ヨブ​記 17:1-16

17  私は力尽き,私の人生は終わりを迎えた。墓地が私を待っている+   あざ笑う人たちが私を取り囲む+私はそうした反逆の行為をじっと見る。   神よ,私を守ると保証してください。ほかの誰が,私のために誓って握手を交わしてくれるでしょうか+   あなたは私を取り囲む人たちの識別力を奪いました+あなたは彼らが思い上がらないようにします。   友人と分け合おうとする人たちがいる。空腹のあまり自分の子供たちの目が悪くなっているのに。   神は私を人々の軽蔑の的にした+それで私は顔に唾を掛けられた+   私は悩みのせいで目がかすみ+手足は影のようになった。   正直な人は驚きながら,こうなった私を見つめ,罪のない人は,神を認めない人*のことでいら立つ。   正しい人は自分の道をしっかり守り+手が清い人は強くなっていく+ 10  また皆で来て私に話すがよい。私はあなた方の中に賢い人を見つけられない+ 11  私の人生は終わった+私の計画も心の願いもついえてしまった+ 12  あなた方は夜が昼であるかのようにして言う。『暗いからもう少しで明るくなる』。 13  私は待っていても,墓*に帰って+闇の中に寝床を広げることになる+ 14  墓穴+に向かって『父よ!』と叫ぶ。うじに向かって『母よ,姉妹よ!』と叫ぶ。 15  では,私にはどこに望みがあるだろう+まだ望みがあると誰が言えるのか。 16  それ*は墓*の門の所へ下っていく。私たちが皆で土の中に下る時に+」。

脚注

または,「背教者」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
ヨブの望みのこと。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。

注釈

メディア