ヨナ​書 4:1-11

4  だが,このことはヨナにとってじょうかいだった。かれはげしくおこった。  それでエホバにいのった。「ああ,エホバ,わたしぶんにいたときおもったのは,まさにこのことです。だからわたしさいしょタルシシュにげようとしたのです+。あなたがおもいやり*があってあわれみぶかかみで,すぐにいからず,るぎないあい+わざわいのことをかなしむかたであるのをっていたのです。  エホバ,どうかわたしいのちってください。きているよりんだほうがましです+」。  エホバはたずねた。「あなたがそのようにおこるのはただしいことなのか」。  その,ヨナはからていって,ひがしこしろした。そこにかんたんつくり,そのかげすわって,なにきるかをようとした+  エホバかみは1ぽんのヒョウタン*えさせ,ヨナのうえびてくるようにした。じょうかげができ,ヨナはかいかんからかいほうされた。ヨナはヒョウタンのことをとてもよろこんだ。  しかしよくじつけに,しんかみは1ぴきむしおくった。むしがヒョウタンをおそったので,ヒョウタンはれた。  たいようりだすと,かみひがしからねっぷうおくった。たいようがヨナのあたまけ,ヨナはぐったりした。かれなせてほしいとかえねがい,「きているよりんだほうがましです」となんった+  かみはヨナにたずねた。「あなたがヒョウタンのことでそのようにおこるのはただしいことなのか+」。 ヨナはった。「ただしいことです。にたくなるほどおこっています」。 10  エホバはった。「あなたは,ぶんをかけたわけでもそだてたわけでもないヒョウタンをしんでいる。それはいちにしてそだち,いちにしてれた。 11  いっぽうだいニネベ+には,なにくてなにわるいか*らない12まんにんじょうひとおおくのちくがいる。わたしがニネベをしむのはもっともなことではないか+」。

脚注

または,「慈しみ」。
もしかすると,「トウゴマ」。
または,「右と左の違い」。

注釈

メディア