ルカ​に​よる​福音​書 16:1-31

16  イエスは弟子たちにも言った。「ある裕福な男性に仕える家の管理人+が,主人の物を浪費していると訴えられました。  そこで主人は管理人を呼んで言いました。『私の耳に入ったこのことはどういうことですか。管理人として行った取引の報告を出しなさい。あなたにはもうこの家を管理させません』。  管理人は心の中で言いました。『どうしよう。主人は管理人の仕事をさせないつもりだ。私は土掘りをするほど強くないし,物乞いをするのは恥ずかしい。  そうだ,いい考えがある。こうすれば,管理人を辞めさせられた時に人々が家に迎え入れてくれるはずだ』。  管理人は主人の債務者を一人一人呼びました。最初の人に,『私の主人にどれくらい借りがありますか』と言いました。  彼は答えました。『オリーブ油100杯分です』。管理人は言いました。『契約書を受け取って座り,急いで50と書きなさい』。  次に,別の人に言いました。『さてあなたは,どれくらい借りがありますか』。彼は答えました。『小麦100袋分です』。管理人は言いました。『契約書を受け取って,80と書きなさい』。  主人は管理人を褒めました。正しい人とは言えませんが,役立つ知恵を使ったからです。今の体制の人々は自分たちの世代に対して,光の中にいる人々+より,役立つ知恵を上手に使うのです。  また,あなたたちに言いますが,この世の富によって友をつくり+,そうした物が尽きた時に永遠の住まいに迎え入れてもらえるようにしなさい+ 10  ごく小さなことに忠実な人は多くのことにも忠実であり,ごく小さなことで不正をする人は多くのことでも不正をします。 11  それで,あなたたちがこの世の富に関して忠実であることを示していないなら,誰があなたたちに本当に価値あるものを託すでしょうか。 12  そして,ほかの者の所有するものに関して忠実であることを示していないなら,誰があなたたちに,あなたたちのための*ものを与えるでしょうか+ 13  どんな召し使いも2人の主人の奴隷となることはできません。一方を憎んで他方を愛するか,一方に尽くして他方を軽く見るかです。神と富との奴隷になることはできません+」。 14  お金を愛するパリサイ派の人たちがこの全てを聞いていて,イエスのことを冷笑し始めた+ 15  イエスは言った。「あなた方は人前で自分を正しく見せますが+,神はあなた方の心を知っています+。人の間で重んじられるものは,神から見て極めて不快なものなのです+ 16  律法と預言者の言葉が広められたのはヨハネの時まででした。それ以降は,神の王国が良い知らせとして広められており,誰もがその王国に入ろうとひたむきに努力しています+ 17  天地が消え去るとしても,律法の文字の1画が実現せずになくなることはありません+ 18  妻を離婚して別の女性と結婚する人は皆,姦淫をすることになり,夫に離婚された女性と結婚する人は姦淫をすることになります+ 19  ある裕福な男性が紫布や亜麻布の服で装い+,毎日ぜいたくに楽しく暮らしていました。 20  一方,その家の門の所に,潰瘍だらけのラザロという物乞いがいて, 21  裕福な男性の食卓から落ちる物でおなかを満たしたいと思っていました。その上,犬が来ては潰瘍をなめるのでした。 22  やがてラザロは死に,天使によってアブラハムのそばに運ばれました。 また,裕福な男性も死んで葬られました。 23  そして墓の中で苦しみながら目を上げると,遠くにアブラハムがいて,そのそばにラザロがいるのが見えました。 24  それで呼び掛けて言いました。『父アブラハム,私に憐れみを掛け,ラザロを遣わして,彼が指先を水に浸して私の舌を冷やすようにしてください。私はこの燃え盛る火の中で苦しんでいます』。 25  しかしアブラハムは言いました。『あなたが生きている間に良い物を満喫し,ラザロが悪い物を受けたことを思い出しなさい。しかし今,ラザロはここで慰められ,あなたは苦しんでいます+ 26  しかも,私たちとあなた方との間には大きくて深い裂け目が設けられており,ここからあなた方の所に行きたいと思う者たちもそうできず,人々がそこから私たちの所に渡ってくることもできません』。 27  すると彼は言いました。『それなら,お願いです。ラザロを私の父の家に遣わしてください。 28  私には5人の兄弟がいます。彼らもこの苦しみの場所に来ることがないように,ラザロがしっかり言い聞かせるのです』。 29  しかしアブラハムは言いました。『彼らにはモーセと預言者の言葉があります。それに従えばよいのです+』。 30  彼は言いました。『いいえ,それは無理です,父アブラハム。でも誰かが生き返って行けば,彼らは悔い改めます』。 31  しかしアブラハムは言いました。『モーセや預言者の言葉に従わないなら+,誰かが生き返っても,やはり説得されないでしょう』」。

脚注

または,「あなたたち自身の」。

注釈

管理人: または,「家令」,「家の管理人」。ギリシャ語オイコノモスは,自らも召し使いだが召し使いたちの上に立てられた人を指す。古代には,主人の物事を任された忠実な奴隷がそのような立場を占めることが多かった。それで,非常に信頼された立場だった。アブラハムの「全所有物を管理していた」従者もそのような家令もしくは家の管理人だった。(創 24:2)これは創 39:4に記されているようにヨセフにも当てはまる。イエスのこの例えで「管理人」が単数形だからといって,特定の1人だけを表すとは限らない。聖書には,人々の集団を指して単数名詞が使われている例がある。エホバはイスラエル国民に呼び掛けて,「あなたたちは私の証人[複数形]である。私に仕える者[単数形]であり,私が選んだのである」と語った。(イザ 43:10)同じように,ここの例えも集合体としての管理人について述べている。マタ 24:45にある同様の例えで,この管理人は「忠実で思慮深い奴隷」と呼ばれている。

家の管理人: または,「家令」。ルカ 12:42の注釈を参照。

100杯分: または,「100バト」。ギリシャ語バトスはヘブライ語のバトに等しいと見る学者たちがいる。古代ヘブライ文字で「バト」という表示の付いたつぼのかけらに基づいて,1バトはおよそ22リットルと考えられている。用語集の「バト」と付録B14参照。

100杯分: または,「100バト」。ギリシャ語バトスはヘブライ語のバトに等しいと見る学者たちがいる。古代ヘブライ文字で「バト」という表示の付いたつぼのかけらに基づいて,1バトはおよそ22リットルと考えられている。用語集の「バト」と付録B14参照。

100袋分: または,「100コル」。ギリシャ語コロスはヘブライ語のコルに等しいと見る学者たちがいる。1コルは10バトに当たる。1バトは22リットルと考えられているので,1コルは220リットルになる。ルカ 16:6の注釈,用語集の「バト」と「コル」,付録B14を参照。

思慮深い: ここで使われているギリシャ語は理解力という考えを伝えていて,それは洞察力,先見の明,識別力,慎重さ,役立つ知恵と結び付いている。同じギリシャ語がマタ 7:2425:2,4,8,9で使われている。セプトゥアギンタ訳はこの語を創 41:33,39でヨセフに関して使っている。

思慮深い者: または,「賢い者」。ここで使われているギリシャ語の形容詞フロニモスは理解力という考えを伝えていて,それは洞察力,先見の明,識別力,慎重さ,役立つ知恵と結び付いている。ルカはルカ 16:8で,同じギリシャ語の別の語形を使っていて,そこでは「役立つ知恵を上手に」と訳されている。同じギリシャ語がマタ 7:24; 25:2,4,8,9で使われている。セプトゥアギンタ訳はこの語を創 41:33,39でヨセフに関して使っている。

役立つ知恵を使った: または,「抜け目なく(思慮深く)行動した」。ギリシャ語フロニモースはここで「役立つ知恵を使って」という意味に訳されている。関連する形容詞はこの節の後半では役立つ知恵を上手にと訳され,マタ 7:24; 24:45; 25:2ルカ 12:42では「思慮深い」と訳されている。マタ 24:45,ルカ 12:42の注釈を参照。

今の体制: ギリシャ語アイオーンは,基本的に「時代」という意味で,特定の期間,時期,または時代を特色づける情勢や特徴を指せる。この文脈では,現在の正しくない体制と世俗的な生き方を指す。用語集の「体制」参照。

富: 伝統的に「マモン」と訳されるギリシャ語マモーナース(セム語系の言語に由来)は,「お金」とも訳せる。ここで「富」は主人もしくは偽りの神として擬人化されている。ただし,この語が特定の神の名前として使われたという確証はない。

この世の富: 直訳,「不正のマモン」。伝統的に「マモン」と訳されるギリシャ語マモーナース(セム語系の言語に由来)は,お金や富を指すと一般に理解されている。(マタ 6:24の注釈を参照。)イエスがこの種の富を正しくないものと見たのは,それらが罪深い人間によってコントロールされ,往々にして利己的な目的に使われ,しばしば不正行為によって取得されるからだと思われる。富を所有したり欲しがったりすると,不法な行為をすることもある。文字通りの富は価値が失われることもあるので,そのような富を持っている人はそれに頼るべきではない。(テモ一 6:9,10,17-19)永遠の住まいに迎え入れてくださるエホバとイエスの友となるためにそれを使うべき。

友: 天にいる友,エホバ神とイエス・キリストのこと。「永遠の住まい」に迎え入れることができるのはこのお二人だけ。

永遠の住まい: 直訳,「永遠の天幕」。永遠の新しい世界での完璧な住まいを指すと思われる。それは,イエス・キリストと共になる天の王国か,その王国の統治下でパラダイスとなった地上でのこと。

自分の命以上に私を愛さない: または,「自分の命を憎まない」。聖書で使われている「憎む」という語には幾つかの意味合いがある。この語は,人を傷つけようとする悪意ある敵対心を意味する場合がある。もしくは,ある人や物と何の関わりも持ちたくないという激しい嫌悪感を指すこともある。あるいは単に,より少なく愛するという意味で使われる場合もある。例えば,ヤコブはレアを「憎[み]」,ラケルを愛したと言われているが,これは,ヤコブがラケルを愛するほどにはレアを愛さなかったという意味であり(創 29:31,脚注。申 21:15,脚注),古代ユダヤの文献でもこの語が同様の意味で使われている。それでイエスは,弟子になる人が自分の家族や自分自身に敵対心や嫌悪を感じるべきだと言っていたのではない。そうでなければ,聖書の他の部分と矛盾することになる。(マル 12:29-31,エフ 5:28,29,33と比較。)この文脈で,「憎む」という語は「より少なく愛する」とも訳せる。

富: 伝統的に「マモン」と訳されるギリシャ語マモーナース(セム語系の言語に由来)は,「お金」とも訳せる。ここで「富」は主人もしくは偽りの神として擬人化されている。ただし,この語が特定の神の名前として使われたという確証はない。

奴隷: 奴隷は通常,1人の主人に所有されている。クリスチャンは神に対して当然の全くの専心を捧げながら所有物を集めることにも専念することはできない,という点をイエスはここで述べている。

憎んで: 専心の度合いが低いということ。ルカ 14:26の注釈を参照。

富: マタ 6:24の注釈を参照。

奴隷になる: マタ 6:24の注釈を参照。

預言者の書と律法: 「律法と預言者の書」(マタ 5:17; 7:12; 22:40。ルカ 16:16)という通常の語順と逆になっている唯一の箇所。全体的な意味は変わらないと思われるが(マタ 5:17の注釈を参照),ここでは聖書の預言的な側面の方が強調されているようだ。律法でさえ預言したとあり,預言的な要素が強調されている。

律法と預言者: 「律法」は聖書の創世記から申命記までの書,「預言者」はヘブライ語聖書の預言書を指す。とはいえ,これらの語が一緒に使われる時,それはヘブライ語聖書全体を意味する場合がある。(マタ 5:17; 7:12; 22:40マタ 11:13の注釈を参照。

ひたむきに努力しています: ここで使われているギリシャ語は,力強い行動と努力という基本的な考えを伝えている。これらを良くない意味(暴力を振るっているか受けているという意味)に理解する聖書翻訳者もいるが,神の王国が良い知らせとして広められておりという文脈からすると,「熱意を持って追い求める」,「熱烈に求める」という良い意味に理解するのが妥当。伝えられる神の王国の良い知らせに応じた人たちの力強い行動や努力を述べていると思われる。そのようにして,王国の成員となる見込みが得られる。

文字の1画: 幾つかのヘブライ文字は小さな1画で他の文字と区別された。イエスの誇張法によって,神の言葉がごく小さな点まで実現することが強調された。

文字の1画: イエスの時代のヘブライ語アルファベットで,幾つかの文字は小さな1画で他の文字と区別された。イエスの誇張法によって,神の言葉がごく小さな点まで実現することが強調された。マタ 5:18の注釈を参照。

性的不道徳: ギリシャ語ポルネイアは,聖書の基準に反するあらゆる性行為を広く指す語。姦淫,売春,結婚していない人同士の性関係,同性愛,獣姦などが含まれる。用語集参照。

姦淫をし: 結婚している人が性的に不忠実な行為をすること。ここでギリシャ語動詞モイケウオーが使われていて,引用元の出 20:14申 5:18には,それに対応するヘブライ語動詞ナーアフがある。聖書で,姦淫は結婚している人とその配偶者ではない人との間の意図的な「性的不道徳」行為のこと。(マタ 5:32の注釈と比較。そこには,ギリシャ語ポルネイアの訳である「性的不道徳」という語の説明がある。)モーセの律法が有効だった間,他の人の妻や他の人の婚約者と意図的に性関係を持つことは姦淫と見なされた。

妻に対して姦淫の罪を犯す: イエスはここで,男性は「どんな理由でも」妻を離婚することが許されるという,当時浸透していたラビの教えを一蹴している。(マタ 19:3,9妻に対して姦淫の罪を犯すというのは,ほとんどのユダヤ人にとってなじみのない概念だった。ラビは,夫が妻に対して姦淫の罪を犯すことはあり得ず,女性だけが不忠実になり得ると教えていた。イエスは,夫に妻と同一の道徳上の義務を課すことによって,女性の尊厳を重んじその身分を高めた。

性的不道徳: ギリシャ語ポルネイアは,聖書の基準に反するあらゆる性行為を広く指す語。姦淫,売春,結婚していない人同士の性関係,同性愛,獣姦などが含まれる。用語集参照。

姦淫をする: ここのギリシャ語動詞モイケウオーは,結婚している人が性的に不忠実な行為をすることを指す。聖書で,姦淫は結婚している人とその配偶者ではない人との間の意図的な「性的不道徳」行為のこと。(マタ 5:32の注釈と比較。そこには,ギリシャ語ポルネイアの訳である「性的不道徳」という語の説明がある。)モーセの律法が有効だった間,他の人の妻や他の人の婚約者と性関係を持つことは姦淫と見なされた。マタ 5:27,マル 10:11の注釈を参照。

離婚された女性: 性的不道徳以外の理由で離婚された女性のこと。マタ 5:32の注釈を参照。

神の導きが必要であることを自覚している人たち: または,「聖なる力を乞い求める人たち」。「自覚している人たち」と訳されているギリシャ語の表現は字義的には,「貧しい人たち(貧乏な人,困窮者,物乞い)」という意味。この文脈では,何かを必要としていて,そのことを強く意識している人に関して使われている。ルカ 16:20,22でラザロに使われている「物乞い」も同じ語。このギリシャ語は他の幾つかの翻訳では「霊において貧しい」人たちとも訳されていて,神との関係で窮乏していて神が必要であることを痛感している人たちという考えを伝えている。ルカ 6:20の注釈を参照。

ラザロ: 「神は助けた」という意味のヘブライ語の名前エレアザルのギリシャ語形と思われる。

物乞い: または,「貧しい人」。このギリシャ語は非常に貧しい人,困窮者も指せる。この語が使われることで,イエスの例えの中で裕福な男性と明確な対照を成している。字義的には「貧しい人(貧乏な人,困窮者,物乞い)」という意味のこの語はマタ 5:3で比喩的に使われ,神との関係で窮乏していて自分に神が必要であることを痛感している人たちという考えを伝えている。マタ 5:3の注釈を参照。

聖なるものを犬に与え……真珠を豚の前に投げ: モーセの律法で,豚と犬は汚れたものだった。(レビ 11:7,27)野生動物に殺された動物の肉は犬に投げ与えてもよかった。(出 22:31)しかしユダヤ人の伝統では,犬に「聖なる肉」すなわち動物の犠牲の肉を与えることは禁じられていた。マタ 7:6で,「犬」と「豚」は真理の宝の価値を評価しない人を指して比喩的に使われている。豚が真珠の価値を認めないように,真理の宝の価値を評価しない人もそれを伝える人に攻撃的になるかもしれない。

子供たち……小犬: 犬はモーセの律法では汚れた動物だったので,その語は聖書の中でしばしば軽蔑的な意味で用いられている。(レビ 11:27。マタ 7:6。フィリ 3:2,脚注。啓 22:15)しかし,イエスの会話に関するマルコの記述(7:27)とマタイの記述では,その語の指小辞形が使われている。それは「小犬」や「飼い犬」を意味し,和らげた言い方になっている。イエスが使った言葉は,ユダヤ人ではない家庭でペットに対して使われる愛情のこもった表現だったのかもしれない。イスラエル人を「子供たち」に,またユダヤ人ではない人たちを「小犬」になぞらえることにより,イエスは優先順位を示そうとしていたと思われる。家庭に子供と犬がいる場合,食べ物はまず子供に与えられただろう。

犬: 犬はモーセの律法では汚れた動物だった。(レビ 11:27)物乞いの潰瘍をなめた犬はごみをあさる野良犬だったようだ。ヘブライ語聖書の中で,「犬」という語はしばしば軽蔑的な意味で用いられている。(申 23:18,脚注。サ一 17:43; 24:14。サ二 9:8。王二 8:13。格 26:11マタ 7:6で,「犬」は真理の宝の価値を評価しない人を指して比喩的に使われている。犬はユダヤ人にとって汚れた動物で,聖書の中で比喩的に良くない意味があるので,この例えに「犬」が出ていることは,ラザロという物乞いの低い立場をはっきり示している。マタ 7:6; 15:26の注釈を参照。

天の父のそばに: 直訳,「父の懐に」。この表現は,特別な好意と親密な関係を表す位置を指している。この比喩表現は,食事の時に,客が寝椅子に横になって親友の懐もしくは胸元に反り返ったりした習慣に由来している。(ヨハ 13:23-25)それで,イエスがエホバの最も親しい友,神のことを誰よりも詳しくはっきり説明できる方として描かれている。(マタ 11:27

アブラハムのそばに: 直訳,「アブラハムの懐に」。懐の位置は,特別な好意と親密な関係を表す位置。(ヨハ 1:18の注釈を参照。)この比喩表現は,食事の時に寝椅子に横になって特別な友の懐もしくは胸元に反り返ったりした習慣に由来している。(ヨハ 13:23-25

アブラハムのそばに: 直訳,「アブラハムの懐に」。懐の位置は,特別な好意と親密な関係を表す位置。(ヨハ 1:18の注釈を参照。)この比喩表現は,食事の時に寝椅子に横になって特別な友の懐もしくは胸元に反り返ったりした習慣に由来している。(ヨハ 13:23-25

墓: または,「ハデス」。死んだ人たちが眠っている比喩的な場所のこと。用語集参照。

そばに: 直訳,「懐に」。ルカ 16:22の注釈を参照。

彼らにはモーセと預言者の言葉があります: モーセと預言者の書のこと。それらは,安息日ごとに会堂で朗読されていて(使徒 15:21),イエスを神のメシアまた王として受け入れるよう導くものとなるはずだった。

メディア

借金の同意書
借金の同意書

イエスは,正しくない管理人の例え話の中で,商取引を契約書に記す習慣について述べた。(ルカ 16:6,7)この写真のパピルス文書はアラム語で書かれ,西暦55年ごろのものとされている。ユダヤ砂漠の干上がっている川,ワジ・ムラバアトの洞窟で発見された。この文書には,ハニンの子アブサロムとエホハナンの子ゼカリヤが合意した借金と返済条件が記されている。人々はイエスの例えを聞いた時,このような文書を思い浮かべたかもしれない。

紫の染料
紫の染料

紫の染料は,写真のツロツブリボラ(左)やシリアツブリボラ(右)といった貝もしくは軟体動物から採れた。貝殻は長さ5センチから8センチ。これらの生き物の内蔵に,プルプラと呼ばれる分泌液をほんの1滴ほど含んだ小さな腺がある。その液は最初のうちは見た目や粘度がクリームのようだが,空気と光にさらされると,次第に濃いすみれ色または赤紫色に変わる。これらの貝は地中海沿岸で見られ,それらから採れる色の色調は生育した場所によって異なる。大きめの貝は一つ一つ壊して開け,貴重な分泌液を注意深く取り出したが,小さなものは臼で砕いた。1個の貝から採れる液の量は微量だったので,まとまった量を集めるには費用がかかった。そのためこの染料は高価であり,紫に染めた衣服は裕福な人や地位の高い人の特徴となった。(エス 8:15