ヨブ​記 32:1-22

32  3にんはヨブにはなすのをやめた。ヨブがぶんただしいとかくしんしていたからである+  さて,ラムのぞくのブズのそん+,バラクエルのエリフはいかりにえた。なぜなら,ヨブがかみただしさよりもぶんただしさをしょうめいしようとしたからだった+  またエリフは,ヨブの3にんゆうじんこたえをつけるどころかかみわるものあつかいしたので,じょうおこった+  エリフはそのひとたちがとしうえだったので,ヨブにはなけるのをひかえていた+  ところが3にんなにえなくなったのをて,いかりにえた。  そこでブズのそん,バラクエルのエリフははなはじめた。 わたしわかく,みなさんはおとししています+それでわたしけいめて+ぶんっていることべませんでした。   『としいたもの*かたり,としかさねたものらせればよい』とかんがえました。   とはいえひとは,かみひとうちあたえるせいなるちから*ぜんのうしゃいきによって,かいりょくます+   ただとしればかしこくなる*のでも,ただとしかさねればただしいことかいするのでもありません+ 10  それでわたしこといてください。わたしぶんっていることつたえましょう。 11  わたしみなさんのことちました。みなさんがなにおうかとかんがえながらはなあいだ+みなさんのぶんをずっといていました+ 12  みなさんにちゅうけていましたが,みなさんはだれもヨブのちがいをあきらかにせず*ヨブのしゅちょうこたえられません。 13  それでこうってはなりません。わたしたちにはがある。かれかすのはかみであって,ひとではない』。 14  ヨブはわたしかってはなしたわけではありません。わたしみなさんのろんでヨブにこたえはしません。 15  このかたがたはうろたえ,もうなにこたえません。なにはなすことがありません。 16  わたしったのに,このかたがたはなつづけませんでした。ただっているだけでなにこたえません。 17  それでこんわたしこたえましょう。わたしっていることをつたえましょう。 18  はなしたいことがたくさんあり,わたしなかにあるせいなるちからわたしうごかします。 19  わたしむねうちはまるで,ぶどうしゅちてけそうなあたらしいかわぶくろのようになっています+ 20  わたしかたらせてください。ちをかせたいのです。わたしくちびるひらいてこたえましょう。 21  だれにもらず+,お*ません。 22  おかたりません。もしおえば,わたしつくったかたがすぐにわたしってしまいます。

脚注

直訳,「日々」。
用語集参照。
または,「多くの日々だけが人を賢くする」。
または,「ヨブを戒めず」。
または,「名誉称号で呼び」。

注釈

メディア