ヨブ​記 3:1-26

3  その後,ヨブは話し始め,自分が誕生した日*のことを悪く言った+  ヨブは言った。   「私が生まれた日は滅んでしまえ+『男の子が生まれた!』と誰かが言った夜も。   その日は闇となれ。天の神に関心を払われることも,光に照らされることもなくなってしまえ。   深い闇がその日を再び支配せよ*雨雲が垂れ込めよ。昼を暗くするものがその日をおびえさせよ。   その夜は暗闇に捕らえられてしまえ+1年のほかの日々と一緒に喜ぶことがあってはならない。1年のどの月にも入ってはならない。   そうだ,その夜には何も生まれなくてよい。喜びの声も聞かれなくてよい。   その夜に対して災いを宣告せよ。日に災いを宣告する者よ,レビヤタン*+を目覚めさせることができる者よ。   その夜,出てくる星は暗くなれ。その夜は昼の光を待って無駄に終われ。夜明けの光を見てはならない。 10  私の母の腹の扉を閉じなかったからだ+そのせいで私は災難を見ることになった。 11  なぜ私は生まれた時に死ななかったのだろう。なぜ母の腹から出てきた時に息絶えなかったのだろう+ 12  どうして私を乗せる膝があったのか。どうして私を育てる乳房があったのか。 13  今ごろ,私は安らかに横たわっていただろう+休んで眠っていただろう+ 14  地上の王たちや助言者たち,今は廃虚になっている*場所を自分のために建てた人たちと一緒に。 15  金を蓄えた高官たち,家を銀で満たした人たちと一緒に。 16  なぜ私は,流産された子のように消えなかったのだろう。なぜ,光を見ずに死ぬ子供のようにならなかったのだろう。 17  あそこでは悪人でさえも騒ぎ立てるのをやめ,疲れた人たちも休んでいる+ 18  囚人もくつろぎ,自分たちを仕事に追いやる声を聞かない。 19  身分が低い人も高い人もあの場所では同じで+奴隷は主人から自由にされている。 20  神はなぜ苦しむ人に光を見させ,ひどく苦悩する人に命を与えるのか+ 21  なぜ死にたい人に死が訪れないのか+その人は秘宝を掘り当てようとする以上に,死を求める。 22  墓を見つけて大喜びし,ほっとする。 23  神はなぜ道に迷った人に,ご自分が閉じ込めた人に,光を見させるのか+ 24  私には食物の代わりにため息がある+うめき声+が水のように流れ出る。 25  恐れていたことが私に生じた。怖がっていたことが私に降り掛かった。 26  平和も静寂も休息もなく,災難が続く」。

脚注

直訳,「自分の日」。
または,「闇と死の陰がその日を取り戻せ」。
ワニか他の大型の,力が強い水生動物のことと考えられている。
もしかすると,「荒れ果てた」。

注釈

メディア