ルカ​に​よる​福音​書 15:1-32

15  さて,徴税人や罪人たちが皆,話を聞こうとしてイエスの周りに集まってきた+  パリサイ派の人も律法学者も不平を言い続け,「この男は罪人たちを歓迎して一緒に食事をする」と言った+  それでイエスはこの例えを話した。  「ある男性が100匹の羊を持っていて1匹がいなくなったとき,その男性は99匹を荒野に残して,迷い出た羊を見つけるまで捜すのではないでしょうか+  そして見つけると,その羊を肩に載せて喜びます。  家に着くと,友人や隣人を呼び集めて言います。『一緒に喜んでください。迷い出ていた羊が見つかりました+』。  あなた方に言いますが,同じように,悔い改める1人の罪人については,悔い改める必要のない99人の正しい人についてよりも,大きな喜びが天にあるのです+  また,ある女性が10枚のドラクマ硬貨を持っていて1枚をなくした場合,ランプをともして家の中を掃き,見つけるまで注意深く捜すのではないでしょうか。  そして見つけると,友人や隣人*を呼び集めて言います。『一緒に喜んでください。なくしたドラクマ硬貨が見つかりました』。 10  同じように,あなた方に言いますが,悔い改める1人の罪人については,神の天使たちが一緒に喜ぶのです+」。 11  それからイエスは言った。「ある男性に2人の息子がいました。 12  下の息子が父親に言いました。『お父さん,財産のうち私が頂くことになる分を下さい』。それで父親は資産を2人に分けました。 13  数日後,下の息子は全ての物をまとめて遠い国に旅立ち,そこで好き放題の生活をして財産を乱費しました。 14  全てを使い果たした時,その国中でひどい飢饉が起き,彼は困窮し始めました。 15  その国のある住民の所に転がり込むことまでし,野原で豚+を飼う仕事をさせられました。 16  豚が食べているイナゴマメのさやでおなかを満たしたいと思うほどでしたが,誰も何もくれませんでした。 17  その息子は本心に立ち返った時,言いました。『父の所では大勢の雇われ人に有り余るほどパンがあるのに,私はここで飢え死にしそうだ。 18  ここを出て父のもとに行き,こう言おう。「お父さん,私は天に対しても,あなたに対しても罪を犯しました。 19  もう息子と呼ばれるに値しません。雇われ人の1人のようにしてください」』。 20  そしてそこを出て父親のもとに向かいました。彼がまだ遠くにいる間に,父親は息子を見てかわいそうに思い,走っていって抱き締め*,優しく口づけしました。 21  息子は言いました。『お父さん,私は天に対しても,あなたに対しても罪を犯しました+。もう息子と呼ばれるに値しません』。 22  しかし父親は奴隷たちに言いました。『さあ早く,長い服,一番良いのを出してきてこの子に着せ,指輪をはめ,サンダルを履かせなさい。 23  それから,肥えた子牛を連れてきて調理し*なさい。食べて祝いましょう。 24  私のこの息子が死んでいたのに生き返ったのです+。いなくなっていたのに見つかりました』。そして楽しいひとときが始まりました+ 25  上の息子は畑にいましたが,帰ってきて家に近づくと,音楽と踊りの音が聞こえました。 26  召し使いを呼び,何事かと尋ねました。 27  召し使いは言いました。『弟さんがお帰りになりました。無事に*戻ってこられたので,お父さまは肥えた子牛を振る舞われたのです』。 28  ところが彼は怒り,入ろうとしませんでした。すると父親が出てきて,中に入るよう促し始めました。 29  上の息子は父親にこう答えました。『私はこれまで何年もあなたのために奴隷のように働いてきて,言い付けに背いたことは一度もありません。それなのに,友人と一緒に食べるための子ヤギさえ一度も下さったことがありません。 30  ところが,娼婦たちと一緒にあなたの資産を乱費したあのあなたの息子が戻るとすぐ,肥えた子牛を振る舞ったのです』。 31  父親は言いました。『息子よ,おまえはいつも私といたし,私の物は全部おまえのものだ。 32  でも,祝って喜ばずにはいられなかった。おまえの弟が死んでいたのに生き返り,いなくなっていたのに見つかったのだ』」。

脚注

または,「友人や隣人の女性たち」。
または,「首を抱き」。
または,「犠牲にし」。
または,「元気に」。

注釈

例え: または,「例え話」。ギリシャ語パラボレーは字義的には,「そばに(一緒に)置く」という意味で,例え話,格言,例えなどの形を取る。イエスはある事柄を説明するのによく似た事柄になぞらえる,つまり「そばに置く」ことが度々あった。(マル 4:30)イエスの例えは短い話でたいていは創作的なものであり,そこから道徳上また宗教上の真理を引き出すことができた。

例え: または,「例え話」。マタ 13:3の注釈を参照。

2ドラクマ税: 直訳,「2倍ドラクマ」。(付録B14参照。)神殿でのさまざまな奉仕は税によって維持されていた。(出 30:12-16)イエスの時代には,ユダヤ人の成人男性は毎年神殿税として一定額を寄進するのがしきたりになっていたようだ。

10枚: この節のドラクマ硬貨に関する注釈から分かるように,1ドラクマはほぼ1日分の賃金に相当した。しかし,なくしたこの硬貨は,恐らく家宝か,ドラクマ硬貨が一連になった貴重な装飾品の一部であり,10枚1組の硬貨として特別な価値があったのかもしれない。家の窓は,もしあったとしても普通はとても小さかったので,捜すにはランプをともすことが必要だった。それに,当時の家はたいてい土の床だったので,女性はなくした硬貨を見つけられるように床を掃いた。

ドラクマ硬貨: ドラクマはギリシャの銀貨。イエスが地上で宣教を行っていた当時,ドラクマの重さは約3.4グラムだっただろう。当時,ギリシャ人はドラクマとデナリは等しいと考えていたが,ローマ政府の公式の見解では,ドラクマの価値はデナリの4分の3とされた。ユダヤ人は毎年,2ドラクマ(1ディドラクマ)の神殿税を払った。マタ 17:24の注釈用語集付録B14を参照。

ドラクマ硬貨: ドラクマはギリシャの銀貨。イエスが地上で宣教を行っていた当時,ドラクマの重さは約3.4グラムだっただろう。当時,ギリシャ人はドラクマとデナリは等しいと考えていたが,ローマ政府の公式の見解では,ドラクマの価値はデナリの4分の3とされた。ユダヤ人は毎年,2ドラクマ(1ディドラクマ)の神殿税を払った。マタ 17:24の注釈用語集付録B14を参照。

ドラクマ硬貨: ルカ 15:8の注釈用語集付録B14を参照。

ある男性に2人の息子がいました: 放蕩息子(「いなくなっていた息子」としても知られている)の例えは幾つかの面で他の例えと異なっている。イエスの例えの中でも長いものの1つ。また,家族の関係に関する描写も際立った特徴として挙げられる。他の例えでは,イエスは多くの場合,さまざまな種類の種や土などの無生物,また主人と奴隷の公式の関係などを題材にしている。(マタ 13:18-30; 25:14-30。ルカ 19:12-27)しかしこの例えの中では,父と息子たちの間の親しい関係を際立たせている。この話を聞く人の多くは,これほど親切で心の優しい父親を持ったことはないかもしれない。この例えは,私たちの天の父が地上の子供たちに対して,つまり父のもとにとどまっている人と道に迷った後戻ってきた人の両方に対して抱く深い思いやりと愛を描いている。

下の息子: モーセの律法によれば,長男は2倍の分を受けた。(申 21:17)それで,この例えで,下の息子の相続分は兄の半分だっただろう。

好き放題の生活: または,「浪費生活」,「無謀な生活」,「荒れた生活」。関連するギリシャ語が,エフ 5:18,テト 1:6,ペ一 4:4で同じような意味で使われている。このギリシャ語は金遣いの荒い生活スタイルという考えを含む場合もあるので,「放蕩」という表現を使っている聖書翻訳もある。

乱費しました: ここで使われているギリシャ語は字義的には,「(さまざまな方向に)散らす」という意味。(ルカ 1:51。使徒 5:37マタ 25:24,26では「脱穀」と訳され,もみ殻を吹き散らす作業を指している。ここでは,浪費し,無駄遣いをするという意味で使われている。

豚を飼う: この動物は律法では汚れたものだったので,これはユダヤ人にとって不面目な卑しむべき仕事だった。(レビ 11:7,8

豚を飼う: この動物は律法では汚れたものだったので,これはユダヤ人にとって不面目な卑しむべき仕事だった。(レビ 11:7,8

イナゴマメのさや: イナゴマメの実つまりさやは,紫がかった褐色で光沢のある革のような殻を持ち,ギリシャ語の名前(ケラティオン,「小さな角」)の通り,湾曲した角のような形をしている。イナゴマメのさやは,馬,牛,豚などの餌として今日でも広く用いられている。豚の餌でもいいから食べたいと思ったことは,若者がどれほど落ちぶれていたかを強調している。ルカ 15:15の注釈を参照。

あなたに対して: または,「あなたの見ている所で」。ギリシャ語の前置詞エノーピオンは字義的には,「の前で」,「の見ている所で」という意味。

雇われ人: 下の息子は家に帰ったら,自分を息子としてではなく,雇われ人として受け入れてほしいと願い出るつもりだった。雇われ人は奴隷とは違って,所有されるものではなく,たいてい日雇いの外部の人だった。(マタ 20:1,2,8

優しく口づけしました: 「優しく口づけする」と訳されるギリシャ語は,フィレオーという動詞の強意形と理解されてきた。その語は,「口づけする」と訳されることもあるが(マタ 26:48。マル 14:44。ルカ 22:47),「愛情を抱いている」という意味で使われることが多い。(ヨハ 5:20; 11:3; 16:27)この例えの父親は,そのような温かで親しみを込めたあいさつをして,悔い改めた息子を喜んで迎えたいという気持ちを示している。

値しません: 一部の写本は,「雇われ人の1人のようにしてください」という表現を加えているが,現在の訳の読みには,権威ある初期のさまざまな写本による裏付けがある。そのような表現が加えられたのは,この節をルカ 15:19と一致させるためと考える学者もいる。

長い服……指輪……サンダル: この長い服は,ただの質素な服ではなく一番良いのだった。立派な客に出すような豪華な刺しゅうの施された衣服だったと思われる。父親が息子の手に指輪をはめる行為は,この立ち返った息子に尊厳や誉れや地位が与えられたことだけでなく,父親の好意と愛情も表している。奴隷は普通,指輪やサンダルを身に付けていなかった。それで父親は,その息子がれっきとした家族の一員として迎えられていることを明らかにしていた。

乱費した: 直訳,「食い尽くした」。このギリシャ語はここで,下の息子が父親の資産をどれほど浪費したかを印象深く描写するために使われている。

メディア

羊飼いと羊
羊飼いと羊

羊飼いの生活は楽ではなかった。羊飼いは暑さも寒さも経験し,眠らずに夜を過ごすこともあった。(創 31:40。ルカ 2:8)ライオンやオオカミや熊などの捕食動物や泥棒から羊の群れを守った。(創 31:39。サム一 17:34-36。イザ 31:4。アモ 3:12。ヨハ 10:10-12)羊飼いは群れが散り散りにならないようにし(王一 22:17),迷い出た羊を捜し(ルカ 15:4),弱った子羊や疲れた子羊を懐に抱いたり(イザ 40:11)肩に載せたりして運び,病気の羊やけがをした羊の世話をした。(エゼ 34:3,4。ゼカ 11:16)聖書では羊飼いとその仕事がよく比喩に使われている。例えば,エホバは自分の羊つまり民を愛情深く世話する牧者に例えられている。(詩 23:1-6; 80:1。エレ 31:10。エゼ 34:11-16。ペ一 2:25)イエスは「偉大な牧者」(ヘブ 13:20),「牧者の長」と呼ばれている。イエスの指導の下で,クリスチャン会衆の監督たちが神の羊の群れを進んで,利他的に,真剣な態度で世話する。(ペ一 5:2-4

イナゴマメのさや
イナゴマメのさや

イナゴマメのさやがなる木(Ceratonia siliqua)は美しい常緑樹で,イスラエルその他の地中海地域全体で見られる。この木は高さが9メートルにもなり,実つまりさやは長さが15センチから25センチ,幅は2.5センチほど。緑のさやが熟すと,紫がかった褐色になり,見た目は光沢のある革のようになる。その内側には,数個の豆つまり種が,甘く粘り気のある果肉によって仕切られている。イナゴマメのさやは,馬,牛,豚などの餌として今日でも広く用いられている。