ヨブ​記 24:1-25

24  ぜんのうしゃはなぜときさだめないのか+かみっているひとたちがなぜかみ*ることができないのか。   あるひとたちはきょうかいひょうしきをずらす+ぶんぼくそうひつじれをさらっていく。   ちちおやのいないどもからロバをうばい,やもめからうしたんとしてげる+   まずしいひととおりからす。じょうりょくひとつからないようにかくれる+   まずしいひとこうロバ+のようにしょくもつをあさる。ぶんどもたちのためにばくしょくもつさがす。   にん*はたけしゅうかくし,あくにんのブドウえんのこものひろう。   ふくがなくはだかよるごす+さむさをしのぐためのおおものがない。   やまあめでずぶぬれになる。なんするしょがないのでいわにしがみつく。   ちちおやのいないどもぶさからはなされ+まずしいひとふくたんとしてげられる+ 10  ふくがなくはだかあるまわるしかなく,くうふくのまま,こくもつたばはこぶ。 11  だんきゅうつくられたいしかべあいだで,にっちゅうあつなかはたら*しぼでブドウをみながらも,のどかわ+ 12  にかけているひとまちでうめきつづける。めいしょうったひとたすけをもとめてさけ+しかしかみもんだいしない* 13  ひかりそむひとたちがいる+ひかりみちみとめず,そのみちあるかない。 14  ひとごろしはけにがり,りょくひとまずしいひところ+よるにはぬすみをはたらく。 15  かんいんをするひとゆうれを+だれわたしることはない!』と+ぶんかおおおう。 16  あくにんくらやみなかいえいえしんにゅうする*ひるじこもり,ひかりらない+ 17  あさおそれる。ひとふかくらやみおそれるのとおなじように。しかし,ふかくらやみきょうにはれている。 18  あくにんは,あっというみずながられる*あくにんあたえられているわざわいをける+あくにんがブドウえんもどることはない。 19  かんばつとねつゆきみずうばるように,はか*も,つみおかしたひとたちをうば+ 20  そのひとたちはぶんははわすれられ,うじにわれる。もうおもされることもない+ただしくないひとのようにられる。 21  そのひとたちは,どもができないじょせいじきにし,やもめをぎゃくたいする。 22  かみちからもちいて,つよひとたちをほろぼす。そのひとたちはがるが,いのちしょうはない。 23  かみは,そのひとたちがしんぱいなくあんぜんらすままにする+しかしかみはそのひとたちのおこなすべてをている+ 24  そのひとたちはしばらくめいせいるが,いなくなる+ひくくされ+,ほかのみなおなじようにあつめられ,こくもつのようにられる。 25  それでいまだれわたしをうそつきとしょうめいできるのか。だれわたしことはんろんできるのか」。

脚注

神による処罰の日のこと。
もしかすると,「飼い葉を」。
もしかすると,「で,油を搾る」。
もしかすると,「誰のこともとがめない」。
直訳,「に穴を開けて入る」。
直訳,「彼は水の表面を速く進む」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。

注釈

メディア