ヨブ​記 34:1-37

34  エリフはつづけてった。   「かしこみなさん,わたしこといてください。ものごとをよくっているみなさん,いてください。   みみことたしかめます。した*しょくもつあじわうのとおなじようにです。   ただしいこととはなにかをいっしょはんだんしましょう。いこととはなにかをいっしょめましょう。   ヨブはいました。わたしただしい+。しかしかみわたしこうせいあつかわなかった+   ぶんがどんなはんけつけるかについてうそをつけるだろうか。わたしきずなおらない。はんおかしていないのに+』。   ヨブのようなひとがどこにいるでしょう。ヨブは,みずむかのようにあざけりをれています。   あくおこなひとしたしくし,あくにんっています+   『かみよろこんでいただこうとしても,なんとくがあるだろう』といました+ 10  それで,かいりょくのあるみなさん,いてください。しんかみあくおこなったり+ぜんのうしゃせいおこなったりすることなどありません+ 11  かみは,ひとなにおこなうかにおうじてむく+おこないのけっをそのひとしょうじさせるのです。 12  かみぜったいあくおこなわず+ぜんのうしゃぜったいこうせいげません+ 13  だれかみだいおさめさせ,ぜんかいとうさせることにしたのですか。 14  もしかみひとちゅうけ,せいめいりょくいきげるなら+ 15  にんげんみなほろび,ひとつちもどります+ 16  あなたにかいりょくがあるなら,わたしことちゅうはらい,よくいてください。 17  こうせいにくものすべてをとうぎょできるでしょうか。ただしくてつよかたゆうざいばわりするのですか。 18  おうかって『やくたず』とか,こうひとに『このわるもの』とかうでしょうか+ 19  かみは,たかひとをひいきせず,まずしいひとよりもゆうふくひと*ゆうぐうすることはありません+みなをごぶんつくったからです+ 20  ひとなか+とつぜんむかえます+はげしくどうようし,いなくなります。つよひとでもられます。しかしひとによるのではありません+ 21  かみひとおこないをており+こうどうすべてをごらんになっています。 22  やみふかかげはどこにもありません。あくおこなひとかくすことができません+ 23  かみだれにも,さばきのためにかみまえときさだめません。 24  かみは,調ちょうするひつようがありません。ゆうりょくしゃくだき,わりにほかのひとをそのけます+ 25  かみかれらのおこないをっているからです+よるのうちにかれらをたおし,くだきます+ 26  かみみなえるしょで,あくにんであるかれらをしょばつします+ 27  かれらがかみしたがうのをやめ+かみおこないをまっためないからです+ 28  まずしいひとかれらのせいでかみかってさけびます。それでかみりょくひとさけごえきます+ 29  かみだまっているからといって,だれかみなんできるでしょうか。かみがごぶんかおかくときだれかみ*ことができるでしょうか。1つのこくみんであっても1人ひとりひとであっても,けっおなじです。 30  かみみとめないひと*はいして+たみをわなにけることはできないのです。 31  かみかってこうひとがいるでしょうか。あやまちをおかしていないのにばつけました+ 32  わたしえていないことおしえてください。もしなにちがいをしていたとしても,かえしませんから』。 33  あなたがかみさばきをこばときかみはあなたのおもどおりにあなたにむくいてくださるでしょうか。さばきをれるかどうかはあなただいで,わたしにはめられません。くわしいじょうわたしはなしてください。 34  かいりょくのあるひとたちはわたしにこううはずです。わたしことかしこひとたちならうでしょう。 35  『ヨブはりもせずにかた+どうさつりょくのなさがことあらわれている』。 36  ヨブはきょくげんまでためされたらよいとおもいます*ヨブのはつげんあくにんことのようだからです。 37  ヨブははんぎゃくしてぶんつみやし+けいべつするかのようにわたしたちのまえをたたき,しんかみそむことつづけます+!」

脚注

直訳,「上顎」。
または,「立場の低い人よりも高貴な人」。
または,「神の好意を得る」。
または,「背教者」。
もしかすると,「神よ,ヨブが極限まで試されますように」。

注釈

メディア