ヨハネ​に​よる​福音​書 16:1-33

16  私がこれらのことを言ったのは,あなたたちが信仰を失わない*ためです。  人々はあなたたちを会堂から追放します+。実際,あなたたちを殺す人+が皆,自分は神に神聖な奉仕をしたと思う時が来ます。  そうしたことをするのは,天の父をも私をも知らないからです+  これらのことを話したのは,そういうことが起きたときに,私がそれを話していたことをあなたたちが思い出すためです+ これらのことを最初に話さなかったのは,あなたたちと一緒にいたからです。  しかし今,私は自分を遣わした方のもとに行こうとしています+。それでも,あなたたちの誰も,『どこに行くのですか』とは尋ねません。  かえって,私がこれらのことを話したために,悲しみに暮れています+  しかし実を言うと,私が去っていくことはあなたたちのためになります。私が去らなければ,援助者+はあなたたちのもとに来ませんが,去ったら,私はその者を遣わすからです。  その者は来たら,罪に関し,正しさに関し,裁きに関して,納得のいく証拠を世に与えます。  まず,罪に関して+というのは,世の人々が私に信仰を抱いていないからです+ 10  次に,正しさに関してというのは,私が父のもとに行くからです。あなたたちはもう私を見ません。 11  そして,裁きに関してというのは,この世の支配者が裁かれたからです+ 12  あなたたちに言うべきことがまだたくさんありますが,あなたたちは今はそれを理解できません*+ 13  しかし,その者,すなわち真理を伝える聖なる力+が来ると,真理を十分に理解できるように導いてくれます。その者は自分の考えで話すのではなく,聞いたことを話し,将来のことを告げます+ 14  そして私は誉れを受けます+。その者は私から聞いたことをあなたたちに告げるからです+ 15  父が持っているものは全て私のものです+。それで私は,その者は私から聞いたことをあなたたちに告げると言ったのです。 16  しばらくしたら,あなたたちはもう私を見ません+。でも,しばらくしたら,あなたたちは私を見ます」。 17  そこで弟子の何人かが互いにこう言った。「『しばらくしたら私を見ない,でもしばらくしたら私を見る』,『私が父のもとに行くからだ』と言っているが,どういう意味だろう」。 18  そして,「『しばらく』と言うのはどういう意味だろう。何のことを話しているのか分からない」と言っていた。 19  イエスは弟子たちが自分に質問したがっているのを知って,こう言った。「『しばらくしたら私を見ない,でもしばらくしたら私を見る』と言ったので,そのことを話し合っているのですか。 20  はっきり言っておきますが,あなたたちは泣き叫びますが+,世の人々は喜びます。あなたたちは深く悲しみますが,悲しみは喜びに変わります+ 21  女性は,出産の時が来ると苦しみ*ます。しかし,子供を産み終えると,人が世に生まれた喜びのためにもう苦痛を覚えていません。 22  それで,あなたたちも今は悲しんでいますが,再び私に会い,心から喜びます+。誰もその喜びを奪えません。 23  その日,あなたたちは私に何も質問しません。はっきり言っておきますが,あなたたちが天の父に何か求めるなら+,父は私の名によって与えてくださいます+ 24  今まで,あなたたちは私の名によって何一つ求めたことがありません。求めなさい。そうすれば受け,喜びに満たされます。 25  私はこれらのことを例えで話しましたが,もう例えで話さず,天の父に関してはっきり知らせる時が来ます。 26  その日,あなたたちは私の名によって父に願い求めます。私があなたたちのために願い求めるのではありません。 27  父はあなたたちに愛情を抱いているのです。あなたたちは,私に愛情を抱き+,私が神の代理として来たことを信じているからです+ 28  私は父の代理として世に来ました。そして今,世を去って父のもとに行こうとしています+」。 29  弟子たちは言った。「今あなたははっきりと話し,例えを使いません。 30  あなたが人の考えを知っていて,誰かがあなたに質問する必要などないことが分かりました。あなたが神のもとから来たことを信じます」。 31  イエスは答えた。「あなたたちは今,信じているのですね。 32  あなたたちが散らされてそれぞれ自分の家に帰り,私を独りにする時が来ます+。いえ,もう来ています。とはいえ,私は独りではありません。父が一緒にいてくださるからです+ 33  これらのことを言ったのは,あなたたちが私によって平和な気持ちになるためです+。あなたたちは世で苦難に遭いますが+,勇気を出しなさい! 私は世を征服したのです+」。

脚注

または,「罪を犯さない」。
または,「に耐えられません」。
または,「悲しみ」。

注釈

地方法廷: ギリシャ語シュネドリオンはここでは複数形で「地方法廷」と訳されているが,ギリシャ語聖書でほとんどの場合,エルサレムにあるユダヤ人の高等法廷,サンヘドリンを指して使われている。(用語集の「サンヘドリン」とマタ 5:22; 26:59の注釈を参照。)とはいえ,会合や集会を指す一般的な言葉でもあった。ここでは,会堂に付属し,むち打ちや破門の罰を加える権限を持つ地方法廷を指す。(マタ 23:34。マル 13:9。ルカ 21:12。ヨハ 9:22; 12:42; 16:2

神聖な奉仕を行える: または,「崇拝できる」。ギリシャ語動詞ラトレウオーは基本的に,仕えることを意味する。聖書中の用法では,神に奉仕することや神への崇拝に関して奉仕すること(マタ 4:10。ルカ 2:37; 4:8。使徒 7:7。ロマ 1:9。フィリ 3:3。テモ二 1:3。ヘブ 9:14; 12:28。啓 7:15; 22:3),あるいは聖なる所や神殿で奉仕すること(ヘブ 8:5; 9:9; 10:2; 13:10)を指す。それで,文脈によっては「崇拝する」とも訳せる。例は少ないが,偽りの崇拝,創造された物への奉仕や崇拝に関しても使われている。(使徒 7:42。ロマ 1:25

を会堂から追放します: または,「を破門します」,「に会堂の出入りを禁じます」。ギリシャ語の形容詞アポシュナゴーゴス(直訳,「会堂から離れて」)が使われているのは,こことヨハ 9:2212:42の3回だけ。追放された人は,のけ者として退けられ,あざけられた。そのように他のユダヤ人との交友を絶たれると,その家族は経済的に深刻な影響を受けた。会堂はおもに教育の場だったが,むち打ちや破門の罰を加える権限を持つ地方法廷としても使われたと思われる。(マタ 10:17の注釈を参照。)弟子たちが会堂から追放されるというイエスの言葉は,イエスの後に従うことによって起こり得る事柄を予告するものだった。イエスは少し前に弟子たちが世から憎まれると言ったが,殺される人もいることをはっきり述べたのはこの時が初めてだった。

神聖な奉仕: ここで使われているギリシャ語はラトレイアで,崇拝の行為を指す。ギリシャ語聖書でこの名詞は神に仕えることに関してのみ出てくる。(ロマ 9:4; 12:1。ヘブ 9:1,6)関連するギリシャ語動詞ラトレウオーについては,ルカ 1:74の注釈を参照。

援助者: または,「慰める者」,「励ます者」,「擁護者」。「援助者」と訳されるギリシャ語(パラクレートス)は聖書の中で,聖なる力(ヨハ 14:16,26; 15:26; 16:7)とイエス(ヨ一 2:1)の両方について使われている。字義通りには,助けるために「誰かのそばに呼ばれた者」と訳せる。イエスは,人格を持たない聖なる力について,その援助者が「教え」,「証言し」,「証拠を……与え」,「導いて」,「話す」,「聞いた」(ヨハ 14:26; 15:26; 16:7-13)と述べたとき,擬人法を使っていた。つまり,人格を持たない無生のものが生きているかのように述べていた。聖書では,実際には人格を持たないものを擬人化するのは珍しくない。知恵,死,罪,惜しみない親切などがその例。(マタ 11:19。ルカ 7:35。ロマ 5:14,17,21; 6:12; 7:8-11)これらがどれも人格を持たないことは明らか。神の聖なる力は人格を持たない他の力やものと一緒に述べられていることがよくあり,そのことは聖なる力が人格的なものでないことをさらに裏付けている。(マタ 3:11。使徒 6:3,5; 13:52。コ二 6:4-8。エフ 5:18)この「援助者」についてギリシャ語の男性代名詞が使われているので聖なる力には人格がある,と主張する人がいる。(ヨハ 14:26)しかし,「援助者」に当たる語が男性名詞なので,ギリシャ語の文法上,「援助者」の働きを表現するとき代名詞は男性形になる。(ヨハ 16:7,8,13,14)一方,「聖なる力」に当たるギリシャ語の中性名詞(プネウマ)が使われるときには,中性代名詞が使われる。ヨハ 14:17の注釈を参照。

その者: ここで使われているギリシャ語の指示代名詞エケイノスは男性形で,ヨハ 16:7に出てくる「援助者」を指している。イエスは人格を持たない聖なる力を擬人化して「援助者」(ギリシャ語では男性名詞)と述べた。聖なる力に当たるギリシャ語は中性名詞。ヨハ 14:16の注釈を参照。

その者: この節の「その者」は,前の節に出てくる「援助者」を指している。(ヨハ 16:13の注釈を参照。)イエスは人格を持たない聖なる力について援助者と述べたとき,擬人法を使っていた。イエスはこの援助者が「教え」,「証言し」,「証拠を……与え」,「導いて」,「話す」,「聞いた」と述べた。(ヨハ 14:26; 15:26; 16:7-13)擬人法とは,人格を持たないものや無生のものを生きている者であるかのように述べること。この文脈で,聖なる力は罪に関して納得のいく証拠を世に与える,つまり世の人々が神の子に信仰を抱かなかった罪が暴かれる。聖なる力は正しさに関しても納得のいく証拠を世に与える,つまりイエスが天に昇ることによってイエスの正しさが証明される。聖なる力は「この世の支配者」サタンが有罪の裁きを受けて当然であることを明らかにする。(ヨハ 16:9-11)ここの「納得のいく証拠を……与え[る]」に当たるギリシャ語はエレンコーで,「戒める」とも訳される。(テモ一 5:20。テト 1:9

援助者: または,「慰める者」,「励ます者」,「擁護者」。「援助者」と訳されるギリシャ語(パラクレートス)は聖書の中で,聖なる力(ヨハ 14:16,26; 15:26; 16:7)とイエス(ヨ一 2:1)の両方について使われている。字義通りには,助けるために「誰かのそばに呼ばれた者」と訳せる。イエスは,人格を持たない聖なる力について,その援助者が「教え」,「証言し」,「証拠を……与え」,「導いて」,「話す」,「聞いた」(ヨハ 14:26; 15:26; 16:7-13)と述べたとき,擬人法を使っていた。つまり,人格を持たない無生のものが生きているかのように述べていた。聖書では,実際には人格を持たないものを擬人化するのは珍しくない。知恵,死,罪,惜しみない親切などがその例。(マタ 11:19。ルカ 7:35。ロマ 5:14,17,21; 6:12; 7:8-11)これらがどれも人格を持たないことは明らか。神の聖なる力は人格を持たない他の力やものと一緒に述べられていることがよくあり,そのことは聖なる力が人格的なものでないことをさらに裏付けている。(マタ 3:11。使徒 6:3,5; 13:52。コ二 6:4-8。エフ 5:18)この「援助者」についてギリシャ語の男性代名詞が使われているので聖なる力には人格がある,と主張する人がいる。(ヨハ 14:26)しかし,「援助者」に当たる語が男性名詞なので,ギリシャ語の文法上,「援助者」の働きを表現するとき代名詞は男性形になる。(ヨハ 16:7,8,13,14)一方,「聖なる力」に当たるギリシャ語の中性名詞(プネウマ)が使われるときには,中性代名詞が使われる。ヨハ 14:17の注釈を参照。

その者: ここで使われているギリシャ語の指示代名詞エケイノスは男性形で,ヨハ 16:7に出てくる「援助者」を指している。イエスは人格を持たない聖なる力を擬人化して「援助者」(ギリシャ語では男性名詞)と述べた。聖なる力に当たるギリシャ語は中性名詞。ヨハ 14:16の注釈を参照。

世: この文脈で,ギリシャ語コスモスは,神に仕える人たち以外の人類という世,神から遠く離れていて神に従わない人間社会を指す。弟子たちが世の人々のようではない,あるいは世に属していないと述べたイエスの言葉を引用している福音書筆者はヨハネだけ。イエスが忠実な使徒たちと捧げた最後の祈りの中で,同じことがさらに2回述べられている。(ヨハ 17:14,16

世の人々: この文脈で,ギリシャ語コスモスは,神に仕える人たち以外の人類という世,神から遠く離れていて神に従わない人間社会を指す。ヨハ 15:19の注釈と比較。

全世界: 「世界」や「世」と訳されることが多いギリシャ語コスモスの基本的な意味は,「秩序」や「配列」。一般のギリシャ文学で,この語は人類という世界を指すこともあり,ギリシャ語聖書で,この意味でよく使われている。(ヨハ 1:9,10; 3:16の注釈を参照。)しかし,コスモスという語は単に人類の類義語ではない。聖書では,「秩序」や「配列」という元々の意味が保たれている。さまざまな文化,民族,国家,経済システムから成る人類という世界には一定の構造が見られる。(ヨ一 3:17。啓 7:9; 14:6)「世界」という語はここや他の幾つかの文脈でそういう意味で使われている。時代とともに,人間の生活に影響を与える周囲の枠組みは,人口が増加するにつれて規模と複雑さを増してきている。ヨハ 16:21の注釈を参照。

世に生まれた: ここでイエスは苦痛や悲しみが「喜びに変わ」ることを示す例えとして出産を使った。(ヨハ 16:20)出産する女性は陣痛を経験するが,新しい命を世に誕生させた喜びは痛みを上回り,痛みを忘れさせる。この文脈で「世」という語(ギリシャ語コスモス)は,組織立った人間社会あるいは人間の生活環境を指す。子供はそこに生まれてくる。聖書で「世」あるいは「世界」という語は時々この意味で使われる。(コ一 14:10。テモ一 6:7ルカ 9:25の注釈を参照。

何か: イエスの模範的な祈りで述べられていることに加えて(マタ 6:9-13),神に仕える人に影響を与え,祈りに含めるのにふさわしいさまざまな状況や物事を聖書は取り上げている。それで個人的な祈りには,生活のほぼ全ての面を含めることができる。(フィリ 4:6。ペ一 5:7。ヨ一 5:14

例え: 福音書筆者の中でヨハネだけがパロイミアというギリシャ語を使っている。(ヨハ 10:6; 16:25,29)他の福音書でよく使われていてヨハネの記述では全く使われていないパラボレーというギリシャ語(「例え」あるいは「例え話」)と意味はだいたい同じ。(マタ 13:3の注釈を参照。)パロイミアという語は,比較や類似という考えも伝える。ペテロは,吐いた物を食べに戻る犬や泥の中に戻って転げ回る豚の「格言」に関して同じ語を使っている。(ペ二 2:22)同じ名詞は,ギリシャ語セプトゥアギンタ訳で「格言の書」の書名として使われている。

例え: または,「比喩表現」。ヨハ 10:6の注釈を参照。

あなたたちに愛情を抱いている: ギリシャ語動詞フィレオーは,「愛情を抱く」,「好む」,「執着する」,「口づけする」などと訳されている。(マタ 23:6。ヨハ 12:25。マル 14:44)このギリシャ語は真の友の間にあるような非常に強い絆を表すことがある。イエスはラザロの墓に向かっていた時,「涙を流した」。それを見た人たちは,「見なさい,本当に愛情を抱いていた[ギリシャ語動詞フィレオー]のだ」と言った。(ヨハ 11:35,36)このギリシャ語は親子の間に存在するような強い絆も表せる。(マタ 10:37)ここのヨハ 16:27で示されているように,このギリシャ語はエホバがご自分の子イエスの弟子たちに抱く強くて温かい個人的な愛着,また弟子たちが神の子に抱く温かい感情を表す。ヨハ 5:20で,同じギリシャ語が,父が子に抱く強い愛着を表すのに使われている。

父と私が結び付いている: 直訳,「父が私の内にある」。この文脈で,ギリシャ語の前置詞エンは,親しいつながりを示すために使われている。前置詞のこの用法は,ヨハネとパウロが書いたもので際立っている。(ガラ 1:22; 3:28。エフ 2:13,15; 6:1,脚注)ヨ一 3:244:13,15で,それはクリスチャンと神との関係を表している。「結び付いている」と訳せることをさらに示しているのは,ヨハ 17:20-23での用法で,この前置詞が5回出ている。

その者は私に対して何の力もありません: 直訳,「私の内に彼は何も持っていません」。イエスには,神に仕えることからそれさせるためにサタンが付け込めるような不完全さや間違った欲望は全くなかった。「私に対して何の力もない」と訳されるギリシャ語の表現は,法律上の文脈で「私に対して何の請求権もない」という意味のヘブライ語の慣用句をそのまま取り入れたのかもしれない。一方,悪魔はユダの中に入り,彼をコントロールできた。(ヨハ 13:27

私によって: または,「私と結び付いていて」。この文脈で,ギリシャ語の前置詞(エン)は,手段(「によって」)も,親しいつながりや一致(「と結び付いていて」)も指せる。ヨハ 10:38の注釈を参照。

私は世を征服したのです: この文脈で,ギリシャ語コスモス(「世」)は,神から遠く離れていて神に従わない人間社会を指す。「世」あるいは「世界」という語は,ヨハ 12:31; 15:19,ペ二 2:5; 3:6,ヨ一 2:15-17; 5:19で同様の意味で使われている。全体として,この「世」の人々の態度や行動は,聖書に示されている神の意志から外れている。(ヨ一 2:16)地上での生涯の最後の晩,イエスは「私は世を征服したのです」と言うことができた。イエスは世の人々のようにならないことにより,神に従わない人間社会の影響を受けたどんな考えや行動もしないことにより,世に勝利した。イエスは信仰,揺るぎない愛,忠誠心によって,「世の支配者」サタンが自分に対して「何の力も」ないことを示した。(ヨハ 14:30の注釈を参照。)イエスはヨハネ 17章に記されている祈りの中で,自分も弟子たちもこの世の人々のようではないことを述べた。(ヨハ 17:15,16)またピラトの前で裁判にかけられた時,そのローマ総督に「私の王国はこの世界のものではありません」と言った。(ヨハ 18:36)イエスの裁判から60年以上たって,ヨハネは聖なる力に導かれて,「世に対する勝利をもたらすのは,私たちの信仰です」と書いた。(ヨ一 5:4,5

メディア