ヨブ​記 42:1-17

42  ヨブはそれをいてエホバにった。   「わたしいまかりました。あなたはなんでもおこなうことができるかたです。あなたがおこなおうとすることで,あなたにのうなことはありません+   あなたはこうおっしゃいました。らないのに,わたしかんがえをおおかくしているのはだれ+』。わたしはなしましたが,かっていませんでした。あまりにもらしいじつかいしていませんでした+   こうもおっしゃいました。『どうかいてほしい。わたしはなそう。あなたにしつもんしよう。あなたはわたしこたえなさい+』。   あなたのことをみみいてはいましたが,いまではあなたをこのております。   それで,ったことをてっかい+こうかいしてつちはいをかぶります+」。  エホバはヨブにはなえた。エホバはテマンじんエリパズにこうった。 わたしいかりは,あなたとあなたの2人ふたりゆうじんたいしてえている+。あなたたちは,わたしつかえるヨブとはことなり,わたしについてしんじつかたらなかった+  さあ,うし7とうひつじ7ひきれて,わたしつかえるヨブのところき,ぶんたちのためにぜんしょうせいささげなさい。わたしつかえるヨブがあなたたちのためにいの+おろかなことをしたあなたたちをしょばつしないでほしいと。わたしはそのねがいをかなられる。あなたたちは,わたしつかえるヨブとはことなり,わたしについてしんじつかたらなかった」。  テマンじんエリパズ,シュアハじんビルダド,ナアマじんツォファルはって,エホバにわれたとおりにした。エホバはヨブのいのりをれた。 10  ヨブがゆうじんたちのためにいのったあと+,エホバはヨブのなん+ふたたゆたかなせいかつおくらせた*。エホバは,ヨブがぜんっていたものを,2ばいにしてあたえた+ 11  ヨブのきょうだいまいやかつてのゆうじんみな+やってて,ヨブのいえいっしょしょくをした。みなは,エホバがヨブのしょうじるままにしたさまざまなさいなんのことで,どうじょうしてなぐさめた。一人ひとり一人ひとりがヨブに,おかねきん1つをおくった。 12  エホバがヨブをしゅくふくしたので,ヨブののこりのじんせいぜんよりもゆたかになった+。ヨブは,ひつじ1まん4000びき,ラクダ6000とううし1000ついロバ1000とうつようになった+ 13  さらに,息子むすこ7にんむすめ3にんつようになった+ 14  そしてちょうじょをエミマ,じょをケツィア,さんじょをケレン・ハプクとけた。 15  ヨブのむすめたちほどうつくしいじょせいはどのほうにもいなかった。むすめたちはきょうだいたちとおなじようにちちおやからざいさんをもらった。 16  こうしてヨブはさらに140ねんき,ぶんどもまご,4だいた。 17  ヨブはながきしてじゅうじつしたおくり,やがてしょうがいえた。

脚注

直訳,「エホバは捕らわれていたヨブを戻した」。

注釈

メディア