ルカ​に​よる​福音​書 13:1-35

13  その時,居合わせた人たちがイエスに,犠牲を捧げていたガリラヤ人たちをピラトが殺したことについて知らせた。  そこでイエスは言った。「そのガリラヤ人たちはそうした苦しみに遭ったのだから他の全てのガリラヤ人よりひどい罪人だったのだ,と思いますか。  決してそうではありません。しかし皆さんも,悔い改めないなら,滅ぼされます+  また,シロアムの塔が倒れて死んだあの18人はエルサレムの他の全ての住民より罪が重かった,と思いますか。  決してそうではありません。しかし皆さんも,悔い改めないなら,滅ぼされます」。  イエスはさらにこの例えを話した。「ある人が,ブドウ園に1本のイチジクの木を持っていました。実があるかと見に行きましたが,見つかりませんでした+  それでブドウの栽培人に言いました。『このイチジクの木に実があるかともう3年も見に来ていますが,一つも見つかりません。切り倒してしまいなさい! なぜ土地を無駄にしているのですか+』。  栽培人は答えました。『ご主人さま,あと1年そのままにしてください。周りを掘って肥やしをやります。  この先,実を結ぶようであればそれでいいですし,そうでなければ切り倒してください+』」。 10  安息日に,イエスは会堂で教えていた。 11  そこに,18年間邪悪な天使に取りつかれて病弱な女性がいた。腰が折れ曲がり,どうしても真っすぐに立てなかった。 12  イエスはその女性を見て話し掛け,「あなたはもう病弱ではありません」と言った+ 13  そして両手を置くと,その女性はすぐさま真っすぐに立ち,神をたたえ始めた。 14  ところが会堂の役員は,イエスが安息日に病気を治したので憤り,群衆にこう言った。「仕事をすべき日は6日あるのだから+,それらの日に来て治してもらいなさい。安息日は駄目だ+」。 15  しかし主イエスがこう答えた。「偽善者たち+,あなた方はそれぞれ安息日に牛やロバを家畜小屋から解いて,水を飲ませに引いていきませんか+ 16  それなら,アブラハムの子孫*でサタンに18年も縛られていたこの女性が安息日に解放されてもよいのではありませんか」。 17  イエスがこう言うと,反対者たちは皆,恥ずかしく思うようになった。しかし,群衆は皆,イエスがした素晴らしい事柄全てを喜ぶようになった+ 18  それでイエスは言った。「神の王国は何に似ているでしょうか。それを何になぞらえましょうか。 19  それは,人が庭に植えたからしの種のようです。それは成長して木のようになり,鳥が枝に巣を作りました+」。 20  さらに言った。「神の王国を何になぞらえましょうか。 21  それはパン種のようです。女性がそれを取って麦粉3杯分と混ぜると,やがて全体が発酵しました+」。 22  イエスは町から町へ,村から村へと旅をし,人々を教えながらエルサレムへの旅を続けた+ 23  ある人が言った。「主よ,救われる人は少ないのですか」。イエスは言った。 24  「狭い戸口を通って入るため,精力的に励みなさい+。あなた方に言いますが,入ろうとしても入れない人が多いからです。 25  家の主人が立ち上がって戸に鍵を掛けると,あなた方は外に立って戸をたたき,『主よ,開けてください』と言います+。しかし主人はこう答えます。『あなた方がどこの人か知りません+』。 26  その時あなた方は言い始めます。『私たちはあなたと一緒に食べたり飲んだりしましたし,あなたは私たちの大通りで教えてくださいました+』。 27  しかし主人は言います。『あなた方がどこの人か知りません。悪を行う者たちよ,皆,私から離れ去りなさい!』 28  あなた方は,アブラハム,イサク,ヤコブ,全ての預言者が神の王国にいるのに自分が外に放り出されているのを見る時,そこで泣き悲しんだり歯ぎしりしたりします+ 29  さらに,人々が東や西から,北や南から来て,神の王国で食卓に着きます。 30  そして,最後の人が最初になったり,最初の人が最後になったりします+」。 31  ちょうどその時,パリサイ派のある人たちが来てイエスに告げた。「ここから立ち去りなさい。ヘロデがあなたを殺そうとしています」。 32  イエスは言った。「行って,あのキツネに言いなさい。『私は今日と明日,邪悪な天使を追い出し,人々を癒やしています。そして3日目に終えます』。 33  とはいえ,私は今日,明日,その翌日と,進んでいかなければなりません。預言者がエルサレムの外で殺されることはあり得ないからです+ 34  エルサレム,エルサレム,預言者たちを殺し,遣わされた人々を石打ちにする者よ+,私はめんどりが翼の下にひなたちを集めるようにあなた方を集めたいと何度思ったことでしょう。しかし,あなた方はそれを望みませんでした+ 35  聞きなさい,あなた方の家は見捨てられます+。あなた方に言いますが,あなた方は,『エホバの名によって来る方が祝福されますように+!』と言う時まで,決して私を見ることはありません」。

脚注

直訳,「娘」。

注釈

シロアムの塔が倒れて: イエスは要点を示すために,最近の惨事,少なくともまだ皆の記憶に新しい出来事を引き合いに出している。シロアムの塔はエルサレムの南東地区にあったシロアムの池の近くに立っていたと思われる。付録B12,「エルサレムとその周辺」の地図を参照。

ブドウ園に1本のイチジクの木: ブドウ園にイチジクの木とオリーブの木も植えるのが一般的だった。そうすれば,ブドウ園が不作の年でも,イチジクとオリーブから幾らかの収入が得られたかもしれない。

3年: 挿し木から成長した新しい木は大抵2,3年のうちに少なくとも数個のイチジクができた。イエスがこの例えを述べた時,イエスの宣教は約3年続いていて,それは例えに出てくる3年と関係していると思われる。イエスはユダヤ人が信仰を培えるよう3年ほど助けてきた。しかし,弟子となってイエスの働きの成果つまり実と見なせるようになったのは比較的少数の人だけだった。宣教の4年目になって,イエスは一層努力を傾けようとしている。ユダヤとペレアで伝道し教えることは,ユダヤ国民という比喩的なイチジクの木の周りを掘って肥やしをやっているかのようだった。しかし,ほんの少数のユダヤ人しか良い反応を示さず,全体的に見てユダヤ国民は滅びに向かった。

邪悪な天使に取りつかれて病弱な: または,「邪悪な天使によって力が奪われていた」。邪悪な天使によって体が不自由になっていたということだと思われる。ルカ 13:16で,イエスはこの女性がサタンに「縛られていた」と述べている。

からしの種: イスラエルでは数種類のからしが自生している。広く栽培されているのはクロガラシ(Brassica nigra)。種はかなり小さく,直径1-1.6ミリで重さは1ミリグラムだが,木のようになる。からしの中には,高さ4.5メートルになる種類もある。からしの種はマタ 13:32マル 4:31で「あらゆる種の中で一番小さなもの」と言われ,それはユダヤ人の古代文書の中で最も微小なものの比喩として使われた。現在,もっと小さな種も知られているが,イエスの時代にイスラエルで農業をする人が集めたりまいたりした種の中では一番小さかったと思われる。

3杯分: ここで使われているギリシャ語サトンはヘブライ語のセアという単位に対応する。1セアは7.33リットル。(創 18:6)用語集の「セア」,付録B14参照。

3杯分: マタ 13:33の注釈を参照。

救われる人は少ないのですか: 古代の宗教指導者たちの間で激しく議論されたテーマの1つは最終的に救われる人の数だった。時代が進むと,さまざまな聖なる文書の各文字に数値を割り当てて正確な人数を定めようとする神秘主義者たちも現れた。この質問は神の裁きに関する大まかで理論的なものだったが,イエスの答えは個々の人の責任に注意を向けるものだった。

精力的に励みなさい: または,「闘い続けなさい」。イエスの訓戒は,狭い戸口を通って入るために全力を尽くす必要があることを強調している。この文脈に関して,「最大限の努力を払う」,「あらゆる努力をする」などの訳を挙げる参考文献もある。ギリシャ語動詞アゴーニゾマイはギリシャ語名詞アゴーンと関連があり,その名詞は運動競技を指してよく使われた。またヘブ 12:1では,クリスチャンの命の「競走」を指して比喩的に使われている。「苦闘」(フィリ 1:30),「奮闘」(コロ 2:1),「戦い」(テモ一 6:12。テモ二 4:7)など,より一般的な意味でも使われている。ルカ 13:24で使われているギリシャ語動詞は語形によって,「競技に参加する」(コ一 9:25),「努力して」(コロ 1:29。テモ一 4:10),「戦い」(テモ一 6:12)などと訳されている。この表現は競技会での競争が背景にあるため,イエスが勧めた努力は,運動選手が全神経を集中させて,賞を得ようと全力で精力的に励む様子に例えられているのかもしれない,という意見もある。

大通り: または,「広い通り」。ここで使われているギリシャ語は,町の中心部で広くなっていて広場としても使われた大通りを指す。そのような「大通り」は,1世紀の町でよく見られた狭くて曲がりくねった小道と対照された。

歯ぎしりしたり: または,「歯がみしたり」,「歯を食い縛ったり」。これは,苦悩,絶望,怒りといった気持ちの表れとなり,時にきつい言葉や乱暴な行動が伴う。

食卓に着き: 直訳,「食卓で横になり」。または,「食事をし」。聖書時代,宴会や大勢で食事をする時,たいてい食卓の周りに寝椅子が置かれた。飲食する人たちは頭を食卓の方に向けて寝椅子に横になり,たいていはクッションに左肘を突いて体を支えた。食物は右手で取るのが普通だった。食卓で一緒に横になるのは親しい交友の印だった。当時のユダヤ人は通常,ユダヤ人でない人とは決してそのようにしなかった。

東や西から,北や南から: イエスは4つの方角を挙げることで,地球全体のことを言っている。つまり,この特別の機会は全ての国の人に開かれる。

食卓に着き: マタ 8:11の注釈を参照。

ヘロデ: ヘロデ大王の子ヘロデ・アンテパスのこと。用語集参照。

あのキツネ: キツネはずる賢い動物としてよく知られている。イエスはヘロデをキツネと呼んだ時,そのような特徴をそれとなく述べていたのかもしれない。イエスは,ずる賢い,弱い,大したものではないなどの性質をひっくるめて述べていた,と考える学者もいる。ユダヤ人の文書では,キツネは比較的弱くて(ネヘ 4:3と比較)抜け目のない日和見主義の人たちを指す隠喩として使われ,力のある偉大で自信にあふれた支配者を表す力強いライオンと対比されている。(格 28:1,エレ 50:17,エゼ 32:2と比較。)こうした見方を適用できるとしたら,ヘロデのことを尊大で抜け目のない支配者だが神の目には大したものではないと言っていることになる。パリサイ派の人たちがヘロデがイエスを殺そうとしていると告げたこの時,イエスはエルサレムに行く途中でヘロデの領土のペレアを通っていたと思われる。ずる賢いヘロデは,イエスが恐れて領土から逃げることを願って,そのうわさを流したのかもしれない。ヘロデはイエスとその宣教に気持ちを乱されていたようだ。以前に妻に操られてバプテストのヨハネを殺したので,神の預言者をまた殺すようになることを恐れていたのかもしれない。(マタ 14:1,2。マル 6:16

今日と明日……そして3日目に終えます: 時に関するイエスのこの表現は文字通りに取るべきではない。イエスは,自分が死ぬことになるエルサレムに向けて出発するまでに時間はほとんど残されていないことを示していた。イエスの言葉は,メシアとして仕える歩みは決まっていて,世俗の支配者の政治的な狙いによって短くされたり規制されたり変更されたりしないということも示していたのかもしれない。

あり得ない: または,「考えられない」。メシアはエルサレムで死ぬとはっきり述べている聖書預言はないが,この考えはダニ 9:24-26に基づくのかもしれない。さらに,ユダヤ人が預言者,それも特にメシアを殺すとしたら,その場所はエルサレムだろう。71人で構成されるサンヘドリンの高等法廷はエルサレムにあったので,偽りの預言者として告発される者はそこで裁判を受けたと思われる。またイエスは,神への犠牲が定期的に捧げられ,過ぎ越しの子羊がほふられたのがエルサレムだったことを念頭に置いていたかもしれない。事態が進展していき,イエスの言葉はその通りになった。イエスはエルサレムにあるサンヘドリンの前に連れていかれ,有罪判決を受けた。そして,エルサレムで,その城壁のすぐ外でイエスは「過ぎ越しの子羊」として亡くなった。(コ一 5:7

エルサレム,エルサレム: マタ 23:37によれば,イエスは地上での宣教の最後の週,ニサン11日に,エルサレムでこれとほぼ同じ言葉を述べた。しかし,ここの記述はイエスがペレアにいたもっと前の時のこと。付録A7参照。

何と: ここで「何と」と訳されているギリシャ語イドゥーは,続く記述に読者の注意を引き,物語の情景を思い描いたり細部に注目したりしやすくするためによく使われる。強調する時,あるいは新しい情報やあり得ないような出来事を伝える時にも使われる。ギリシャ語聖書でこの語がよく出てくるのはマタイとルカの福音書,「啓示」の書。ヘブライ語聖書で,対応する表現がよく使われている。

聞きなさい: マタ 2:9の注釈を参照。

家: 神殿のこと。

エホバ: ここでの引用は詩 118:26から。元のヘブライ語本文に,ヘブライ語の4つの子音字(YHWHと翻字される)で表される神の名前が出ている。付録C参照。

メディア

ヘロデ・アンテパスが造った硬貨
ヘロデ・アンテパスが造った硬貨

これらの写真は,イエスが宣教を行っていた頃に鋳造された銅貨の両面。硬貨を造らせたヘロデ・アンテパスはガリラヤとペレアの四分領太守つまり地域支配者。イエスがエルサレムに行く途中でヘロデの領土のペレアを通った時と思われるが,パリサイ派の人たちは,ヘロデがイエスを殺そうとしていると告げた。イエスはそれに答えた時,ヘロデを「あのキツネ」と呼んだ。(ルカ 13:32の注釈を参照。)ヘロデの支配下にいたのはほとんどがユダヤ人だったので,彼が造った硬貨にはヤシの枝(1)と木の葉の冠(2)が描かれている。それらはユダヤ人の感情を害するものではなかった。

ひなを集めるめんどり
ひなを集めるめんどり

イエスは心に触れる比喩を使って,エルサレムの人々のことを思う自分の気持ちを,翼でひなを守ろうとするめんどりの様子になぞらえた。この例えや,父親に卵を求める子供の例(ルカ 11:11,12)から,めんどりが1世紀のイスラエルで普通に飼育されていたことが分かる。マタ 23:37ルカ 13:34で使われているギリシャ語オルニスは,野生や家畜のどんな鳥も指せるが,この文脈では,飼育される鳥のうち最も一般的で有用なめんどりを指すと理解されている。