心な人: 使徒シモンと使徒シモン・ペテロを区別するための呼び名。(ルカ 6:14)ここと使徒 1:13で使われているギリシャ語ゼーローテースは,「熱心党の人」,「熱心者」という意味。並行記述のマタ 10:4マル 3:18はカナナイオスというギリシャ語を使っている。その語源はヘブライ語かアラム語で,この語も,「熱心党の人」,「熱心者」という意味だと考えられている。シモンが以前に,ローマ人に敵対するユダヤ人の党派,熱心党に属していた可能性もあるが,熱意と熱心さのゆえにこの呼び名を与えられたのかもしれない。

反逆者となった: この表現は,ユダが変化したことを示していて興味深い。ユダは,弟子になった時も,イエスが使徒に任命した時も,反逆者ではなかった。反逆者になるようあらかじめ定められていたのではない。自由意志を誤用して,任命された後のどこかの時点で「反逆者となった」。ヨハ 6:64から分かるように,変化が生じ始めた時から,イエスはそれに気付いていた。

平らな所に立った: 文脈から分かるように,イエスは一晩中祈って12使徒を選んだ後,山を下りてきた。(ルカ 6:12,13)そして山腹に平らな所を見つける。それはカペルナウムにある活動の拠点から遠くなかったかもしれない。大勢の人たちが集まり,イエスは全ての人を癒やした。並行記述のマタ 5:1,2によれば,イエスは「山に登った。そして……教え始めた」。この表現は山腹の平らな所にある高くなっている場所を指すのかもしれない。それで,マタイとルカの記述は,イエスが山を下りてきて平らな所で止まり,山腹の少し高くなっている場所を見つけ,話し始めたということを述べていると思われる。あるいは,マタ 5:1はルカが詳しく述べている事柄の要約なのかもしれない。

神の導きが必要であることを自覚している人たち: または,「聖なる力を乞い求める人たち」。「自覚している人たち」と訳されているギリシャ語の表現は字義的には,「貧しい人たち(貧乏な人,困窮者,物乞い)」という意味。この文脈では,何かを必要としていて,そのことを強く意識している人に関して使われている。ルカ 16:20,22でラザロに使われている「物乞い」も同じ語。このギリシャ語は他の幾つかの翻訳では「霊において貧しい」人たちとも訳されていて,神との関係で窮乏していて神が必要であることを痛感している人たちという考えを伝えている。ルカ 6:20の注釈を参照。

物乞い: または,「貧しい人」。このギリシャ語は非常に貧しい人,困窮者も指せる。この語が使われることで,イエスの例えの中で裕福な男性と明確な対照を成している。字義的には「貧しい人(貧乏な人,困窮者,物乞い)」という意味のこの語はマタ 5:3で比喩的に使われ,神との関係で窮乏していて自分に神が必要であることを痛感している人たちという考えを伝えている。マタ 5:3の注釈を参照。

幸福: ここで使われているギリシャ語マカリオスは,楽しいひとときを過ごしている時のような,陽気な状態だけを指すのではない。この語が人に使われる場合,神に祝福されて恵みを得ている状態を指す。神や,天の栄光を受けたイエスにも使われている。(テモ一 1:11; 6:15

幸せ: ギリシャ語マカリオスはギリシャ語聖書に50回出てくる。パウロはここで「行いによらずに神から正しいと見なされる人の幸せ」について書いている。(ロマ 4:6)このギリシャ語は,神(テモ一 1:11)や天の栄光を受けたイエス(テモ一 6:15)に関して使われている。また,山上の垂訓で,幸福に関する有名な教えでも使われている。(マタ 5:3-11。ルカ 6:20-22)ここロマ 4:7,8で,「幸せ」は詩 32:1,2からの引用。このような発言はヘブライ語聖書によく出てくる。(申 33:29。王一 10:8。ヨブ 5:17。詩 1:1; 2:12; 33:12; 94:12; 128:1; 144:15。ダニ 12:12)「幸せ」に当たるヘブライ語とギリシャ語の表現は,楽しいひとときを過ごしている時のような,陽気な状態だけを指すのではない。聖書によると,本当に幸せになるには,神への愛を育て,神に忠実に仕え,神の恵みや祝福を得る必要がある。

弟子たち: 「弟子」に当たるギリシャ語マテーテースは,学ぶ人,教えを受ける人を指し,教師への個人的な愛着が含まれる。それが弟子の生き方を方向付けるものとなった。大勢の人がイエスの話を聞くために集まったが,イエスはおもに,自分のそばに座っていた弟子たちのために話したようだ。(マタ 5:1,2; 7:28,29

言い始めた: 山上の垂訓はマタイ(5-7章)とルカ(6:20-49)が記録している。ルカの記録はこの垂訓の短縮版で,マタイの記述は4倍ほど長く,ルカが書いている点をほぼ全て含んでいる。2つの記述は始まりと終わりが似ていて,同一の表現がよく使われ,内容も話題の出てくる順番もだいたい同じ。2つの記述が同じことを述べている場合でも,言い回しがかなり違うことがある。とはいえ,両者は調和している。注目すべき点として,ルカの記述に出ていない幾つかの部分をイエスは別の機会に繰り返している。例えば,イエスは山上の垂訓で,祈ることについて(マタ 6:9-13),またお金や物に対するふさわしい見方について(マタ 6:25-34)話した。約1年半後,イエスはそうした点を繰り返して教えたようだ。ルカがそれを記録している。(ルカ 11:2-4; 12:22-31)さらに,ルカは基本的にあらゆる背景のクリスチャンに向けて書いたので,おもにユダヤ人が関心を持つような部分は省いたのかもしれない。(マタ 5:17-27; 6:1-18

貧しいあなたたち: 「貧しい」と訳されているギリシャ語表現は,「貧乏」,「困窮している」,「物乞い」を指す。イエスの山上の垂訓で最初に挙げられている幸福について,ルカが書いたものとマタ 5:3の記述はいくらか異なっている。マタイも「貧しい」に当たるギリシャ語を使っているが,プネウマという語を加えていて,神との関係で窮乏していることと神に依存していることを痛感しているという考えを伝えている。(マタ 5:3,ルカ 16:20の注釈を参照。)ルカの記述は貧しいことについてだけ述べているが,貧しくて虐げられている人たちの方が神の導きの必要を認める傾向があり,神に依存していることをより強く意識するという点で,マタイの記述と一致している。実際イエスは,自分がメシアとして来た重要な理由は「貧しい人に良い知らせを告げる」ことだと述べた。(ルカ 4:18)イエスの後に従い,神の王国の祝福を受ける希望を与えられた人たちは,おもに貧しい一般の人々の中から来ていた。(コ一 1:26-29。ヤコ 2:5)とはいえ,マタイの記述は貧しいというだけで自動的に神の好意を受けられるわけではないことを明らかにしている。それで,山上の垂訓に関する2つの記述の導入部分は互いに補い合っている。

幸福: マタ 5:3,ロマ 4:7の注釈を参照。

その人たちは報いを全部得てしまっています: ギリシャ語アペコーは,「全部持つ」を意味し,「全て受領した」という意味で商取引の受領証によく使われた。偽善者は人に見せるために施しをし,その慈善行為を見た人たちから称賛を受けた。このようにして,得られる報いを全て得てしまった。その人たちが神から何かを受けることは期待できない。

慰めを全て得ている: ギリシャ語アペコーは,「全部持つ」を意味し,「全て受領した」という意味で商取引の受領証によく使われた。イエスは災いについて述べた。それは,裕福な人が経験しがちな痛み,悲しみ,厳しい結果のこと。その人たちが快適で良い生活を送っているというだけでそうなるわけではない。ここでイエスは,富を重視する人は神に仕えず,真の幸福を得る機会を失いかねないことを警告していた。そのような人は,得られる慰めを全て得てしまっているという意味で,「全て受領した」と言える。神はそれ以上を与えない。マタ 6:2の注釈を参照。

敵を愛し続け: イエスの助言はヘブライ語聖書の精神と調和している。(出 23:4,5。ヨブ 31:29。格 24:17,18; 25:21

敵を愛し……続けなさい: マタ 5:44の注釈を参照。

貸す: 利息なしで貸すこと。律法はイスラエル人に,困っている同胞のユダヤ人に利息を付けて貸すことを禁じ(出 22:25),貧しい人に気前よく貸すことを勧めている。(申 15:7,8。マタ 25:27

いつも許しなさい。そうすれば許されます: または,「いつも放免しなさい。そうすれば放免されます」。「許す」と訳されているギリシャ語は字義的には,「自由に行かせる」,「去らせる」,「(囚人などを)解放する」という意味。この文脈のように,裁くことや断罪することと対比して使われる場合,処罰や報復が当然に思えるとしても放免したり許したりするという考えを伝えている。

いつも与えなさい: または,「与え続けなさい」。「与える」に当たるギリシャ語動詞の語形は継続的な行為を表す。

衣服: ここのギリシャ語は字義的には,「懐(胸)」を意味するが,この文脈では,衣服を帯の上でゆったりさせてできた部分を指すと思われる。「衣服に……注ぎ込[む]」とは,その部分に客が買った品物を入れる商人たちの習慣を指しているのかもしれない。

例え: または,「例え話」。ギリシャ語パラボレーは字義的には,「そばに(一緒に)置く」という意味で,例え話,格言,例えなどの形を取る。イエスはある事柄を説明するのによく似た事柄になぞらえる,つまり「そばに置く」ことが度々あった。(マル 4:30)イエスの例えは短い話でたいていは創作的なものであり,そこから道徳上また宗教上の真理を引き出すことができた。

例え: または,「例え話」。マタ 13:3の注釈を参照。

わら……材木: イエスはここで強烈な誇張法を使って,兄弟に対して批判的な人を描写している。ささいな欠点が「わら」のように小さなものに例えられている。ギリシャ語カルフォスは「わら」だけでなく木くずも指せるので,「おがくず」や「ちり」と訳している聖書もある。この批判的な人は,道徳感覚や判断力など兄弟の比喩的な視力に欠陥があるとほのめかす。「わらを取り除かせてください」と言って,物事を一層はっきり見て正しい判断ができるよう兄弟を助けられると偉そうに主張している。しかしイエスは,批判的な人の比喩的な視力と判断力が,屋根を支える丸太や梁のような「材木」によって損なわれていると言っている。(マタ 7:4,5)この印象的で,しかもユーモアのある対比からイエスが大工の仕事に通じていたことが分かる,という見方もある。

わら……材木: マタ 7:3の注釈を参照。

偽善者よ!: ギリシャ語ヒュポクリテースは元々,大きな仮面を着けて声を増幅し本人と分からなくしたギリシャ(後にはローマ)の舞台俳優を指す。この語は隠喩として使われるようになり,自分の本当の意図や性格を見せ掛けで隠す人のことを表した。イエスはマタ 6:5,16で,ユダヤ人の宗教指導者を「偽善者たち」と呼んでいる。ここ(ルカ 6:42)でこの語を用いて,自分の欠点を無視して人の欠点に注目するなら弟子たちもそう呼ばれるということを述べている。

洪水: イスラエルで冬の突然の嵐は,特にテベトの月つまり12月から1月にかけて珍しいことではなく,強風,豪雨,鉄砲水をもたらす。付録B15参照。

メディア

ガリラヤ湖の北岸,北西を望む
ガリラヤ湖の北岸,北西を望む

1. ゲネサレの平原。幅5キロ,奥行き2.5キロほどの肥沃な三角形の平原。この地域の湖岸沿いで,イエスは漁師のペテロ,アンデレ,ヤコブ,ヨハネを宣教に加わるよう招いた。(マタ 4:18-22

2. 伝承によれば,イエスはここで山上の垂訓を語った。(マタ 5:1。ルカ 6:17,20

3. カペルナウム。イエスはこの町に住まいを定め,町の中か近くでマタイを見つけた。(マタ 4:13; 9:1,9

衣服のゆったりした部分
衣服のゆったりした部分

聖書時代のイスラエル人が着た衣服は胸の辺りがゆったりしていた。帯の上で衣服をだぶつかせ,その部分を大きな袋のように使って穀物やお金やその他の物を入れることができた。赤ん坊や子羊を入れて運ぶこともできた。(出 4:6,7。民 11:12。王二 4:39。ヨブ 31:33。イザ 40:11ルカ 6:38で「衣服」と訳されているギリシャ語は字義的には,「懐(胸)」を意味するが,この文脈では,衣服を袋のようにした部分を指す。「衣服に……注ぎ込[む]」とは,ゆったりした衣服のその部分に客が買った品物を入れる商人たちの習慣を指しているのかもしれない。

イチジク,ブドウ,いばら
イチジク,ブドウ,いばら

イエスは例えで使う植物をよく選んだに違いない。例えば,イチジク(1)とブドウ(2)は多くの聖句で一緒に出ていて,ルカ 13:6のイエスの言葉も,多くの場合ブドウ園にイチジクの木が植えられていたことを示している。(王二 18:31。ヨエ 2:22)「自分のブドウの木やイチジクの木の下」に座るという表現は,平和,繁栄,安全の象徴だった。(王一 4:25。ミカ 4:4。ゼカ 3:10)一方,いばらとアザミは,アダムが罪を犯してエホバが地面に災いを宣告した時の言葉に出てくる。(創 3:17,18)イエスがマタ 7:16で述べたいばらがどの種類かははっきり分からない。この写真(Centaurea iberica)(3)はアザミの一種で,イスラエルで野生している。