ヨブ​記 29:1-25

29  ヨブははなしつづけてった。   「ったつきもどれたならいいのに。かみまもってくださったあのに。   かみはごぶんのランプでわたしじょうらしてくださった。わたしかみひかりによってくらやみなかあるいた+   とうわたしはまだげんで,ぶんてんまくかみわたししたしくしてくださっているのをかんじていた+   ぜんのうしゃはまだわたしともにいてくださり,わたしども*たちもわたしまわりにいた。   とうわたしあしあとはバターであらわれ,いわからはわたしのためのあぶらがたくさん+   わたしはよくまちもんところって+ひろすわった+   わかものたちはわたしみちゆずった*ろうじんたちさえがり,そのままっていた+   たかひとたちもことひかえ,くちさえた。 10  ちょめいひとたちもこえはっすることがなく,そのひとたちのしたうわあごにくっついた。 11  わたしこといたひとわたしのことをい,わたしひとわたしひょうばんひろめた。 12  わたしは,たすけをもとめてさけまずしいひとたすした+ちちおやのいないどもや,だれにもたすけてもらえないひと+ 13  くるしんでいたひとわたしのことを+やもめはわたしちからえでこころからよろこんだ+ 14  わたしただしさをふくとしてにまとった。こうせいであることはわたしにとって,ながふく*やターバンのようだった。 15  わたしえないひととなり,あしゆうひとあしとなった。 16  わたしまずしいひとちちおやわりになった+らないひとしょうのためにちからした+ 17  あくおこなひとあごくだ+そのひとからものはなした。 18  わたしはよくこうっていた。わたしぶんいえさいむかえよう+わたしすなつぶのようにおおくなる。 19  わたしみずびていき,わたしえだにはつゆひとばんじゅうとどまる。 20  わたしえいはいつもあたらしくされ,わたしつづける』。 21  ひとびとたいいだいてわたしこといた。だまってわたしじょげんった+ 22  わたしはなえると,なにえなかった。わたしことは,ひとみみやさしくちた* 23  ひとびとあめつようにわたしった。はるあめもとめてくちおおきくけた+ 24  わたしがほほけると,ひとびとはそれをありがたくかんじた。わたしあかるいひょうじょうひとびとあんしんさせた* 25  わたしどうしゃとしてひとびとみちびいた。わたしはまるでたいなかおう+なげひとたちをなぐさめるひとのようだった+

脚注

または,「従者」。
直訳,「身を隠した」。
または,「袖なしの上着」。
直訳,「滴った」。
もしかすると,「私は人々のせいで顔を曇らせることはなかった」。

注釈

メディア