ルカ​に​よる​福音​書 24:1-53

24  しかし,週の最初の日の朝とても早くに,女性たちは準備した香料を持って墓に来た+  ところが,墓の入り口から石が転がしてどけてあった+  中に入ってみると,主イエスの体が見当たらなかった+  当惑していると,何と,光り輝く衣服を着た2人の人が現れた。  女性たちが恐れて顔を上げずにいたので,2人は言った。「なぜ,生きている者を墓の中で捜しているのですか+  イエスはここにはいません。生き返りました。彼がガリラヤにいた時に話したことを思い出しなさい。  『人の子は必ず,罪深い人々に引き渡されて杭に掛けられて死に,3日目に生き返る』と言いました+」。  女性たちはイエスの言葉を思い出し+  墓*から戻って,この全てを11人とほかの全員に報告した+ 10  マリア・マグダレネ,ヨハンナ,ヤコブの母親マリア,また一緒にいたほかの女性たちも+,これらのことを使徒たちに告げるのだった。 11  しかし,11人とほかの人たちにとってそうした話はあり得ないことに思え,女性たちを信じようとしなかった。 12  けれどもペテロは立って墓*に走っていった。そして前かがみになってのぞいたが,亜麻布しか見えなかった。それで,起きた事柄を不思議に思いながら去っていった。 13  その同じ日,弟子の2人がエルサレムから約11キロ離れたエマオという村へ旅をし, 14  この全ての出来事について語り合っていた。 15  2人が語り合い,論じ合っていると,当のイエスが近づいてきて一緒に歩き始めた。 16  ところが,2人はイエスだとは見分けられずにいた+ 17  イエスは言った。「歩きながら何のことを論議しているのですか」。2人は悲しそうな顔をして立ち止まり, 18  クレオパという人が答えた。「あなたはよそからエルサレムに来て1人で住んでいるために,最近そこで起きたことを知らないのですか*」。 19  イエスが,「どんなことですか」と尋ねると,2人は言った。「ナザレ人イエス+に関することです。その人は,神と全ての人の前で行いも言葉も強力な預言者であることを示しました+ 20  私たちの祭司長や支配者たちは彼を引き渡して死刑宣告を受けさせ+,杭にくぎ付けにしました+ 21  しかし私たちは,この人がイスラエルを救出する方だという希望を抱いていました+。それなのに,これらのことが起きてから今日で3日目です。 22  その上,仲間の女性たちにも非常に驚かされました。というのは,女性たちは朝早く墓*に行きましたが+ 23  その遺体は見つからず,戻ってきて,天使たちを見たことを話してくれました。そして,天使たちが彼は生きていると言ったというのです。 24  私たちの仲間が何人か墓*に出掛けていき+,女性たちが言った通りなのを見たのですが,彼の姿は見ませんでした」。 25  するとイエスは言った。「ああ,無分別で心が鈍い人たち! どうして預言者たちが語った全てのことを信じないのですか。 26  キリストはこうした苦しみを経て栄光を受ける+必要があったのではありませんか+」。 27  そして,モーセと全ての預言者の書+から始めて,聖書全巻にある自分に関連した事柄を2人に解き明かした。 28  ついに,2人が目指す村の近くに来た。イエスはさらに旅を続ける様子を見せた。 29  しかし2人は,とどまるように勧め,こう言った。「一緒に泊まってください。そろそろ夕方で,1日ももう終わりですから」。そこでイエスは一緒に泊まるため中に入った。 30  一緒に食事をして*いた時,イエスはパンを取って祈り,それを割って2人に渡し始めた+ 31  そこで2人の目はすっかり開かれ,それが誰なのかが分かった。しかしイエスの姿は見えなくなった+ 32  2人は互いに言った。「あの方が道中,話してくれた時,聖書をはっきり説明してくれた時,私たちの心は燃えていたではないか」。 33  2人はすぐさま立ち上がってエルサレムに戻った。11人と他の人たちが集まっていて, 34  「主は本当に生き返って,シモンの前に現れたのだ!」と言っていた+ 35  2人も,道中での出来事や,パンを割った時にイエスだと分かったということを話した+ 36  こうしたことを話していたところ,当のイエスが皆の真ん中に立ち,「あなたたちに平和がありますように」と言った+ 37  しかし弟子たちは仰天して恐れ,自分たちは幻影を見ているのだと思った+ 38  それでイエスは言った。「なぜ動揺しているのですか。なぜ心に疑いを抱くのですか。 39  私の手と足を見なさい。間違いなく私です。私に触り,見てみなさい。幻影であれば,あなたたちが見ているような肉体*はありません」。 40  このように言いながら,手と足を弟子たちに見せた。 41  それでも弟子たちがあまりの喜びと驚きで信じられずにいると,イエスは,「そこに何か食べ物がありますか」と言った+ 42  焼き魚を渡すと, 43  イエスはそれを受け取り,皆の目の前で食べた。 44  イエスは弟子たちに言った。「まだあなたたちと一緒にいた時に話した通り+,私について,モーセの律法の中,また預言者と詩編の書の中に書いてあることは全て必ず実現します+」。 45  そして,聖書の意味を把握できるよう弟子たちの思考を十分に刺激してから+ 46  こう言った。「このように書いてあります。キリストは苦しみを受け,3日目に生き返り+ 47  その名によって,罪の許しのために悔い改めるようにとの知らせが+,エルサレムから始めて+全ての国の人々に伝えられます+ 48  あなたたちはこれらのことの証人となります+ 49  そして,私はあなたたちの上に,天の父が約束したものを送ります。しかし,高い所からの力を授けられるまでは都にいなさい+」。 50  イエスは弟子たちをベタニヤまで連れていき,両手を上げて彼らのために祝福を願った。 51  そして祝福を願っているうちに彼らから離れ,天に上げられた+ 52  弟子たちはイエスに敬意を表し,大きな喜びを抱いてエルサレムに帰った+ 53  そしていつも神殿にいて,神を賛美していた+

脚注

または,「記念の墓」。
または,「記念の墓」。
もしかすると,「エルサレムを訪れたのに,最近そこで起きたことをあなただけが知らないのですか」。
または,「記念の墓」。
または,「記念の墓」。
または,「食卓で横になって」。
直訳,「肉と骨」。

注釈

週の最初の日: ニサン16日のこと。ユダヤ人にとって,安息日の翌日が週の最初の日だった。

香料を買った。イエスの体に付け: イエスの体はすでに「ユダヤ人の習慣通り」に葬る処置がなされていた。(ヨハ 19:39,40)とはいえ,イエスは安息日が始まる3時間ほど前に亡くなり,ユダヤ人は安息日にその種のことを行えなかったので,それは急いでなされたと思われる。それで,安息日の翌日つまりイエスの処刑から3日目のこの日に,女性たちは香料と油をさらに足しに来たのだろう。遺体を長持ちさせるためだったのかもしれない。(ルカ 23:50–24:1)遺体を包んだ布の上から香料と油を付けるつもりだったと思われる。

墓: または,「記念の墓」。ここでは自然の洞窟ではなく,軟らかい石灰岩をくりぬいた穴倉や部屋。こうした墓にはたいてい,死体を横たえる棚やくぼみがあった。用語集の「記念の墓」参照。

週の最初の日: マタ 28:1の注釈を参照。

準備した香料: マル 16:1の注釈を参照。

墓: マタ 27:60の注釈を参照。

石: 円形の石と思われる。この節ではそれを入り口に転がしたとあり,マル 16:4ではイエスが復活した時,それが「転がしてどけてあった」と記されている。1トン以上あったかもしれない。マタイは「大きな石」と述べている。(マタ 27:60

石: マル 15:46の注釈を参照。

主イエスの: 一部の写本にはこの語句が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。数々の古代写本を使ってギリシャ語の本文をどのように確定するかについては付録A3参照。

光り輝く衣服を着た2人の人: 天使を指す間接的な言い方。(ルカ 24:23と比較。)使徒 1:10では,天使が「白い服を着た2人の人」と述べられている。

イエスはここにはいません。生き返りました: 一部の写本にはこれに相当する語句が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。付録A3参照。

杭に掛けられて: ギリシャ語聖書にギリシャ語動詞スタウロオーは40回以上出てくるが,ここはその最初の箇所。「苦しみの杭」と訳されるギリシャ語名詞スタウロスの動詞形。(マタ 10:38; 16:24; 27:32の注釈と,用語集の「」,「苦しみの杭」を参照。)この動詞は,セプトゥアギンタ訳のエス 7:9で,ハマンを高さ20メートルの杭に掛けるようにとの命令で使われている。古典ギリシャ語で,この動詞は「杭で柵を巡らす」,「とがった杭で防御柵を作る」を意味した。

杭に掛けられて: または,「杭(棒)に留められて」。マタ 20:19の注釈と,用語集の「」,「苦しみの杭」を参照。

イエスが生き返ったことを弟子たちに告げなさい: この女性たちは弟子たちの中で最初にイエスの復活を告げられただけでなく,他の弟子たちに知らせるようにとの指示も受けた。(マタ 28:2,5,7)聖書に基づかないユダヤ人の伝統では,女性が法廷で証言することは許可されていなかった。対照的に,エホバの天使はこの喜びある務めを与えて女性たちを重んじていることを示した。

墓から: 一部の写本にはこの語句が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。

この全てを11人……に報告した: ルカ 24:4で「光り輝く衣服を着た2人の人」と言われている天使たちは,イエスの復活の知らせを最初に男性の弟子たちに伝えることもできたはずだが,イエスの復活を最初に知らせてもらったのは女性たちだった。(ルカ 24:6-9。ヨハ 20:11-18)女性たちは,「11人とほかの[弟子たち]全員に」復活を報告する栄誉も与えられた。さらに,マリア・マグダレネは,復活したイエスを最初に見た弟子たちの1人だった。(ヨハ 20:16マタ 28:7の注釈を参照。

マグダレネと呼ばれるマリア: しばしばマリア・マグダレネと呼ばれるこの女性はイエスの伝道の2年目に関するこの記述に初めて出てくる。マグダレネ(「マグダラの」という意味)という呼び名は,カペルナウムとティベリアのほぼ中間に位置するガリラヤ湖西岸の町マグダラに由来すると思われる。そこがマリアの出身地か居住地だったという説もある。マリア・マグダレネは特にイエスの死と復活に関する記述の中で際立っている。(マタ 27:55,56,61。マル 15:40。ルカ 24:10。ヨハ 19:25

マリア・マグダレネ: ルカ 8:2の注釈を参照。

ヨハンナ: 「エホバは恵みを与えてくださった」,「エホバは慈悲深い」という意味のヘブライ語名エホハナンの短縮で女性形。ヨハンナはイエスに病気を癒やされた。ヘロデ・アンテパスに仕える役人クーザの妻。ギリシャ語聖書で2回だけ,ルカの福音書にのみ出ている。(ルカ 8:2,3

けれども……去っていった: 一部の写本にはこの節全体が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。付録A3参照。

約11キロ: 直訳,「60スタディオン」。1ローマ・スタディオンは185メートルに相当する。付録B14参照。

解き明かした: ここのギリシャ語ディエルメーネウオーは,「ある言語から別の言語に翻訳する」という意味で使われる。(使徒 9:36。コ一 12:30,脚注)とはいえ,「意味を明らかにする」,「十分に説明する」という意味もある。この節では,預言の意味を解き明かすことを指している。

聖書をはっきり説明して: 「すっかり開く」という意味のギリシャ語動詞(ディアノイゴー)がこの章に3回使われている。最初はルカ 24:31で,2人の弟子の「目」が「すっかり開かれ」た様子を指して使われ,自分たちがイエスと話していると分かったことを述べている。2つ目はここのルカ 24:32で,「すっかり解いて」という意味で使われている。3つ目はルカ 24:45で,イエスが弟子たちの思考を「十分に刺激して」,ヘブライ語聖書の意味を把握できるようにしたことを指して使われている。同じギリシャ語が使われている使徒 7:56,「開いて」; 16:14,「大きく開いて」; 17:3,「説明した[直訳,「完全に開いた」]」も参照。

燃えて: この表現は,歓喜や喜びなどの強い感情を表すために比喩的に使われているギリシャ語を訳したもので,強い関心や熱意という考えを含む。ここでは,イエスがヘブライ語聖書をはっきり説明もしくはすっかり解いた時の2人の弟子の反応を表現している。

「あなたたちに平和がありますように」と言った: 一部の写本にはこの語句が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。

幻影: ここのギリシャ語はプネウマで,神や天使など目に見えない存在を指すこともあるが,弟子たちは幻影や幻を指してこの語を使っていたと思われる。イエスは自分の手と足を弟子たちに見せ,こう言った。「私に触り,見てみなさい。幻影であれば,あなたたちが見ているような肉体はありません」。(ルカ 24:39)これは,過去の天使と同様,弟子たちに見えるように人間の姿で現れたことを示している。(創 18:1-8; 19:1-3

私の手と足: ローマ人の間では,イエスの場合のように,罪に問われた者の両手(恐らく両足も)を杭にくぎ付けにすることが習慣となっていた。(詩 22:16。ヨハ 20:25,27。コロ 2:14)学者の中にも,イエスの両足がくぎで刺し通され,杭に直接,または杭に取り付けられた小さな台に留められたと考える人たちがいる。

このように……見せた: 一部の写本にはこの節全体が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。付録A3参照。

魚: 後代の一部の写本は「と蜜蜂の巣」という語句を加えているが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれていない。

モーセの律法の中,また預言者と詩編の書の中: イエスは,ヘブライ語聖書全体をユダヤ人が用いてよく知っていた仕方で区分していたと思われる。「律法」(ヘブライ語,トーラー)は,聖書の創世記から申命記までの書を指す。「預言者」(ヘブライ語,ネビーイーム)の書は,ヘブライ語聖書の預言書を指し,それにはいわゆる前預言書(ヨシュア記から列王記まで)が含まれる。「詩編」は3番目の区分を指し,ヘブライ語聖書の残りの書を含み,諸書,ヘブライ語ではケトゥービームと呼ばれる。「詩編」という名称が使われているのは,3番目の区分の最初の書だったから。「タナッハ」(Tanakh)は,ユダヤ人が使うヘブライ語聖書の呼び方で,3つの区分の頭文字T,N,Kを組み合わせたものから来ている。イエスがこれら3つの語を使ったことは,イエスが地上にいた時にヘブライ語聖書の正典が十分に確立されていて,イエスが認めていたことを示している。

あなたたちは……証人となります: これは,イエスが死と復活を含めてイエスの生涯と宣教の「証人とな」るよう弟子たちに告げた箇所の1つ。(ヨハ 15:27と比較。)弟子たちは忠実なユダヤ人で,すでにエホバの証人であり,エホバが唯一の真の神であることを証言していた。(イザ 43:10-12; 44:8)ここに記されている出来事から約40日後,イエスは,イエスの証人になるという新しい務めをもう1度述べてさらに銘記させた。

天の父が約束したもの: ヨエ 2:28,29ヨハ 14:16,17,26で約束されていた聖なる力のこと。これは,地上全域で証人となるようイエスの弟子たちを力づける。(使徒 1:4,5,8; 2:33

都: エルサレムのこと。

ベタニヤ: オリーブ山の東南東斜面にあった村で,エルサレムから3キロほど。(ヨハ 11:18)この村にあったマルタ,マリア,ラザロの家はユダヤでのイエスの拠点だったようだ。(ヨハ 11:1)今日,そこには「ラザロの場所」という意味のアラビア語名を持つ小さな村がある。

イエスは: 使徒 1:3-9は,イエスの昇天が復活から40日後だったことを示している。ルカ 24:1-49に記されているイエスの復活の日(ニサン16日)の出来事と,この節から章の最後までに述べられている昇天の日(イヤル25日)の出来事との間には,時間的な隔たりがある。付録A7参照。

ベタニヤ: マタ 21:17の注釈を参照。

天に上げられた: 一部の写本にはこの語句が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。さらに,ルカは使徒 1:1,2で自分の「最初の記述」つまりルカの福音書に触れ,「天に上げられた日まで」のイエスの生涯と宣教を記したと述べている。それで,聖なる力に導かれた福音書の記述に,イエスの昇天に関するこの語句を含めたと考えるべきだろう。

敬意を表する: または,「ひざまずく」,「ひれ伏す」。ギリシャ語動詞プロスキュネオーは,神や神とされる者への崇拝について述べる場合,「崇拝する」と訳される。しかしこの文脈で,占星術師たちは「ユダヤ人のとして生まれた方」について尋ねているので,神ではなく人間の王への敬意について述べていることは明らか。同様の用例がマル 15:18,19にあり,イエスをからかい,「ひれ伏し」て「ユダヤ人の王」と呼んだ兵士にこの語が使われている。マタ 18:26の注釈を参照。

に敬意を表し: または,「にひざまずき」,「にひれ伏し」,「を敬い」。ヘブライ語聖書中の人たちも,預言者や王その他,神の代理を務める人に会った時に,ひれ伏した。(サ一 25:23,24。サ二 14:4-7。王一 1:16。王二 4:36,37)この男性は,人々を癒やす力を持つ神の代理者に話していることを認識していたと思われる。エホバの指名された王に敬意を示すためにひざまずくのは適切なことだった。(マタ 9:18)ここで使われているギリシャ語については,マタ 2:2の注釈を参照。

敬意を表した: または,「ひざまずいた」,「敬った」。弟子たちはイエスを神の代理と認めた。神ではなく「神の子」として敬意を示した。マタ 2:2; 8:2; 18:26の注釈を参照。

に敬意を表し: または,「にひざまずき」,「を敬い」。ユダヤ人ではないこの女性は,イエスを「ダビデの子」と呼んだので(マタ 15:22),イエスを約束のメシアと認めていると思われる。イエスを神ではなく神の代理と見て敬意を示している。マタ 2:2; 8:2; 14:33; 18:26の注釈を参照。

イエスに敬意を表し: 一部の写本にはこれに相当する語句が含まれていないが,権威ある初期の幾つかの写本には含まれている。付録A3参照。

に敬意を表し: または,「にひざまずき」,「にひれ伏し」,「を敬い」。ギリシャ語動詞プロスキュネオーは,神や神とされる者への崇拝について述べる場合,「崇拝する」と訳される。(マタ 4:10。ルカ 4:8)しかし,この文脈で弟子たちは,復活したイエスを神の代理と認めた。神ではなく「神の子」,予告されていた「人の子」,神から権威を受けたメシアとして敬意を示した。(マタ 16:13-16。ルカ 1:35。ヨハ 9:35-38)これは,ヘブライ語聖書中の人たちが,預言者や王その他,神の代理を務める人に会った時に,ひれ伏したのと同様。(サ一 25:23,24。サ二 14:4。王一 1:16。王二 4:36,37)そうした以前の時代と同じく,イエスに表された敬意は多くの場合,神の啓示に感謝していることや神の恵みを認めていることを表明するものだった。(マタ 14:32,33; 28:5-10,16-18。ヨハ 9:35,38マタ 2:2; 8:2; 14:33; 15:25の注釈も参照。

いつも神殿にいて: イエスが処刑された後,弟子たちは敵を恐れ,戸に鍵を掛けて集まっていた。(ヨハ 20:19,26)しかし,イエスから啓発を受けたこと(使徒 1:3),またイエスが復活の40日後に天に昇るのを目撃したことによって強められた。それで勇気を持って多くの人の前に出,神を賛美した。ルカは福音書で始めたこの記述を「使徒の活動」へと続けて,弟子たちの熱心な活動を記録している。

メディア

かかとの骨のくぎ
かかとの骨のくぎ

この写真は,11.5センチの鉄のくぎが突き刺さった,人間のかかとの骨の複製。実物は,1968年にエルサレム北部で発掘されたローマ時代のもの。これは,処刑の際,人を木の杭に留めるために恐らくくぎが使われたことを示す考古学的証拠になっている。ローマの兵士たちはイエス・キリストを杭に掛けた時,同様のくぎを使用したかもしれない。このかかとの骨は石の納骨箱の中で発見された。納骨箱には,遺体が朽ちた後の乾いた骨が納められた。このことは,杭に掛けられて処刑された人でも葬られる場合があったことを示している。